昨日、9月21日は横浜銀蝿がデビューしてから35周年という事と、リーダーの嵐さんが、今年還暦を迎えたという事で、それを記念したベストアルバムが発売された。

その発売記念イベントが横浜銀蝿のバンド名に因んでか、横浜のタワーレコードで行われるというので、仕事明け2時間くらい寝た後、行って来ました横浜ー音符
ひとりだというのと、休日という事から駅の周りの混雑を予想して車じゃなく、電車に揺られて行きました。
ただでさえ人混みが嫌いで、カワイイ女の子からのお誘い以外には出無精なオレなのに、自分で電車に乗ったの何年ぶりだろう?

数年前に電車に乗ったのも都内までだったし、それより先に電車で行ったのは10年以上前だなあ。

車で横浜に行っても、横浜というところは、遊んだり観るところは横浜駅の周りにはなく、隣の駅だったり、ちょっと離れたところにあるから横浜駅に近づく事はまずないんだよね。

そんな横浜駅に降りたって、タワーレコードまでは5分ほど歩く。
オレが大っ嫌いな人混みの中を六角橋の方へとぶらぶら歩きながら周りを見ていると、ショッピングビルとビジネスビルが混在してる、都会なのに変わった街づくりになっている。

こういう時に限って写真に撮らず、ブログを書きはじめてから、「しまったー」とか思うんだよね(苦笑)

会場に着いて、まずはCDを買う。
これを買わないと、イベント後のサイン会に参加できないからね。

午後2時。
ざっと見た感じだけど、70人以上のフアンが集まる中、いよいよイベントスタート。
集まったフアンの年齢層はやっぱり高く、若い年代の子はほとんどいなかったのが残念。

それでも、くたびれた感じのおっさんやおばさん達じゃなく、いいトシしても髪をリーゼントにしてる兄ちゃんだったり、シャレた服がいまだに似合うお姉さんという感じの人が集まってた。

進行役は、不慣れなせいかカミカミで、あまり役に立ってないバイトくん。

これにたいして銀蝿メンバーはさすがプロ。
慣れた感じで進行していく。
今回のイベント、自分にとって新しかったのは、こういうイベントにはメンバーだけが来ていたのに、今回はサポートメンバーも参加していた事。

オリジナルメンバーではないが、ひとりは、ライブでは参加してないJohnnyの代わりにギターを弾き、もうひとりはドラムを叩けない嵐さんの代わりにドラムを叩いてる、今では本来の担当以上に上手くなってる人達だと思う。

このふたりもイベント初参加という事で、ライブでもほとんどしゃべらないから話す事に不慣れなせいか、メンバーに話を振られると緊張してるのが伝わってくる。(笑)

話の中心は、当然ながら、今回のアルバムで、とりわけ、ベストアルバムと言いながら、数年ぶりの新曲が3曲収録されてる事からその話になった。
3曲それぞれ、曲なり歌詞なりを作ったメンバーが歌っており、それぞれの曲にたいする想いを語った。

嵐さんは、「これまでの人生を振り返って作った」
150921_142150_ed.jpg
↑(赤い革ジャンは、還暦祝いにチャンチャンコの代わりにメンバーから贈られたものらしい)

翔くんは、「男と女の愛じゃなく、もっと身近にある愛がテーマ」
150921_142043_ed.jpg
↑(56歳とは思えない、見事な不良っぷり(笑)。この歳でいかついカッコしてると、ヤ〇ザにしか見えない人が多いのに、あくまで不良として見せてるのが、この人のカッコイイところだなあ)

銀蝿復活後の曲のほとんどを作ったTAKUさんは、「曲自体は、いつものTAKUメロディーなんだけど、実は、キャロルの「ファンキーモンキーベイビー」へのオマージュ曲。
ジョニー大倉さんの音楽葬で演奏した時に浮かんだ」
150921_142132_ed.jpg
↑(銀蝿復活当時は短髪で、その後は長髪に。茶髪にしたりもしていたが、今回は黒髪だった。髪が減ってきてるのと、ヒゲの白さに年齢を感じたが、ベースへのこだわりはいまだに強く、音楽への思いの強さとレベルの高さはメンバーの中で1番かもしれない)

