今回は、自分が好きなマンガのひとつ、「クローズ」と続編「WORST」の両方に出て来た、自分が1番好きなキャラクターについて書いてみます。
cdws3jk9rzA.jpg
141219_131751.jpg
名前は、加東秀吉。

不良の名門校?の京華(きょうか)中出身(都内にあるけいかちゅうと漢字は一緒だが、いっさい関わりはありません(笑))のアタマを中二から張り、まずは自分の学校がある中央地区を制圧。その勢いのまま他の地区も制圧をしようとしたが、最初に制圧しようとした西地区に秀吉にヒケをとらない実力者がいた為制圧てきず、また、他地区にも同様の実力者がいた事からパワーバランスができ、「狂犬」として名前を売りながらもそのまま中学時代を終え、鈴蘭男子高等学校に入学。
141231_162949.jpg
当時の三年生には、クローズの主人公・坊屋春道をはじめとする、その世代を代表する不良達が在学してた。

鈴蘭には、毎年、1番強いといわれる男は存在するが、学校のアタマ、頂点(てっぺん)に君臨した者はいない。

そんな学校には、中学時代、それなりに名前が売れてた不良達が集まるので、入学するとすぐに、一年生のトップを決める「一年戦争」が毎年のごとく勃発する。
当然秀吉も参戦し、中学時代からの相棒・マサ
141231_163310_ed.jpg
とともに決勝迄勝ち進む。
決勝で当たったのは、鈴蘭がある地域の学区外から来た春道の中学時代の後輩で無名のゼットンこと花澤三郎。
141231_163436.jpg
かなりの実力者ながら、他のギラギラした一年生達と違い、当初は春道に挑戦する意志はなく、春道の後輩という事もあり、三年の顔役達に可愛がられいる(イジられる?)男であった。

狂犬と呼ばれる秀吉と真逆の存在であるゼットンを「坊屋の飼い犬」とはじめは毛嫌いしており、ゼットンを倒し、さらに入学前から因縁のある三年の顔役のひとりである桐島ヒロミ
141231_163146.jpg
の首を獲って、トップである春道に挑戦しようとしていた。

雨が降る中で行われた決勝戦、秀吉とゼットンのタイマンは激闘を繰り広げるが、軍配はゼットンに上がる。

こうして一年戦争は幕を下ろしたが、その敗北はムダではなく、「飼い犬」扱いされたゼットンの闘志に火を点け、傷が癒えた後、ゼットンは春道に挑戦する。

一方、敗れた秀吉は春道にたいする挑戦権はなく、そのプライドの高さから、ゼットンと春道のタイマンを見に行く事もせず、その場所に立てなかった悔しさを隠し、校内のベンチで寝転んでいた。

そんな秀吉の前にタイマンの相手になろうと現れたのは桐島ヒロミだった。

それは鈴蘭トップへの挑戦権を失った秀吉の行き場のない気持ちを受け止めようというヒロミの優しさからであった。
141231_163633.jpg
ヒロミとのタイマンにも負けた秀吉は、
141231_163740_ed.jpg
毎年、その世代のトップである者がいる屋上への出入りを認められるもののそれをよしとせず、行こうとはしなかった。

二年になった秀吉は、図書室を居場所とし、新入生の挑戦を受ける立場になっていた。
141231_163949_ed.jpg
秀吉に挑戦しようとしていたのは、京華中の後輩・黒澤だったが、
150101_075417.jpg
九州から引越してきた同じ新入生の花木九里虎
150101_075313.jpg
が二年でありながら、実質鈴蘭トップのゼットンを倒し、
150101_075339.jpg
別の日には黒澤を含む新入生17人をまとめて倒すという異例の事態で幕を下ろす。

三年になると、鈴蘭の顔役のひとりとしてひとつの派閥を率いるまでになっていた。
141231_164227_ed.jpg
しばらく静かな日々だったが、梅雨入り前のある日、末端による些細なイザコザから関係のない秀吉の相棒マサが襲われ、
141231_164415.jpg
141231_164437.jpg
秀吉が単独でその報復を行った事から
141231_164611.jpg
141231_164535_ed.jpg
141231_164634.jpg
141231_164749.jpg
鈴蘭をライバル視する不良校・鳳仙高校との全面抗争に突入する。

