米国滞在最終日。今日はこれまで一ヶ月滞在していたChelmsfordからBostonへ移動しました。


インターネットの検索で、どうやらBostonにはKOTOBUKIYAという日本人向けスーパーがあるらしい、その近くにはSapporo Ramenというラーメン屋もあるらしい、という事で車を走らせて探しました。


(僕の車にはWhere2っていうAVISのナビが付いてるので、住所さえ分かればどこへでもいけます)


しかし、ナビが示す住所に来ても、それらしい建物はありません(。>0<。)


仕方がないので、車をPorter Exchange MallというPoter駅のスグ側にある、Mallと呼ぶには余りにも小さすぎる、日本で言うとコジンマリしたミニデパートみたいなのの裏側にある駐車場に車を停めて、歩いて探す事にしました。


なんとショック!このPorter Exchange Mallの中にKOTOBUKIYAとかサッポロラーメンとか入ってました。ちょっとした日本人向けミニデパートですね。


Porter Exchange裏側外観 駐車場から見たPorter Exchange Mallです。日本のお店の看板はありません。

ちなみに、表通りの目印は、CIRCUIT CITYっていう電気屋さんです。


Securityの前辺り もしかしたら、週末とかは日本人が多いのかも知れませんが、僕が来たのは平日のど真ん中のしかも昼過ぎだったので、人も殆どいませんでした。

でも、日本語の垂れ幕なんかもあって、かなり精神的にほっとしました。


KOTOBUKIYAの店外から ボストン+日本、とかで検索するとたくさん出てくる、噂のKOTOBUKIYAです。あるWEBに、日本の雑誌がたくさんある、って書いてましたが、まぁあるにはありましたが、たくさん、と呼べるには余りにも少なかったです。

多分、僕はサンフランシスコのジャパセンを見ているからこう思ってしまうのかも知れません。(あそこには紀伊国屋書店があるので)


数人の日本人がいました。でも、やっぱり日本人って面白いですね。決して目を合わせようとしないんです。例えば外人が日本に来て、外人同士が近くにいると、『お前どこから来た?』とか見知らぬ人同士でも必ず会話が始まるのに、日本人って愛国心とかないですねぇ。(勿論僕にもないのですが。。。ガーン


TOKAIの店外から KINOKUNIYAの前には、微妙な商品を置いているTOKAIという店がありました。小物屋なのか、日本のお土産屋なのか分からない商品を置いてました。もしかしたら、こっちで住んでる人が日本の小物とかが恋しくなったら、ここで買うのでしょうか?


一兆02 一兆01

本当はラーメンが食べたくて、サッポロラーメンを求めて来たのですが、今日は結構暑かったんで、到着していざ店を見ると、何となく食い気がなくなってしまいました。


代わりに、カツカレー(こっちには絶対ないメニューですよね)が無性に食べたくなって、隣にある一兆っていうお店に入りました。


お昼のセットメニューが6.99USDでやってて、野菜カレー+味噌汁+サラダ(サイドオーダーは幾つかある中から選べます)にカツをトッピングしてもらおうと尋ねたら、それは出来ないけど、アペタイザーでトンカツ(2.99USD)があるから、それを頼んだらどうだ?

とかなり太目の恐らく大学生のお姉さんが(写真に写っている黒い服の人です)言って、それにしようと頼もうとしたら、『いや、そっちよりも、普通にカツカレーを頼んで、味噌汁を頼んだ方が安いんで、そっちにしたら?』と、とても親切に説明してくれました。

残念だったのは、これら会話が全て英語だった事です。僕は日本語が話せる事を期待して行ったのですが。。。


まぁ、結局カツカレー(サラダ付き)は、7.65USDで、味噌汁は頼まなかったのですが、カツカレーのカレールーは結構日本のカレーに近かったですね。ククレカレーの辛口という食感でした。

雰囲気日本人はいなかった感がありましたが、日本人ナシであれだけの味を出すのは感心しました。

カレーライスのライスもほぼ日本のお米の食感があり、つけ合わせのサラダのドレッシングも日本人好みの『ポン酢風味』でした。


最後の昼食にしては90点以上あげてもいいかな、と思います。


もう少し早くこの店を知ってれば。。。


だって、ホワイトボードに『COLD NOODLE READY』って書いてあったので、多分これは冷やし中華か冷麺か、だと思うんだけど、これを試してみたかった。。。










AD