イベント終了後のサイン会も和やかだった。
150921_130312_ed.jpg
ただ、時間の都合上しかたないとは思うが、サインしてもらえるのがいつからかCDだけになってしまってるのが残念だった。

という事で、CDのブックレットに名前を入れてサインしてもらったよー。↓
150921_141147_ed.jpg

150922_182427_ed.jpg
↑CD購入特典のコースター。

150922_182449.jpg
↑キャンペーン中なのか?付いてきたミニステッカー
ささやかな疑問だが、今回のアルバムジャケット、遥か昔の写真が使われているのだが、
150922_182941_ed.jpg
敢えてJohnnyが外されてるのは、現在メンバーとして参加してないからなのか、もはや参加する可能性がないと判断したからか、どちらだろう?

このアルバムをきっかけに、また、横浜銀蝿としての精力的な音作りを切に願う。
「今のオレ達は、これだけカッコイイ曲、作れるんだぜ! そんなんでついて来れんのかあ?」と煽ってくるような曲と、かつて弟分達に提供した楽曲を、「本家が演奏ったらこうだぜ!」というのが混在するようなアルバムを作ってほしい。

オレ的に提供曲でぜひとも収録してほしいのは、

・暗闇をぶっとばせ(嶋大輔)
kurayami.jpg
・お前だけI Love You(嶋大輔)
10144422960_s.jpg
・決めるぜ!(嶋大輔)
・みにくいアヒルの子(Johnny)
img8710094588531.jpg
・マブダチ(杉本哲太)
Aug05646.jpg
・750CCライダー(紅麗威甦)
・15歳でオバンと言われます(紅麗威甦)
01051427_4d2401367f5ab.jpg
・ドリームドリームドリーム(岩井小百合)
img_0.jpg
・哀(あい)しすぎて…哀(かな)しすぎて(矢吹薫)
P0257.jpg
・少しだけスキャンダル(中森明菜)
51fL7xjdNlL._SL500_AA280_.jpg
・まじめになる唄(炎達(的場浩司のやってたバンド))31coWgxS-OL.jpg
・野良猫ジョニーの唄(炎達)
・宝探しの唄(炎達)
north_garden_s-img307x600-1275439735.jpg
帰り道、横浜駅構内のコーヒー屋さんで食ったなんとかサンドも美味かったなあ。
AD

横浜銀蝿デビュー35周年?

テーマ:
今月21日に、横浜銀蝿デビュー35周年を迎える。
20120518-img_4285.jpg
数年前のブログにも書いたが、一度解散して再結成して、空白期間の方が長かったのに35周年って…。
こういうやり方でしか盛り上げる事ができないのだろうか?

なんか現役で活動していながら、「あの人は今…」に出て来る懐かしバンドの代表みたいだ。

前回のライブアルバムから5年経ち、ようやく出るアルバムがオマケのように新曲を3曲入れたベストアルバムとは…。

自分はFCの会報で収録曲を発売前にわかったのだが、その選曲にガッカリした。
結局、昔売れた何回も収録された古い曲を入れないと売れない、それに納得してるバンドに成り下がってしまってるように感じる。

自分が、今聴いてもカッコイイと思う曲は歌詞からして、再結成してからのものが多い。

もちろん、解散前の曲の中にもそういう曲があるが、そういう曲はアルバムの中にあり、代表曲とされるシングル曲には少ない。

かつて売れた曲は、懐かしさで集まるライブではいいかも知れないが、ふだん聴くアルバムでは古臭さしか感じない。
07311804_4c53e736bc791.jpg
↑(この曲を今のトシで聴くのはかなりキツイ(笑))

どうせベストアルバムを出すなら、ふだん聴きたくなる曲を真剣に選び出し、それを新たにレコーディングするくらいのアツさが欲しいと思う。

または、「ぶっちぎりR」
763.jpg
のような、かつて彼らが提供した楽曲には今聴いてもカッコイイと感じる曲も多いので、それを現在の銀蝿が演奏したものを収録した方が昔からのフアンも喜ぶのではないだろうか?

