これは永井豪の「マジンガーZ」をベースにしながら大胆なアプローチでリメイクし、新しいマンガにした「マジンガーZERO」全9巻の続編で全8巻完結。
161006_153845.jpg
このマンガは前作を知らないと理解しにくいので軽くあらすじを。

マジンガーZが魔神化する事で繰り返される地球滅亡の歴史を変えようと何度も世界をやり直すミネルバX。
160930_110354.jpg
その繰り返しに疲れた彼女がようやく行き着いたマジンガーZが魔神化せず、兜甲児と共に戦う世界。
しかしそこはDr,ヘルが機械獣によって人類の大半を滅ぼし、猛威を振るう世界だった。

兜甲児もこれまでの戦いにより生身の身体を失い、サイボーグとなってマジンガーに乗っていた。
160930_111719.jpg
この世界の奇跡は兜甲児がこれまで失われ続けてきた世界の兜甲児の記憶をもっていた事で、それにより最強の敵・機械獣ゴードンヘルとの決戦で兜甲児の身体にあるマジンガーを魔神化させるチャクラを開きながら、マジンガーZが初めて自我をもった事で魔神化せずにゴードンヘルを倒し、世界を平和に導いた。

ここからが今回のストーリー。
壮絶な戦いから一年。
一時は地層や岩盤が根こそぎ破壊された富士周辺だったが多次元との融合により復活した。
これと同じ現象が東京をはじめとする世界数十箇所で起こり、再興を早めた。

兜甲児は遺伝子工学の進歩によって生身に近い身体に戻り、弓さやかと平和な日々を過ごしていた。
それは今まで叶わなかった願い。
160930_105757_ed.jpg
ミネルバもスーパーロボット博物館の館長として、勝利と平和のシンボルとして人々の信望を集めるZとともに毎日を送っていた。
160930_105939.jpg
160930_110016.jpg
しかし多次元融合による奇跡がこの世界に無理を生じさせたのか世界各地でおかしな物が発見され、富士の裾野で倒されたあしゅら男爵の遺体がなぜかイタリアのコロッセオで発見される。
160930_110056_ed.jpg
それが合図のように新たな敵、暗黒大将軍
161006_154139.jpg
が率いる七ツの軍団と戦闘獣を擁するミケーネ帝国が出現する。

戦闘獣との初戦はなんとか切り抜けた甲児とマジンガーだったが、生身に近い身体の甲児ではマジンガーを動かすには無理があり、深傷を負ってしまう。

ミケーネ帝国は多次元融合により生まれた、本来なら存在しなかった敵だが、多次元融合は敵だけでなく思わぬ味方も生んでいた。
光子力の実験中の事故で死んだはずの甲児の父親・兜剣造である。
161008_130813.jpg
甲児と再会した剣造は甲児が戦わなくてすむようマジンガーZがを遥かに凌ぐ新しいロボットを開発し、操縦する戦闘のプロ・剣鉄也161006_154034.jpg
の訓練もまもなく終わろうとしている事を告げるが、兜親子が再会してる間に暗黒大将軍からマジンガーZを奪うよう命令されたゴーゴン大公
160930_110208.jpg
による混成戦闘獣軍団が光子力研究所を急襲する
161008_130159.jpg
新しいロボットの完成と剣鉄也の訓練が終わるのに必要な時間は48時間。
光子力研究所を甲児が戦えない状態でたくさんの戦闘獣達から守るには長すぎる時間だが、兜剣造の生存と新ロボットの話を聞いた弓博士と所員達、弓さやかとボス達は甲児とマジンガーを死守する為、研究所内での戦いを決意する。

意識をなくしていた甲児が目を覚ました時、12時間経っていたが戦闘獣の攻撃により研究所内は各階層の弓博士やすべての所員を犠牲にした防衛線は突破され、甲児のいる最下層部のすぐ上まで迫っていた。

最後の扉を護るのはさやかのダイアナンAとボスボロット。
161008_130217.jpg
多くの仲間が死にゆく中、それでも甲児とマジンガーが生き残れば勝利なのだというミネルバに、甲児はみんながいなければ勝つ意味がないとマジンガーとともにさやか達を救出に向かう。

