お出かけ

テーマ:
皆様ご無沙汰いたしております。
またしてもしばらくぶりの更新になってしまいました。
なにせ遅筆のうえ気が向かないと放置してしまうタチなもんで。

先月21日の日曜日にひさしぶりに電車に乗って出かけてきました。
ふだんの足は車だけど、ひとりで都内となるとガソリン代や駐車代を考えると電車の方が安上がりですからね。

オレ、方向音痴な上ひとゴミが大っ嫌いなのでふつうなら人がうようよいる場所には近づかないし、むしろ避けます。
しかしどうしても欲しいものがそこにあるとなれば話はべつ。
ひとゴミだろうがなんだろうが行っちゃいます。

そんなオレが向かった先はアキバ。
実は、前回のブログで出たらいいなと書いていた「タイガーマスクW」のアニメのキャラがプリントされたTシャツが、あれからすぐに「タイガーマスクW」の公式サイトに載りまして、しかしほかのグッズはメーカー名がすぐにわかるようになっていたのに載っておらず、しばらくしてからようやく載ったので発売元である企業計画(株)のサイトを開いたがなにも載ってない。
やむを得ずサイトにあった電話番号に問合せたところ、数は少いが、ドンキホーテで販売されている事を教えていただけたので、まずは自分の行動範囲内の川越や大宮など埼玉のわりと栄えたところにあるドンキを回ってみましたが置いておらず、ドンキの通販サイトでも扱ってない。
もしやと思いアキバのドンキに問合せてみるとさすがアキバ!
置いてあるというじゃありませんか。
これはもう行くっきゃないと思ったわけです。

昔は電気街として栄えていたこの街も、今やオタクの聖地とやらでJRの駅前からそれっぽい店が並び、前に来た時より減ってるようにも感じましたがちらほらとメイドさんの姿も見かけます。
それらの店に囲まれた、かつて家電を前面に出してた電気屋もオタクが好きそうなゲームやソフトを前に出していました。
今やマンガやアニメの街に様変わりした中で生き延びる為に変わった姿に逞しさすら覚えます。(笑)
オレは極度の方向音痴なのでドンキのような誰もが知ってそうな店に行くのに一番手っ取り早い方法、駅前を歩いている若そうな人に聞くという昔ながらの手を使おうとしたが、これがまったく使えなかった。
近寄って聞こうとすると片っ端から避けられる。
昔もそういうのを面倒臭がる人がひとりふたりはいてもたいていすぐに親切な人に当たったが、今回はそうならなかった。
こういうのも時代の流れなのかなと思いつつ、このままでは埒があかないと思っていたが、近くを通りかかった警備員さんに尋ねたらわりと丁寧に教えてくれたのでなんとかたどり着けました。(汗)
それにしても道に迷って尋ねようとしてるのに、それに足を止めようともしない感覚、オレにはない感覚なのであれはどうかと思う。

TELで問合せた時の売場担当さんが親切で、どこの何段目の棚に置いてあるという事まで教えてくれてたのでドンキに着ければこっちのもの。
売場まで脇目もふらずに一直線に向かいます。
いよいよ売場に着くと、ありましたありました探し求めていたものが。
目の前で実物を見た時の感動ときたら、うまく伝わるかわかりませんが、まさに「クー~ッ」て感じです。

それがコレ。↓

前に紹介したジグゾーパズルと同じく番宣用のイラストがプリントされたもので、まさしくタイガーマスクWともいえるT シャツ。
なのに値段は1980円(税抜き)というタイガーマスクWのグッズの中では一番安く、これなら迷う事なく買えてしまう。
白と黒があってどちらにしようかと思ったが、黒のT シャツはかなり持っているので白にした。

ほかに置いてあったのが、タイガーマスクとタイガー・ザ・ダークの上半身がプリントされた「なりきりシャツ」が二種類。
タイガーはマント下の上半身だったので、コスプレするならともかくふだん着るには相当な覚悟がいるが、ダークの方は「なにげにカッコイイかも?」と感じ、買いやすい値段というのもあり、ダークのなりきりシャツも買ってしまった。


