「荒くれKNIGHT黒い残響完結編」は全20巻完結。
160401_115055.jpg
このマンガには本編もあるが、今回読んだ「完結編」は本編のキャラクター達の一世代前が描かれているので、本編のラストシリーズ、「黒い残響」を読めばわりとすんなり入っていけると思う。

本編の主人公・善波七一十が
160331_134202.jpg
リーダーの輪蛇は湘南の有名なチームとして憧れと恐れをもたれている。
そのライバル的な存在として登場した「虎武羅」の歴史を軸に描いたのが今回読んだ「完結編」である。

コブラ、COBRA、虎武羅―。
表記がどう変わろうとこのチームがぶれる事はない。
輪蛇とコブラは誕生のしかたは違うが、同じ「がらがら蛇」というひとつのチームから生まれた。

がらがら蛇は、湘南の同じ施設で育った赤蛇(内海マコト)
160331_134658.jpg
と青蛇(足立)
160414_120433.jpg
が作ったチームで、二人に魅かれた悪党達が集い、暴力と謀略という毒を撒き散らしながら南関東を制圧した。

どの時代にも、悪党に憧れながら悪党になりきれない男達がいる。
コブラはがらがら蛇が南関東を制圧する中、湘南のそういう弱虫達が集まり、がらがら蛇の使い走りチームとして生まれた。
160402_133836_ed.jpg
南関東を制圧後、目的を失ったがらがら蛇はその特性から猛毒を内部に吐き出すようになる。
青蛇がチームの実権を握るとそれはより顕著になり、裏切りや謀略による仲間同士の抗争に明け暮れ、身内同士で疑心暗鬼に駆られ内側から腐り始めていった。
そんな日々に疲れていた頃、赤蛇はリンダというひとりの少女ととの出会いによって、初めて涙を知る。
そしてある夜、赤蛇を慕う仲間を連れてがらがら蛇を割り、バイクで鎌倉の山を駆け下りた。
これが輪蛇の誕生である。
これ以後、輪蛇は一年戦争と呼ばれるがらがら蛇との分裂抗争を繰り広げ、がらがら蛇を潰滅させ、一応の決着をみるが輪蛇を怨む残党は残り、これは本編で「横須賀夜光蟲」となり、三代目リーダーの善波と足立との決着まで持ち越される事になる。

「完結編」の主人公・大鳥が160331_135057.jpg
用心棒をしてるコブラは、がらがら蛇がなくなった事で表に出る機会を伺うが、輪蛇の新入り
160331_134807.jpg
にすらバカにされる日々を過ごす。

しかし弱虫達の中にも牙を隠してる者がおり、この男・根岸(ネギ先輩)
160401_115251.jpg
は優しいながらも、壊し屋として非情さしか持ってなかった大鳥に優しさという強さと友達という存在を教えた。
160401_115459_ed.jpg
160401_115343_ed.jpg
ネギらが引退した後、大鳥は輪蛇も赤蛇ら初代が引退し、二代目リーダーとなった木原篤
160331_135213.jpg
との縁から輪蛇入りを誘われるが、この頃がらがら蛇の残党がコブラを裏で操り、輪蛇潰しを画策していた。
大鳥の輪蛇入りの日、がらがら蛇に操られる事を拒むコブラは大鳥を送り出した後、がらがら蛇の残党との決戦に臨む。
残党はたった3人だが、不良としてのレベルがコブラと段違いである事を知る大鳥は輪蛇入りよりコブラを助ける道を選び、がらがら蛇残党を蹴散らす。

コブラの二代目リーダーとなった大鳥はこの後、木原の輪蛇と凌ぎを削り合いながら輪蛇と並ぶチームになっていく。
輪蛇の仕掛けた網にひっかからない、がらがら蛇の四天王と呼ばれる幹部達がなぜか大鳥とは絡む。

一度は沈んだ青蛇が覚醒し、最後の四天王を使って大鳥コブラを飲み込もうとするが、大鳥を守ろうとするコブラメンバー達によって大鳥は生き残る。

大鳥の最後に戦った相手は輪蛇の木原で、これは身体をぶつけ合うタイマンではなくリーダーとしての器量を示す会話の中で行われた。

最後は本編のエピソードとリンクする大鳥の事故による引退と、それまで本物に憧れ輪蛇に入りたがっていた、本編で善波のライバルとなる伊武
160331_134234.jpg
と大鳥との出会いが描かれ、さらに新たな世代交代の時期を迎え、大鳥に似た雰囲気をもちながら、まだ小悪党の西脇
160331_134351.jpg
が大鳥の残したものを三代目虎武羅の幹部から聞き、ライバル視する春間が
160331_134632.jpg
善波を通して見続けてきたものを感じ取り、帰り道、初めて本当の拳を握った時、二代目コブラを支えたメンバーの幻が笑みを浮かべながら井脇の横を通り過ぎていく。
160430_111342.jpg
最後は善波と伊武のいつものじゃれあいで終わる。

このマンガを描いた吉田聡は前に描いた「湘南爆走族」shobaku320x178.jpg
もそうだったが、主人公と同じようにライバル的なキャラクターはもちろん、そのチームの背景も丁寧に描いてきた。
このマンガはそのひとつの集大成となっている印象を受けた。

この「完結編」には本編と違い、大鳥をはじめイケメン的なキャラはほとんど登場しない。
ラストに書かれている、
「歴史に名前の残らない、すべての“名も無きヒーロー達”にこの物語を捧ぐ。」
この言葉通り大鳥と戦い、敗れた者達が大鳥に惚れ、大鳥を支え、そして大鳥を守るために消えていく物語である。

主人公の大鳥自体、見た目はデブな不格好なキャラで、輪蛇のメンバー達に比べると見劣りする。
160430_110858.jpg
しかし、この大鳥だからこそ物語が引き立つのである。

大鳥のコブラを支えたメンバーには輪蛇に入れるほどの悪党はいないように見えるが、輪蛇に一歩も退かない隠れた猛者が揃っていた。

そんなチームだからこそ、輪蛇の網に引っ掛からないがらがら蛇四天王までも引き寄せたのだろう。

このマンガでは、大鳥の戦いだけでなく、輪蛇の二代目となった木原とのライバル関係が描かれていた。
もとは同じ一匹狼だった二人が互いにチームのリーダーとなり、それぞれの生き方をしていく。
それはリーダーの選択としてはどちらも間違いではなく、輪蛇を守る為、ワンマン体制を敷き、場合によっては友達や仲間すら切り捨てる木原と、コブラと戦った後、すべてを失った敵だった者達を受け入れた大鳥。

この違いはチームを守る為、誰にも相談せずひとりで考え行動し続け、やがて自分を見失い、気づかぬうちに輪蛇をがらがら蛇の時代に戻しそうになる木原と、本編の夜光蟲の前身、最後の四天王・二道が率いる「蟲」との戦いでコブラを支えた仲間をすべて失いながら、役目を果たせる時間を作ってくれた仲間がいた大鳥との違いとなる。

消えたすべての仲間達の雰囲気を纏った伊武
160430_111046.jpg
に自分なりの本物の意味を伝えた後、大鳥は木原に自分が持っていて、今の木原に欠けているものを渡しにいく。
それは、木原が忘れかけていた、
「リーダーが怒れば仲間は憎しみのコブシを握り、リーダーが笑えば仲間は明日を見つける」
という赤蛇の教えだった。そして大鳥は言う。
「オレの仲間は笑っていた…最後までな。 オレは…愛されていたんだ」と。

大鳥はライバル関係だからこそできる、「愛されるリーダー」の強さを渡したのだった。
160430_111123.jpg
二人のライバル関係は大鳥の事故によって幕を下ろす。
身内以外入れないという病室で向き合い、ようやく自分の役目が終わるという大鳥に木原は、「オレがヤキモチを妬いた唯一の男」と認め、
「グッドファイト」
160430_111209_ed.jpg
と称えた。

「風に逆らうな」と教える輪蛇と「本物は探し続けるもの」と教えられるコブラは、その教えの性質上の違いから、横に並ぶ事はあっても互いに庇い合う仲ではない。

正直、今の若い人達には流行らない、泥臭いマンガだと思う。
しかし、自分としては等身大の男を描く素材として不良ものはなくなってほしくないジャンルである。

世間からはみ出た者達にもルールがあり、ふだん自分達をクズという彼らも、それすら守れない人間をクソといって蔑む。
そういうぎりぎりの世界だからこそ、男が男として磨かれ、花火のように散っていく様が儚く描かれるのだろう。

表舞台に名前を残す事もなく消えていった彼らの生き様から自分がなにかに夢中になりながら、思い通りにならず悩みながら過ごしていた熱い時代を思い出せるのではないだろうか?

余談だが、実はこれを書くのに半年かかった。
何度も書いては消すという作業を繰り返し、ようやく書き上げられた。
少しでも、そのてこずった感が伝わるだろうか?
AD
今回のマンガは二部作で構成されており、本編が全13巻と獄中編全3巻で完結となる。
160617_115648.jpg
本編では、主人公の濁組組長・久慈雷蔵(クジラ)
160617_115717.jpg
が55歳にして学と食を求め熟年離婚した。

昼間はヤクザ、夜は子分達に隠れて定時制高校に通うようになり、学校では久慈の風貌と名前から「クジラ」というあだ名をつけたクラスメートでヒロインの咲子160617_115928.jpg
と親しくなる。
同じクラスの悪ガキ達はそれがおもしろくなく、はじめは難癖をつけるがやがて年長の仲間として受け入れるようになる。
時には学生として同級生達と、時には街でヤクザの親分として自分の組の組員や敵対組織や縄張り(シマ)内の人々と関わり、後半では娘の結婚式にヤクザであるがゆえに出席しない父親としての哀しみなどを様々な食とそれを絡めたエピソードで話は進む。

やがてクジラは若頭の吉田160617_121304.jpg
に組を譲りヤクザから隠退し、カタギとなって学生生活を過ごし、孫が生まれるのを楽しみにしていたが、別の組織にいる兄弟分が対立する組との抗争で殺された事で、仇討ちに単身対立する組に乗り込み全滅させる。幸い相手に死人が出なかったものの傷害罪で5年の刑務所送りとなる―。
ここで本編は終了。

この続編が「獄中編」である。
学校に休学届けを出したクジラが本編の事件で5年間の収監生活を過ごすために送られたのは岩窟刑務所。
普通ならクジラが送られるような刑務所ではないのにそこに送られた事に濁組の上部組織「風組」総長・風岡翔
160617_120028.jpg
は裏にある悪意を感じ取り、若頭の望月に秘かに調査させる。
岩窟刑務所の特徴は、独居房を管理する閣下、
160617_120646.jpg
拷問房は軍曹、
160617_120604.jpg
刑務所長は殿下
160617_120917.jpg
などと房を管理する刑務官が、それぞれあだ名で呼ばれている事で、殊に殿下などは許しを得ず顔でも見ようものなら、それだけで刑期を延ばされてしまう。

クジラは自分がこの刑務所に送られた事情も知らず、教育期間を経て、雑居房での集団生活に入る。
刑務所には様々な種類の犯罪者がおり、犯した罪と食を絡めたエピソードで話は進み、所内の服役囚を束ねるム所長が入浴時クジラと会い、収監されているのを知り、その座をクジラに禅譲する。

これまで幾度もクジラに仕掛けてきた殿下もこの事からクジラがただのヤクザではないと知り、警戒を強めるようになる。

クジラを岩窟に送ったのが風岡を敵視する、殿下と大学時代の同期で次の議会選挙に出馬する男であった事がわかり、風岡は対立候補に肩入れし落選させる。
それを知らずにクジラを罠に嵌め、ムチ打ちそうとしていた殿下は議員との癒着を暴かれ辞職した。

満期を迎え出所したクジラは始発で地元に帰り、懐かしい通学路を歩きながら家に着く。
160617_120438.jpg
誰も出迎える者のいないはずの部屋に入ると、そこには別れた女房と5才になった孫の姿があった。
160617_120453.jpg
そして食卓には白粥と焼き魚、漬け物が並ぶ。
孫を膝に抱きながらそれらを口に入れた時、はじめて更正したクジラであった。160617_120340.jpg