抗争は激化するも、やがて警察も動き出し膠着状態に陥る。

そして、双方の話し合いで、今回の抗争に無関係の立会人を立て、両校の代表5人のタイマンによる決着となった。

大将戦に出る三年は、本来、トップであるゼットンだが、抗争の序盤に襲われ負傷してたのと、抗争の原因を作った秀吉がそのプライドを捨て、頭を下げてまで「自分に任せてほしい」と申し出た事で
141219_132314.jpg
秀吉が出る事に決まった。
決戦当日、早朝5時、今にも雨が降りそうな空の下、天狗の森に両校の生徒が集まり見守る中、代表達によるタイマン決戦が始まった。

さすがに鈴蘭は層が厚く、無敗の四連勝で、決戦の勝敗は着いた。

途中、雨が降り始めるが、鳳仙としても一矢は報いたいところで、大将戦、鳳仙のアタマ・キングジョーこと金山丈が登場。

鈴蘭からは、秀吉が出陣。キングジョーとの戦いの前に、マサに心中を吐露する。
150101_075715.jpg
150101_075750_ed.jpg
150101_075539.jpg
141231_215232_ed.jpg
降り続く雨の中で行われた秀吉とジョーとの闘いは熾烈をきわめたが、先に倒れたのは秀吉だった。
141231_165256_ed.jpg
引き上げようとするジョーだったが、秀吉は不屈の闘志で立ち上がり、背後から声をかける。
141231_214701.jpg
141231_214733.jpg
満身創痍になりながらも、まだ闘おうとする秀吉の執念を見たジョーは、再び秀吉につかみ掛かり、叩き伏せ、さらに首を絞めるという暴挙に出た。

これを見かねたマサは、タイマンの最中に拘わらず、ジョーを蹴り飛ばし、割って入った。
141231_214916.jpg
こうして、秀吉の最後のケンカは、狂犬の意地を見せつけての敗北に終わった…。

そして、迎えた卒業式の当日。

ゼットンに恨みをもつ鈴蘭の退学者がゼットンを襲うという計画を耳にした秀吉を含む鈴蘭の顔役達は、ゼットンには知らせず、これを返り討ちにする。

卒業式には間に合わず、出席しなかったが、校門にいたゼットンと合流し、彼らなりの卒業をする。
141219_131751.jpg
141231_215327_ed.jpg
長々と書いたが、読んでもらってわかるように、マンガの中でもほとんどのケンカで負けているキャラクターである。

しかも、性格的にも問題ありときている(笑)

が、性格も含めて、自分の辿ってきた道とどこかダブるこのキャラクターが、このマンガで1番好きで、このキャラクターのフイギュアが出た当時は、クローズフイギュアが流行っていて、バージョンによっては高値で取引されていたにも拘わらず、象牙バージョン以外はすべて入手した。
141219_130036.jpg
↑通常版(一般発売)
141219_130715.jpg
↑ダイブ版(メーカー限定カラー)
141219_130824.jpg
↑鈴蘭購買部版(フアンサイト限定版)
141219_131104.jpg
↑レグルス限定版(大阪にあるファッションショップ限定版)

象牙バージョンの存在を知ったのが遅く、また、生産数も少なめだったのか、あまり出回らず、たまに見かけても単色のわりに高値だった為、これだけはないんだよね。

不要な方がいたら、ください(笑)

このフイギュアのシリーズ、なにげに凝ってて、開けづらいのが難点だけど、パッケージとかカッコよかった。

裏に書いてあるセリフなんかも奮ってたしね。
141219_130510.jpg
↑全種類共通パッケージ裏
前にも書いたけど、このシリーズ、雰囲気もファッション性も凄くよかったんだけど、やっぱ、顔というか眼が納得いかなかった。
141219_130645.jpg
このフイギュアが似てるかどうかというのは、見る人によって違うだろうけど、グラサンをかけてるのは似てるんだけど、眼が露わになると、「ン?」ってなってしまう。

これは、自分が好きなキャラクターだから、自分にとって1番いい表情のイメージが強いのかもしれないが、みなさんはどう感じますか?

