なにごとも経験!ツイッター&フェイスブックでつながる

なにしろパソコン・ドットコム(724685.com)の編集長の 林 です。まあ、気張らずにいきましょう。


テーマ:
スパムDM(ダイレクトメッセージ)が送られてきた、あるいは自分のアカウントから勝手にDMが送信されているという投稿(ツイート)を見かけることがあります。

そんなときは、まずツイッター社の公式ヘルプを確認しましょう。

クリップ Twitter ヘルプセンター
スパムによって自分のアカウントが乗っ取られてしまったらしい! 対応方法は?


公式ヘルプも踏まえた対応ポイントは以下の通り。

■1.ツイッターのログイン用パスワードを変更またはリセット。

■2.心当たりのないサービスをツイッターに導入していないか
   確認とその登録削除。

■3.送った覚えのないDMを削除。
   ※ 同時に自分のツイートも確認

■4.フォロワーに対するお詫びと対策ツイート


もう少し詳しく、順を追って説明しましょう。


■1.ツイッターのログイン用パスワードを変更またはリセット。

パスワードの変更はツイッター公式サイトにログインした状態で
パスワード設定画面を開いて実行します。

クリップ パスワード設定画面(ツイッター公式サイト:ログイン後)
https://twitter.com/account/password


パスワードを忘れた、あるいは変更されてログインできない場合、
以下のページでパスワードのリセット作業をおこないます。

クリップ パスワードを忘れた?
http://twitter.com/account/resend_password


パスワードを変更するときは容易に類推ができない、
最低でも8文字以上のパスワードにしましょう。


■2.心当たりのないサービスをツイッターに導入していないか
  確認とその登録削除。


ツイッターは自社以外が提供するサービスを簡単な承認だけで活用できる仕組みがあります。そのため悪意のあるサービスに気づかずに承認を与えている場合があります。

OAuth認証と呼ばれているもので、ツイッターにログインしていればパスワードなどの入力は不要になりますが、それで導入したサービスの安全性を保証するものではありません。


取り込んだサービスはツイッター公式サイトの「設定」画面の「アプリ連携」画面を開けば一覧表示されます。



クリップ 「アプリ連携」画面
(ツイッター公式サイト:ログイン後)
https://twitter.com/account/connections

一覧の中に、自分で導入した覚えのないサービスがあれば、アイコンの右にある「許可を取り消す」ボタンをクリックすることで利用停止にすることができます。

許可を取り消す

たとえば「MobsterWorld」「TRIBES WAR」「140 King of Pop」といった名前のサービスが「スパムDM」の元になることが報告されています。
クリップ TwitterのスパムダイレクトメールMobsterWorld対策

最近のスパムDMを調べるには以下のサイトも参考になります。
クリップ スパムDM | Twitterスパム情報サイト


原因のアプリを見つけるのが難しい場合、

一度、すべてのアプリで認証を取り消す

というのが最も確実な方法です。

その上で必要なアプリは、都度、再承認していきます。


■3.DMの「送信」タブ画面で、送った覚えのないDMを削除。

ツイッターのダイレクトメッセージ(DM)は、相手に送っても自分のサイト内に残ったDMを削除すれば相手側に届いたDMも同時に削除されるので、速やかに削除しましょう。



クリップ ダイレクトメッセージ
https://twitter.com/#sent


乗っ取られた場合、DMだけでなくツイートにも身に覚えのないものが混ざる場合があります。ひと通り確認して自分のツイート以外は削除しましょう。


■4.フォロワーに対するお詫びと対策ツイート

スパムDM の対応を終えたら、迷惑をかけた可能性のあるフォロワーに対しては、状況の説明とお詫びのツイートをしておきましょう。その時には Twitter ヘルプセンターの該当ページなども合わせて紹介しておくといいでしょう。







以上のようなステップで対応すれば、スパムDM(迷惑DM)といった悪質サービスにひっかかった場合でも、被害の拡大を抑えることができます。


しかし、実際にかかると多くのフォロワー(フォローしてくれている人)に迷惑をかけてしまうため、以下の点に気をつけましょう。

1.自分宛のツイート、DMでも怪しげなリンクはクリックしない。

 ・特にフォローした記憶のない海外のユーザーからのツイート/DM
 ・日本人なのに意味不明の英文でツイート/DMが送られてきた場合
 ・知っている相手でも、いつもと明らかに違う文面の場合

2.クリックして認証ページが開いても、安易に承認しない。

 ・意味が分からなければ承認しない、という姿勢が必要。
 ・ツイッター公式サイトとそっくりのデザインでログインを要求
  してくる場合もありますが、パスワードを入力しないように!

たとえば「lol , this is funny」等の文面を持つスパムDM の URL をクリックすると、ツイッター公式サイトと同じデザインでログイン画面で入力を誘い、情報を騙し取られるようです。


クリップ 新しいtwitterのスパムDMに注意 「lol, this is funny」等の
  フィッシングサイト誘導のダイレクトメール

3.分からない場合も、確認のための返信や RT などしない。

 ・とにかく怪しいDMは削除してしまいましょう。


ツイッターはまだまだ歴史の浅いサービスであり、今後、さらに悪質なスパムDMや、その他の問題も発生することが予想されます。

新しいサービスを楽しむには「なにごとも経験」という姿勢が大切ですが、怪しげでよく分からないけど、まずはクリックしてみようというのは避けたほうが賢明です。
 
追伸(2012/8/26)

2012年8月17日 私の執筆した「ツイッター本」を出版できました。

クリップ 「つながる力倶楽部」が「ツイッター本」執筆につながった

いままでの活動の集大成となる1冊を出すことができてよかったです。

 
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード