しちふくのひとやすみ

獣医師&獣医鍼灸師&レイキヒーラーである しちふくの感じたあんなことやこんなこと


テーマ:

シナモンさんは8歳の男の子のわんこさんです。


ミニチュアダックスフンドとイタリアングレーハウンドの

ミックス犬ですが、ダックスの形質が強く出ています。




今年の2月ごろから右手首を痛がるようになり、

かかりつけ動物病院では関節炎と診断されたそうです。


とても痛がるため、1~2日おきにステロイド剤を飲んでいました。


ステロイドとは腎臓の近くにある副腎という

豆ぐらいの小さな臓器で作られるホルモンの一種です。


ステロイドから作られたお薬には

内服薬・外用薬(塗り薬)・目薬・点鼻薬などさまざまあります。


少量で強い効果がありますが、副作用も強いです。


犬が内服した時の主な副作用としては、肥満、皮膚が薄くなる、

胃腸障害、肝障害、糖尿病、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、

免疫抑制により感染症にかかりやすくなること、などがあります。


一番最初に現れる症状は水をよく飲むこと、食欲が増えることです。


ご飯をたくさん食べるようになるので、

喜ぶ飼い主さんが多いですが、

食欲が増えた時点で他の副作用も始まっていると思ってください。


特に肝障害などは、相当悪くならないと検査結果に表れないので、

血液検査の結果が高くなった時点では、

かなり副作用が進んでいると思わなければなりませんビックリマーク


ステロイドは短期的に使うにはいいかもしれませんが、

いつまでもだらだら続けるのは問題があると思います。


さて、シナモンさんはステロイド剤を1~2日おきに飲まないと

痛みのコントロールができない状態が続いていたので、

副作用を心配した飼い主さんからしちふくに相談がありました。


診察すると右手首が張れていて、右前肢に体重がかからないように

左前肢で支えるような立ち方をしていました。





前から見ると、右の手首が「逆くの字」に曲がっていて、

右ひじが外側に突き出るようになっていました。


シナモンさんは 水の性格 で、

怖がりの甘えん坊さんです。

恥ずかしがり屋さんで、カメラを向けても

横を向いてしまします。


東洋医学の五行説 におけるの要素は

腎臓・骨・関節・耳などに深い関係があります。


水の性格の子はそれらのどこかに問題を起こしやすいです。


シナモンさんの治療には、

強い症状のある右手首だけでなく、

腎臓や骨に関するツボや

痛みをコントロールするツボも使っています。


ツボに鍼を刺す鍼治療のほかに、

鍼に電極をつないで微弱電流を流す電気鍼を行い、

さらにツボに薬液を注入する水鍼治療も行っています。


鍼だけでなく、マッサージも行います。

飼い主さんにも家でマッサージしてもらっています。


漢方薬も毎日飲んでもらっています。


≪電気鍼治療の様子≫



痛みがだんだん弱くなってきたので

ステロイドを飲む間隔が少しずつ開いていき、

治療開始から2か月で完全に止めることができました!!


とても自然な形でステロイドから離脱できました。

治療開始直後は週1回の鍼治療でしたが、

治療開始から4か月たった今では

2~3週おきの治療になっています。


鍼治療が3週間隔になると痛みが出てくるようなので、

痛みが出始めるかどうかのタイミングで治療しています。


漢方薬は続けていますが、

ステロイドを完全に止めることができたので、

飼い主さんも喜んでいらっしゃいますラブラブ


今では、同居のわんこさん・にゃんこさんと

元気に走り回れるようになりました音譜


今回はシナモンさんのご紹介でしたジョゼ♪






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しちふく動物治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。