1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月06日

自分をよく見せたいわけじゃないよ

テーマ:■ブログ

電車で病院へ向かっていました。
荷物を持ったご年配の夫婦が乗って来ました。
俺は回りを見渡してから席を譲りました。
しかしその後立ってから優先席が空いてる事を見つけました。
 
なぜ?老夫婦は優先席に座らなかったのか?
答えはすぐにわかりました。
 
ベビーカーが通路を塞いでいたからです。
俺がそれを残念そうに眺めていると、隣の優先席にそのベビーカーママのママ友が乗っていたようで、自分の方の席に誘っていました。
そして4人席を2人で座り、話し込んでいました。
 
その後、ベビーカーママさんが降りてからわかった事ですが、誘われた方のもう一人の子連れママさんは親子で乗っていたようです。
つまりその子連れママのママも乗っていたという事です。
  
こう書くと何だかそのママ達の批判をしているようだけど、そして俺の行いを自慢しているようだけど、そうじゃないんです。
 
考えたんです。
ベビーカーのママさんも、御年配の夫婦も優先される対象です。
その腕に抱いている我が子にこういう時何を優先するべきと教えるのか?と。
それはなぜかと聞かれたらどう教えるのか?と。
そしてその子連れママのママはどう教えて育てたのか?と。
 
究極の選択なんて遊びが昔流行りましたが、まさにリアル究極の選択だと思うんです。
そしてこんな事は日常にたくさんあります。
日常はまさに究極の選択の繰り返しです。
  
そこでまた考えたんです。
答えは無いんだろうか?と。
もし答えがあるとしたらそこには普遍的な価値観と不変的な絶対価値が要ると思うんです。
 
そんなものは無い。臨機応変に変わっていくものだ。
そう考えもしました。
だけどその臨機応変に変わる時にも一つの「基準」があると思うんです。
そしてその基準には不変の絶対性が必要なことを感じました。
 
次の世代につなげていくために、より良い世の中にしていくためには、こんな選択を答えられないようではダメだと思うんです。
次の世代に何を伝えて教えていくか?
教育は大事だと思います。
 
そしてこの選択の答えを納得いく理由で教えられない大人は、学生時代とはまた違う大人の学校が要るのではないかな?とも思いました。
 
席を譲った譲らなかったの話をしているわけじゃないので誤解しないで下さいね笑
俺も気分や体調で譲らない時なんて何度だってありますから。
 
何かを判断する時の基準というのは時代背景や国や性別や職業年齢などで変わってはいけないものだと思うんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月05日

ぶつからないのは手前で止まるから。行ききったらぶつかる

テーマ:■ブログ

クリマ会場である父子の親子連れが歩いてた。

向こうから直角にもの凄い勢いでその親子連れに近づいてくる女性が居た。

 

イベントだし見るものがたくさんあるから前が見えていないのか、勢いは留まることを知らない。

 

あー!ぶつかる!!と思ったその瞬間

女性は急ブレーキをかけて、つま先を直角に進路変更し、その親子連れと並列で歩き出した。

 

なんだ、家族だったのか。

でもそれを知らない俺は思わず声をだすところだった。

「危ない!」と

 

そう、どんなに勢い良く進んできてても、知り合いなら手前で止まる。ぶつかることはない。

他人だからぶつかるとは限らないけど、こんな言葉が出てきた。

 

「ぶつからないのは手前で止まるから。行ききったらぶつかる」

 

家族でも他人でもぶつからないでおこうと思えば手前で止める必要があるのかな。

行き切るとぶつかるというのは自分の我を押し通そうとすると、とも言いかえられる。

知り合いや家族だからこそ全速力でぶつかるということもままあるけど、知り合いや家族だからこそ急ブレーキをかけられるということもまたあること。

でも理想は誰にでもぶつかる手前で止めたいね。

 

この前の事故とも合わせて「ぶつかる、ぶつからない」がキーワードのよう。

やっぱりあの事故も偶然じゃなかったかな

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月05日

クリマイベントであれこれ

テーマ:■ブログ

クリマイベント2日間お疲れ様でした。
 

今回は場所が良くなかったので、どうなるかなと思ってたけど、初日の朝にこう思いました。

「誰かがやらなきゃいけない」

 

