nakayanの公立高入試問題解説メモ

個人的な解説貯蔵庫:茨城(KI)県那珂市津田:中川デンタルクリニック


テーマ:

中1理科2分野 大地の変化

火山と火成岩


画像クリックで拡大表示





火山1



マグマ・・・地下にある高温のどろどろにとけた物質

マグマは地表近くまできて、マグマだまりを作る

これが地表に噴火したのが火山

火山噴出物・・・噴火によって地下からふき出された物質
 火山ガス(水蒸気)、溶岩、火山灰、火山弾、軽石



マグマのねばりけと火山の形
火山は、噴火のときに流れた溶岩や火山灰が積み重なってできる
マグマのねばりけは火山の形を決める要因となる

次の3種類

マグマのねばりけが、火山の形や噴火のようすにどう関係しているかを覚える



はげしい爆発をともなう噴火
マグマのねばりけが強い
溶岩が流れにくいために、おわんをふせたような形になる

   ↓
強い噴火



おだやかな噴火
マグマのねばりけは弱い
ねばりけは弱いから溶岩が流れやすいので
うすく広がり、平らな形をしている

  ↓


弱い噴火



マグマのねばりけは中間
火山灰などと溶岩が交互に噴出 富士山

   ↓


中間の噴火






マグマが冷えてできた岩石について

火成岩・・・・マグマが冷えてできた岩石
火成岩ができる場所

   ↓
火成岩


火成岩は、「火山岩」と「深成岩」に分けられる



火山岩・・・・流紋岩・安山岩・玄武岩の3種類


火山岩

火山岩は、地表に近いところでマグマが急に冷えて固まったもの
斑状組織
(石基の中に斑晶が混ざっている)
斑晶…比較的大きな結晶
石基…急に冷やされたため、結晶になりそこなった




深成岩・・・・花こう岩・せん緑岩・斑れい岩の3種類

地下の深いところで、マグマがゆっくり冷えて固まったもの
等粒状組織
(ゆっくり冷えたため同じような大きさの結晶が集まっている)


深成岩




火山灰の中の粒に結晶が見られる
これらは、マグマが冷えてできたものであり「鉱物」とよばれる


火山灰に含まれる鉱物を取り出す方法
蒸発皿に火山灰を少し入れて、水を加えて指で押し洗いする


火成岩(火山岩・深成岩)をつくる鉱物
鉱物:マグマが冷えてできたもの
無色鉱物
セキエイ(石英) 無色
長石 白っぽい色


有色鉱物
黒ウンモ
カクセン石
キ石
カンラン石



火成岩(火山岩・深成岩)の総まとめ

この表は重要

しっかりと理解する


火成岩の総まとめ

火成岩は、できる場所によって、火山岩と深成岩の2つに分けられる

ふくむ鉱物の割合によって、火山岩はさらに3種類

流もん岩・安山岩・玄武岩に

深成岩も3種類

花こう岩・せん緑岩・斑れい岩

に分けられる


無色鉱物の割合が多いほど→白っぽい色

深成岩(等粒状組織)の「花こう岩」や 火山岩(斑状組織)の「流もん岩」は白い

「セキエイ」(無色)や「長石」を多く含んでいるから当然である
もととなるマグマのねばりけは強い

つまり、マグマのねばりけは強い→激しい噴火をした火山の岩石


有色鉱物の割合が多いほど→黒っぽい色

深成岩(等粒状組織)の「斑れい岩」や 火山岩(斑状組織)の「玄武岩」は黒い

深成岩(等粒状組織)の「斑れい岩」や 火山岩(斑状組織)の「玄武岩」は

上の図を見たら、即座に判るとおり「セキエイ」(無色)を含んでいないことが判る
もととなるマグマのねばりけは弱い

マグマのねばりけは弱い→おだやかな噴火をした火山の岩石


すべての岩石が持っている鉱物は・・上の図から「長石」と判る

黒ウンモは、黒い色でうすくてはがれやすい性質



練習問題

画像クリックで拡大表示



火山の問題

いろいろな火山付近からA~Gの岩石を採取し、それぞれのつくりと特徴を調べた
図1は、 A・B・F・Gの岩石
図2はうすい切片を顕微鏡で見たようす
図3はA~Fの岩石を  含んでいる鉱物の割合で整理したもの
A・B・Cの岩石は図2の「い」
D・E・Fの岩石は図2の「ろ」のような構造をしていた
次の問いに答えよ