ちなみに、自分の秀吉のイメージはこれです。
141219_131751.jpg
150101_075715.jpg
AD
近くのリサイクルショップで売ってたので、買ってきた。

FBGクローズ&ワースト。

このフイギュアは、もともとは1個3980円(税別)で販売されていた。
定価だと、欲しくてもなかなか買えないけど、それが1個300円で売られてて、4個買っても1200円(税別)だったから、かなり安く買えたので、凄く得した気分音符
140904_092001.jpg
141024_121826.jpg
141024_122057.jpg
141024_122229.jpg
クローズのフイギュアは、最初、オーガニックというメーカーから、1個500円(税別)のブラインドボックス(開封するまで中身がわからないやつね)で、ミニサイズのフイギュアが発売された。
page-3094.jpg
クローズの続編にあたる「ワースト」が月刊少年チャンピオンの人気マンガであり、このマンガを描いてた高橋ヒロシ作品の、初めての立体化という事と手頃な値段のわりにまあまあのデキだった事からこれがヒットし、このミニフイギュアに続き発売されたのが、今回自分が買った、スタンダードサイズ(20センチくらい)のFBGクローズ&ワーストだった。

このシリーズは、ひとりのキャラクターにたいして、通常版といわれる店頭発売のほかに、メーカー版やサイト限定版、取扱店による別注版などのリペイントや別ヴァージョンなど数種類で売り出した。

1番最初に出た主人公を含めたシリーズは生産数も少なかったので、あっという間に、店から姿を消した。(これにはプレミアが付き、自分も中野のまんだらけでしか実物は見た事ない)

このシリーズは、フイギュアを立たせて飾れる台座付きのブリスターパック入り、台座の後ろ側に差し込める背景がついていて、自分のヘボい写真だとわかりづらいと思うが、校舎の入口だったり、夜のスクラップ場の絵だったりと、フイギュアごとに演出できるように、趣向が凝らしてある。
141024_121750.jpg
141024_122139.jpg
ブリスターの裏も黒を使い、各キャラクターのセリフとキャラクターのイラストが映えた。
141024_122007.jpg
141024_121936.jpg
このフイギュアも、キャラクターの多さとヴァージョン違いの豊富さもあり、コレクションしがいもあることからヒットした。

フイギュアのヒットにより、ワーストはもちろん、既に完結していた「クローズ」のコミックスまでが再び売れ、豪華なキャストを使って、大物監督の手により映画化されるほどのブームになった。

FBGは、ブームの時、バージョン違いのフイギュアを販売するショップやサイトでは、販売数にたいして購入希望者が多かった事から、抽選による当選者への販売という方法が使われてた。

この抽選には、値段を吊り上げて転売しようとするショップや個人ブローカーも当然参加していただろう。
自分も、「クローズ」、「ワースト」は好きだったので、好きなキャラクターについては、すべてのヴァージョンが欲しくて、高額を出して買った事もある。
141109_140056.jpg
↑↑《通常版》(一般発売されたもの)
141109_140145.jpg
↑↑《ダイブ版》(メーカー直販のもの)
141109_140229.jpg
↑↑《鈴蘭購買部版》(このマンガのフアンサイト限定発売のもの)
141109_140336.jpg
↑↑《レグルス版》(メーカーの特約店になっていて、このマンガのフアンであったファッションショップが自分で服をデザインし、自分のショップのサイトで販売したもの)

ブリスターを開封してないのでわかりにくいと思うけど、アップにすると、下↓↓のようになる141109_140124.jpg
141109_140212.jpg
141109_140247.jpg
141109_140404.jpg
通常版とレグルス版は、写真ではサングラスのありなし程度の違いに見えるが、実は黒と茶色のコートだし(笑)、シャツの柄も違ってたりする。

