go上総国分寺・尼寺

テーマ:
$三七三七語!

昨日の収録では色々不測の事態がおこり!
しみじみとした気持ちになりました。

三七三七語!

という訳で
上総国分寺・国分尼寺にぶらりとしてきました。


三七三七語!

いつものレンタサイクル屋さんでマイカーを確保して
五井駅北口のこの近未来的な道をゆく。
なにが出来るんでしょうか。


三七三七語!

自転車でひたすた北上。
いつの間にか高台に出ています。
途中の戸隠神社で一服(ポカリですよ)。

境内からは町が一望出来ます。
人っ子一人いませんでしたが安らげました。


三七三七語!

こんな富士登山記念碑も!浅間神社!
ちゃんと一合から山頂までありますよ。
子供が登っていそう…


三七三七語!

さて、国分寺跡に到着です。
良い道~


三七三七語!

山門の仁王様。
江戸からずっと修復を繰り返してここにおられる
地元と一体となった守り神です。


三七三七語!

頬がせり出した坂東武者顔!


三七三七語!

境内には可愛い小僧さんと


三七三七語!

さくら!
かーわいいー(^▽^)

ここで住職にお話を伺いました。



三七三七語!

横の道を通って国分尼寺へ。
しつこいですがこの辺はほんとに良い道!!


三七三七語!

市役所横の桜と菜の花の通り抜け。
ロケすべき場所です。
ファンタジーワールド。


三七三七語!

向かいの公園では桜が満開!
お花見も程よい混み具合。
子供の声は良いですねぇ。


三七三七語!

復元された尼寺回廊です。
この古(いにしえ)感。奈良時代へひとっとび。


三七三七語!

ちょうどこの間大仏開眼のドラマやってましたもんね。
吉岡さんが向こうから歩いてきそうです。


三七三七語!

隣接する資料館内にある全体図。


三七三七語!

国分寺周辺は、様々な遺跡がありますが
それを彩る「草原」が良いんだなと思いました。

======

この後「辛夷(こぶし)館」の皆様やM先生に大変お世話になり、
ご親切にして頂けました。
本当にありがとうございました!
是非またお話を伺わせて頂きたいです。

やっぱりお住まいの皆様とコミュニケーションを
とれるのがこういった仕事の醍醐味かと思います。

これからも宜しくお願い致します。
たまには真面目に。


AD

go道の駅 あずの里いちはら

テーマ:
三七三七語!

今週の放送をお聴きくださった皆様、
ありがとうございました!

という訳で「あずの里 いちはら」に
行って参りました。
今回も画像多いです。



三七三七語!

五井駅から自転車で297をひたすら南下。
ロードムービーのような景色です。
ちょいちょいコンビニもありますので
兵糧には困りません。


三七三七語!

30分ほどで看板が見えてきます。
この看板の100m先の左手にある…
のですが、うっかりここで左折してしまいました。


三七三七語!

奥に入ると迂回出来ない道ですので
結局20分以上ロスしましたが、
その分奇麗な道や味のある神社、
温室などを巡れて、結果良かったですv


三七三七語!

千と千尋的な


三七三七語!

さて、到着しました あずの里。
噂通り広いです!
入り口においてあるマップや
イベント情報などを眺めつつ、奥へ。


三七三七語!

カフェ内には各種メニューが。
本格的なスコーンから新米おにぎりまで
どれもお安くて美味しいです。
もちろんお持ち帰りも出来ますよ★


三七三七語!

名物ポアロじぇらーと!!
これが食べたかったのです^^
美味しかったです!美味しかったです!
大事なことなので二度言いました。


三七三七語!

メインの直売所です。
商品の数は膨大なのに通路が広くて見易いです。
真新しい冷蔵庫も要チェックです(笑

こちらで小畑さんのお話を伺いました。
改めましてありがとうございました!


三七三七語!

やっくんも一押しの米Tです。可愛いっ


三七三七語!

さて、建物の奥に急な階段が。


三七三七語!

登ると広場になっています。
バーベQもお任せ!ワンテーブル520円です。
お花が見頃になればさぞ奇麗でしょうね~。



そんな訳であずの里特集でした。
番組内でも熱く語ってしまいましたが、
こちらのアグリー市原さんの活動理念は
ほんとに素晴らしいと思いました。
個人が思い思いに参加出来て、
たくさんの可能性がありますよね。

皆さんも是非、農デビューを!
ちなみに私は茄子を作るのが得意です。



三七三七語!

市原を自転車でブラブラしていると、
良くこんな道に出会います。
トトロがでてきそうな。

人を立たせて撮影したくなりますねー。

三七三七語!


======


今週も収録後に某所に取材に行ってきました。
意外な出会いもあり!盛りだくさんな一日でした。
宜しければ来週も放送もお聴きください♪

お読み頂きありがとうございました。

AD

go上総牛久

テーマ:
今週もお聞き頂きありがとうございました。
放送でお伝えした上総牛久ぶらり旅の画像をもりっと!

三七三七語!

KMNT(小湊)48は本当にちょっと良いんじゃないかと思います。
車掌さんが可愛い子ばっかり!な路線は全国でも珍しいのでは


三七三七語!

牛久駅のトイレ内にある張り紙。
目を光らせてますよ!!


三七三七語!

チェーンソーカービング世界チャンピオンの作品が
生で見れる駅舎は牛久駅だけ!

でも月崎駅のログハウス風のトイレも
チャンピオンの作品だそうです。
是非入りに行かなくては。


三七三七語!

そこここに作品が。
可愛いっ^^


三七三七語!