売れた曲と名曲の違い、いい加減にわかってほしい。
AD

うれしい

テーマ:
今日はね、凄く、すごく、すごーく嬉しい事があったよー。

オレが、横浜銀蝿や昔の銀蝿一家、なかでも翔さんの大フアンなのは、オレの事をよく知る人は知ってる事なんだけど、なにせ、初めて、歌手のフアンクラブというヤツに入ったきっかけが、銀蝿フアンなら、普通、銀蝿がきっかけの人が多いでしょう?

それがオレの場合、銀蝿フアンでありながら、当の銀蝿が解散してから、翔さんの日本武道館でやった、ソロデビューコンサートを見てだからからね。

その時、既にハタチよ、オレ(笑)

また、当時のフアンクラブの会報の作り方が、気が聴いててねー。

月一の発行で、翔さんだけでなく、銀蝿一家のメンバーの情報やクッズ販売が、その会報に全て載ってたんだよね。

今も、翔さんのフアンクラブから横浜銀蝿復活で統合されて、その流れで、銀蝿のフアンクラブに入ってるんだけど、会報は、季刊になり、銀蝿だけの情報とクッズ販売になり、メンバーの別プロジェクトの情報やグッズ販売などは載ってない。

まあ、それが一般的なんだろうけど、やっぱり、以前のお得感を知ってるオレとしては、銀蝿の事務所に関係する全ては、この会報で網羅してるくらいのものをまた、作ってほしいんだけどね。

その翔さんが銀蝿とは別にやってるバンド、「翔&Black bird」が今日、オレの地元に近い越谷でライブをやる事を知ったのが二週間前。

急に、そのライブに行けるワケもなく、けど、翔さんのバンド、昨年、アルバムを出したのは知ってて欲しかったんだけど、そのCDは一般発売しておらず、銀蝿か翔さんのライブ会場でしか買えないのよ。

でね、ライブに来れない客じゃ、どうせ邪険に扱われるんだろうなと思いつつ、ダメもとで、その、越谷のライブハウスに二週間前にTELしてみたら、予想に反して、凄く優しい対応で、ライブスタッフさん達の入り予定時間を教えてくれて、「詳細は、当日の〇時頃じゃないとわからないけど、多分、買えると思うよ」と言ってくれた。

で、今日がその当日。
事前ではよくても、当日になったら、やっぱりダメ、なんてのがよくある話なので、期待半分にして、会場にTELしてみた。

そしたら、前回の人とは違う声だけど、やっぱり、スタッフさんの対応、丁寧で、「翔さんの物販スタッフに聞いて、折り返し、お返事しますね。」という事で、一旦、電話を切った。

それから、5分もしないで、スタッフさんからTELが入り、「もう物販始めてるから、今からでも買えますという事です」

もちろん、すぐに向かいましたよー。

いざ鎌倉ならぬ、いざ越谷(笑)

で、会場入口にある物販コーナーに着いて、物販スタッフさんに話したら、「ここのスタッフさんに、そういう方が来るって聞いてましたよ」と、見た目は、オラオラ系なのに、優しい対応でした。

で、欲しかったCDを買ったら、
140308_172426.jpg
CDを入れてくれたビニールバッグ。
140308_171944.jpg
これも翔のロゴ入りで、こういうのって、フアンには結構嬉しかったりするんだよね。

「スタッフさんに聞いてたんで、バッグ、一枚、サービスで入れときますね。あと、翔さんだけの特集冊子140308_172449.jpg
入ってますから。せっかくだから、よかったら、今日のライブのチラシも持っていって」と気さくに声をかけてくれた。

あちらからしたら、なんともない声かけなのかもしれないけど、ライブに行かず、グッズだけを買う事に気が引く思いのオレからしたら、どれだけ救われた気がしたか。

そうそう、予定外の買い物をした。

オリジナルのロゴ入りコーム。
140308_172143.jpg
普通、一緒の袋に入れてもいいのに、そのスタッフさん、「特別だよ」と言いながら、わざわざ別の袋に入れてくれたんだ。

末筆になりますが、今回、一フアンのワガママに、丁寧な対応をしてくれた、越谷のライブハウス、「イージーゴーイング」のスタッフさん、翔さんの物販スタッフさん、ありがとうございました。
AD