甲児とマジンガーがさやか達のところに着くとそこにはボロットの亡骸
161008_130401.jpg
161008_130446_ed.jpg
と戦闘不能になったダイアナンAの姿があった。
161018_133219_ed.jpg
怒りにまかせそこにいた戦闘獣を倒し、地上に出て戦闘獣軍団を迎え撃つマジンガーは魔神化するチャクラをすべて開いたが、圧倒的な戦力差によって無惨な姿にされてしまった。
161008_125851.jpg
その様子を見ていた剣造は我慢しきれず完成間近の新ロボット・グレートマジンガーを向かわせる。
160930_110420.jpg
甲児とマジンガーの前に現れたグレートマジンガーは強さは凄まじく、強力な武器とその性能を活かす剣鉄也の戦闘力でマジンガーをオモチャのように扱った戦闘獣軍団を簡単に蹴散らし、暗黒大将軍と一騎打ちに持ち込んだ。

グレートマジンガーの凄まじい強さを目にしたマジンガーに変化が起きる。
失った腕や故障箇所が再生し始めたのだ。
この様子を見つめていた兜剣造は自分の間違いに気づく。

剣鉄也とグレートマジンガーがミケーネ帝国と戦い、甲児とマジンガーZが戦いから退く事によってマジンガーの魔神化を防げると考えていたのだがそうではなかった。
戦闘獣にあれだけ痛めつけられても魔神化しなかったのは、ミケーネ帝国は取るに足らない相手でいつでも倒せる相手だったからであった。

しかし、グレートマジンガーの強さはマジンガーに刺激を与え、それが魔神化させたのであった。
マジンガーは、グレートマジンガーに戦いを挑む。
161006_154018.jpg
その間にも魔神化は進み、マジンガーZの自我を消し去り、甲児の意識をも取り込もうとしていた。
161007_145345_ed.jpg
今にも消えそうな意識の中、甲児はミネルバとさやかが滅亡の歴史を変える鍵である事を鉄也に伝える。

魔神化したマジンガーを止める術はなく、この世界も終わろうとしている。
ミネルバもやり直す事を諦め、好きだったこの世界とともに消える決意をしていた。

だが甲児は魔神化による滅亡の歴史を止める事を諦めておらず、次の世界を始めるようミネルバに託す。
戦う事を諦めない甲児とミネルバはそれから何度かのやり直しを経て、ついに過去の世界で体験した魔神化する可能性をすべて事前に潰す事で魔神化させない事に成功する。

いや、成功したかに思えた…。
しかし、実はそうではなく、甲児の記憶してる多次元は消え失せたわけではなくマジンガーが魔神化した世界として平行して存在し続けていたのだ。
甲児がその事を知った後、マジンガーの使いとしてもうひとりの兜甲児が現れ未来が確定した事を告げる。161007_145614.jpg
161007_145726_ed.jpg
161007_145536.jpg
それでも甲児は抗い続け、また数億回に及ぶやり直しを行うが、やがてマジンガーに取り込まれ、剣鉄也の存在もマジンガーに消されてしまい、マジンガーZが絶対負けない、マジンガーZこそ最強の世界に飲み込まれそうになるが、マジンガーをボロボロにした暗黒大将軍を思い出し、マジンガーZが負ける事をイメージする。

するとグレートマジンガーが復活、それに同調するかのようにこれまでマジンガーZが最強であり続けるために想像されなかったロボット達が次々に生まれだす。

マジンガーの下で機能を停止し、抜け殻のように佇んでいたミネルバの眼前にマジンガーの内から飛び出してきたマジンガーZとグレートマジンガーの雄姿に、ミネルバも生気を取り戻した。

それに続き、今、生まれたばかりのロボット達が光となって飛び出して来る。
これはマジンガーにも想定外の事態で、すべてのロボットを消し去ろうと攻撃するが効きめがない。
マジンガーの想像を超えたものにはマジンガーの攻撃は意味を為さない。
この、人々の想像力こそ甲児がマジンガーを倒す為に生み出した光子力エンジンだった。

すべてのロボット達から放たれた攻撃は光の矢となってマジンガーを貫き、マジンガーは光に包まれながら消滅した。
161007_145849.jpg
そして、新しい宇宙が始まった。

今回もまた長いあらすじを書いてしまった。

自分の悪いクセなのだが、ググれば簡単なあらすじはわかるが、その作品を読んでない人にも、少しでもその世界観を知ってもらおうとついね。

マジンガーZのオリジナルは、世界征服を狙うマッドサイエンティストの繰り出すロボットを、正義感の強い少年が操るスーパーロボットで倒していくというシンプルなマンガであった。
が、このマンガでは正義のロボットであるマジンガーZがはじめは人類の為に戦うが、最終的にその無敵の力を暴走させ、人類を滅ぼすという歴史を繰り返す悪の象徴として描かれている。

