あまりにもおひさしぶりですが…


すみません。(-ω-;)


(きっと誰も見ていないと思うけど)


明日はワタクシ、生誕33年と333日目のスーパーミラクルゾロ目記念日でございます。


去年、このブログで誓いました。
その日に結婚します!…と、はっきりと。

その間、失業し、失恋し、…そして新しい彼ができ!仕事も決まり!
…そしてなんと!婚約もいたしました!!(ホント)

このスーパーミラクルゾロ目記念日に入籍しようと。


…世の中そんなに甘くなかった。。


ワタクシ、現在、長期出張中(;´Д`)
地元からは遥か離れた愛知におりまして、はい。
見事にホテル住まい中でございます。


ああああああ…


おいらの記念日が。。(T^T)
AD

こんばんわ。


7korobi8oki@風邪もすっかり治りご機嫌ちゃんです♪


いやぁ・・・ホント、キツカッタ!

おひさしぶりに「生きた心地がしない気分」を味わいましたね(~_~;)

およそ2週間ほど。



さて、本題。


昨日予告してご要望の多かった、若いツバメのお話。


実は4月9日に、おいらが読者にならせていただいている、

keicho さんの講演があったのでした。


三沢米軍基地内にはアメリカの大学や短大、大学院があり、

その大学受験の説明会で、卒業生であるkeichoさんがありがたーい

お話をしてくださることになっていたのです。



「こ・・・これは是が否でも行かなければっっ!!」



と、三沢に住むお友達に連絡をし、その友達と一緒に行く手筈を取ったのですが・・・


でもそこは遊びたい盛り(?)の7korobi8okiタンとそのお友達。


前日からおいらが三沢入りして外人バー巡りでフィーバー(死語)しちゃおう!

ということになっていたのです。


と、いうことで、おいら達は夜11時半過ぎくらいから一路外人バーへ。



三沢の米軍人さん達はちょこっと目が合うとすぅーぐお声をかけてきます。

女の子だときっと誰でもヨイのでしょうか?

つーか、モロ「社交辞令」???


まぁ、なんでもいいのですが、黙っていても2~3人はお声をかけてくるんですね。

そういう時はなんとなーく「はじめまして」ぐらい言って、なんとなーくサヨウナラ。

さらっとしたもんです。



そんな中、お若い外人のお兄さん達が3名だったか2名ご来店。

その中にむっちゃおいら好みのNICEなお兄ちゃん発見!!


ショージキ、ありゃイイ男だ。


例えて言うなら・・・



ベッカムをソフトマッチョにした感じ。

(何故かスキンヘッドだけど)



でもそこは、7korobi8okiタンは奥ゆかしいニッポン婦女子。

「かちょえぇおにーちゃんがおるワ」ぐらいの気持ちでおり、

お友達と仲良く談笑しておりました。


と、いうよりも、他の外人さんが話しかけてきて、なんとなーく

さほど盛り上がりもしない程度にお話していたワケです。



すると・・・数分後。


ソフトマッチョ系ベッカム似の彼のお友達が突然おいらの友達に話しかけてきました。

・・・なんだろう?



す る と だ !!


「彼(ソフトマッチョ系ベッカム似)が彼女(7korobi8okiタン)の事を



気に入っちゃったんだって。」




うへぇぇぇぇぇぇーーーーーーっっっ!!!!!!



ま、マジで!?

ちょっと軽く気に入られるにしても顔が良すぎだろう!?



ほのかに舞い上がる7korobi8okiタン。



とりあえず、ソフトマッチョ系ベッカム似の彼に

「はじめまして。お会いできてうれしいワ。」とご挨拶。



彼の名前はA君(仮名)。

まだ日本に来て当時10日程度だそう。


とにかくおいらの事をすっかり気に入ってしまったらしく、


「唇がイイ!」


とか


「笑顔がイイ!」


とか


「She's killing me!」


※ なんと訳してよいものか?

 「やられちゃったよ」とか「まいっちゃったよ」とかそんな感じ?


・・・・などとまぁ、ステキな誉め言葉を


おいらではなく、


自分の友達に切々と語りかけているのでした。

なんだよ、誉め言葉なら直接言ってくれ。



そしてA君の攻撃は続く・・・


「君は初めての日本の女の子だよ!」

「君が一番日本の女の子でキレイだよ!!」


を連発。



・・・アンタ、日本に来てまだ10日やん。

てゆーか他においらの友達もいるし。

てゆーかフシアナ?



