写真撮影、デザイン、花。はるなのblog

写真撮影と、デザインと、お花が好きな横山はるなのブログです。ときどきコンサルをしてます。


テーマ:

おはようございます、はるなです。

 

今回は、来年のコラボ企画の告知ですお知らせ

 


来年の1月30日(月曜日)に、
人気コンサルの大崎博之さん(ヒロさん)と私で、
「商品づくり」をテーマにしたコラボ企画を開催します。

 

 


ご自身の「商品コンセプト」を見直し、
商品を作ったり、
すでにある商品の見直しをおこなう
「対談セミナー」×「ライブコンサル」です。

 

 

「商品コンセプト」を作る際。

「なぜ、そのビジネスをするのか」
という、自分の深い部分にある「目的」が
重要になってきます。


自分自身を掘り下げ、
どのように「コンセプト」を作り、
「売れる商品」へと繋げていくのか。

 

第一部の「対談セミナー」でお伝えします。

 


さらに。

第二部のライブコンサルで「商品コンセプト」を作ります。

 

実際に体験することにより、道筋にそって「商品コンセプト」を考えられるようになります。

 

 

今回のセミナーで目指しているのは、

商品コンセプトを明確にすることによって「10倍の価値を作る!」ということです。

 


起業して成功されている方や、
売れる商品が欲しい、と思っている方に向けてのセミナーです。

 


ただ、起業準備中の方にも、ぜひ受講していただきたいと思っています。

 

正直、まったくお商売をしたことがない方に、

今すぐ「10倍の価値を作る!」と言うのは、難しいと思います。

 

もしかしたら、「商品コンセプト」を明確にして作れる商品は「1000円のお茶会」かもしれません。

 

でも。
お茶会を開催してみることで、最初の一歩を踏み出して欲しいと思っています。
そして、その「商品コンセプト」を応用して、

より「自分らしい商品」が何かを試行錯誤しながら

「10倍の価値」を作っていってほしいと思っています。


セミナーでは、そのための道筋も、お伝えしていきます。

 

 

 

チェックこのような方に最適です

 

□売れる商品の作り方がわからない
□商品を作っても、売る勇気がない
□"自分ならでは"がない
□コンセプトが漠然としている
□サービスの土台を整えたい
□自分の方向性が定まっていない

 

 

ヒロさん&私と一緒に「商品コンセプト」を考えてみませんか?

 

 

キラキラ10倍の価値を作る!

「売れる商品コンセプト」

 


■日時

2017年1月30日(月曜日)
13時〜15時半
※セミナー時間は、状況により変更することがあります。あらかじめご了承ください。

■構成

第一部 「商品コンセプトづくり」セミナー(対談)
休憩/質疑応答/ワークタイム
第二部 商品づくり(ライブコンサル)


■場所
アエラホーム 成田店(MAP

〒286-0045 千葉県成田市並木町219−8

 

■料金 5,000円(事前振込)

 

■募集人数 15名様 残3名様

 

■申し込み方法
コチラのフォームより、お申し込みください

 


■講師紹介

 

ネコ 大崎博之(ヒロさん)

 

 

新卒学生の育成と採用に特化したベンチャー企業でのインターンを
大学4年次に経験。

 

起業を始め、世界を舞台に活躍する志を持つ熱い人間関係に触れることで、
人材開発の業界に関心を持つ。自分自身も夢に挑戦すべく、カナダで1年間
のライター活動へ。

 

帰国後は自己啓発を学びながら、2011年から3年半、教室事業と共に、
セミナー事業や通販事業の新規立ち上げに関わりながら、マーケティング
や経営などを一般財団法人の理事として行う。

 

副業時代には月売上が2万円ぐらいの状態から47倍に伸ばした経験も。

 

独立後は、“初のセミナーでいきなり月商7桁”という自身の経験を元に、
SNSの活用で、資本力のない個人が活躍できる起業サポートを行う。

 

 

 

ネコ 横山はるな

 

 

理系の大学を卒業後、医療用医薬品のマーケティング会社に、総合職として入社。
マーケティングコンサルタントとして勤務。
クライアントから、定性分析時のヒアリング力に高い評価を得る。

 

転職し、大手出版社にて、30年以上の歴史を持つ雑誌の編集者として約7年間勤務。
巻頭特集や付録などメインコンテンツを担当し、自らの企画で雑誌を完売させた実績を持つ。

 

現在は、千葉県成田市に拠点を移し、株式会社のイントラプレナーとして、フォトグラファー/デザイナーとして活動。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

横山はるなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>