主人公の兜甲児もマジンガーのパイロットとしてだけでなく、最終的にはマジンガーと戦う重要な立場になっていき、最終的に兜甲児とマジンガーの精神世界の戦いに行き着く。
なんだかとても複雑な内容になっている。

このマンガがただのリメイクなら、どうしても古臭さを感じ、途中で読むのをやめていたかもしれないが、永井豪の「マジンサーガ」の世界を加えたり、マジンガーZの続編、「グレートマジンガー」がアニメ終了に合わせて完結した為、暗黒大将軍より強力な敵、闇の帝王の正体も謎のまま、グレートマジンガーと直接対決する事なく終わったが、この謎もZに倒されたDr・ヘルが幽体となってタイムスリップし古代に飛び、ミケーネ帝国を作り、闇の帝王となったという作者の描き方でDr・ヘルの宿敵ぶりに厚みをもたせていた。

ほかにも永井豪フアンが喜ぶような、ほかの永井作品のキャラを登場させたり、思わずニヤッとしてしまうようなリスペクト的な描写が随所にちりばめられていた。

ちなみに、あらすじに載せたマジンガーが戦闘獣達にズタボロにされたシーンは、永井豪の「デビルマン」のこのシーン
161018_133502.jpg
をリスペクトしたものだろう(笑)
熱心な永井豪フアンなら、まだまだたくさんのオマージュしたシーンを見つけられるだろうから、そういう楽しみ方もできるのではなかろうか。

最後の方に出て来る光の形をしたロボット達、実はグレンダイザーや鋼鉄ジーグ、ライディーン、ガンダムまでいるのでロボットフアンもうれしいのでは?

マジンガーZの新しい捉え方をしていると思うし、使い古されたロボットものも描き方によっては新しいものに見れる事を感じられた。

自分がこの漫画家コンビを知ったのは、故・平井和正の小説、ウルフガイシリーズの一作目、「狼の紋章」をコミカライズした「ウルフガイ-狼の紋章」だったのだが、これが今回のマジンガーZよりおもしろく、続編を描いてほしいと思っている。

自分は、やっぱり正義のヒーローを素材にしたものよりダークヒーローを描いた、ちょっと暗さがあるものが好きなんだろうな(苦笑)
AD
今回読んだのは、みなさんご存知ルパン三世のスピンオフ作品で全2巻完結。
160924_115336.jpg
ルパンの仲間としてではなくひとりの剣士としての石川五エ門
160928_105616.jpg
を扱ったオリジナルストーリーで、
五エ門とそれを追う女刑事・カナデ
160924_120408.jpg
がいくつもの名刀強盗事件に巻き込まれ、さらに名刀のひとつである斬鉄剣を刺客に狙われながら話は進み、最後はそれらを裏で操っていた、刀を身体に取り込む事で怨霊の力を宿しながら数百年生きてきた女怪・アサノ
160928_105036.jpg
と闘う。

このマンガは五エ門フアンだけでなく、ゲッターロボ160928_110312.jpg
や魔獣戦線
160928_110456.jpg
を代表作とした故・石川賢のマンガが好きだった人にもオススメ。

石川賢は独創的な世界観を持ち、画風も独特な漫画家だったので、彼が亡くなってからはもうあの画も見れないものと諦めていたので、このマンガを見た時には驚いたと同時に嬉しかった。
そこには石川賢に似たタッチ、ストーリーが展開されていたからだ。

自分はこのマンガを読むまで星和弥という漫画家をまったく知らなかった。
とくに調べてはいないのだが、画が似てるだけでなく、ところどころの構図の取り方
160924_115721.jpg
160928_104907.jpg
が石川賢の影響をかなり受けているように感じたのだが、デビュー前に石川賢のアシスタントでもしていたのだろうか?

アサノが部下に囁くコマは160924_115754.jpg
石川賢の聖魔伝を思い出させるし、一度倒された敵が復活するというのも石川賢がよく使っていたパターンだ。

身体の内にべつの生き物を棲ませ、
160928_105103.jpg
それが身体の中から出たり入ったりするのも
160928_105218.jpg
石川賢のSF作品や伝奇ものではよく使われていた。
極めつけは、魔物や奇怪な生物に人間が取り込まれた時の、人間の部分を一部だけ残したグチョグチョさ
160928_105442_ed.jpg
160928_105510_ed.jpg
これを再現できる漫画家がいるとは思っていなかった。