ひとつ買うとついついその日の予定にないものまで買いたくなってしまうのがオレの悪いクセ。
せっかくアキバまで来たし、この前欲しいと書いたTシャツとアイマスクの実物を見たくなり、コスパのショップに行く事にしました。
しかし、遥か昔に一度行っただけなのでどこにあったかすら覚えていないので、取り敢えずググってTELしてみると、TELで対応してくれた人がめちゃくちゃ親切で「神か⁉」ってくらい。
なにせ欲しいもののタイトルを伝えたら、TELに出た店よりアキバにあるもうひとつの店の方が品揃えがいい事を教えてくれ、それだけに終わらず、現在地と行き方がわからない事を伝えるとその店の前までTELを繋いだまま道案内してくれたのですから。
平日ならまだしも日曜の昼間といえば忙しく、めんどくさい客だったろうにそれをこちらに感じさせない対応に、駅前の事があったのでよけいに驚いた。

ガシャポン会館のあるビルの上の数フロアにコスパのショップがあるのだが、TELで聞いてた通りに3階に上がり、店内を歩くとけして目立つ場所とはいえない一角だが、タイガーマスクWのグッズのコーナーがあった。番組協力してるからか新日本プロレスのオフィシャルTシャツ達も一緒に並んでいた。
まずは値段が手頃なので本日買うもの候補に急遽追加されたアイマスクを手に取る。

↑ホ・レ・た。(* ´ ▽ ` *)
タイガーの眼ヂカラにやられてもうた。
裏を見るとダークの眼。↓

これはなに?「買って~💕」なんてかわいいもんじゃなく、「買えっ!」っていってるよね?
もはや脅してるようにしか見えませんが…😅
けどね、オレはそんなダークが好き❤
っつう事ですぐに候補から「買うっ!」に格上げ(笑)

次なる候補はTシャツ。
「虎の穴T シャツ」も欲しいが、タイガーマスクのイラストが入った「タイガーマスクWTシャツ」もやっぱり押さえておきたい。
タイガーマスクWTシャツはイラスト入りで目を引くからコーナーの隅にあってもすぐに見つけたが、コーナーを見回しても「ジパングプロレスTシャツ」とかはあるんだけど、「虎の穴Tシャツ」は見当たらない。
通販サイトでも再入荷待ちになっていたので、たぶん品切れだったのだろう。
これによって迷う必要がなくなり、タイガーマスクWTシャツを購入。


目的を果たし、まっすぐ帰るつもりだったが腹が減り、どこかでメシを食おうと思ったら、どこの店も結構人が並んでいてそこに並んでまで食べる気にもならずあきらめて駅に向かったが、駅前に「からあげ酒場あげばか」なる店を発見。



唐揚げをメインにしたサラリーマン向けの一杯飲み屋っぽいが店の前に書かれたメニューに「唐揚げ丼」というのがあり、とにかく少しでも腹を満たせたらいいかなと思い「唐揚げ丼」と、唐揚げだけだと喉が渇きそうなのでウーロン茶を注文。


一杯飲み屋の食い物なのでまったく期待してなかったが、唐揚げにかかってる甘酢醤油とタルタルソースがマッチしてとても美味かった。


そのうえボリュームもたっぷりでお腹も十分満たされ、幸せな気持ちで帰れました。

余談だが、今回問合せをした際に、その対応力の違いを凄く感じた。
かたや販売数が少なく、ドンキホーテに卸したのはわかっていながら卸してしまった後は関知してないというのがTEL越しにも伝わってくるような対応で、わざわざ問合せてくるというのはその商品を探しているのだから、卸した店舗を把握しといて教えられれば確実に買ってくれる客だというのがわかってないのか、または卸してしまえば自分のところの仕事はおしまいっていう無責任な考えなんだろうね。
自分のところで作った商品を気に入り、買ってもらってはじめて売れたっていう考え方ができない会社の商品はやはり雑な作り方をしてるものが多いが、首回りなどわりとしっかりした作りだったので、よけい残念な気がした。

もう一方は、先に書いたようにショップへの道案内を丁寧にできるメーカーなので、商品にたいしてもつい信頼できると思ってしまう。

という事でこの日の戦利品をまとめてみました。


物欲の塊であるオレはふだんある程度我慢してる分、たまにこうしてまとめて買うとなんかすごい満足感に満たされます。
みなさんは、そういうのないですか?

