13番街のfake rocker

小説家を目指している伽十心によるブログです。
たぶん小説と音楽の話ばかりです。物書きなのにロックスターになりたいとかわけのわからんことを言います。
たまにショートショートを載せます。


テーマ:
諸々へ連絡をとりつつスケジュール調整。
7月、8月も埋まりかけです。

イベント出るのは7月9日だけだけれどね。

ありがたいお誘いもいただけました。
水面下、ですが。
全力で、死ぬ気で、やります。

ひとまず体調も微調整中。
良き状態で諸々をむかえたい。

正しいだけでは、救えないし、守れないことも多いけれど、それでも、自分が恥じないようにしないと、自分に自信は持てないから、言葉もなにもかも鈍るわね、と思ったこの頃。

素適な本を一冊読み終えました。
時間を見つけて感想など伝えたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
仕事で少し自信がついた日。
クリアしたいノルマを、少し余裕を持ってクリアできた。

書いた小説は寝かせ期間。
ついでに体力の温存を。
でも早く寝ようと思った日に限って上手く眠れなかったりするわよね。
人間って面倒くさいのね。




夜にはツイキャス。
展示開始の1週間前なのでね。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。
本当に、本当に。

わりとね、こう、ああ、わし要らんなぁって、思うことも、なくはないのですよ。
でも、自分がいたいから、うむ、ここにいるし。
そんな、エゴイズムを振りかざしながらも、いていいよと言ってくれる皆様が、本当に、本当に、尊いです。ありがとうございます。大好きです。
がんばれますよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
思ってもネット書かないことがあります。
僕の本体は、生身の僕なので。
ネットの世界に生きている人間ではないのよ。
いや、インターネット好きだけれど。

思っても言わないことは伝わらない。
言葉を使って、その道のプロになりたいと思って、まだなれなくて、いろいろやっている次第ですが、あれですね、言葉は無力だと、思うことは多々あります。
100の言葉よりも1の行動のが重い、ということはわりとあるし。まぁ言葉も100並べてしまうからそもそもいけないのだろうけれど、なんて話は脱線しそうで危ない。

でも根本として人と人は理解し合えないのに(あくまで互いの脳で認識して情報の擦り寄せから理解し合ったと錯覚しているに近いと思う)、そこで言葉ですら放棄してしまったら、何も、何にもならんと思うのですよ。

何かようけツイッターとかで恋人の愚痴みたいなのちょいちょい見かけていて。それが何か人気のツイート? とかになったりして、男は所詮こうだとか。女は所詮こうだとか。

仮にステレオタイプとしてそういう気質の方のパーセンテージが多いとしても、だとしたら、きっとそりゃそれまでパートナーや周りの人間が誰も指摘しなかったからそのままそうなったんでしょうに、と思うこともあるわけで。
そうやってツイッターに愚痴って我慢している僕私偉いってなっている時点で、たぶん自分の相手に対しては改善なんか求めていないし、じゃあその相手を傷つけないか、関係を守るためかなんかのためにはけ口を別に用意したって、それを見た友人とかがもやっとすることもあるわけで、でもそれだけ曖昧に離れちゃえば余計にそれでもやっとしたことも言わないだろうし、ああん、長くなってきた。

相手に改善してほしいなら言葉にするべきだろうし、何も言わんけれど察してくださいなんざ無理な話だし、ネットに愚痴に書いてみんなで「そうだそうだ!」ってなっていることでその大好きなパートナーが匿名とはいえつるし上げにされているわけで匿名ならそれをやってもいいのかとか失礼じゃないのかとか本当に誰にもわからないのか、とか、よくわからないけれど、ネットに書くにしたってもうワンクッション引いた発散の仕方でもええと思うんだよ、わしは。
ほんのりもやっとしたことって、「我慢しきれなくもないな」って思って飲み込んでも、何やかんやそれがしこりになって決別の原因になることってあるよね。

言えないことがあるのも、わかりますけれどね。ケースバイケースなのだけれど。
難しいね、人間って。

言葉に出さない方がよいこもあるしね。それも大事なのだけれど。何でもかんでも本音でぶつかり合ったらただ傷つけ合うだけだし。自分のほんのわずかな快楽や息抜きのためにやたらめったら人を傷つけるようなのもなんか違うと思うし。本当に言葉を鋭利にして一歩も引いてはいけない、なんて場面は生きていてそうそうないと思うんだ。だってきっと、それがその人の核だろうから。
円満に進めようという努力も大事。だってそれを互いに行わなきゃ円満になんていかないもの。それで上手くやってきたならきっと同じタイプしか残っていないか相手に無意識に我慢を強いているかな気がする。
わからんけれど。わしの周りにはそういうタイプの人いないから。というか今までわしが離れてきた。
言うてくれる人、というのももちろん大事で。
鶴の一声、なんて言葉があるくらいだものね。

みんな自分の手を汚したくないから毒舌な人というか、手を汚してくれる人が好きなのねって最近すこし思った。それを思うと何でもずばっと言ってくれる人は、その下手人の役割を果たしてくれているのね。

何でも側面なのよね。
見方というか。
受信側の問題なのよ。たぶん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。