SIXSENEOUTDOORES

sixsenceoutdoores


テーマ:
チャターブームの再燃のせいか最近地味なクランクベイト。
国産主要メーカーもラインナップが一通り出揃った感があります。

しかし米国では昨年末あたりからビッグスプーンと共にクランクベイト。それもディープダイバーがトーナメントの主戦力の様子。

KVD効果が更に追い打ちをかけている様子ですね。
といっても本国のHPを見てもチンプンカンプン。
他にリアルタイムに情報が得られるわけでなく、あくまでBasser誌が情報源なのですが・・・

少し前は米国製クランクベイト=シダーウッドやバルサ素材のシャロークランクが日本では認知度が高いようで、ディープダイバーはマッドペッパーを核として国産の独壇場でした。

米国にもポーのセダーやファットフリーシャッドにノーマンのDDシリーズにラパラのDTシリーズ等
ある事はあったのですがゴツい外観や重い引き心地感等でタックルボックスの片隅に追いやられているような気がします。

ここ数年、米国ツアープロはクランクに限らずUSラッキークラフト社やストライクキング社等のインジェクションモデルを多用しています。おそらく完成度のバラつきが少ない事が最大の理由でしょうか?特にディープダイバーではほとんどと云ってもよいでしょう。シャロークランクは未だウッドやバルサの超ローカルベイトをシークレット的に使用していると憶測しますが。

流行はなぜディープクランクなのでしょうか?

ひょっとするとウッドカバーを主体としたカバークランキングの持つ爆発力が衰えてきたのでは無いのでしょうか?正確に云うとプレッシャーが尋常でないと。
もちろんフィールドのカバーの有無等で使い分けている事は明確ですが、いくら広大なエリアを有する米国でもハニースポットはそんなに多くは無いと思います。バッティングも戦略の中に組み込まなければなりませんし競技なので時間制限もあります。
かといって沖のインビジブル等はハイテクGPSソナーで丸裸。

そうなれば一定層のニュートラルな魚。日本的に云えば「浮き気味の魚」を狙うのは当然の事だと思います。しかし御存じのように浮いた魚をバイトに持ち込むのは至難の業ですよね?しかしデカイのも事実。

インビジブルストラクチャーやボトムにベッたり寄り添っていればソフトベイトでスローに展開すれば喰うような気もしますが、何も無い、あってもかなり距離を置いてポツんと浮いてる魚をソフトベイトでスローに攻めても喰う可能性は非常に低い。仮にバイトさせたとしてもワンキャスト時間を要します。合理主義のアメリカン人こんな無駄な事せず手っ取り早く喰わす方法は?

それがディープダイバーだと思うんです。そしてそう推測させる最大の理由は彼らがハイギアリールをメインに使用している事。

今までの固定観念からクランク=ローギアは定番です。
巻き抵抗の大きいディープダイバーは尚更です。メリットは前述の巻き抵抗の軽減と障害物を舐める様にリトリーブできる事なのですが、ニュートラルフィッシュを狙うのには全く必要ないと思います。
それどころか見切られる可能性も高くなります。見切られる前にリアクションでバイトさせる為にはハイギアは必須となるのでしょう。

もうひとつはルアーです。
興味本位でKVDモデルのストライクキング6XDを購入したのですが、パッと見た感じはフツーのディープダイバーです。ボディはややフラットサイド気味で大きなリップが水平に近い位置に付けられています。そしてサイレント仕様で固定重心も搭載されていません。
$妄想フィッシングダイアリー
そしてカラーラインナップ6XDシリーズでは定番のザリガニやチャートもあるのですがシャッドライクなカラーが豊富な気がします。背と腹の濃淡による明滅効果を効果的にするにはフラットサイドに近いほうが期待できます。僕はセクシーチャート系は明滅効果があってナンボと思っています。小魚が猛スピードで目の前を横切るイメージです。この「猛スピード」がきっと重要なんでしょうそして。サイレントを多用するのはより小魚の泳ぎをリアルに演出するのに必要なのでしょう。音を極力排除する事で人間で云うところの視覚を際立させて刺激するんだと思います。
リップを有する事で狙った中層レンジを通す事も容易です。
こう考えるとサイレントディープダイバーは非常に理にかなったルアーになり得ると思います。

KVDはラトルインモデルで活性を上げてサイレントモデルでバイトさせるそうですが、そんな器用な真似は僕には出来ませんが、日本のリザーバーでこそ中層をディープクランクで狙うのも面白いと思います。

妄想しすぎです・・・
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事