このマンガを描いた立原あゆみは、もともとはたベテラン少女マンガ家である。
が、週刊少年チャンピオンでロングヒットとなり、このマンガの影響でヤクザの世界に入った若者も多かったといわれる
「本気(マジ)!」
160627_110246.jpg
を描いて以来、舞台を青年誌に移し多数のヤクザものや反体制を題材としたものを描いてきた。

「本気!」は、立原あゆみが培ってきた少女マンガのタッチを持ち込み、全体的に細い線で描かれたので、主人公・本気もふだんは少女マンガのキャラクターそのままの穏やかな表情を浮かべているが、
160627_110210.jpg
怒った時の顔の変化はその分凄みを感じさせた。
160627_110132.jpg
また、それまでのヤクザものといえば主人公が縄張りを拡大する為に繰り広げる日本刀やマシンガンを使ったド派手な抗争が売り物だったのにたいし、街に根付いたヤクザを描きリアリティを感じさせたのも斬新だった。

そんな立原あゆみが描く主人公は大概見た目がカッコイイのだが、このマンガの主人公のクジラは太ったオッサンで、親分といっても本編では風組の系列である事すら後半まで触れなかった。
ちなみに風組というのは本気に登場する関東にある広域組織で、本気はこの組織の幹部にあたる「草書」になっていた事もある。

クジラは続きものではあるが、一話完結式の構成となっているので、本編の方は全体的なストーリーにこだわらない方なら一冊でも十分楽しめると思う。

自分は食い物にたいして食べられたらいい、美味いかまずいか安いか高いかくらいしかわからないのだが、この作者は食というものにたいしてかなりこだわりがあるのか毎回登場する料理は自分ならろくに味わいもせず、宝の持ち腐れになるであろう高級食材からそこらのスーパーに売ってるような食材迄使って、毎回バラエティーに富んだ料理が登場する。

出て来る料理が連載されていたのが月刊誌だったこともあり、季節に合った料理が登場し、ほとんどのものがちょっと料理が作れる方なら作れそうな料理であるのもよくあるグルメマンガや料理マンガと違ってイメージを浮かべやすかった。
本編では毎話手づくり料理が登場したが、獄中編になると、囚われの身という事でそうもいかず、替わりにエアー飯なるものが登場する。
クジラが口に出した料理を同室の服役囚達が連想し、頭で腹を満たすというものだが、これには限界があるからか時折刑務官から差し入れられる食べ物の話を交じえて使われた。

また獄中編では、刑務官がクジラのようにそれなりのお金を持ってそうな服役囚にたいして実際にやってそうな賄賂の要求を描いてみたり、人を騙す犯罪を行った者の哀れな末路が描かれていたりして、食だけでなく、この作者が得意とする人間の欲や毒を描いたいいマンガだったと思う。

自分としては長編にありがちな主人公の周りから離れたキャラクターはそのまま消えるというパターンを使わず、高校に通う咲子らをたまに出し、クジラは同級生という絆と年月の経過をさりげなく表現してるところも好きだった。

ただ、立原あゆみの描いたマンガで主人公とヒロインが結ばれて幸せになったものはほとんどなく、自分もこの人のマンガは結構読んだが、「あばよ白書」という伊豆を舞台にしたヤクザマンガだけしか最後に結ばれたのはなかった。

このマンガでも親子以上に年が離れた咲子と結ばれるなんて事は考えもしなかったが、出所したクジラと卒業した同級生達がどんな再会を果たすかと思っていたが、立原あゆみらしいあっさりとした描き方だった。
出所を間近に控えたクジラは閣下に連れられ、世間に慣れておく為の社会見学に街に出かける途中の車内から咲子に似た女性が見知らぬ男と歩く姿を見かける。クジラの住む街から遠く離れた場所なので、他人の空似とは思うものの、5年という年月は少女が大人になるのに十分な長さである。
このエピソードのラストがコレ↓
160617_120326.jpg
そう、クジラが見かけた女性は咲子本人だったというオチである。
大人になった咲子には、クジラを同級生と言っていた面影はないのだ。
ちなみに咲子と一緒に卒業したであろう同級生達は登場しない。
月日の流れと一抹の寂しさを感じさせる、自分がこのマンガで1番好きなエピソードである。