そしてA君、また続く。


「僕は昨日までハッピーじゃなかったんだ。

 でも今日はものすごくハッピーだよ。君に会えたからね!」



・・・そーかいそーかい。



7korobi8okiタン、切り替えす。


「そうね、でも来週の週末には間違いなく


他のかわいいジャパニーズガールに会ってるから。」



A君、怯まず。


「いや、君が一番だ。」



・・・あらま。

社交辞令でもその場のノリでも、そんな風に言っていただけるのならウレシイわ。



そんなこんなで、ダンス好きのA君とさほどダンス好きではない・・・

というか、ちっとも踊れりゃしないおいらは楽しくお喋りしながら、

クラブでもないのにA君に引きづられるまま踊りまくり笑いまくり♪



あぁ、楽しかった(///∇//)

すっかりお姫様気分だわ☆



そうこうしている時、お友達がふと言った。


「A君って、22歳なんだって!」



へぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・




22?




あ、7korobi8okiタン、


33歳独身バツ0。

ついでに彼氏ナシ歴まるっと2ヶ月。





33-24は・・・



えーと・・・えーと・・・えーーーと・・・



11?





なーーんだ、ひとつしか違わないじゃん。



・・・ 干支が(爆




さすがA君、イノシシ年だね。


猪突猛進。




とか言ってる場合じゃねーだろっっ!!!ヽ(`Д´)ノ

ほぼ一回りも年下じゃんっっっ!!!!



こうなると7korobi8okiタン、もう自分の年が明かせなくなる。



だってね・・・


ニッポン人だろーが、アメリカ人だろーが、


「年いくつ?」 って聞かれて、


「いくつに見える?」 って聞き返して


「うーん・・・24~5くらいかなぁ?」 なんて言われて、素直に


「33歳でぇーす♪」 って答えると、間違いなく



ドン引きされるんだ。(号泣)



みんな西川きよし師匠並みに目ん玉飛び出ちゃうんだ。


最悪の場合、会話どころか、もう二度と目も合わせてもらえなくなっちゃうんだ。。(T▽T)

(若く見えるということは、時として残酷だったりもするw)


そういうワケで、恐ろしくてA君に自分の年を明かせる事もなく、

飲んで笑って踊っての楽しい一夜は過ぎて行きました。



ちなみにA君はお約束のようにおいらのメアドを聞いてきたので、

素直に教えてあげました。


なにやら2週間後にはおいらのホームグラウンドへ行くから

案内して欲しいと。


「是非いらっしゃい!」と言ってその日お別れしたワケですが・・・



今日、まさにその2週間後の当日ですが、


未だA君からは連絡来ズ。



A君元気かなぁ?


ワンナイトラブアフェアならぬ



ワンナイトカーニバルをありがとう♪



(あ、もちろん何にもしてないよ!!!!)



※肝心のkeichoさんの講演は・・・予定の時間にお友達が起きれませんでした(T▽T)

 keichoさんごめんなさい。。



P.S. ちなみにA君とのツーショット(限定特別公開)




じ・・・実は・・・・・


この写真に重大な異変がっっ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


『7korobi8okiタン、実は霊感強い!?』 へつづく。。





AD

こんばんわ。


7korobi8oki@昨夜無事二度目のご帰還を果たしました!


なんだかんだあったけど、

なんだかんだで思い出不快・・・

あ、いや・・・思い出深い楽しく面白い家族旅行でした


そもそもこの家族旅行は

おいらが世界で一番愛している男性に会いに行く為の旅行

なのですね。



おっとぉぉーーーーー!!!


いきなりモンダイ発言。



その彼とは・・・


R太くん。(6歳)

(神奈川県在住)


おいらのカワユイ甥っ子ですw

おいらのお誕生日にはステキなプレゼントだって贈ってくれちゃう。

(折り紙で作った車らしきモノ&電車らしきモノ)


そんなR太くんは今月晴れて小学生となるのです。



そこでおいらの学校が一週間ほど休みになるので、両親が


「みんなで入学祝いしに行っちゃおう!」


と、初孫&たった一人の孫らしく青森→神奈川まで豪勢にお祝いしに行っちゃった次第でありました。



それなのに皆サマにはとってもご心配をお掛けいたしまして・・・

ゴメンナサイ(T▽T)



そこでおいらがトンボ帰りする原因となった冷蔵庫は・・・


※詳しくは・・・

『嗚呼、家族旅行。』 3月29日の記事全部参照♪



確かに電源は外れておりましたが無事でしたw

(水浸しではなかった。)



↑問題の冷蔵庫。



そんでもって、コーヒーを温めるプレートは運良くコンセントが外れていた

いがった・・・いがった・・・



だがしかーーし。


ひとつ、ここで大きな問題が!



