挨拶

テーマ:


「おはよう!」「ありがとう!」

大きな声で挨拶出来る子、出来ない子。

同じように育てた兄弟でも差が出ます。

しかし、これは見た目の判断です。

正確には、挨拶をしたいけど、声が出せない子。

子どもは恥ずかしいという気が起きて当たり前なのです。

親の立場からは、我が子には「大きな声」で挨拶をして欲しいですが、

決して「ちゃんと挨拶しなさい!」と強要してはいけません。

その度に、小さな心臓は「ドキドキ」と高鳴るのです。

子どもが挨拶ができなくても、親がしっかり相手に挨拶すればそれで大丈夫です。

間違っても「この子恥ずかしがり屋で・・・」と言うような、親の言い訳を言ってはいけません。

子どもは、自分に対する評価を重く聞いています。

その度に「自分ってダメ人間」と思い込んでいきます。

家庭内で、しっかり挨拶ができていれば、それで十分です。

子どもには、親から先に挨拶しましょう。

そうすると、

必ず、大人になれば挨拶が出来る人間になります。

※男の子は筆者の似顔絵です。
AD