(1)岩石A・B・F・Gはすべてあるものが冷えて固まってできたものである
 あるものとは何か
(2)岩石Gは穴がたくさんあいているためにほかの岩石と比べて密度が小さい
 このような岩石を何というか。
また、噴火のときに何が抜けて穴があいたと考えられるか

(3)岩石Aはセキエイ・長石・黒ウンモでできていた。
Aの岩石の名前を答えよ

(4)岩石Fの名前を答えよ
 また、岩石Fをつくっている主要の鉱物を3種類答えよ

(5)図3のイは、どの岩石にもふくまれている鉱物である
  イの鉱物名を答えよ

(6)図3のア・イの鉱物は無色・白またはうす紅色である
  色の特徴から何鉱物と呼ばれるか

(7)ウの鉱物の名前と、その特徴を簡単に答えよ

(8)図2の「い」は大きい結晶が集まった構造
「ろ」は結晶ではない中に結晶が点在している構造をしている
 「ろ」の結晶ではない部分を何というか

(9)ハワイのキラウエア山内部のマグマは
  CやFの岩石をつくる。
  キラウエア山の形は次のどれに近いか。
  キ~ケから選んで記号で答え、その噴火の特徴を簡単に述べよ


(1)マグマ
(2)軽石  火山ガス
(3)花こう岩
(4)玄武岩  長石・キ石・カンラン石
(5)長石
(6)無色鉱物
(7)黒ウンモ  黒色でやわらかくうすくはがれる
(8)石基
(9)ケ  おだやかな噴火である



火成岩の総まとめ


解説
(1)と(2)
これらはすべてマグマからできている
A(花こう岩)・B(せん緑岩)はマグマが地下深いところでゆっくり冷えて固まったもの
F(玄武岩)はマグマが地表近くで急に冷えて固まったもの
G(軽石)はマグマが噴出して溶岩になり、火山ガスが抜けてできたもの


(3)と(4)
Aは等粒状組織なので深成岩、主な鉱物がセキエイ・長石・黒ウンモだから花こう岩
Fは斑状組織なので火山岩、主な鉱物が長石・キ石・カンラン石だから玄武岩


(5)と(6)と(7)
イの長石はどの火成岩にもふくまれている
ア(セキエイ)とイ(長石)は無色鉱物
無色鉱物の割合が多いとマグマのねばりは強くなり、火成岩の色は白っぽくなる

ウ~カは有色鉱物と呼ばれ、この割合が多いとマグマのねばりは弱くなり
火成岩の色は黒っぽくなる

ウの黒ウンモは黒くて、うすくはがれるのが特徴


(8)
「ろ」の斑状組織内で、比較的大きな結晶を斑晶
結晶になれなかった部分を石基


(9)
マグマに無色鉱物の割合が多いとマグマのねばりけが強い火山
有色鉱物の割合が多いとマグマのねばりけが弱い火山
ケのような形をした火山は、おだやかな噴火でできた火山
マグマのねばりけが弱い火山



いいね!した人
PR

テーマ:

画像クリックで拡大表示

中1理科2分野 大地の変化

地層と堆積(たいせき)岩


堆積(たいせき):積もること
堆積物がつもって地層ができる


堆積物とは? れき・砂・泥・粘土、生物の死がい、火山噴出物のこと

れき・・粒の直径2mm以上の石ころ
砂・・・粒の直径0.06~2mmの石の破へん
泥・粘土:粒の直径0.06mm以下の破へん


地層の特徴
下にいくほど古い時代の地層
水平に堆積
化石や火山灰をふくむことがある


地層
地層の大部分は海でつくられる
川に運ばれてきた れき・砂・泥が河口から海に入ると
大きい粒ほど早く沈み、小さい粒ほど海岸から遠くまで運ばれる
堆積物は水平に堆積していく
堆積物は次に堆積したものの重みで固められて、だんだん「たい積岩」となる


