毎度おなじみ、自分の趣味で書いてるこのシリーズ。
今回紹介するのは、メディコムトイの10月31日までの受注生産品、旧中島製作所の復刻タイガーマスクソフビシリーズから
「ミスター?(クエスチョン)」と
imgrc0066806773.jpg
「ジキルアンドハイド」
imgrc0066806770.jpg
各6800円(税別)。
それぞれに、オリジナル発売時にはなかったマントが封入りされる。

自分的にはタスキとこのマントが怪獣や怪人ソフビにはないレスラーならばこそ似合うアイテムだと思い、結構気に入っている付属品である。

ミスター?は、マンガ版では5巻(漫画文庫版2巻)に登場。
全アジアプロレス王座決定戦でタイガーと対戦する。151003_144430.jpg
初登場時、この大会に出場するレスラーはそれぞれ自国の国旗を持って入場するが、?はそれを持たず、どこの国の代表かわからなかったが、弟子であるスノー=シンがタイガーに倒された時、はじめてインドの代表である事を明かす。

タイガーとの対戦では、タイガーの必殺技ウルトラ=タイガー=ドロップを破るという世界ランキング4位の強豪らしい見せ場を作るものの、
151016_130026.jpg
151016_130205_ed.jpg
大会前にタイガーを襲う為に控室に侵入した際、そこにいたいたずら心からタイガーのマスクを被っていた大木金太郎をタイガーと間違えて襲うが、
151019_121613.jpg
逆に必殺技・原爆頭つきを見舞われ退散する。
151019_121636.jpg
タイガーとの試合でもその時にくらった頭つきがトラウマとなっており、タイガー=ドロップを破って以降、一方的な攻撃を加えていながら、大会中、頭つきをいっさい使わず、?により病院送りにされた大木が病院を脱け出し、苦戦するタイガーに頭つきのマネをするようアドバイスし、
151019_121825.jpg
タイガーがそれに従い?の眉間に頭つきのポーズをすると顔を庇い、それまでの巧者ぶりがウソのようにあっさりと形勢逆転。
151019_121907.jpg
ジャイアントスウィングでコーナーポストに叩きつけ、逆えび固めで倒される。151019_121958.jpg
試合後、自ら外したマスクの下の素顔は1920年代に活躍した「インドの太陽王」グレート=ズマで、なんと70歳にして初めての敗北であった。
151003_144228.jpg
プロレスによる名誉欲のなかったズマは、みずから海外へ出る事はなく、プロレスの本場アメリカから遠征して来た世界チャンピオン、ズビスカを試合開始から十秒で倒した事で満足し、以後ヒマラヤの山中に篭り、後進の育成に励む日々を過ごしていた。

しかし、それから長い年月の経った現在、かつてマット上で技と力を競い合う場であったはずのプロレスが、反則や場外乱闘ばかりになり、さらに実力もないのにこけおどしの為に被った覆面レスラーが横行する状態になっており、これに怒りを覚えたズマはこれを懲らしめようと初めてアメリカに渡り、「?」としてリングに立った。

ズマは70歳という年齢から若い頃の力は失われていたが、インドに伝わるヨガの秘法で鍛え続けてきた事でさほど衰えてはおらず、以後も世界タイトルマッチ級の試合に乱入しては参加レスラーを倒してまわった。
タイガーもまた、こけおどしの為に虎のマスクを被る偽者だろうと思い、これを懲らしめる為にアジア大会に参加したが、リングではルールが邪魔になる為ホテルを襲ったが、頭つきを受け実力を感じ、さらに大会での試合後の敗者にたいする態度からタイガーを真剣に勝負する価値のあるレスラーだと思ったと明かす。
ホテルで襲ったのは、実はタイガーのマスクを被った大木で、その為に大会て頭つきを使わなかった事を知ると、それはタイガーが先輩が庇いたくなるいい男だからだと褒めたたえ、自分がリングに立つ事は二度とないだろうと引退宣言をして去っていった。

