見えない世界の真実が此処に®

霊能力を生業としている方や、一般の方、霊媒体質の方のためのブログです。


テーマ:

ある程度霊感を持っている方の場合

 

普通に、相手の霊症を感じることが当然あるでしょう。

 

たとえば、ある人と会うと必ず右のコメカミが痛くなる・・・

 

そんな経験をした事がある人は、10人中3人はいるはずです。

 

しかし、それを相手の霊症を感じているのだとは普通は思わないわけです。

 

ある場所を通ると、必ず左のフクラハギが痛くなる・・・

 

車を運転していて、ある場所を通りすぎると必ず首が痛くなる・・・

 

霊媒体質であったり、霊感が多少なりともあるならば

 

そのような事は普通にあるでしょう。


 

なぜ、そのような事が起こるのか。

 

ひと言で表現するならば、霊媒体質だからですという事になるでしょうけれども

 

今回は少し詳しく書くとします。

 

人間は、いや日本人は闘わなくなって約100年ほど経ったはずです。

 

昔は、男性は皆戦っていましたよね。

 

闘わなければ、生き延びれないし、功績をあげることは出来ず、食っていけない。

 

農民であったとしても、いつ野武士に襲われるか分からないから、夜は特に気を張って生きていました。

 

だから、現代人よりも、第六感を働かせていたのですが

 

「なんだか胸騒ぎがする!」

 

「誰か来る!何か来たぞ!」

 

そのような感覚を持っていました。

 

これは、目には見えないけれども、何かの情報を身体で受け取った状態なのです。

 

何かの情報を受け取った状態。

 

それがまさしく、人や土地の何かを受け取ることと同じで、たとえば

 

その場所に、首をたたき切られて苦しみ、恨み、もがきながら死んだ霊体がいたとします。

 

そこを通ると、霊感がある一定以上ある人や、霊媒体質である人は、首が痛くなるのです。

 

それは、ある情報を受け取った状態なのです。

 

もっと分かりやすい説明をするならば、誰かが泣いているのをみると、なぜか貰い泣きするのもそうでしょうし、誰かがアクビをすると、他の人にはうつらないのに、アクビをしてしまうこともあるでしょう。


 

親しい友人に電話をしようとすると、相手から電話がかかってくる。

 

実は、これも同じような情報をどちらかが発し、どちらかがそれを受けた状態なのです。

 

見えない世界の観点から見れば、偶然などなく、すべてが必然であるのです。


 

しかし、もうひとつ違う観点から見る必要がある事象もあります。

 

それは、「感じる」のではなく、「貰ってしまう」という事です。

 

本当は気にしなければ良いのに

 

「あ!霊柩車だ!嫌だ、嫌だ・・・」

 

そんな感情になった事によって、恐怖する動揺する素振りを見せることによって、その様子を見ていた周りの霊体が近寄ってきて、その霊体の放つ「情報」を受けとってしまうこともあるのです。

 

自ら、見えない世界の影響を呼び込んでしまう。

 

そんな方も実は多いのです。

 

「大丈夫!心配ない!」

 

そう思っている方がまだましなのに・・・

 

自ら「情報」を、呼び込んでしまう霊媒体質の方は、ご注意くださいね。

 

シックスセンス管理人

 

↓をクリックして頂ければ管理人は喜びますヾ(@°▽°@)ノ

見えない世界の真実が此処に-ranking 

いいね!した人  |  コメント(0)

見えない世界の真実が此処に®さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「見えない世界」 の記事