重いものほど早く沈むから、「れき」→「砂」→「どろ」の順で積もる

画像クリックで拡大表示


堆積のしかた1


堆積のしかた2



たい積岩
長い年月のうちに石ころや砂、どろ、生物の死がいが積もって
重みで固められ、たい岩石になる


たい積岩の種類
岩石のかけらからできたもの
 れき岩:海底や湖底で堆積したれきが押し固められた
 砂岩:海底や湖底で堆積した砂が押し固められた
 泥岩(でいがん):海底や湖底で堆積した泥が押し固められた
火山噴出物からできたもの
 凝灰岩(ぎょうかいがん):火山の噴火で飛んだ火山噴出物が堆積して押し固められた
生物の死がいからできたもの
 石灰岩:海水中の石灰分が堆積し、押し固められた
    うすい塩酸をかけると二酸化炭素が出る
 チャート:うすい塩酸をかけても二酸化炭素が出ない




海水面の変化と地層
長い期間のうちには海水面の高さは変化する

①海水面が上昇していくとき(陸が沈んだ)
海岸に近いほうかられき→砂→泥と堆積する


海面上昇1



②さらに海水面が上昇(陸が沈んだ)
れき・砂・泥が全体的に 前より陸に近いほうで たい積が始まる


海面上昇2



③さらに海面が上昇(陸が沈む)
れき・砂・泥が、前よりもさらに 陸の近い場所に たい積する

海面上昇3


④その結果
陸に近い所では、下かられき→砂→泥と たい積したことになる


海面上昇4





①海水面が下降していくとき(陸が海から隆起する)
海岸に近いほうかられき→砂→泥と たい積


海面下降1


②海水面が下降していく
れき・砂・泥が、前よりも陸から遠い場所に たい積する


海面下降2


③さらに海面が下降
れき・砂・泥が、前よりも陸から遠い場所に たい積する


海面下降3


④その結果

下から泥→砂→れきとなる場所ができる


海面下降4




地層の環境や年代
地層の中に化石がふくまれていると、当時の環境や年代を知ることができる


示相化石:その地層が、たい積した当時の環境を示す化石
決まった環境で生息し、長期間栄えた生物の化石は
たい積した当時の環境を教えてくれる
サンゴ・・暖かくて浅い海底
マンモス・・寒い気候

示準化石:その地層が、たい積した年代を示す化石
広い範囲で、短期間に栄えた生物の化石は
たい積した年代を教えてくれる
古生代・・サンヨウチュウ・フズリナ
中生代・・アンモナイト
新生代第三紀・・ビカリア
新生代第四紀・・マンモス・ナウマンゾウ



地層を読みとる

露頭の観察
露頭:がけや道路のわきで、地層の断面が地表に露出しているところ
化石をふくむ層があるか調べると
たい積当時の環境や年代を知る手がかりになる


火山灰や軽石をふくむ層があるか調べると
たい積当時に近くで火山活動があったかどうかが判る


柱状図:地層の重なり方を柱状の図に表したもの



A~D点での地表からの深さで表した柱状図

     ↓
柱状図1


凝灰岩層・化石をふくむ層に注目すると、地層がつながっているようすが判る

       ↓
柱状図2


深さでは判らないので、それぞれの地点の標高に直して柱状図を置いてみる

   ↓
柱状図3


そうすると以下のように水平な地層でできているようすが想像できる

   ↓
柱状図4




例題

下の図はある露頭での地層のようすである
次の問いに答えよ
①地層A~Gで、いちばん古い地層は何か
②Bの地層について、たい積当時どんなことが
 あったと考えられるか
③地層C~Eの たい積当時どんなことがあったと
 考えられるか。
④地層Fが、たい積した年代はいつか
⑤地層Dが、たい積した当時はどんな環境だったか