このエピソードは、正統派レスラーへの道を歩み始めたタイガーと先輩レスラーとの友情だけでなく、新旧の世代交代を描いた珠玉のエピソードとなった。

アニメ版では、第36話~39話に登場。
i320.jpg
マンガ版とほとんど同じような流れだが、素顔になった際の表記が、グレートからグレイトに変わっているのと年齢が90歳を超えていたのが違うくらいか。
20130108t5.jpg

つづくジキルアンドハイドは、マンガ版では単行本第10巻(漫画文庫5巻)に覆面世界タイトル=マッチの5人目の挑戦者として登場。151019_122155.jpg
イギリスの古典怪奇小説「ジキル博士とハイド氏」をモチーフとしたこのレスラーとの試合は、リング自体はなんの変哲もない普通のリングで行われたが、リングの上では正統派レスラーとして一流のテクニシャンぶりを見せるが、ひとたび場外のリング下に降りれば豹変して悪役ぶりを発揮する、まさしく二重人格者的なレスラーだった。

試合前半は、タイガーにとっても久しぶりの技対技の好勝負を展開するが、苦戦し始めると、タイガーをリング下に蹴り落とし、反則で攻め始める。

ジキル=アンド=ハイドの強さはこの切り替えの早さと、リング下にあるすべての物、それこそ観客の履いてる靴までを凶器として使う事であろう。

しかし、悪役レスラーとしては虎の穴の優等生だったタイガーの敵ではなく、凶器攻撃を重ね、尖端を使ってとどめを刺そうとしたパラソルをタイガーに取られると、
151019_122235.jpg
自ら割ったビンとゴングを両手にタイガーに迫るもそのパラソルを開かれ、それがジャマになり攻撃が効かないばかりか逆にコーナーに追い詰められ、パラソルの尖端を突き付けられてしまう。
こうなると塞がった両手がアダとなり、タイガーに逆襲された揚句、バックドロップでコーナーの鉄柱に頭を叩きつけられて敗れる。151019_122428.jpg
覆面の下の素顔は、セントルイスで対戦相手がどれだけ反則をしてこようと技だけで戦うアメリカの少年少女の憧れである正統派レスラー、デューク=シャープだった。
151019_122504.jpg
世界アマレス界の一流レスラーからプロレスに転向し、その誇りにかけて正統派を貫き人気者になったが、相手レスラーにいいように反則をされ、自分も反則をやり返せば勝てる試合を、フアンの夢を裏切らない事と人気の為に負けているうちに恨みが募り、そのウサ晴らしをする為に、ときどき覆面を被りジキル=アンド=ハイドとなり、反則攻撃をやるようになった。

それでもリング上での反則は誇りが許さぬ為、リング下の場外乱闘における反則攻撃だけを研究しぬいた、ある意味哀しくも誇り高い覆面レスラーであった。

アニメ版では第86話に虎の穴の傭兵レスラー第2号として登場。
images.jpg
この頃になると、アニメが原作マンガに追いついてしまい、頭でっかちが多い今の時代では考えられないが、アニメは独自の展開で進められており、虎の穴の子飼いのレスラーがタイガー達によって壊滅状態になった状況でミスターXはプロモーターに転身し、タイガーの処刑を外部に委ねざるを得なくなっていた。

ジキル・アンド・ハイドは売れっ子レスラーであった為、スケジュールの調整がつかず、Xの手腕をもってしても招聘までに長い時間を要した。

レスラーとしての設定はほとんどマンガと同じだが、アニメ版でのタイガーは、正統派テクニシャンとしての部分に期待して対戦に臨んでおり、倒した技も必殺技、ウルトラ・タイガー・ブリーカーだった。

