『奉仕作業』

 

 

小学五年生の始業式後のホームルームで宮下先生は黒板に太い字でそう書いた。

 

 

1日の中で、必ず奉仕作業をやるというのだ。

 

 

時には授業を割いて、放課後や昼休み、朝早く集合してやることもあるだろう。

 

 

1日1回は絶対にやると先生は断言した。

 

 

とんでもない先生が担任になってしまったぞ、私はこの先暗い未来が待っていると思った。

 

 

当時、南小学校は鹿児島では花壇が綺麗な学校としても有名だった。

 

 

その美しい花壇作りを積極的にやってきたのが宮下先生だったのである。

 

 

まるで用務員のおじさんが毎日やるようなことを宮下先生は朝早く学校に来てから、放課後遅くまでせっせとやっていた。

 

 

だから、土砂降りの雨が降った後に水たまりになった校庭に土を運んできて整備したり、飼育小屋の中の動物たちの糞を取ったり、土の入れ替えをしたり、小屋の修繕をすることも私達は宮下先生と一緒にやったものである。

 

 

授業が奉仕作業で潰れるのは嬉しかったが、スコップや鍬を使って力仕事をしたり、動物の糞を取ったりするのはかなり辛かった。

 

 

他のクラスでは、そんなことはやらないのに、なぜウチのクラスだけが奉仕作業をやらなければいけないのか、時々腹立たしい気持ちになった。

 

 

私達が一所懸命に校庭を整備した後に、昼休みになって楽しそうに遊んでいる他の生徒たちを見ていると、お前たちのためにやってあげたんだぞ、とか他のクラスだったら良かったのに、と思ったりしたものである。

 

 

奉仕作業が素晴らしい授業だったと思うようになったのは、小学校を卒業して中学生になってからだった。

 

 

実は中学校は、小学校の隣にあった。 中学校の校庭から、小学校の校庭が見渡せた。 ある日のこと、昼間に大雨が降った放課後、宮下先生と小学生たちが水たまりや泥濘みを整備していた。

 

 

小学生たちは、まだスコップや鍬の扱いが慣れない様子でへっぴり腰で作業していた。

 

 

それを目撃した私は、塀を飛びこえて小学校の校庭に降り立ち、用具倉庫からスコップを手に取り宮下先生の元へ走った。

 

 

この時、気がついたら自然に私はそういう行動をしていたのである。

 

 

「宮下先生っ」

 

 

スコップを持って土を盛っていた先生が振り返った。

 

 

「手伝いますよ、俺」

 

 

振り返った先生は、目を丸々として私をじっと見つめた。

 

 

それから、先生の目は急に涙が溢れそうになった。

 

 

私はそれが信じられず、えっなんで・・とドキドキした。

 

 

なぜなら、先生からいつも私は怒られてばかりで常に怖いというイメージだったから、そんな表情を見たことが一度もなかったのだ。

 

 

「ありがとう」

 

 

先生は満面の優しい笑顔で言った。

 

 

そして、私に背を向けると大声で小学生たちに向かって怒鳴った。

 

 

「おいっ、お前たちがだらしないから、先輩が手伝いに来てくれたぞーっ、きばらんかっ」

 

 

それから、手ぬぐいで顔の汗を拭くフリをした。

 

 

でも、それは涙を拭いていることがすぐにわかった。

 

 

遅いかもしれないが、私はこの時、宮下先生が小学時代の担任で本当に良かったと心から実感した。

 

 

あの頃、宮下先生は学校のためだとか、生徒たちのために奉仕作業をやってあげているというような発言をしたことは全くなかったし、そんな顔をしたこともなかった。

 

 

ただ、学校はいつも綺麗で過ごしやすかった。

 

 

そして、校長や教頭を始め他の教師も、そして父母達も、宮下先生を深く深く信頼していた。

 

 

この奉仕作業のおかげで私にも明らかに変化は現れた。

 

 

映画の好みが増えたのである。 ゴジラだけでなく、パニック映画が大好きになったのだ。

 

 

初めて見たパニック映画は『タワーリングインフェルノ』

 

 

世界最大の高層ビルが完成するのだが、その完成披露パーティーの真っ只中で火災が発生し、そこから脱出する人々と救出する消防士たちの物語である。

 

 

名優、ポールニューマンとスティーブマックウィーンを私はこの映画のスクリーンで初めて目撃した。

 

 

二人の命がけの救出劇に心が震えるほど感動した。

 

 

自らの命を顧みずにいかなる危険な状況でも人々を助けるために困難に立ち向かうその姿に魅了された。

 

 

その後も『ポセイドン アドベンチャー』『大地震』『カサンドラクロス』『エアポート』シリーズなど、当時流行り始めたパニック映画がどれもこれも大好きになり、同じ作品を何回も観に行くようになっていった。

 

 