最近減少傾向の人情味のあるマンガだが、日々慌ただしい中で過ごす人にこそお薦めしたい。
AD
このマンガの原作を書いた武論尊は、「北斗の拳」や「ドーベルマン刑事」を代表作にもつ原作者で、昔から最初の引き付け方がとにかく上手く、作画の池上遼一もオリジナルはたいしたことないが、原作がつく事で画の上手さが引き立つ、「男組」や「サンクチュアリ」などを代表作にもつ、漫画家というより絵師という感じの漫画家。

このコンビによる作品は多数あるが、これまでの現代ものから方向性を180度変え、三国志を題材とした前作「覇-LORD-」に続き、真田幸村を主人公とした歴史もので、元服(成人)前、織田信長の人質となった信繁の時代から関ヶ原の合戦までを描き、全4巻完結となっている。
160311_105831.jpg
真田幸村というと、猿飛佐助や霧隠才蔵などの真田十勇士を中心に据えたものが多いが、このマンガは真田幸村を中心として物語は進んでいく。

前半は「本能寺の変」による織田信長の死と明智光秀の斬首までを描き、後半では海外に出た幸村が信長と異国の女性との間に産まれながら、海外に放逐され、信長を憎み心をなくした息子、ミノウとの戦いを中心に描かれていく。

歴史ものというと史実に基づいた合戦を中心にしたものが多く、その為登場人物が多くなり、そのわりに、人物の描かれ方が浅く、関係性がわかりづらい為、歴史に興味がない人には受け入れられにくい。

殊に大人のマンガ読者の多くがマンガに求めるのはあくまで娯楽であり、難しいものを嫌う傾向にあるが、このマンガは、エンターテイメント色を強める為、登場人物を絞り、歴史に興味がない人にもわかりやすくなっていると思う。

歴史を題材にしつつ、このコンビの作品に共通している「義に生きる男」、「漢(おとこ)」というテーマは健在で、真田幸村から見た織田信長をはじめとする漢達は時に間抜けで、時にぶざまでありながらもどこか男臭い。

織田信長といえば、武田軍との長篠の戦いにおいて、戦にいち早く鉄砲を持ち込み、以後もこれを用いて僧兵などの大量虐殺をした非情な武将としても有名だが、このマンガでは敵とはいえ人を刀で斬る嫌な感触を味わわずに済むように鉄砲を使用するという人間らしさをもった漢として描かれている。

また、明智光秀と豊臣秀吉との関係もよくある功名心から競い合うどろどろした関係ではなく、互いに認め合い、信長を将と仰ぐ良好な間柄として描かれている。

それにたいして徳川家康は、武将としてではなく野心をもつ腹黒い政治家として描かれている。
史実にもあるように、ふだんから影武者を立て、天皇家に取り入り、官位を欲する。そのうえ忍者の頭領・服部半蔵と謀略を巡らせる。

「本能寺の変」については、明智光秀の謀反ではなく、家康の謀略説を採用。
光秀に化けた服部半蔵が明智軍を動かし、一切の問答を禁じた上で本能寺に攻め込む。
信長のお供についていた信繁は一緒に死のうとするが、森蘭丸に脱出させる。
160330_131133.jpg
信長は切腹する前に光秀に一矢報いようと光秀に矢を放ち、それを受け止めた姿からすべてを悟る。

光秀が気づいた時、すでに遅く、謀反の汚名を着せられていたが、家康に天下を握らせぬ事と盟友秀吉の今後の邪魔者を排除する為に、敢えて反乱軍を募って秀吉に挑み、頃合いを見て自分の首を差し出す。
信繁は「謀反人」として晒された首に貼られた紙を「漢」と書き直す。
この人の描く信長はしなやかな獣っぽい雰囲気で好きだなあ。

ここまでは、このマンガ、おもしろかったが、この後海外に出てから殺伐とした展開が続き、つまらなくなっていく。前半がおもしろかった分、残念な作品である。
AD