それと反則魔に変わる過程もマンガとは異なり、コーナーポストに隠した小ビンを握り割り中の液体を飲んだ途端、牙剥き出しの猛々しい形相になり反則魔になる。

だが試合後、牙は入れ歯であった事が判明する。
おそらく液体は一種の興奮剤かなにかだったのだろうが、小ビンを使う演出はモチーフにした小説のジキル博士が薬品を飲んで殺人鬼のハイド氏に変身するのを取り入れ、アレンジしたのだろう。

覆面の下の素顔は、名前が変わってマイク・シャープとなっているが、あとはマンガと同じだが資料がなく画像を載せられないのが残念だが、顔はマンガ版より若くイケメンになっている。(笑)

今回の復刻ソフビのうち、ジキルアンドハイドの方はマンガ版をイメージしたのだろうが、見るからに毒々しいオレンジ色となっているのは対戦相手を血の海に沈める反則魔だからだろうか?

それとこの覆面タイトル=マッチシリーズあたりになると、マンガ版に登場してるレスラー達をなぜかアニメ独自のデザインにアレンジされているのが不思議だ。

発売当時、子供向けの玩具であったソフビは、本来アニメ版のデザインをイメージしたものを出した方が親しみやすいと思うのだが、なぜかマンガ版のイメージで出されていた。
なにかしらの事情があったのかな?

今回紹介したふたつのうち、ミスター?はいくつかのカタチで出されているが、(下の画像は自分のコレクションより)
151019_123916.jpg
(↑トミーから出た食玩ソフビシリーズではシークレットだった)
151019_123725.jpg
(↑アニメヒーローズ)
ジキルアンドハイドのアニメ版は一度もソフビにもフイギュアも出されていない事に気づき驚いた。
AD
毎度お馴染み、タイガーマスク関連のオモチャの新作が出たのを知ると勝手に紹介するシリーズ。(笑)

今回紹介するのは、電人が原型製作をしてる「タイガーマスクソフビシリーズ」の新作。

メディコムトイで7月31日まで受付中の受注生産品、キング・ジャガーと
imgrc0065723573.jpg
ハンス・ストライザー。
imgrc0065723576.jpg
各7800円(税込み8424円)。
この二人、アニメ版のオリジナルキャラで、伊達直人(タイガーマスク)が卒業した後、近代化された虎の穴にスカウトされたうちのひとりで、いわば新世代卒業生として、先輩であるタイガーに挑戦する。

キング・ジャガーは、アニメ第71話でタイガーと対戦。80-tab04080.jpg
前に紹介したケン高岡(高岡拳太郎)と同期で、ケンがマスクを被ったイエロー・デビルが「アメリカ東部の新人」と呼ばれるのにたいし、「アメリカ西部の新人」と並び称された。

子供の頃、貧乏が原因で他人に蔑まれた反動から金に異常な執着心をもち、虎の穴の支配者達の前でも、タイガーの処刑でなく、「カネの為に金を稼ぐ」と言い放ち、タイガーへの挑戦を認められた。

タイガーとの試合では、ムエタイ仕込みの打撃で善戦するも勝ちは奪えず、タイガーのロメロ・スペシャル(吊り天井固め)に敗れる。20120223213109.jpg
↑(アニメの資料画像で技のシーンがなかったので、サンダーライガーがかけている画像を使用しました。)

ちなみにキング・ジャガーの趣味は、街を車で暴走する事というアブないヤツでもあった(笑)。

ハンス・ストライザーは、第67話、69話に登場。

ナチス・ユンケルのマスクの下の素顔である。

虎の穴の次世代を担う逸材として、高岡に次ぐナンバー2の成績で卒業した。

ハンスは少年時代、両親が交通事故の後遺症から仕事を失い、ガス自殺をしてしまったという過去をもつ。
その為、交通事故を非常に憎み、デビュー後は交通遺児に尽くす事を心に誓っていた。

