内藤堅志オフィシャルブログ「労働科学研究者 内藤けんしの"ちょっといい話かも!"」Powered by Ameba

(株)オフィスコンジョー所属。
労働科学研究所 協力研究員。
第1種衛生管理者。
労働衛生・安全、技能伝承、ストレスを研究しています。成功、活躍した人を分析して「運」も研究しています!


テーマ:
今日のスポーツ新聞に、横綱白鵬関が「後の先を捨てた!?」とありましたが、私は捨ててはいないと思います。

その理由は、後の先を捨てたら、勝てないからです。

横綱が封印したのは「立ち会いとしての後の先」です。

記事の見出しで、一番近いマッチしたのはスポーツ報知さんだと思います。
(下にリンクがあります。ご参考にして下さい)




後の先とは、先に立ったとか、受けたとかの“動き方”だけではなく、哲学や考え方、戦い方も含みます。

後の先は、技ではなく、哲学・戦略であると言う方も多くいます。
(このブログにも書いてありますが、先に攻めても「後の先」となる時があります)



では後の先の“哲学”とは、?

その中心と成すものが「対応」です。

つまり、「相手の攻めにどのように応えていくか」になります。
反応ではありません。
反応は“一か八かの勝負”となりやすく、勝ちとして安定を望むことは出来ません。


そして、応える(対応)ためには、
・待つこと(これが最も重要)
・研究、
・稽古、
・コミュニケーション(先輩力士、後援会などの人々。コミュニケーションは「助言」を受けるためです。)
などが必要となります。

「待つ」とは?
これは心が充実していることを指します。
最多勝利を狙っている横綱にとって心は充実していると思います。

「待つ」に関して補足いたします。

剣道には「懸待一致(けんたいいっち)」という教えがあります。
柳生宗矩氏が“兵法家伝書”に言葉を残しているくらい歴史のある教えです。
千葉周作氏も「攻める中に待つ、待つ中に攻める」と説いています。

この気分が「“後の先”の心のあり方の境地」らしいです。

そして、待つためには心が落ち着いていなくてはなりません。
十分な準備が必要となります。
横綱にとって準備とは先の「研究・稽古・コミュニケーション」となります。

したがって、動きとしての後の先を封印しても、自然に哲学としての後の先、戦略としての後の先を続けることになります。


以上を要約を箇条書きすると、
・横綱は動きとしての後の先は封印した。
・しかし哲学・戦略・戦術としての後の先は封印していない。
・その理由は1,047勝の最多勝利を目指からである。
・安定して勝つためには「対応」が必要となる。
・対応は後の先の核である。
・いままで目指してきた後の先の核(対応)を簡単には捨てることができない。
・研究・稽古・コミュニケーションは横綱の生活基盤であるから。

参考:各紙の記事
日刊さんの記事 → こちら
報知さんの記事 → こちら
スポニチさんの記事 → こちら



*久しぶりに宣伝します↓

白鵬のメンタル 人生が10倍大きくなる「流れ」の構造 (講談社+α新書)/講談社
¥950
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
内藤けんし(内藤堅志)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み