なないろ☆SKY

お出掛けと美味しいものが大好きな転勤族夫婦の日常です

ご訪問ありがとうございます^^


よろしければ気軽にコメントして行って下さい♬

コメントは承認制です

記事と関係ないもの・不適切と判断したコメントは掲載いたしませんのでご了承下さい

また、現在ペタは受け付けておりません


ブログ内の写真等の無断転載は固くお断りいたします


COOK PADのMYキッチンはこちら→ O型さんちのJI・JYO・U


東日本大震災のクリック募金のバナーをサイドバーに張り付けております。

クリックするだけで募金できますので、是非お願いします(自己負担はありません☆)


テーマ:

まさか前回の記事の次に、こんなことを書くことになるとは思ってもみませんでした。



7月1日、父が永眠いたしました。



一時期ICUにまで入り、綱渡りのような治療を受けながらも、

病院内を歩き回れるぐらい元気になった父。

医師からのお墨付きをもらって堂々と胸を張って退院してきたはずなのに。




退院して10日目の6月30日の朝、母からの電話で起こされました。


「父の様子がおかしい」


昨日まで歩いていたのに、今日になったら全然歩けず、

しかもお腹を壊しているし足に妙なむくみがある、とのこと。

退院してからも持病の処置の為に1日おきに通院していたのに、

急に様子がおかしくなったようでした。


父は病院に行くことを拒んでいたようですが、前回の件もあるので無理にでも連れていくように指示。

救急車で運ばれたのは偶然にもいつも通院していた病院でした。


状況に変更があるたびに何度も電話をもらっていたけど、

再入院かな…って思いました。

4月に父が罹った病気は、体調によって再発し、入退院を繰り返すのだと知っていたからです。

血液検査の結果、とても個人病院では対応できない状況になっている、とのことで、

前回のように国立病院に移送されることになった、と連絡がきました。


旦那クンに朝からあったことや状況を話しながら、

遅いブランチが終わろうとしていた頃、再び母から電話が。



「命が危険な状態になっていて、数日の命かもしれない。

 会わせたい人がいるなら今のうちに、と言われたから早急に来てほしい」


先日まで元気に歩いていた、って聞いてたよ…?

退院してまだたったの10日だよ…?

それなのに数日の命って何…?