次のお出かけは聖悠紀の描くSFマンガ、「超人ロック」が今年生誕50周年を迎え、これを記念して開催されている「超人ロック原画展」を予定してます。


このマンガ、あまり広く知られてはいないけど、それまで同人誌に描かれていたものがオレが中学生の時に初めて週刊少年キングという雑誌で連載されてから、掲載誌は変わりながらも今まだ連載されてる超長編マンガでありながら、マンネリ化することがないすごい作品。
その記念展ともなれば、フアンとしてはやはり一度は見ておかないとと思っています。





AD

コミックマーケット91

テーマ:
昨年末、12月30・31日の2日間、毎回テレビでも取り上げられるので知ってる人もいるかもしれないが、東京ビッグサイトで行われたイベント、「コミックマーケット」、通称コミケに久しぶりに行って来ました。

コミケというのは、マンガやアニメ、ゲームをはじめドラマや音楽、さらに歴史や小説に至る迄幅広いジャンルのパロディを作者非公認で描いたり(書いたり)、描いた(書いた)人のオリジナルの創作によるものだったり、好きなように表現したものが同人誌として販売される毎年夏と冬に開催される同人誌即売会。

しかしこの同人誌、非公認でありながらオリジナルを凌ぐサイドストーリー的なものもあったりするからバカにできない。
たしかにアダルト要素が強い、過激なエッチ本も多数売られているが、裏を返せばそれだけ上手かったり、おもしろかったりするからあれだけ支持されるのだと思う。
現在商業誌で連載をもつ作家にもコミケ出身が結構いるし、連載をもっている作家が同人誌を作って参加したりしてるのもこのイベントの懐の深さならではだろう。

人混みや並んで待ったりする事が嫌いな自分が、以前あの暑苦しさを経験してるのにかかわらず、懲りもせず行ってみようと思ったのも好きな漫画家が今回のコミケに出品するのを知ったからで、そうでなければとても行く気にならなかっただろう。

ふだんあまり行動的ではない自分だが、行くとなれば楽しみたいので、できる範囲の下調べはしておきたい派。
コミケには開催前に出る「カタログ」があり、一部の書店でも取り扱ってたりする。
それには参加サークル(同人誌の販売者の事ね)がすべて載っており、サークルの分かれ方も作家やタイトル、ジャンルなどでだいたい分けられているので、このカタログを見ておかないと会場が広く、サークルの数もメチャクチャ多いので、好きなマンガのパロディがありながら、知らずに終わってしまう事になりかねない。
で、カタログを見てたら、目当てのサークル以外に好きなキャラのパロディがあるのを発見。はじめは31日だけの予定が30日も行く事に(笑)

30日の目当ては永井豪のパロディもの。
それも1番好きなキャラのパロディとあっては、内容はどうあれ見たくなるのが自分の性分。もっといえばそれだけの為に行くようなものなので、仕事あけという事もあり、ゆっくり午後から行きました。
入場開始からだいぶ時間が経ったからか並ぶ事もなくすんなり入れましたが、なにせ久しぶりの事なので勝手がわからず、下調べをしておきながら目当てのサークルにたどり着くのに一苦労。

しかしたどり着いた甲斐がありました。そこには本だけでなく、自分が永井豪キャラで2番目に好きなキャラ、身堂竜馬のコスプレをした美人さんの姿が!!
今の仕事上(世間的にはあまりよろしくない仕事をしている)日頃若くて綺麗なお姉ちゃんやかわいい女の子をわりと見慣れてる方なんじゃないかと思ってる自分が正直にそう思った。



          「木ノ下花見さん」





↑もとキャラはこれなんだけど、かなり似てると思いませんか?
  (バイオレンスジャック版の早乙女門土(左)と身堂竜馬(右)) 

この木ノ下さん、コスプレだけでなくマンガも描くという多彩さにさらにビックリ。
ちなみに木ノ下さんの描いた本がこれ。
   


今回は委託という事で、このキャラを使ったキーホルダーも作って販売したり、上のコスプレ写真の名刺を配布してました。
自分的にはコミカルなものよりシリアスなイラストが好きなので、本の中に描かれてたシリアスなものでキーホルダーが作られていたら迷う間もなく買ってしまっていただろう。(汗)


もちろん木ノ下さんの委託先サークルが最初の目的だったので、そちらの藤崎さんという方の描いた本も、女性ならではの線の細い表紙のイラストを見て気に入り、中身も見ずに2冊をゲット!