読取りの例題



① G

  下にある地層ほど古い


②近くで火山活動があった

  凝灰岩は火山灰などが、たい積してできたもの


③海が浅くなっていった

 地層を下から見て、E~C層は「泥→砂→れき」の順に並んでいて

 だんだん粒が大きくなっている
  

④新生代

 ビカリアは新生代第三紀に栄えた

 ビカリアの化石は新生代を示す示準化石

⑤浅い海だった

 貝の化石は「浅い海」を示す示相化石





いいね!した人
PR

テーマ:


中1理科 2分野 顕微鏡の操作

身近な生物



微生物



ケイソウ,アオミドロ,ミカヅキモ,クンショウモ,イカダモなどは
葉緑体をもち体が緑色をしている植物である

植物だから、動かない

~ソウとか ~モ というのは漢字では「藻」と書く

ケイ藻 ミカヅキ藻 クンショウ藻 イカダ藻

だから  ~ソウとか ~モというのは葉緑体をもち体が緑色をしている植物



ゾウリムシ,ミジンコ,ツリガネムシ,アメーバーは動き回る動物である

動物だから 動く


この中で、ミドリムシに要注意

ミドリムシは葉緑体をもち植物でありながら
活発に動き回る動物の性質ももっている

テストによく出る

ミドリムシ=動物でもあり、葉緑体を持った植物でもある



一番大きいのはミジンコ(動物)  →テストによく出る




植物



ケイソウ
ケイソウ



アオミドロ

アオミドロ




ミカヅキモ  形が三日月に似てる
ミカヅキモ



クンショウモ
クンショウモ



イカダモ
イカダモ


こんどは動物


ゾウリムシ
ゾウリムシ



ミジンコ
ミジンコ




ツリガネムシ
ツリガネムシ



アメーバー
アメ-バ-




ミドリムシ  こいつが 要注意 動物でもあり(動く) 植物でもある(葉緑体)
ミドリムシ


以上


いいね!した人
PR

テーマ:

中1理科 2分野 葉のつくり



葉の断面

葉の断面
葉には葉脈が通っていて、表皮の内側には葉緑体がたくさんある
気孔はおもに葉の裏側に多数ある



気孔

気孔
酸素や二酸化炭素の出入り口
水蒸気の出口
気孔は蒸散のために水蒸気を出すだけでなく
光合成や呼吸のために 酸素や二酸化炭素を出し入れしている



維管束


葉脈
葉の維管束を葉脈
根から吸い上げた水や、葉でつくったデンプンを運ぶ



蒸散



蒸散:気孔から水が水蒸気となって空気中に出ていくこと
晴れた日や空気が乾燥している日には蒸散がさかんで、
 雨や湿った日には気孔が閉じて蒸散はあまり行われない

蒸散によって水や、水にとけた土中の肥料は植物の全身に運ばれる





問題


葉での蒸散

1.陸上でふつうに見かけるある植物の枝から葉を5枚残して葉を取り

 図1のように食紅で着 色した水にさした。


5枚の葉のうち、bは葉の表に、cは表と裏に

dは裏にそれぞれワセリンをぬり、aとeはそのままにしておき

約1日置き、葉の着色のようすを調べた。

その後、茎をうす い輪切りにして拡大して見ると

図2のように見えた

次の問いに答えよ



test01

(1)ワセリンは葉にある( ア )をふさぐために塗る
  アがふさがれると、( イ )という現象を起こしにくくすることができる。
  ア・イにはいる言葉を答えよ


(2)5枚の葉の葉脈が着色される順番はどうなると考えられるか
  a~eの記号と「→」で順番を表せ


(3)茎ではどの部分が着色されているか。図2のア~エの記号で答えよ


(4)図2のアとイはまとまってたばのようになっている。このたばを何というか。


(5)この植物の根のようすと芽ばえのようすの正しいと思われる組み合わせを下から選び、
  A~Dの記号で答えなさい。


test03


(1)ア気孔 イ蒸散


 ワセリンは葉の気孔をふさいでいる
 気孔から水が水蒸気になって出ていく現象を蒸散という
 蒸散の働きで、植物のからだに水の流れができて水を吸い上げることができる
 気孔をふさぐと蒸散が起こりにくくなり、水を吸い上げにくくなる
 図2の茎の断面のようすから双子葉類だとわかる