実は・・・


ふと、自分の部屋に戻ってみたんですね。

一息つこうと思って。



そしたらばだ!



おいらの部屋の窓(ベランダ)の鍵が


かかっていませんでした。



ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!





・・・をいをい。




あっぶねーじゃねーか!!


ドロボーさん、


いらっしゃ~いっっ♪


じゃねーかっっ!!


ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ




・・・・・・・・・・・・・。



おとーさん、おかーさん、



ごめんなさいっっ!

。゜。゜(ノД`)゜。゜。


・・・イマサラこんな事言えないよ。。


あの一件で、おいらはすっかり我が家のヒーロー、


「家族の愛と地球の平和を守るヒーロー」


に、すっかり祭り上げられている状態であったりするワケで・・・(~_~;)


極度の世間知らず(天然ボケ)&方向音痴(目的地に辿りつけない)両親を抱えていたため、

おいらしか青森に戻るすべがなかったが・・・しかし。


自分で戻っておいてよかったぁ(;´д`)ハァハァ



そして何事もなかったかのように部屋の窓の鍵をかけ、

冷蔵庫の電源を入れ、すべてを確認してから、

再度東京へとトンボ帰りいたしましたw



・・・という一件でございました。



後日、うちのばーさんが風邪をこじらせて入院したと

旅行中ばーさんが滞在しているショートステイ(病院が経営しているプチ老人ホームみたいなところ)から連絡が入ったりしましたが、


「ショートステイは所詮病院だからダイジョーブ♪

 家にいて知らん間に悪化される(逝かれる)よりよっぽどマシ!」


・・・と、何一つ動じる事なくのんきに旅行を満喫した7korobi8oki一家なのでありました。



(今日の格言)


「出かけるときは一声かけて、鍵かけて。」



AD

こんにちは。


7korobi8oki@無事自宅に


ご帰還いたしました。


事の経緯は・・・



新幹線での中の出来事。


7korobi8oki父 曰く、


「2階の冷蔵庫の電源を消してきた。」



・・・ばっかもーーーんっっ!!!!


氷が解けて水浸しになるじゃねーかっっ!!

しかも2階にある冷蔵庫だったら、一階の天井がシミになるじゃねーかっっ!!!



そして7korobi8oki母 曰く、


「コーヒー暖めるプレートの電気消し忘れちゃったかも!」



またさらに


・・・ばっかもーーーんっっ!!!!

火事になるじゃねーかっっ!!!!



と、言う事で一家を代表しておいらが、東京着後、

自宅へトンボ帰りしてまいりましたw


(あー、疲れた)


ここで7korobi8okiタンの家族旅行が終了してしまったと思った方!!


あまーい。



これから7korobi8okiタン、


即効東京へまた

飛行機でトンボ帰り致します!!


あぁ、もう出なきゃ。。(T▽T)

200603291445000.jpg
つ…ついたよ…。
しかも雪降ってるし。
なんてーかこう、やけに見慣れた地図の形してるし( ̄□ ̄;)!!

しつこいようですが、今日は青森駅から特急を乗り継いで新幹線でやってきました。
東京駅にだって着きました。

ホントに目的地は東京&鎌倉のハズ。


…それなのに、青森空港!?

こんにちは。


7korobi8oki@ものもらいだと思ったら、アレルギー性結膜炎でした。

季節の変わり目って、これだからいや~ねぇ。。



さて。


「時間よ止まれ」と思う時。


愛しのダーリンとラブラブしてる時


なーんて、アナタ!

