不振の国内パソコン市場のなかで一大ブームになっているのが、5万円前後の低価格がウリのミニノートパソコンだ。台湾メーカーが火をつけ、パソコン世界最大手の米ヒューレット・パッカード(HP)やデル(DELL)も参入。

そこに満を持して国内メーカー東芝が参入する。
お値段7万円中盤から後半。ネットでは7万5千円とうわさされている。

メキシコの東芝がフライングで発表していたので驚きはないが
メキシコ版はSatellite NB105だったが今回い発表されたのはSatellite NB100.

まぁ海外版は

Windows XPとUbuntu Linux版


との発表だが日本ではWindows版のみ。
とうぜんかなEeePCもそうだったし
NB100


しかし、今回発表の(NB100)のスペックは
CPUにIntelAtomプロセッサN270(1.60GHz)を搭載、
メモリは1GB、HDDは120GB
液晶画面は8.9インチ(1024×600ピクセル)Clear SuperViewワイド液晶ディスプレイを採用
OSはWindows XP Home Edition SP3
30万画素のWEBカメラ
マルチカードスロットを搭載
IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN、10Base-T/100Base-Tの有線LAN
Bluetooth Ver2.1+EDRを搭載
USBポート×3

の基本性能は悪くない。
国内メーカーと言う強みもある。
Officeと持ち運びのケースを入れてちょうど10万くらいか。

しかし、今回のこの機種は駆動時間が3時間弱とちょと弱いかな?
ほかのメーカーと一緒でEee PC 900の8時間駆動を見ると・・・。


あとは使い方になってくるのかもしれない。
しかし、このスペックで7万出すなら工人舎のGPS付きのほうが遊べそう。
工人舎 ノートパソコン SC3WP06A【納期未定となっております】
¥89,800
(ビジネスパソコンで遊ぶ必要はないかもしれないが)

11月には富士通もこの分野に参入するそうだしEee PCもLUNUX版が出るなんてうわさもあるし
色々乱立して競うようになると本当に使いシーンを考えて選ぶ必要性があるのかもしれない。

AD

ACL 浦和久々の 快勝?

テーマ:
浦和レッズ2-0(前半1-0)アルカディシア戦、準々決勝に勝利した。

アウェーでは2-3で敗戦していただけに今回のホームの試合は勝たなければならない。

しかし、アウェーで最後に一点を返したおかげでアウェーゴール方式のため(アウェーでゴールしたほうが評価される。



たとえばAとBのチームがありAはホームで

 ホーム戦:A  1 - 0 :B (Bチームにとってはアウェー)
 アウェー:A  1 - 2 :B (Bチームにとってはホーム)

のときは同じ両チームは 1勝1負 2ゴール同士だが
このときはアウェーでゴールをあげた Aの勝ちとなる


そのため今回前節で負けているので不利には変わりないが
1-0ででも試合に勝ては準決勝に進めるということを励みに試合に臨んだ。



地元浦和の大声援を背に相馬のロングシュート。
闘莉王の角度のないところからのシュートで2得点。

珍しくいい試合が出来た。

次はガンバ戦になる。

日本チーム同士としては前回王者として負けられない一戦になる。
AD
総理大臣になってほしい芸能人 ブログネタ:総理大臣になってほしい芸能人 参加中
本文はここから

やはり「ビートたけし」でしょう。

弟子が地方の長をしているのなら師匠は国の長に。

昔から本なので日本政界に色々行ってきた。
「だからおいらはきらわれる」などでは外国人枠の設置や二世議員は親と同じ
地域からの出馬を禁止するなど、政界についていろいろ語ってきたんで・・・。

TVタックルを長くやっていることで現在の政界との繋がりもあることだし。
ニッポンとビートたけしのTVタックルがもっとわかる本
¥750
Amazon.co.jp




AD

動画CM コンテスト

テーマ:

インテル高性能CPU搭載、東芝ノートPCのCMコンテスト『CGMアワード』が開催され
大賞が決まりました。

最近は動画を気軽にとって公開できる環境が整ったのでこういうコンテストも増えましたねぇ。
今回の動画コンテスト では

作品名はじめてのおつかい
ユーザ大賞:http://video.ask.jp/watch.do?v=43855c22-b514-4dac-a9e2-ff0f11b21f03

が大賞に選ばれました。

見てみると・・・・本当に一般からの応募作品なのか?
普通にTVCMで流れても違和感がない。

インテル®Centrino®プロセッサー・テクノロジー搭載dynabook SS RXの高性能スペックを
女の子がスラスラ言っている。

普通の人には果たしてどこまでわかるのかと言うところなどはTVCM向けではないのかもしれないが
(ある程度わかっている人が見る)ネットCMとしてみればすごく良いでき。

オチは普通だったけど。



一般公募作品だが実はプロが作っているのではないかと思いたくなるっていうか疑ってしまう。

後はスペックを言っているときの絵でその機能で何が出来るのかが表現できていれば
もっと良かったのではないかと私も素人ながら思ってしまった。

しかし、ここまで出来るものなのかとも・・・・。絵もきれいだったし・・・。



私も何か作ろうか?作れるか?

とか思わされた。
英雄伝説 空の軌跡SC
¥5,631
Amazon.co.jp
ファルコム のPSP でディスク2枚組みのRPG、前作FC(ファーストキャプチャー)の続編に当たり
前作のセーブデータも引き継げる。

2枚組みの大容量。登場人物も前作の主要キャラが登場する。

前作の最後に示されたなぞとエステルの元から去ってしまったジョシュアを探す旅に出る。

ファミ通では満足度NO.21との売れこみだがマップが前作と同じ。
そのマップが2枚に分かれているため
後半になっていくとそれぞれの町を回るのにディスク交換が結構多いのが欠点。

ポータブル機なのにシナリオの途中でディスク2からディスク1へ交換してください。
というのはなるべく避けてほしい。

普通にやっていたのですが97時間もかかってしまった。
間延びとドラクエ的にあっちこっちに振り回されるが気に成るが・・。

最後のボス戦がほとんど手ごたえなく終わってしまったのは残念。


ほとんど音声はないのだが先頭時の掛け声などの一部になるだけだが
キャラのイメージからそれが伝わってくる。

パソコン版の限定版SCにはFCの概略のようなCDドラマが入ったものがついていたが
PSP版のほうがゲームとしては遊びやすい。

途中のボスキャラが異様に強かったりしてゲームバランスがやっぱりおかしい¥かったり
するがそこは維持で頑張れば。





なぜに 牛??

テーマ:

カウパーティ
??大手町に牛がいる??

何日か前から気がついていたがなぜいるんだろう?と気に成っていた。

しかも今日は雨が降っていたらカッパを着ているのもいた。


いったい??

と思っていたら山の手線内の広告にそれらしいのが乗っていた。

カウパレード東京丸の内2008

というイベントだった。

ちょっとネットで調べたら前にもやっていたのね。

引き分け

テーマ:
大分と引き分け。

ドロー 0 VS 0

試合もなんかまともに回っていない。

アジアチャンピオンシップの戦いも本格化していくのに大丈夫なのか心配になる。

得点も取れそうな感じがほとんど感じられなかったし・・。
人事新報社 から同窓名鑑作成のためのポスト往復はがきが届きました。

しかし、本文に”学校、同窓会とは関係ございません”の文字が怪しく光ってます。


ネットで調べると出るわ出るわ悪徳業者として。

パソコンGoogleでも各学校側でも注意を呼びかけている。
しかし、残念ながら我が母校では検索されず、まだ注意の呼びかけがなされていない模様。

もう一年くらい前からこの手の、というかこの会社の注意はあげられていたようですね。

同窓名簿も定価:10,800円、税込:11,340円とけしてお安くないが出せないくらい出ない。

我が母校は10年前にも本当の同窓会名簿を作ったんでものすごく怪しかったんですが・・・。

とにかく「人事新報社」からのハガキは無視すべきですねナゾの人