喪服の準備を含めた荷造り、ネット回線の申し込み、

旦那クンと冷静な話をしながらも、現実味のない他人事のような感覚で荷造りを済ませ、

二人で家を後にしました。



バスに揺られて新幹線に飛び乗って。

在来線に乗ってタクシーで病院に向かうと、

酸素マスクをつけながらも元気そうな父の姿がありました。


持病があるので呼吸が苦しそうだし、すっかりやせ細ってしまっていたけど、

目の前にある命がカウントダウンを刻み始めているとは到底思えないぐらい。


深夜近くになって、以前の副主治医が血液検査のデータを見せながら説明してくれました。


血圧が下がっているし心臓も弱っている。

あちこちの臓器が異常をきたし、腹水もたまっている。

血液検査での数値が通常の人がならば1ケタのところ、父は4ケタを示している、

とのこと。

つまりは敗血症というショック状態になってしまっている様子。


原因は分からないけど、どうやら腸が悪の根源になっているようなので、

開腹してみないとはっきりとは分からないけど、

もはや手術に耐えられる状態になっていない、

とのことでした。


今は元気そうに見えるし、朝までは大丈夫だろうけど、

急激な数値の上昇から見てあと1日か2日ぐらいだろうから、

遺言があれば聞いてあげて下さい


そうはっきりと言われました。。


それは父に「残された命が残りわずか」だと告げること。

本当のことを告げるのが良いか悪いか、母を含めた3人で話し合い、

真実を伝えて出来ることを叶えてあげるのが幸せでは?ということになりました。


病室に戻ろうとしたときに廊下でばったり出会ったのは主治医。

主治医からも父の状態を告げられ、余命についての話もしました。

副主治医は真実を伝えることを進めてくれたけど、

主治医は「それは残酷ではっきりとは伝えられない」と。

もちろん私たちからも伝えられません。。


主治医は緩いニュアンスで父へ伝えてくれたけど、

結局それは父に伝わることはなく。

私たちも改めて真実を伝えることは出来なくなりました。


病室にずっと残っていると父に疑いを持たせてしまうかもしれない。


今日のところは一旦帰ると伝えると、帰り際に父が言いました。


「明日来るときラジオを持ってきてくれるか」


父はTVよりもラジオが大好きで、入院中ずっと毎日のように聞いていました。

それはもう朝から晩まで、時には聞きながら眠ってしまうことも。


私たちが真実を伝えられず苦い顔をしているのに、なんてのんきな。。

二つ返事をして病室を後にしましたが、のちに私が父の言葉を聞いた最後となりました。



家に戻ってシャワーを浴びて。

翌日以降はいつ寝られるか分からなくなるかもしれない。

母も私たちも早々に布団に入りました。


部屋の明かりを消して布団に入ると、ごくごく小さな音が耳に入ってきます。

もしかして母の携帯の音?と思い、ドアを開けてみてもそれらしい音はせず。

音のする方向は空地だし、深夜1時を過ぎているので誰かが外で話している可能性も低いし。


「なんか、ラジオのような音がする」


私はとっさに、父だ!と思いました。


音のする方向を探ってみると、それはラジオと一体型になったデジタル時計。

私はこの時まで、その時計にラジオの機能があることを知りませんでした。

ずっと前からこの時計がおかれた部屋は、私たちが帰省するときに使わせてもらっていましたが、

それは以前父が寝ていた部屋でもあったんです。

ラジオの止め方が分からない旦那クンが周波数を少しずらすことで音を止めました。


旦那クンは超常現象など一切信じないので「知らないうちに誰かが触ったんだろう」

と言っていたけど、私はそれが父の仕業に思えて仕方がありませんでした。



翌朝6時過ぎには先に病室へ向かった母。

父とたわいもない会話をしていたそうです。

私たちも早々に病院へ向かう準備をしていた8時頃から、父の意識が朦朧として来ていました。

病院に到着して夢と現実の狭間にいる父に話しかけると、現実の世界に戻ってきて。

時間が経つにつれ、混沌とした意識の中へ落ちていく時間が長くなりました。


話しかけると何かは話すけれど、だんだん聞き取れなくなってきて。



看護士さんたちがケアしてくれる間に私たちが病室を離れたお昼過ぎ、

何の心の準備もないまま看護士さんたちに呼ばれ。

父はいつどのタイミングで息を引き取ったのか分からないけど、

穏やかな表情で眠るようにこの世を去っていきました。


母から「来てほしい」と連絡を受けて、ほぼ24時間後のことでした。




遺体を自宅まで運び、葬儀屋さんと打ち合わせて親戚も帰って行ったのはまだ夕方の事。

父が昼間に息を引き取ったのは、一つの思いやりだったかもしれません。



連日親戚がお線香を上げに来てくれ、慌ただしい毎日でしたが、

4日にお通夜、5日に告別式を行いました。


自分たちらしい葬儀をしよう、ということで、こじんまりとした家族葬で、

出棺時には父の大好きなポール・モーリアの曲を流して。

踊りだしてしまうぐらい大好きだった曲に送られ、父も嬉しかったことかと思います。


旦那クンは1週間ほどで先に戻りましたが、

母一人にすべてを任せておいていくわけにもいかず、私は暫く残ることにしました。


落ち込んでいる母を励まし、食事を作って食べさせて。

法要の相談に乗り、仏具店をめぐって、拝んでもらったお寺を観に行ったり。

各種手続きも片っ端から片付け、書類の為に市役所を5か所もまわったり。

3週間余り滞在しましたが、何もせずに終わった日などないほど、慌ただしい毎日でした。


手続き用の書類の準備のため数日前に帰宅したところですが、

帰宅しても現実から目を背ける事にはなりませんでした。


母を励まして支えなくては、と常に気にすることがなくなった今、

ふと取り止めのない哀しい重い気持ちに沈んで行ったり、

訳の分からないイライラに襲われたり。。


早すぎた父の死とはいえ、自分なりに親孝行も出来たし、

私なりに思い残すことはないけれど、それでも割り切れないものがあります。


父と私は血のつながりはないし、父親らしいことをしてもらったことも全然ないので、

限りなく近い他人のような見えない壁のようなものを取り除くことは出来なかったけど、

それでも30年近く重ねてきた時間は、やはり「家族」だったのだな…と痛感するのです。


長い闘病生活に振り回されてきた母には、父の存在が大きく、

虚脱感は私の比ではありません。

だけど、だからこそ、残りの時間を自分の為に生きてほしい、そう心から思います。



残された家族のことを全く心配せず、自由奔放に駆け抜けた父。


まだ涙が出そうになる時もあるけれど、

そのうちきっと笑顔で懐かしむことが出来る日が来るよね。




だから、さらば。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

6月も後半に入り、

実家から戻ってそろそろ一ヶ月が経とうとしています。


おうちの片付けも大体終わったし、

ご近所の道もまだ不安はあれど、

5か所のスーパーを必要に応じて使い分けられるほどになってきました^^


品ぞろえに偏りがあるので、2~3か所まわるのはザラ。

お目当ての品だけを手に取ってレジに…というわけではないので、

買い物に行くと凄く時間がかかります;;