この人が新しいマンガを描いたら是非読んでみたいと思うし、もしできるなら、石川賢が続編を描いた事で名作を駄作にしてしまった魔獣戦線を、本来の母の仇である父親をはじめ13人の科学者への復讐を軸とするストーリーに戻してリメイク版を描いてもらいたいと思っている。
AD
「荒くれKNIGHT黒い残響完結編」は全20巻完結。
160401_115055.jpg
このマンガには本編もあるが、今回読んだ「完結編」は本編のキャラクター達の一世代前が描かれているので、本編のラストシリーズ、「黒い残響」を読めばわりとすんなり入っていけると思う。

本編の主人公・善波七一十が
160331_134202.jpg
リーダーの輪蛇は湘南の有名なチームとして憧れと恐れをもたれている。
そのライバル的な存在として登場した「虎武羅」の歴史を軸に描いたのが今回読んだ「完結編」である。

コブラ、COBRA、虎武羅―。
表記がどう変わろうとこのチームがぶれる事はない。
輪蛇とコブラは誕生のしかたは違うが、同じ「がらがら蛇」というひとつのチームから生まれた。

がらがら蛇は、湘南の同じ施設で育った赤蛇(内海マコト)
160331_134658.jpg
と青蛇(足立)
160414_120433.jpg
が作ったチームで、二人に魅かれた悪党達が集い、暴力と謀略という毒を撒き散らしながら南関東を制圧した。

どの時代にも、悪党に憧れながら悪党になりきれない男達がいる。
コブラはがらがら蛇が南関東を制圧する中、湘南のそういう弱虫達が集まり、がらがら蛇の使い走りチームとして生まれた。
160402_133836_ed.jpg
南関東を制圧後、目的を失ったがらがら蛇はその特性から猛毒を内部に吐き出すようになる。
青蛇がチームの実権を握るとそれはより顕著になり、裏切りや謀略による仲間同士の抗争に明け暮れ、身内同士で疑心暗鬼に駆られ内側から腐り始めていった。
そんな日々に疲れていた頃、赤蛇はリンダというひとりの少女ととの出会いによって、初めて涙を知る。
そしてある夜、赤蛇を慕う仲間を連れてがらがら蛇を割り、バイクで鎌倉の山を駆け下りた。
これが輪蛇の誕生である。
これ以後、輪蛇は一年戦争と呼ばれるがらがら蛇との分裂抗争を繰り広げ、がらがら蛇を潰滅させ、一応の決着をみるが輪蛇を怨む残党は残り、これは本編で「横須賀夜光蟲」となり、三代目リーダーの善波と足立との決着まで持ち越される事になる。

「完結編」の主人公・大鳥が160331_135057.jpg
用心棒をしてるコブラは、がらがら蛇がなくなった事で表に出る機会を伺うが、輪蛇の新入り
160331_134807.jpg
にすらバカにされる日々を過ごす。

しかし弱虫達の中にも牙を隠してる者がおり、この男・根岸(ネギ先輩)
160401_115251.jpg
は優しいながらも、壊し屋として非情さしか持ってなかった大鳥に優しさという強さと友達という存在を教えた。
160401_115459_ed.jpg
160401_115343_ed.jpg
ネギらが引退した後、大鳥は輪蛇も赤蛇ら初代が引退し、二代目リーダーとなった木原篤
160331_135213.jpg
との縁から輪蛇入りを誘われるが、この頃がらがら蛇の残党がコブラを裏で操り、輪蛇潰しを画策していた。
大鳥の輪蛇入りの日、がらがら蛇に操られる事を拒むコブラは大鳥を送り出した後、がらがら蛇の残党との決戦に臨む。
残党はたった3人だが、不良としてのレベルがコブラと段違いである事を知る大鳥は輪蛇入りよりコブラを助ける道を選び、がらがら蛇残党を蹴散らす。

コブラの二代目リーダーとなった大鳥はこの後、木原の輪蛇と凌ぎを削り合いながら輪蛇と並ぶチームになっていく。
輪蛇の仕掛けた網にひっかからない、がらがら蛇の四天王と呼ばれる幹部達がなぜか大鳥とは絡む。

一度は沈んだ青蛇が覚醒し、最後の四天王を使って大鳥コブラを飲み込もうとするが、大鳥を守ろうとするコブラメンバー達によって大鳥は生き残る。

大鳥の最後に戦った相手は輪蛇の木原で、これは身体をぶつけ合うタイマンではなくリーダーとしての器量を示す会話の中で行われた。

最後は本編のエピソードとリンクする大鳥の事故による引退と、それまで本物に憧れ輪蛇に入りたがっていた、本編で善波のライバルとなる伊武
160331_134234.jpg
と大鳥との出会いが描かれ、さらに新たな世代交代の時期を迎え、大鳥に似た雰囲気をもちながら、まだ小悪党の西脇
160331_134351.jpg
が大鳥の残したものを三代目虎武羅の幹部から聞き、ライバル視する春間が
160331_134632.jpg
善波を通して見続けてきたものを感じ取り、帰り道、初めて本当の拳を握った時、二代目コブラを支えたメンバーの幻が笑みを浮かべながら井脇の横を通り過ぎていく。
160430_111342.jpg
最後は善波と伊武のいつものじゃれあいで終わる。