主人公たちが時には、自らの命を犠牲にしてでも多く人々を救う姿に感動したのである。

 

 

私の心は、ゴジラになりたい という夢から、人を感動させる映画を作りたい という気持ちに変化していった。

 

 

国語でも算数でも理科でも社会でもない、もちろん音楽や体育でもなく、宮下先生の授業で人生にとって大切なことを多く学んだのは奉仕作業の授業である。

 

 

今も、先生が黒板に『奉仕作業』と書いたあの時を鮮やかに思い出すことができる。

 

 

現在の鹿児島私立南小学校

 

 

 

「記事がよかったら、

バナークリックご協力お願いします!」

人気ブログランキング

 

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

キラキラ最新のお知らせ!>キラキラ

 

劇団  真怪魚の劇団メンバー達が発声や身体の動き、アクションの基礎訓練として必須科目にしている『達真空手』がAmebaブログにいよいよ登場します。

 

劇団員たちの奮闘努力の修練の日々が綴られた感動の物語もぜひ、ご覧いただければ幸いです。

 

【達真空手〜真の強さに達せよ〜】

http://ameblo.jp/darumakarate

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

劇団真怪魚公演『銀河鉄道に乗ったサギ』PV公開中!


 

『劇団真怪魚〜2018年度研究生募集』

 

~詳細はホームページにてご案内中です
 下のバナーをクリックしてご確認ください〜



 

 

★劇団のFacebookページはこちらから

【真怪魚Facebookページ】

 

★達真空手のFacebookページはこちらから

【達真空手Facebookページ】

AD
こんにちは、星ワタルです。

昨年5月に行った劇団真怪魚の舞台最新作『シリウス ゲーム』〜スパイ誕生編〜(2017・5・3調布グリーン小ホール)の映像作品の完成披露試写会が先日行われました。

今日はその映像となった『シリウスゲーム』を鑑賞した感想を書きます。


{0722ED67-4FB1-4A9F-BDD9-AB2992A18540}


〈以下、感想文〉

今回、映像となった「シリウスゲーム」を観て感じたことは、ともかくスパイアクションと思って観ると裏切られる作品ということだった。

冒頭の緊迫した世界情勢の説明から始まって、さぞかし派手なスパイアクションが繰り広げられるかと思って観ると、物語がどんどん意外な方向に進んでいく。

再鑑賞してみてこの物語の意外な展開は、製作の舞台裏を知っている私でさえ、そのように思ったくらいなのだから、観客にとってはさぞかし意外性のある物語だったのではないだろうかと思う。

この舞台のテーマは愛だった。しかし、愛することの厳しさと試練をこの物語は容赦なく問いかけてくる。

大次郎は、自分自身と家族を不幸にした社会を許せず、自分の敵と思い、恨み、憎み、復讐のために大泥棒になる。

だが、そんな彼の行動が、自分の最愛の弟子であった六右衛門くんとその家族を不幸にしてしまう。

これは、自身の行動が、自分を不幸に陥れた自分が憎む社会と同じ側に立ってしまったことと同然だ。大次郎は、このことに胸が張り裂けそうな絶望を覚えて、それが彼の生きる意味を失わせてしまう。

彼の復讐心こそが、結局彼自身を破滅においやってしまう。

彼は自身の罪の償いのためと思って死を選ぶ。一見、ドラマチックに死んでいく大次郎。だが、ここで物語が終わらない。

一度、死を選択した彼の前にも、おりんの言葉通りすぐに「超えられなかった壁」が再び現れる

大次郎は六右衛門くんばかりでなく、過去に自分が大金を巻いて幸せを与えたと思っていた人たちが不幸となり、悲劇を生んでいる現実を、突きつけられるのだ。


{7FFF3004-BEE8-407F-8641-92E9033A01D2}


大次郎は、クロウに入りスパイのための猛特訓を受ける。

だがだが、まだまだこれで終わらないところが、この「シリウスゲーム」の凄さだと思う。

大次郎はおりんの言葉であった「ドミノの最初の一枚」となることの言葉の意味こそ半分は理解したようだが、その動機の復讐心について変わることはなく、再び過ちを犯す。

大次郎が、自らの復讐心に気が付くのは、明日香の物語を聞いた時だ。

明日香にとっては、大次郎こそが自身の父親を殺した原因を作った敵と同然の存在、その明日香が大次郎を許すという試練に向き合っている事実を彼は聞かされる。

だから、大次郎は、3度生まれ変わるのだ。

1度目は自ら死を選び、2度目はおりんのドミノの話を受け入れた時、そして、3度目は明日香が自分を許したという事実を受け入れた時だ。

汝の敵を許し、自分を迫害するもののために祈り、愛することができるのか?