(2)e→a→b→d→c


 陸上の植物では、気孔は葉の裏側に多く存在
 表側や茎にも少し存在
 何もぬっていないaとeまで早く水を吸い上げる
 その中でも下のほうにあるeの葉脈が一番早く着色する
 次に上のほうのaの葉脈が着色する
 b・c・dで、はたらいている気孔の数が一番多いのは
 裏に何もぬっていないb
 次に多いのは表にぬっていないd
 一番少ないのは表裏ともワセリンでふさがれているc


(3)イ

(4)維管束


 アは葉で光合成によりつくったデンプンの通り道で師管
 イは水の通り道で道管
 師管と道管をまとめたたばを維管束という
 着色された水は道管(イ)を通って葉脈にいく
 イが着色されている


(5)C


 図2の茎のようすは維管束が輪状になっているから、双子葉類
 図1を見ると葉脈も網状脈だから、双子葉類
 双子葉類なら、子葉が2枚、根は主根と側根
 この組み合わせはCの図が正解
単子葉類は子葉が1枚
根はひげ根
葉脈は平行脈



いいね!した人

テーマ:

中1理科2分野 光合成

基本


緑色の植物だけが行う光合成

植物も生物であるから、呼吸も行っている

植物のはたらきとして・・光合成と呼吸について




光合成1


光合成・・・・光のエネルギーを受けて二酸化炭素と水から
      デンプンなどの有機物と

      酸素を合成すること

#光のエネルギ-を忘れる人がとても多い


日中に、光のエネルギ-を受け、葉の葉緑体の内部で

二酸化炭素と水を材料にして、デンプンと酸素が作られる と覚える


光合成は、光がないとおきないから「日中」に行われる

二酸化炭素:気孔から取り入れる

水:根から吸収


酸素:気孔から空中に出る




植物は、呼吸もしている

日中も夜も呼吸を行っている

ただ、日中は光合成のほうが盛んに行われるので、呼吸が目立たない


植物の呼吸…気孔から酸素をとり入れ、二酸化炭素を放出する





次の図を見て、問題に答えよ


1.ふ入りのアサガオの鉢植えを用意し、一昼夜暗室に
 置いてから、右図のようにある1枚の葉の一部をアルミ
 ニウムはくでおおって数時間太陽光に当てた。
 その後、この葉にある処理(1)をしてから水で葉を洗い、
 うすいヨウ素液をかけた。次の問いに答えなさい。
 ただし、図のCとDはふの部分、Bは緑色でアルミニウム
 はくでおおった部分、Aはその他の緑色の部分とする。


(1)ある処理とはどんなことか。次のア~ウの中から1つ
 選び、記号で答えなさい。また、この処理を行う理由を
 答えなさい。
 ア.塩酸につけてから湯に1分間つける
 イ.熱湯につけてからあたためたエタノールにつける
 ウ.水酸化ナトリウム水溶液で煮て塩酸で中和する

(2)植物を一昼夜暗室に置いた理由を答えなさい。
(3)AとBの部分で、うすいヨウ素液をかけた後、色が変化したのはどちらで、何色に変化したか
  答えなさい。


(4)(3)で色が変化したのは植物のどんなはたらきでどんな物質がつくられたからか。植物の
  はたらきとできた物質名を答えなさい。
(5)(3)の結果から、(4)のはたらきにはどんな条件が必要であることがわかるか。


(6)CとDのふの部分はヨウ素液による色の変化はなかった。これは、ふつう、葉にあるはずの
 (4)のはたらきをするものがふの部分にはないからである。ふつうの葉にはあり、ふの部分に
  はないものとは何か。