しかし、若さゆえ手柄を焦った彼は、虎の穴本部の命令を無視し勝手にタイガーに挑戦し、しかも簡単に負けてしまう。

虎の穴は、そんなハンスにたいして行った処刑は、ミスターXが交通事故に見せかけて車で轢き殺すというハンスにとって最も非情な処刑だった。

余談だが、このキング・ジャガーとハンスのエピソードは、アニメ放映当時、いかに交通事故が多かったかを窺わせるものともなっている。

また、このあたりから、アニメが原作マンガに追いついてしまい、人気アニメだったせいか途中で終わらせず、原作の試合を織り交ぜながらも、アニメ独自の路線を進んでいく事になる。
今回のふたりには両方にマントが封入りするのだが、ハンスに付属する青のマントは今まで発売されたものにはなかった、新しいカラーで、ハンスのカラーによくマッチしてると思う。

アニメの画像資料が少なく、顔のアップ画像を貼れないのが残念だが、今回のふたりの顔はよくできていると思う。
imgrc0065723563.jpg
imgrc0065723574.jpg
やっぱり、ソフビやフイギュアって顔が凄く大事だよなあ。

次にでるものとして自分の予想だが、シャキル・ランパファ(キング・ジャガーの素顔)とナチス・ユンケルでは?などと勝手に思っている。
AD
今回紹介するのは、メディコムトイの、5月31日までの受注生産品で、残すところ僅かとなった中嶋製作所の復刻ソフビシリーズ、ブラックパイソン
imgrc0065325098.jpg
とピラニアン。
imgrc0065325090.jpg
(各税込み6800円)

ブラックパイソンは、黒マントが封入りされるが、ピラニアンにはマントは付かない。
自分としては、ピラニアンには赤マントが似合いそうなので、封入りしてほしかったと思うのだが、ちょっと残念。

ブラックパイソンは、マンガ版では単行本1巻(文庫版1巻)に虎の穴からの第1の刺客として登場する。150429_121356.jpg
これまで69人のレスラーを病院送りにし、日本に来る途中で、ハワイのチャンピオンを半死半生にして来たという。

来日時、空港で記者に囲まれる中、檻から逃げ出したインドで1番デカイ虎をひと睨みでおとなしくさせ、記者会見場まで連れて行き150429_121503.jpg
会見場で出されたビール瓶の底が当たって怒りだした虎をチョップ一発で殺してしまうという凄さを見せる。
150429_121526.jpg

この当時、日本でも悪役レスラーとして暴れ回っていたタイガーとの試合は、「悪役決定戦」として、連載当時、日本ではまだ行われた事のなかった、アフリカン=デスマッチというリングを高い檻に囲まれ、一度、リングに立ったら、勝者だけが梯子を使ってリングから出られるという試合方式で行われた。
(ちなみに現在では、「金網デスマッチとして、檻の両コーナーの入口に扉があり、選手が入場すると扉に鍵がかけられる試合方式として行われている)

虎の穴の刺客として、リングでタイガーを殺す為にやって来たパイソンは、開始早々から反則技を繰り出し、タイガーも虎の穴出身の優等生らしく?負けじと反則技を繰り出す。

この反則技の応酬には、テレビ画面を見ていた正統派レスラーの馬場や猪木らは嫌悪感を抱くほど。

やがて、パイソンの体格と怪力による必殺技「パイソン絞め」にかかり、
150429_121801_ed.jpg
全身の骨を砕かれそうになるが、辛くも脱出する。

このあと、タイガーの反撃が始まり、反則技を繰り出し続け、ローブに絡まったパイソンの覆面を裏返し、トドメを刺そうというところでちびっこハウスを抜け出し、タイガーの試合を見に来ていた健太が「世の中を反則で、強く生きていこう」
150514_134102.jpg
としてる事を聞き、健太を探しに来たルリ子から「正しく生きる事を教えてあげてほしい」と請われ、
150514_162130_ed.jpg
タイガーは裏返したパイソンのマスクを元に戻し、あくまで反則技を繰り出すパイソンにたいし、反則技を使わず、最後はバックドロップでKOする。
150429_121613.jpg
タイガーが正統派レスラーへの転身を決意した試合となった。