もう少し効率よくお買い物を済ませられるといいんですけどね。



ご報告です。


先日の20日に無事父が退院しました。

とはいえ、

すっかりやせ細ってしまって歩くとフラフラしているほど、だとか。

退院してきてお風呂に入ったら、倒れこんでしまったそうです><

治療の為に抜いた歯もまだ入れてもらっていないので、

ご飯はお粥、おかずは全部刻んでいるようで。。


これから何度か通院し、歯は入れてもらうようですが、それまでの間母は大変かも><


父には体力をつけてもらい、また元気に散歩ができるようになってくれますように☆



引越しの荷物も片付いて、動きの怪しかったPCに電源を入れてみたところ、

やっぱり2日目に再起動の繰り返し><


今年で10年目のWindows XP。

さすがにもう寿命&サポートも終了しているとのことで、

新しくWindows 8を購入しました☆


以前のPCはデスクトップ型のNECでしたが、

ディスプレイとキーボードは無事なので本体のみの購入ですが、富士通になりました。

電源を入れると途中で「富士通」と表示されるものの、

ディスプレにしっかりと「NEC」と書いてあるので変な感じです^^;


今までのPCとは比べ物にならないぐらい読み込みがサクサクだけど、

スタート画面はPCじゃないみたいな画面が出るし、

シャットダウンの方法も今までとは全然違う仕様><

旦那クンに設定を変えてもらって以前と同じような仕様に変えてもらいましたが、

文字を打つ際に表示される、携帯メールの予測変換みたいなのがうっとおしいような便利なような。

この辺は慣れが必要かな~


が、、、

今まで使っていたソフトが使えなくなりました><


メールソフトのPost Petも非対応(しかもネットブックでメールが消えちゃいます;)、

画像処理に使っていたソフトも非対応。

ペイントも複雑になってしまって、どうやって使うのかよくわからないしorz


そんなこんなで積極的に写真の処理に取り掛かるのをためらっております。。。><


とはいえずっとこのままってわけにもいかないので、

そのうち腰を上げて取り掛かろうと思います><


その前に引っ越しのお知らせハガキの制作かな。。。。

(おかげで実家にさえまだ新住所教えてません/爆)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもご無沙汰していてすみません><


4月15日より実家へ帰省していましたが、先日土曜日の5月25日、

およそ1ヵ月半ぶりに帰ってきました。


帰省中心配して連絡を下さった皆様、ありがとうございました^^



昨年も2回手術をした父。

手術や入院のたびに母から連絡をもらっていたけど、

いつも「こなくても大丈夫」の言葉に甘えて帰らずにいました。

それが今回初めて「来て欲しい」と言われ、新居に引っ越して5日目にして実家へ向かいました。


個人の大きな病院から国立病院へ搬送された父。

すぐさまICUに入り、医師からの説明では正直ダメかと思いました。

心の準備もあわせて覚悟をしつつ、それでも拭いきれない夢のような感覚。


母と2人でいろんな話をしつつ、連日話し相手になって日付が変わることも珍しくなくて。


残された可能性にかけて治療を進めていったところ、

ある日突然目に見えて回復して行ってくれて^^


そして気がつけば、病院にいるのが場違いに感じるぐらい元気になってくれました。

今はまだリハビリ中ですが、来月には退院の話も聞けるようになるかも?


そんな確信を得て、先日安心して戻ってきた次第です^^




ホッとして自宅に戻ってきたものの。

おうちの中は引越しの片付けを中途半端に放置してしまった状態のまま。

段ボールの山が一部屋占領し、どこから手を付けてよいのやら;;;


「自宅に帰ってホッとしたでしょう」とお友達に言われるけど、

新居での生活が私にとってはまだ1週間ちょっとなので「自宅」の感覚があまりありません;;;


新居は碁盤の目から少し離れたところにあるのですが、道がとにかく複雑です><

南北を通る道はまっすぐだけど、東西へ繋がる道が一筋縄では行かず、

例えるならあみだくじのようで迷子になりそうな勢いですorz

仕方が無いので買い物に行くときは、事前に地図をじっくり見て確認しています。

道を覚えるまでしばらくかかりそう~;;;




ここのところまったく写真を撮っていないのですが(実家に行くのにそれどころじゃなかったので。。)、

引越しの片付けが済んでPCも復活できたら、また台湾日記など始められたら…と思います。


遊びに来てくださった皆様には多大な心配とご迷惑をお掛けしましたが、

これからもどうぞ宜しくお願いします^^

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。