子どもの時間の流れ

テーマ:
子どもには、それぞれテンポや個性があります目


また、時間の感覚が身についていなければ、どんなに時間がかかっても平気だったり、肝心なことが上手く進まなかったりします。


日ごろの生活の中では、時間を意識して行動できるように、サポートしていきましょう合格


なるべく「早くしなさい」という言葉はかけずに、お子さまのペースに合わせて、フォローしてあげることがポイントですビックリマーク


例えば、食事の時であれば、「時計の針が6の所に来るまでに食べようね。」などと声をかけてあげて、見守ってあげるとよいです。
音譜


急速に変化させようと、いろいろ言ったり、手を出しすぎたりすると、かえって子どもにマイナスイメージを与えてしまいますダウン


子どもには子どもの時間の流れがあり、いろいろな姿を見せながら成長していくのですアップ


しからず、コミュニケーションを上手く取りながら、根気強く働きかけていきましょうニコニコ

AD