1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-01-24 08:59:18

ようやく始動

テーマ:ブログ

先週土曜日に筑波サーキットへ行きました。

まだ、チーム体制は決まっていませんが

決まっている陽向、哲が走り始めました。

陽向のパーツは月曜に日本に戻ってきて

組み上げました。


今回は藤沢も立会い、N-Projectの星野氏

デジスパイスの田口社長にも立ち会ってもらいました。

デジスパイス なかなか便利ツールです。

当社でも扱いますので使ってください。


哲は来年の4st化を見据えてGP-MONOに

スイッチです。125でうまくいかなかった

2年分を取り戻してほしい。


陽向は今年のハードルの高さを

しっかり伝えて、必死に超えてもらいたい。

「必死」という言葉が似合わない

No.1ライダーだけにどうなるかな?


決まっていない体制といっても

ARTのチーム登録は今日までです。

もう少し・・・・・・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-01-14 20:27:32

GP-MONO2

テーマ:ブログ

続きです。

GP-MONOの本来の役目である、

若手の育成という面では、

祥也、哲、陽向と125の地方選と

全日本を回れたことは、ライダーの

成長に大きく役に立った。


これに関しては、多少、マシンに

ハンディがあってもよかったので

壊れない範囲でのメンテで、

走行もウイークのみでした。

国内ライセンスで全日本を経験

できるクラスは今後できないかもしれない。


貴重な経験ができたと思う。


昨年も今の時代は若手とは言えないが

森田がルーキーオブザイヤーを

獲得して3年連続だった。

できれば最後の年にもう一人ぐらい

経験させたかったが、仕方ない。

今の地方選はレベルが低いので

育成の仕方を今後は考えないと

時間が掛かってしまうだろう。


チャレンジクラスがなくなった今年、

MFJも考えるべきではないだろうか。


たとえば自動昇格をなくして各地方選の

ランキング3位までは国内のままでも

筑波選手権なら全日本の筑波のみ

ワイルドカードで出れるとか。


そうして、各地方選の一戦を昇格対象レース

にして、6箇所のサーキットを回って

ランキングをつけ国際への

昇格対象にするとか、

全戦が難しければ5戦の

有効ポイントでもいい。

そうすれば、もう少しレベルの高い

レースになると思うんだが。


GP-MONOに話を戻すと、

MFJが事前に統合の年を示したのも

評価できる。

3年前には統合を示唆していたので

準備もできた。

最初は2010年だったのを参加者の

意見を取り入れて2011年までに

してくれたのもよかった。


昔のMFJだったらなかったと思う。

少しは変わってきてるのだと思う。


でも、10年以上前から、これぐらい

考えてくれたらレース界は

もっとよくなっていたと思うのだが。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-13 20:50:36

GP-MONO

テーマ:ブログ

2004年に始まったGP-MONOも今年で

単独開催が終了します。

2012年はJ-GP3として混走になりいづれ

なくなるでしょう。


2005年から参戦していますが当初の目論見とは

づれた部分も多々あり

いろいろ言われていますが、振返ってって自分としては

参加した意義も十分あり

終わり方も納得のいくものと

捕らえています。


当初、ローコストで若手のクラスと

もくろんでいたようです。

うちはベテランのライダーに託しました。

若手がいなかったのが理由ですが。


それでもフル参戦できないというので

当時Jhaでチームの責任者だった

藤沢に電話をして

「Jhaにミニバイクからあがった若い子

いるよね。エントリー代持つから、うちが

出れないレースに出てくれない?」と

お願いをしたライダーが祥也だったのです。

うちに若手がいないかったので

どうせなら、付き合いのある藤沢のところ

の、若いのに乗ってもらったほうがいいかな

と、考えたのです。

不思議な縁で

その年の暮れに、藤沢がJhaを退社して

一緒にレースをすることになり

そのエースが祥也だったのです。


そのときは夢にも思っていなかったことでした。


そのシーズンは、本当に乗りっぱなしで

一回O/Hしたぐらいでした。


たまたま、雨の美祢でうちのライダーが勝って

大笑いしたのを覚えています。

また、祥也の非凡な才能を垣間見た

年でもありました。

2006年はライダーがいなくてお休み。

(だったよなー)


そして2007年から、4stに向けて本格的に

始動しました。

このクラスはなにもチューニングしては

いけないクラスなので、いかに

正確に組むかの一点でした。

予算も限られているので

できるだけロングライフに

かつ、性能を落とさない為の

メンテナンス。


その、集大成が昨年のTSR謙汰の

マシンだったのです。

シーズン前に藤井さんから、

一年間のメンテナンスを依頼され

(前年の陽向のエンジンを

評価していただいたようでした。)

しっかり、答えられたと思います。


ただ、謙汰と秋山メカのがんばりは

相当なものだと思います。

Wエントリーの難しさは

祥也のときに見ています。

125と250ほどの違いは、ないにしても

近い分難しさはあると思います。

(って、それほど感じていなかったり

するんだよなーあの手のライダーは)


また、一人で2台を裁いた秋山メカも

立派だと思います。


何でいまさら、こんなこと書くというと、

謙汰のGP-MONOがスペシャルだと

いう、うわさを聞いたからです。

うちのがんばりと、ライダー、メカの

がんばりを否定するような、ことは

許せなく思い、書きました。

同じエンジンがほしければ、

しっかりメンテナンスするか、

7Cへ依頼してください。

同じメンテで答えます。

ただ、メカ、ライダーがしっかり仕事を

しなければ、答えは出ないと思いますが。


続きます。








AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。