光合成問題

(1)
葉が緑色だとヨウ素液の反応がわかりにくい
葉の緑色を抜くため、イの、熱湯につけてからあたためたエタノールにつけて水洗いし、葉を脱色する


(2)葉にあったデンプンをなくすため

デンプンができるかどうかを調べる実験なので、実験前にデンプンが残っていてはいけない
一昼夜光に当てなければ光合成が行われず、葉にあったデンプンがなくなる


(3)A 青紫色

(4)光合成 デンプン

(5)光に当たること

AもBも葉緑体は持っている部分ですが、光が当たっているかいないかという条件が違う
Aは光が当たっていることから、光合成が行われてデンプンができ、青紫色になった
Bはアルミニウムはくで光が当たらないので、光合成ができず、デンプンができない

(6)葉緑体
ふの部分は葉緑体がない





次の図をみて、問題に答えよ


光合成の実験


オオカナダモを使って光合成と呼吸のようすを調べる実験を行った。
【実験の手順】
・試験管を3本用意し、それぞれに水とBTB溶液を加え、
 適当なアルカリ性水溶液を少量加えて青色にする。
・それぞれの試験管の液体に息を吹き込んで緑色にする。
・AとBの試験管にはオオカナダモを入れ、各試験管には栓をして、
 Bの試験管はアルミニウムはくで完全におおった。
・それぞれの試験管に太陽光を数時間当てて変化を調べた。


次の問いに答えなさい。

(1)光合成はある物質と水を使って養分を合成するはたらきである。

はく息の中にふくまれる  ある物質とは何か。物質名で答えなさい。


(2)(1)の物質が水にとけると何性になるか。


(3)実験後の試験管Aの液体は( a )色に変化した。これは( b )により、液中の(1)が
  ( c )ためである。実験後の試験管Bの液体は( d )色に変化した。これは( e )によ
  り液中の(1)が( f )ためである。a~fにあてはまる言葉を答えなさい。

   
(4)AとBの試験管の変化のようすから、光合成にはどんな条件が必要であるか答えなさい。


(5)実験後の試験管Aのオオカナダモにはたくさんの気泡がついていた。この気泡はどんな
  物質であると考えられるか。物質名で答えなさい。


(6)Cの試験管は実験後も何も変化しなかった。Cは光合成が植物のはたらきによるものである
  ことを確認するために用意した試験管であるが、このようなものを用意する実験を何実験と
  いうか。

解答
(1)二酸化炭素

呼吸の呼気(吐く息)には二酸化炭素が多くふくまれている
この二酸化炭素をオオカナダモの光合成の原料にする


(2)酸性

二酸化炭素が水にとけると「炭酸水」という水溶液になって酸性を示す


(3)a青 b光合成 c減った d黄 e呼吸 f増えた

Aは光が当たっているため、光合成がさかんに行われる
光合成により液中の二酸化炭素が使われ、減っていく
すると、液がアルカリ性にもどり、BTB溶液は色を示す
Bはアルミニウムはくのため、光が当たらず光合成ができない


そのため、呼吸のみが行われ、液中に二酸化炭素を放出して二酸化炭素が増えていく
もともと中性に調整してあった液はさらに二酸化炭素が溶け込むことにより酸性になり

BTB溶液は色を示す


BTB溶液は、酸性では黄色  中性では緑  アルカリ性で黄色 を示す →重要

酸性:黄色

中性:緑

アルカリ:青


光合成2


(4)光が当たること

AとBの違いは光が当たっているかいないか
光合成には光が当たるという条件が必要なことがわかる


(5)酸素

Aのオオカナダモは光合成により、デンプンと酸素をつくる

ついている気泡は酸素


(6)対照実験

ある条件の影響を明らかにしようとするため

その条件以外をすべて同じ条件にして行う実験を対照実験という


Cの試験管が変化を示さなかったということは

植物ではなく、ほかの原因があるかもしれないことを否定できる


いいね!した人

[PR]気になるキーワード