映画DVD『TOKYO 10+01』

テーマ:

 

こんばんは。

しゃちょたまですおじいちゃんあせ

 

2002年の日本のSFアクション映画『TOKYO 10+01(トーキョーイレブン)』を、途中だいぶ寝ながら 観ました!!

監督Higuchinsky、出演EDDIE、加藤夏希、安藤政信他。

 

注ネタバレあります。

 

あらすじ NEO TOKYO 2XXX A.D.
スネークたち犯罪者11人は、ある倉庫に集められた。

それは『賞金争奪!ドリーム鬼ごっこ!』と題されたゲームに参加させられるためである。

ルールは簡単!ハンターの妨害を逃れながら、11時間以内にゴールを目指すというもの。

勝者には賞金3億円+過去の悪事が全て清算される特典付き。

しかし、11時間以内にゴールできない場合は死が待っているという。

なぜこんなゲームに参加しなければならないのか?

何も解らぬまま、それぞれの疑惑や思いを胸に11人はゴールを目指す。

 

 

 

11時間の死闘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『バトル・ロワイアル』(深作欣二監督)のパクリ映画です。

「なんかどっかで聞いたことあるぞ!」という劇中のセリフで、そのことを言ってしまう潔さはありますが。

 

せっかくの夏期休暇なのに時間を無駄にした~!

 

という深い憤りの込み上げる駄作です~号泣あせ

 

 

どうでもいいけど、"バトル・ロワイアル" って、プロレスの試合形式のバトルロイヤルと同じ意味だったんだなあ。

知らなかったなあ。

アンドレ・ザ・ジャイアントを思い出しますね!!

1対1のシングルマッチじゃ絶対勝てないアンドレを!!

2人がかり!3人がかりで倒せる!またとないチャンスがこの!!

…まいいか。

どんどん話が逸れていきそうなので、これで終了バイバイ*ほな

 

 

 

TOKYO 10+01 [DVD]TOKYO 10+01 [DVD]
5,184円
Amazon

 

 

 

 

ペタしてね


人気ブログランキングへ

AD