お話を伺った福田書店さん。
とても親切でした。ありがとうございました!


三七三七語!

貫禄のある辻商店さん。
中が気になります。


三七三七語!

3と8がつく日の午前中は朝市をやってます。
お魚・新豆・今川焼から竹籠の肩ひもまで
色とりどりです。


三七三七語!

409を西に進むと養老川。
この手前に牛久駅の成り立ちを表す石碑が。


三七三七語!

川を渡って5分ほど。
巨大なセブンです。入り口が遠い・・・

お目当ての蜂蜜屋さんがやっていなかったので
駅方面にトボトボ戻ります。


三七三七語!

その途中で、細い道の奥に怪しい鳥居発見!
入ってみます。


三七三七語!

ここが放送で散々語った三嶋神社です。
三つの神社が合祀されており、他にも


三七三七語!

様々、気になる石碑が。
全てに碑文入りです。凄い。勿体ない!
西南の役の忠魂碑もありました。


三七三七語!

大きな神社は八坂神社(うしくばやし)、
丸山神社、三嶋神社の三つだそうです。
歴史のある寺院仏閣が多く残っているというのは
当時から町の人の意識が高かった証拠です。
素晴らしい!

ちなみに神社仏閣のような宗教施設は
個人が自由に作ってもいいのです。
そりゃあ大変だと思いますが(笑

最近は聞きませんね、そういうの。
某アスリートが数年前に作ってましたが。


三七三七語!

樹齢400年は下るまいと思われる巨木が
敷地内に何本もあります。
もしかしたら室町以前から
あったかもしれませんね。

なにせ国府ですから!


三七三七語!

今回の行程です。
画像をクリックすると大きくなります。


三七三七語!

かずさうしく なう!

=======


来週も市原市ぶらり旅をご紹介したいと思います。
今週も収録後に早速取材に行ってきました。
とても面白い話が聞けたと思います。
お忙しい中、どうもありがとうございました!

どこに行ったかはお楽しみに~v

AD

go鶴舞

テーマ:
そんな訳で先週は小湊鐵道の上総鶴舞駅でちい散歩してきました!

$三七三七語!

車内で可愛い車掌さんに見所を聞いたり
個人情報を根掘り葉掘り聞いたりしつつ(笑

駅内のポスターで目的地を決めます。
このポスター、かなり詳しい観光情報が載っており
一枚欲しいと心から思いました。

上総牛久駅より先は本数が減る為、
引き返す時間も考慮しないと
本気の冒険になってしまいます。

鶴舞は程よい感じ!

$三七三七語!

「関東の駅100選」に選ばれている駅舎です。
外観も素敵ですが内装も。
岩井俊二の映画に出てきそうです。

$三七三七語!

駅前の新聞屋さんに聞いた道をとことこ歩き、
およそ20分くらいで坂道の天辺へ。

この間、景色のいい場所もありますが
怪しいトンネルや寂しい場所もあるので
女子一人歩きはあまりお勧めできないかも?
ツワモノは是非。

$三七三七語!

途中で池和田城跡に向かう道標が。
この山道を分け入っていくらしいですが
前日に聞いた富士の樹海の怖い話が
心に滞っていたのでここはスルーします。

$三七三七語!

さすが花の国房総、様々なお花が見られました。
今はもっと奇麗でしょうね!花がけぶる山道。

$三七三七語!

天辺には公民館があり、その脇に
鶴舞藩の名家老・伏谷如水の碑や
藩校克明館跡の説明板など。

この辺は今週の放送でかなり長々と話したので(笑
ブログでは割愛しますー。

$三七三七語!

お隣には鶴舞神社。

$三七三七語!

仲良しなお稲荷様。春ですな。

$三七三七語!

もう少し国道沿いに歩いて行くと、鶴舞小学校があります。

$三七三七語!

目の前にバス停と、
艶かしい声でしゃべる自販機が。
例えプログラムと分かっていても
励まして貰えるとトキメキます。
ボーカロイドはやっぱり初音ミクが好きです。

$三七三七語!

さて、鶴舞小学校の脇には
鶴舞城の本丸跡の説明板と、

$三七三七語!

鶴舞名物の大井戸が。
中に入って見学できますと書いてありましたが
ぱっと見、ちょっと中には入れなさそうでした。
まさかどこかから井戸の中に入れる
秘密通路とかがあるのでしょうか。
そんなの…入りたすぎる…。

$三七三七語!

本丸跡の向かいの道から
道案内の看板に従って細い道を入って行くと
カフェやギャラリーの向こうに開けた場所が…!

これは期待できそう!!


$三七三七語!

素晴らしい
ここは鶴舞の勘所と見ました。
桜の時期は物語のような光景でしょうね。
来週ですよ、奥さん!

$三七三七語!

展示してあるおもしろオブジェもさることながら
このツリーハウスが素晴らしい。
鬼太郎ハウスと書いてありましたが
そんなドロッとした雰囲気じゃありません。
おしゃれな北欧の風が吹いてます。

ここで美少年ふたりがのんびりしていました。
一応インタビューしたのですが
風が強くてうまく録音できず…

$三七三七語!

こんなに強かったんですよ。
ベンチがこんな惨敗するほどに。

$三七三七語!

今回のざっとした行程です。
クリックすると拡大します。
順調に行けば1時間程度で回れます。
お帰りはバスで上総牛久駅に向かうと便利です。

$三七三七語!

今週の放送をお聞きになられた方なら
お分かりだと思いますが、
とにかく鶴舞藩に興味津々です。

この幻の藩のことをもうちょっと調べたいと思います。


=======


来週も宜しくお願い致します。