このヒットに便乗しようと大手メーカーまでもが参入してきた時期もあったなあ。

しかし、ブームになった物ほど廃れるのも早く、潮が引くように人々の関心は薄れていく。

このキャラクター以外にもふたり好きなキャラクターのヴァージョン違いを揃えたんだけど、ブームが終わった後、生活が苦しくなり、このキャラクター以外ほとんどを売った時、買い取り額の下がりぶりにガッカリした。

FBGを出していたダイブというメーカーは、もともとは玩具問屋だったが、自分が出したいフイギュアを出したくて、メーカーに転身したらしい。

はじめは、フイギュア製作のノウハウもなく、外注で製作し、販売に特化していた。

外注なので、コストもかかったろうが、初期のフイギュアの資料を見ると、結構、有名な造型師が原型製作をしているのがわかる。

ヒーローや怪獣などの着ぐるみのフイギュアはカタチや表情が決まっているし、彩色のハデさなどで、多少はごまかしがきくが、マンガやアニメなどの人物をフイギュアにするのは、そういうごまかしがきかないので、表情ひとつにしても、どれだけ難しいかは、あの有名メーカーの海洋堂が造った「はじめの一歩」フイギュアですら下の写真のデキであった事からもわかる。news_thumb_ippo_figure.jpg
そんな難しいジャンルのフイギュアを手掛けながら、予想外のヒットに舞い上がってしまったのだろうが、本来、同じ造型師を使い続ける事で少しずつ技術が向上し、完成度が上がっていくものを、その造型師を途中で外して、別の原型師を起用した。

ただでさえ、フイギュア製作には素人のメーカーが、中国の工場にきちんとした技術指導などできるワケがなく、ずさんな仕上がりになっていたのに、更に新規に採用した造型師の原型の見直しもせず、利益の追求を優先させ、早いペースでの商品展開をしていった。
ファッションデザインなどについては、ヴァージョン違いのフイギュアを、毎回販売していた洋服屋がデザインをしたりもしていたので、マンガには登場しないカラーやデザインもあったが、技術は上がっていったが、肝心の顔については、それに追いつけてなかった。

ブームは一過性のものだし、まして「クローズ」は、マンガやアニメフアンには受け入れられにくい不良ものである。

だからこそ、メーカーとしてやっておかないといけない事は、ブームが終わった後に残る、固定フアンの確保だと思う。

もともとは元のマンガなりアニメなりのフアンは、当然ながら、フイギュアを見る眼も厳しい。

丁寧なフイギュア製作をしていれば買い続けるが、元の作品に似てなければ、当然買わなくなる。

メーカーとして、利益を追求したい気持ちもわかるが、売れてる間にこそ販売ペースを落としても、より完成度の高いフイギュアを追求していなければならないと思う。

このメーカーの失敗は、それを怠った事と、一度売れたキャラクターを、多少のポーズ変更などで使い回して出し過ぎた事だと思う。
いくら好きな作品のフイギュアとはいっても、何度も同じキャラクターを出されたら飽きがくる。

後期になってからはキャラクターの使い回しがさらに増え、新しいキャラクターが出るかと思うと、ファッションだけが似ていて、肝心の顔はまったく似ていないものが多く、造型の質の低下が目立つようになった。

たとえば、元のキャラクター
20130327_230159.jpg
にたいして、フイギュアはfbg_gaiden_mitsumasa_n_annai.jpg
fbg-mitumasa_reg2_small.jpg
である。

サンプルの写真なので、わかりにくいかもしれないが、制服以外、似てるところがない(苦笑)

