2017-07-15 17:12:24

IATC(IDEMITSU ASIA TALENT CUP)

テーマ:ブログ

前回のBlogに多少の反響があったので
IATCに関しての情報です。(今年で4年目ですが
毎年多少状況は変わります。)


選考に関しては9月の茂木選手権がHRCの推薦で
行けるオーディションを兼ねてます。(1名かな?)

そのほかはATCのHPで情報がありますので
情報に載ってこないことを書きたいと思っています。
まず、セレクションですが去年まではアンダーボーンを
使ってカートコースで行っています。
今年はCBR150って噂もありますが定かではありません。
選考基準は明確ではありませんがタイムとライディングでしょう。

日本以外の国では現地のホンダから推薦できているライダーも
いると思います。


1次で落ちたライダーが最終選考にいたり、選考会にいないライダーが
合格していたりは毎年あります。
合格しても開幕前のTESTで状態が悪いとくびになります。


そして合格するとわけのわからない書類がいっぱい届きます。(笑)
そしてヘルパーと呼ばれるメカニック的なことのできる人を
探さないといけません。


主な作業はタイヤ交換、ガソリン給油、オイル交換、転倒修理等です。
4-5台が1グル-プになりチーフメカが着きます。

 

そして費用ですがホテル滞在費(ライダーヘルパー2名分)
昼食、夕食代、ホテルからサーキットへの移動のためのバスチャーター代

がかかります。渡航費、ウエアー、バイク、ライダー装備はかかりません。
あ、国内移動費は自己負担です。

例年100万以下ではないでしょうか?
これにヘルパーに払うギャラです。

お父さんがヘルパーなら0円ですね。

 

4年間見てきて言えることは2年目に残るには最低限

表彰台に立つことが条件でしょう。

特に日本人は。

 

あと、お父さんがヘルパーで2年目に残ったのは

歩夢だけだと思います。(それも守谷さんが帯同していた。)

もう一つはセレクションに合格してからNSFに乗って

2年目に行ったのは小椋だけだと思います。
(彼もRS125には乗っていたはず)

これが何を意味するか分かりますか?

ちゃんとした準備と指導者がついていないと

2年目にすら残れないという事です。

せっかくのチャンスを1年で終わらすことないよう

準備してください。
当然、準備をしたって2年目に残れないライダーは

いっぱいいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

7cofficeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。