大次郎は、3度生まれ変わることで、ようやくそのために立ち上がることができた。

だがだが、まだこれでも「シリウスゲーム」のメッセージは終わってはいない。

ようやく決意した大次郎の前にも意外な言葉をマスターは投げかける。

「お前が言う世界の中には紅竜国が含まれているのか?」

自分の復讐心と向かい合ることができた大次郎は、今度はシリウスのスパイとして、地球をまるごと愛せる愛を育むことができるか?という新しい試練の前に立たされたところで、舞台は終わる。

この物語は、愛の中でも一番つらいことである、自らの不幸そして傷ついた過去と向き合い、自分を不幸にした者たちを許し、そして愛することの厳しさと大切さを説く物語なのだ、と徐々に気づかされる。

そして、大次郎個人の物語から、国家の間に横たわる問題に対して、この愛を説くというラストに繋がっていく展開が衝撃であり、そして強いメッセージとなる。

敵を許し、敵を愛することはどういうことなのだろうか?

私は、今回再鑑賞して、一つ気が付かされたことがある。

それは、表面的な自己の姿(境遇、地位、名誉、財産、肩書)だけでなく、自分の人生そのものを愛することから始まるのではないかと思う。

大次郎の物語は、六右衛門を死に追いやってしまった自分を認め、生まれ変わることから始まった。

そして、六右衛門君ばかりでなく、自分がばらまいた大金で大勢の人間を不幸にしてしまった事実を受け入れ、罪を償おうと懺悔する。

彼の歩んできた人生、過去を変えることはできない。

だが、自分自身の人生を愛し、大切にできないものが、他人を愛し、敵を許すことなど出来ないのだ。

表面的な自分の姿や我欲にとらわれた人間は、結局自分への偏狭的なわがままやエゴイズムに取りつかれ、傷ついた自分への被害者意識だけを苛み、それでは結局、復讐心しか生まれないのだ。

だが、自分へ危害を加えた者を愛することができるためには、自分の幸も不幸を客観的に認めながら、そこからまた生まれ変わり、新しい自分を成長させるしかない。

そのためには、自分の人生というものを愛して生きること。自分に与えられた命、人生を愛することだ。

明日香が、大次郎を許したことが、また大次郎が変わるきっかけになったのだ。

明日香はまさしくドミノの一枚だ。明日香が大次郎を許さなかったら、大次郎もまた自分と向き合うことができなかったはずだ。

明日香は、おそらく父親が語った「自分が死ぬことがあっても、彼らを恨まないでほしい」という言葉を信じて、自分の人生を愛することができたのだろう。

大次郎は、母親が幼いころに語っていた「お前はイエス様と同じ。聖霊によって身ごもったのよ」という言葉をデタラメとしか捉えていなかった。そのためにいじめられた過去もある。


{34FDFDE6-9E73-4588-8D83-711C5AFF3C87}


だが、その言葉を、大次郎が再び振り返ったときに、自分の人生の意味を見出したのだろう。

そして、大次郎もまた自分の人生を振り返り、それを大切に愛することを遂に学んだのだと思う。

振り返ってみると、これは真怪魚の舞台に共通して流れるメッセージだ。

『銀河鉄道に乗ったサギ』で「人間はいつでも生まれ変わることができる」と語られた。そして、『クリスマス最高のプレゼント』自分の人生を精一杯生きろ!」教えてくれた。

今回のこの『シリウスゲーム』は、そのためには幸も不幸も含めて自分の人生をまるごと愛してみなさい」「そしたら世界が変わっていく」というメッセージが加わり、これこそ劇団真怪魚の舞台だ!と言える素晴らしい物語になっていたと思う。


星ワタル

〈感想文終わり〉



「記事がよかったら、

バナークリックご協力お願いします!」

人気ブログランキング

 

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

キラキラ最新のお知らせ!>キラキラ

 

劇団  真怪魚の劇団メンバー達が発声や身体の動き、アクションの基礎訓練として必須科目にしている『達真空手』がAmebaブログにいよいよ登場します。

 

劇団員たちの奮闘努力の修練の日々が綴られた感動の物語もぜひ、ご覧いただければ幸いです。

 

【達真空手〜真の強さに達せよ〜】

http://ameblo.jp/darumakarate

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

劇団真怪魚公演『銀河鉄道に乗ったサギ』PV公開中!


 

『劇団真怪魚〜2018年度研究生募集』

 

~詳細はホームページにてご案内中です
 下のバナーをクリックしてご確認ください〜



 

 

★劇団のFacebookページはこちらから

【真怪魚Facebookページ】

 

★達真空手のFacebookページはこちらから

【達真空手Facebookページ】

AD

2018企画会議

テーマ:

赤井です。劇団真怪魚、2018年の活動について最近企画会議を行いました。

 

 

どうすれば劇団真怪魚の活動を広く多くの人に知っていただけるか、みんなで様々な意見を交わしました。

 

 

思えばこのブログもその活動の一環ですし、ブログに公開しているYouTubeもそうですし、Facebookページもそうです。

 

 

共通して言えるのはやはりSNSを利用した宣伝活動でした。

 

 

そこから持ち上がった話が、動画を撮影して定期的に配信するというものでした。

 

 

この意見に対して座長は以前から映画制作を検討していることを話されました。

 

 

そこで、撮影慣れをするということも踏まえて

 

 

ミニドラマを制作する

 

 

ということに活動が決定しました!