アニメ版では、第6、7話に登場。
キャラ設定やストーリーの流れはマンガ版とだいたい同じであるが、画的にはかなり違ったものになっている。
paison068.jpg
20150201073131dd5s.jpg
マンガ版では名前のとおり、黒いマスクに黒のランニングで、素顔は明かされなかったが、肌の色から白人っぽいが、アニメ版では白いマスクに緑色のランニングを着て、肌の色も黒人っぽく変わっている。

体型もマンガ版では少し腹が出ており、デブっぽい感じなのにたいし、アニメ版ではガタイのいい筋肉質のレスラーになっている。

では、ソフビはどちらのイメージで作られたのだろう?
当時のタイガーマスクのソフビシリーズは、マンガ版にしか登場しないレスラーが出ていた事からも、全体的にマンガ版のイメージで出されていた感じがする。
が、だとしたらブラックパイソンの、この体型はなんなのだろう?

当時の技術では太った感じのものは作れなかったのか?

それは、ゴリラマンが出ていた事から考えにくい。
DVC00049.jpg
これについては、あくまで推察だが、ブラックパイソンが作られる時にはアニメ版のキャラ設定ができており、資料もあったので、アニメ版のイメージで作られていたのではないだろうか、と思っている。
実際、どうだったかは当時、製作に関わってた人じゃないとわからないが、そういう想像も楽しめるのも、レトロソフビや復刻ソフビの魅力のひとつではないだろうか?

続くザ・ピラニアンは、マンガ版では8巻(文庫版4巻)にNWAから正式に認められたタイガーの覆面世界チャンピオンの座を奪おうとする挑戦者のひとりとして登場。
150514_111255.jpg
代々木プールの真ん中にリングを設置したプール=デスマッチでは、
150515_095320.jpg
水中からの奇襲攻撃と
150515_095028_ed.jpg
鋭い歯による噛みつきで苦しめた。
150514_111348.jpg
タイガーの足に噛みついた際には、タイガーのシューズを噛み切り、そこから力まかせに脱出しようと勢いあまったタイガーをプールに落とすと、そこにあらかじめ、ピラニアを放流しておいた上、自身はピラニアの嫌う草の液を全身に塗り込んでおき、タイガーを襲わせる。
150514_111429.jpg
が、タイガーはなんとかピラニアの群れから脱出、リングに戻るとピラニアンが身体に塗り込んだ液を落とす為に、寝技を主にした攻撃でピラニアンに逆襲する。
150514_111709_ed.jpg
最後は、フジヤマ=タイガー=ブリーカーでキメるかと思いきや、
150514_111616.jpg
失神寸前のピラニアンをプールに放り込み、ピラニアに襲わせ勝利を収める。
150514_111807_ed.jpg
マスクを剥がされた素顔は、アメリカのプロレス界でブラッシーを上回るかみつき魔、アイアン=タスク。
150514_111949.jpg
牙のように尖らせた鉄の入れ歯で残酷な試合をした為、出場禁止となって以来、行方不明となっていたレスラーだった。

アニメ版では、第95話で虎の穴のボスによるタイガー研究の為に呼ばれた、虎の穴のレスラーに設定変更されて登場している。
pirania[1].gif
マンガ版より、不気味な出で立ちになり、試合自体はマンガと同じようになっているが、ピラニアを仕掛けるのがミスターエックスだったり、試合がプールというより底無し沼で戦ってるような感じになっていたり、
o0240022211053013265.jpg
素顔がアイアン・シャークというタイガーの虎の穴の後輩・高岡拳太郎(タイガーマスクのオモチャ11参照)の虎の穴時代の先輩だったり、細かいところが変わっている。

余談だが、このピラニアンのソフビ、当時のオリジナルを自分は七五三の祝いに出かけた際、母親に買ってもらった記憶がある。

ガキの頃から悪役好きで、しかもただ強いよりも奇抜なものを好む傾向だったらしい(笑)
AD