これが、ミニサイズのフイギュアなら、大きさや値段から、まだ妥協もできる。
しかし、スタンダードサイズとなると、大きさや値段から、よりリアルなものを求められる。

そういうフアンの期待に背いた為に、固定フアン迄も離れていってしまったのだと思う。

これは、自分のフイギュアやソフビににたいするこだわりなんだけど、いくらデザインがよくても、決め手になるのは、やっぱり顔なんだよね。

どれだけ元の絵や写真に似せる事ができるか、それを追求すると、終わりはないと思う。

それに挑戦し続けてるメーカーのフイギュアは、固定フアンがついているので、オークションなどでも一定の価格で推移し、なかなか値崩れを起こさないのだと思う。

フイギュアの価値は、メーカーではなく、当然ながら買おうと思ってる人間によって決められる。

そこには、そのマンガなりアニメなり、元になる作品やキャラクターににたいする思い入れによる個人差があり、フイギュアにたいする評価もそれによって異なる。

だからこそフイギュアメーカーも、そのフアンの期待に応え続ける挑戦をしなければならないと思う。

デキが悪いのもあるにせよ、このシリーズについては、以前、やむなく売ったものも含めて、何年かかるかわからないが、できたら全部のキャラクターを揃えたいと思っている。
AD
7月25日から、10年ぶりにゴジラの映画が公開されるね音符

といっても、日本の映画じゃなく、ハリウッド版なんだよね。

USA版ゴジラは前にも製作された事があったけど、ちょうど、ジュラシックパークが流行った後で、名前と背鰭(背ビレ)にゴジラの名残りがあるだけで、まったくの別怪獣で、トカゲっぽい顔といい、T・レックスに近い印象だったなあ。
走るのが早いとか何匹もいるとか、スケールの大きさに期待してた分、凄くゴジラの風格を台なしにした映画だったなあ。

今回のハリウッド版ゴジラは、前評判は高く、日本に先駆け公開された各国で興行収入No.1と書いてあったりするけど、「北斗の拳」も全然ダメだったし、日本のマンガとかヒーローもので海外で製作されてよかったと思えたもの、なかったからなあ。

それでも、ゴジラと聞けば、ソフビ人形が好きなオレとしては、やっぱ、バンダイから出る子供向け玩具の定番、スタンダードサイズのソフビが欲しくなるんだよね(笑)

で、さっそく買ってきたよ、コレ。
140718_091235.jpg
(正面)

140718_091330_ed.jpg
(横)

140718_091423.jpg
(背面)

140718_091356.jpg
(顔アップ)

この、凶暴そうな顔、いかにもゴジラらしいんだけど…。
なんとなく、ちょっと違うんだよなあ。
どこがどうとかって上手く説明できないんだけど、オレの好きなゴジラの顔じゃないんだよ。

なんでだろ?

ソフビ、久しぶりに買ったんだけど、バンダイの以前の定番ソフビより一回り小さくなっている事に驚いた。

バンダイのソフビ人形シリーズといえば、ウルトラ怪獣シリーズ、仮面ライダーシリーズ、戦隊シリーズは番組が変わる度に販売される商品は変わるんだけど、サイズは統一化されていて、また、大きさも価格も手頃なわりに出来栄えもよく、コレクターに優しいシリーズだな、と思ってたのに、しばらくぶりに新しいソフビを買ったら、前のものより一回り小さくなっていた。

なんかちゃっちいんだよね。
ゴジラは、ムービーモンスターシリーズというシリーズで出てるんだけど、角川映画のガメラ以来しばらくぶりだったので、このシリーズだけサイズ変更したのかな、と思って、ウルトラ怪獣シリーズを見てみたら、同じようにサイズ変更されてたのでビックリした。
昔のソフビのミドルサイズと呼ばれる10㎝のものと変わらない感じで、このサイズになってしまうと、スタンダードサイズに較べ、ボリューム感も質感もかなり劣る。

そのくせして、価格は、前のスタンダードサイズより高値になっている。

しらないところで物価が上がってる事を実感した。

値上がりは、しかたないとしても、統一感を損なう、サイズ変更はしないでもらいたかったなあ。

最後にオマケ、「ゴジラFAINAL WARS」を映画館に見に行くと貰えた記念品
140718_091804.jpg
AD