 

 

もちろん完成したらこちらのブログでもお知らせいたしますのでお楽しみに!

 

 

さて、今年の活動が決まったところで、今度はどういうミニドラマを製作するかという話に進みます。

 

 

そこで、今度はみんなでミニドラマのあらすじを書いて提出するというものです。

 

 

いわゆるシナリオの企画会議です。

 

 

後日みんなで書いたあらすじを発表し合いました。みんなどれも面白そうな話を書いて来たのですが問題がありました。

 

 

具体性の欠如です。

 

 

例えば共通していた点として、撮影場所についての考慮です。

 

 

話の流れや人物など、一見しっかりと考えているように見えても「それはどこなのか」という点だけなぜか、「〜みたいな場所」というくらいにしか考えていなかったのです。

 

 

ここで皆さん小学生の頃を思い出してみましょう。

 

 

国語の時間に作文を書いたのを覚えていますか?赤井もよく作文を書かされていました。もっとも、あの当時とても苦手なジャンルで全く書けなかった覚えしかありませんが…^^;

 

 

さて、作文を書くのに大切なことはなんだったでしょうか…?

 

 

……そうです!「5W1H」です!

 

 

つまり、「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素です。

 

 

この一つの「どこで」だけなぜか今ひとつ曖昧になっていました…。

 

 

その時に座長は、撮影するのはどんな場所なのかという設定は、とても大事なことだと言われました。

 

 

まず、撮影場所についてどこが良いか、座長はパッと思いつき、更にはそこが撮影可能な場所なのかどうなのか、更には時間帯で人がどれだけ空いているか、昼と夜で景色がどうなのか…など様々な要素を思いつくのに対して、それを持ち合わせていませんでした。

 

 

また、コンビニのシーンがあれば、果たしてそこが、撮影可能かどうなのか、場合によってはそのコンビニの本社に許可を取らなければならないし、費用もかかるかもしれないというわけです。

 

 

そういえば過去に座長のお話で聞いたのですが、一本の映画でAという自動車メーカーがスポンサーについたら劇中では他の自動車が映ってはいけないので、他車メーカーを排除して撮影しなければならないほど大変なんだそうです。

 

 

これは映画ほどではありませんが、やはり舞台ですらもそのような様々な状況を考慮してシナリオを書く必要があるわけです。

 

 

改めて今まで劇団真怪魚は舞台公演をし、その脚本を手がけたのは座長でしたがこんなに様々な要素を考慮して一つの作品として成立させていたのだと考えるとそれはとても凄いことなんだなと思いました。

 

 

しかし、座長も仰られていたのですが、

 

 

「難しいことこそ挑戦すればそれだけ成長できる」

 

 

ということです。

 

 

劇団真怪魚メンバーは「一人十役」と座長は仰られています。

 

 

舞台の時も役者としてだけでなく、舞台の裏方にも徹するということで大道具、小道具、衣装などもメンバーで製作します。

 

 

そして、役者としてでも裏方としてでもトータルで活躍できるよう経験を積む機会があります。

 

 

そして今度はシナリオ制作です。

 

 

とてもやりがいのあることだ思います。

 

 

きっと皆さんに楽しんでいただける作品となりますので応援よろしくお願いします♪

 

 

ではまたノシ

 

 

「記事がよかったら、

バナークリックご協力お願いします!」

人気ブログランキング

 

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

キラキラ最新のお知らせ!>キラキラ

 

劇団  真怪魚の劇団メンバー達が発声や身体の動き、アクションの基礎訓練として必須科目にしている『達真空手』がAmebaブログにいよいよ登場します。

 

劇団員たちの奮闘努力の修練の日々が綴られた感動の物語もぜひ、ご覧いただければ幸いです。

 

【達真空手〜真の強さに達せよ〜】

http://ameblo.jp/darumakarate

 

☆ ☆ ☆ ☆  ☆  ☆ ☆ ☆ ☆

 

劇団真怪魚公演『銀河鉄道に乗ったサギ』PV公開中!


 

『劇団真怪魚〜2018年度研究生募集』

 

~詳細はホームページにてご案内中です
 下のバナーをクリックしてご確認ください〜


 

 

★劇団のFacebookページはこちらから

【真怪魚Facebookページ】

 

★達真空手のFacebookページはこちらから

【達真空手Facebookページ】

AD