このマンガを描いた吉田聡は前に描いた「湘南爆走族」shobaku320x178.jpg
もそうだったが、主人公と同じようにライバル的なキャラクターはもちろん、そのチームの背景も丁寧に描いてきた。
このマンガはそのひとつの集大成となっている印象を受けた。

この「完結編」には本編と違い、大鳥をはじめイケメン的なキャラはほとんど登場しない。
ラストに書かれている、
「歴史に名前の残らない、すべての“名も無きヒーロー達”にこの物語を捧ぐ。」
この言葉通り大鳥と戦い、敗れた者達が大鳥に惚れ、大鳥を支え、そして大鳥を守るために消えていく物語である。

主人公の大鳥自体、見た目はデブな不格好なキャラで、輪蛇のメンバー達に比べると見劣りする。
160430_110858.jpg
しかし、この大鳥だからこそ物語が引き立つのである。

大鳥のコブラを支えたメンバーには輪蛇に入れるほどの悪党はいないように見えるが、輪蛇に一歩も退かない隠れた猛者が揃っていた。

そんなチームだからこそ、輪蛇の網に引っ掛からないがらがら蛇四天王までも引き寄せたのだろう。

このマンガでは、大鳥の戦いだけでなく、輪蛇の二代目となった木原とのライバル関係が描かれていた。
もとは同じ一匹狼だった二人が互いにチームのリーダーとなり、それぞれの生き方をしていく。
それはリーダーの選択としてはどちらも間違いではなく、輪蛇を守る為、ワンマン体制を敷き、場合によっては友達や仲間すら切り捨てる木原と、コブラと戦った後、すべてを失った敵だった者達を受け入れた大鳥。

この違いはチームを守る為、誰にも相談せずひとりで考え行動し続け、やがて自分を見失い、気づかぬうちに輪蛇をがらがら蛇の時代に戻しそうになる木原と、本編の夜光蟲の前身、最後の四天王・二道が率いる「蟲」との戦いでコブラを支えた仲間をすべて失いながら、役目を果たせる時間を作ってくれた仲間がいた大鳥との違いとなる。

消えたすべての仲間達の雰囲気を纏った伊武
160430_111046.jpg
に自分なりの本物の意味を伝えた後、大鳥は木原に自分が持っていて、今の木原に欠けているものを渡しにいく。
それは、木原が忘れかけていた、
「リーダーが怒れば仲間は憎しみのコブシを握り、リーダーが笑えば仲間は明日を見つける」
という赤蛇の教えだった。そして大鳥は言う。
「オレの仲間は笑っていた…最後までな。 オレは…愛されていたんだ」と。

大鳥はライバル関係だからこそできる、「愛されるリーダー」の強さを渡したのだった。
160430_111123.jpg
二人のライバル関係は大鳥の事故によって幕を下ろす。
身内以外入れないという病室で向き合い、ようやく自分の役目が終わるという大鳥に木原は、「オレがヤキモチを妬いた唯一の男」と認め、
「グッドファイト」
160430_111209_ed.jpg
と称えた。

「風に逆らうな」と教える輪蛇と「本物は探し続けるもの」と教えられるコブラは、その教えの性質上の違いから、横に並ぶ事はあっても互いに庇い合う仲ではない。

正直、今の若い人達には流行らない、泥臭いマンガだと思う。
しかし、自分としては等身大の男を描く素材として不良ものはなくなってほしくないジャンルである。

世間からはみ出た者達にもルールがあり、ふだん自分達をクズという彼らも、それすら守れない人間をクソといって蔑む。
そういうぎりぎりの世界だからこそ、男が男として磨かれ、花火のように散っていく様が儚く描かれるのだろう。

表舞台に名前を残す事もなく消えていった彼らの生き様から自分がなにかに夢中になりながら、思い通りにならず悩みながら過ごしていた熱い時代を思い出せるのではないだろうか?

余談だが、実はこれを書くのに半年かかった。
何度も書いては消すという作業を繰り返し、ようやく書き上げられた。
少しでも、そのてこずった感が伝わるだろうか?
AD