そんな甘っちょろいもんじゃございません。



思い起こすコト数年前・・・

韓流ブームなど起きる全然もっと前。



おいらは県の企画事業で、船で韓国&中国へ行って参りました。

なんか豪華客船に乗って行くんです。


おいらにとっては初めての中国と韓国でした。


基本的に

中国にはずっと行きたいと思っていたのですが、

韓国って実はいまいちピンときていなかった・・・。


「カルビとか食べれるんだろーなー」とか、

「エステしてる時間はさすがにないよなー」とか、

「竹塩石鹸買わなきゃなー、高麗人参もだわー」とか。


ホント、こんな程度の認識でw


韓国についての事前の情報もほとんど調べるコトなく、

ぶっつけ本番!ぐらいにして

初めての韓国に入国したのです。



・・・ちゃんと調べておくべきでした。


ソウル市内など、移動はほとんどバス

なんてったって団体さんだったので。



いやもう、交通事情にオドロイタのなんのって、アナタ。


日本で一番運転マナーの悪い、

運転が日本一荒い青森県人が度肝抜かれちゃうくらい、


みんな運転荒い荒い!!


公道に出たなりバス内青森県人全員、


「ひぃぃぃ~~~っっっ!!!!」(´Д`|||)


ですよ、冗談ぬきで。



まぁ、こんなGLOOVE感も時間が経てば慣れてくるもので、

運転の荒さもさほど気にならなくなってきました。



ちょうど、その日の夕方くらいだったのでしょうか。

道路がすっかり渋滞しておりました。

もうがっつんがっつんなくらい動けない渋滞です。


おいらが乗っていたバスは、すっかりその渋滞にハマリ、

そのバス自体が線路の上に乗り上げた状態で停車していました。






バスの走行中ずっと、韓国のバスガイドのお姉さんがいて、

ひたすら機関銃のようにしゃべりまくりだったのですが・・・

(みんな疲れててあんまり話聞いてなかったけど)



∑( ̄ロ ̄|||)



ある時そのバスガイドのお姉さんの「機関銃トーク」が

ピタっと止んだのです。



さすがに


「???」 


と思い、バスガイドのお姉さんの方に目をやりました。

お姉さん、やたら固まってます。



Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク


なにやら、いやぁ~な形相になってます。




その瞬間、バスがなんとなく後方へ下がりました。

でも線路から出ることができません。



「なに?!なに?!」


よぉぉーーく、お姉さんの視線の方を向いてみました・・・・。



この時のおいら、バスのかなり前方、前から3列目の席に座っていました。

バスの頭(前方)は完全に線路の上に乗り上げちゃってます。

イコール、おいらは線路の上にバスごと乗っちゃっている状態。


バスはもうどうにもこうにも動けない状態です。




(つд⊂)ゴシゴシ


「・・・へっ?????」



(つд⊂)ゴシゴシ


なんと、バスの向かって左側から




(;゚д゚)  をいをい。



(; д) ゚ ゚  をいをい!



((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!!



工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェΣ(゜Д゜ノ)ノ







列車が

くるぅぅーーーー!!




電車がくるぅぅーーーーー!!

こっちくるぅぅーーーーっっ!!!




なんかでっかいのが、

鉄の塊が

向かってくるぅぅーーーー!!!



注)実物ではございません。



てか、止まらないんだけどぉぉーーー(ノД`)


なんで止まらないのぉぉーーーー!?(ノД`)


てか、

ぶつかるぅぅーーー!!!(ノД`)



ぎゃぁぁぁーーーーっっっ!!!!!


(ノTДT)ノ




とまれーっっ!!!



時間も列車もどっちも



とーまーれーーっっっ!!!!


おねがいぃぃー!!

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。




列車はなかなかのスピードでバスに向かって突進してきました。


まるで映画のワンシーンのように。

まるで「スピード」そのまんまのように。



7korobi8okiタン、及びその他の青森県人の方々、


本気で覚悟しました。

異国の地で命を落としてしまうかもしれないと。


人間、こういう時っていろーんなコトがホントに走馬灯のように

駆け巡るものなんですねぇ。

いろんなコトがごろごろ頭の中をかすめるんです。


しかも感じる時間は10秒が1時間くらい。


でも、まず第一においらが考えたことと言えば、


「もっと高い保険に入っておけばよかった」



あぁぁ!もうぉぉぉっっっ!!!!

どーにでもなれっっ!!!!


・・・と、覚悟しきったその瞬間、



「きぃぃぃぃ~~~っっっ。」



と、ようやく列車が停車。

ほとんど寸止め。

バスと列車の間、2m程度?


列車がかなりドアップに見えた(ーー;)



「た・・・たすかったぁ。。」(*´Д`*)=3



そして生きてる喜びを味わったのは言うまでもありません。



まさか初めての韓国でバスごと轢かれそうになるとは・・・。


後にも先にも、

本気で時間が止まって欲しいと思ったのはこの経験だけですヨw