俺じゃなくても誰かがこの場所になるわけです。

そう考えたら自分がそこになったことにも意味を感じられて、穏やかな気持ちでイベントを開始できました。

今回も色んな人に会いました。

お茶の先生をやっている方がご夫婦でいらしゃったんですが、僕の名詩の創り方と出来上がってからの内容を見て、安い安いと連呼してくれたのがかなり嬉しかったです。

こんな値段で本当に良いのか、もっと価値がある、これは安い。そういう言葉は本当に嬉しいです笑

 

他にもご自身の息子さんへ向けた名詩を頼んでくれた方やご結婚祝いや親からの激励、友人へのプレゼント、先生が受験を控えた生徒に使いたいと心葉カードを大量に買われたりとか。その他にももうたくさんの感謝があります!

少しでもみんなの力になれて本当に良かった!
ありがとうございます。

 

確かに人は少なかったです。
売り上げ的には大赤字でした。

でも、いつもお金で買えないものをもらって帰られるのもイベントの楽しさです。


今回はそれに加えて今後の商品のアドバイスもいただきました。
自分一人やってると商品化するのはほんとに難しいんです。

みなさん色々と参考にさせていただきますね!

 

最近は気のせいか何かの先生や何かを教えている人、そういった人が増えてきたような気がします。

今回も社長さんや先生と呼ばれる人が多かったような気がします。

あ、それと人生の先生と呼ばれるようなご年配の方々も。

 

まだ「詩人」と名乗ってても大丈夫なのかなと思いました。

でも逆に若い人が減ってきたような気がするので、その辺は何とかしたいです笑
 

「言葉」の次のステージへの準備も始めています。
言葉をただの言葉で終わらせたくない。

ロックな詩人はそう考えています。


 

今年もあともう少し、何かやり残したことはないですか?

今年という時間は二度と来ません。

僕も悔いのないようにこの年を過ごしたいと思います!

ほんとにみんなありがとうございます!

楽しかったです^^


PS. 静岡の西奈中学の生徒さんへ
本当に気を込めて書いているので持ってるだけでプラスになると思います。受験頑張ってくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月01日

今週末は名古屋!

テーマ:■ブログ

週末はクリマなんだけど、体調は絶不調です。。
のど痛いし、手とか力入れにくいし色々と不便です。
こんなことは今まで無かった
 
やっぱり事故で生活のバランスが偏ったのが原因としては大きいと思う。
俺のようなギリギリで生活してるとほぼルーチンだから、どこかで少し狂うと全体が大幅に狂ってしまう。
病院いったりメガネ屋いったりしてる時は他のことができないわけで。。
予定ちゃんと立てて動いてるのにー!
だけどそれで保障をしてもらおうと思ったら確定申告で収入が減らないと事故との関係性が認められないって言われて保険って自営業泣かせや(´・ω・`)
 
そもそも精神的なものが作品に影響することをどうやって証明しろというんだw
お客さんがおるんやからしんどくても頑張るやないかー
それで堪えたら保険で保障効かないってひどくね?w
 
とは言え、そんなことは全部言い訳なので頑張りますよ!

気合い入れていきます!!

今週末12月3、4日の土日はポートメッセ名古屋でクリエーターズマーケットです!

ブースは3号館の【B-46】です。

会場の一番奥でみんなを待ってます!

 

公式サイト

http://www.creatorsmarket.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月29日

ルール

テーマ:■ブログ

お店で決められたルールってどんなに謎ルールでもどんなに疑問を持っても、ルールって言われたら仕方ないって諦める。

 

なぜならそれがルールというものだから。

 

今日行ったお店が開店セールをしてたんよ。

全品30%OFF!って書いてあるから、ラッキーと思ってレジに持っていくと、これは対象外です。の一言。

 

よく見たら横の方にこっそりと「一部対象外」って書いてあった。

諦めたけど、この対象外っていうのも店次第よね。

云わば売れ線は対象外にしてその他のはセール品にする。

こんなのよくあること。

 

どんなルールを決めるかによって、売り上げも変わるし、もっと言えば生き方だって変えられると思う。

 

どんなルールの下、生活していくかって凄く大事だと思います。

学校のルールは校則、地域のルールは条例、国のルールは法律

だけど個人のルールとか家庭のルール、または夫婦のルールって無いよなぁ
あ、常識ってやつかな

でもその常識も人によって、国によって違ったら、分かり合えないのは仕方ないのかも?
そう感じた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。