同人誌を描く人達って、原作の画をただマネるだけでなく、更に綺麗に描けてしまうのが凄い。
絵心というものにまったく恵まれなかった、ただのマンガ好きにとってはただただ尊敬するばかり。




↑写真の右の方にいる門土と竜馬のフェルト人形もスペースに飾られており、これも木ノ下さんが作ったらしく、触らせてもらったところ、もふもふしてさわり心地がよく、なにより顔が気に入って欲しくなり、さすがに飾ってある一つしかないものを買いたいとも言えず、初めて会ったにもかかわらず、ずうずうしくも注文してしまった。(汗)
それを嫌な顔もせず引き受けてくれた木ノ下さんには感謝。
今からできあがるのが楽しみ。
写真の、人形が置いてある白っぽい布、なんだと思う?
これ実は原作マンガのふたりがブリーフ愛用者なので、それをイメージしたブリーフポーチなるものらしい(笑)
これを女の子が持ってる分にはシャレで通じるし、見せ方によってはセンスの高い小物にもなるだろうが、いい歳したオッサンである自分が使ってるのを見られたらドン引きされると思い、さすがに買えなかったが、こういうアイデアが浮かぶのもこのキャラが好きな女性ならではだろう。
男にはまず思い浮かばないだろうな、このポーチは。

なかなか商品化されないマンガやキャラにこういうかたちで出会えたり、作ったり描いた本人と直接会えたり話したりできるのもコミケの魅力のひとつではないだろうか?

31日 はもとから本命の日という事で、昨日他を見て回る時間があまりなかったのと駐車場を探すのに時間がかかる事がわかったので朝から行きました。
その甲斐あって、上限なしの時間貸し駐車場でなく1日最大料金が決まってる駐車場をわりと早く見つけられたが、ビッグサイトまでは徒歩20分とやや不便。
忘れ物でもしたらかなりムダな時間を生む事になるなあなんて思っていたら、しっかりやらかしてしまいました。
昔と違い好きな漫画家の直筆イラスト入りの色紙なんてなかなか書いてもらえないので、この機会にダメ元でお願いしてみようと用意してきた色紙を車に忘れ、取りに戻るハメに。
まあ自分らしいといえば自分らしいし、いい運動にもなりました。
といっても仕事でまったく身体を使わないので太ってしまい、それを落とそうと思って始めたウォーキングを続けてなかったらヘタばって帰ってしまっていたかもしれない。(苦笑)

ヘタばりそうな身体を引きずり目当ての漫画家のスペースに着くと、いらっしゃいましたご本人が。
そもそも自分が今回コミケに行こうと思ったのは3年近く前にブログで感想を書いた「ハード・ナード・ダディ」の作者で、「ダンスインザヴァンパイアバンド」


などにを代表作にもつ環望さんが新作同人誌を出品するというツイッターを見てしまったからだからね。
そしていよいよ柄にもなくビビりながらもダメ元で色紙をお願いしたらあっさりOKしてもらえた。
環望がコミケ出身なのは知っていたけど今やヒット作をもつプロの漫画家さんだよ、コミケ恐るべし!(笑)

で、描いてもらったのが現在月刊ヤングキングアワーズGH に連載中の「ソウルリキッドチェインバーズ」



の主人公・ロッテ。






↑色紙を描いてくださってる環先生①




↑色紙を描いてくださってる環先生②





↑完成された色紙。 大切にさせていただきます。右上は名前が入っているのでモザイク貼りました。なんかエッチい?(笑)

この環望の作品にはエッチなものも多いが、実はいろんなジャンルを描ける人で、自分としてはこの人の描いたダークファンタジーもの(でいいのかな?)がかなり好きだったりする。
ところがこの人が描くダークファンタジーものは雑誌の休刊や打ち切りの憂き目に遭う事が多く、本人が納得するカタチで完結できた作品はあまりないんじゃないかと思う。

環望のスペースに並べられた同人誌は今回の新作2冊


↑ENCYCLOPEDIA  EIGHTHWONDER  OF  THE WORLD
「ウチのムスメに手を出すな!」(略してウチムスというらしい)という青年向けスーパーヒロインものと環望が原作をした「リリー・トゥ・リガー」のキャラと用語を解説した辞典のようなもの。



↑チーコとユミン
「チーコとユミン」は青年誌に連載されていた単行本化未収録作品。
一応ユリものらしいが、エロさやいやらしさがなく、女の子のなかよしさがかわいらしく楽しく読める、昔の少女マンガにあったようなちょっと懐かしさも感じられるマンガ。
この作品、わりと新しいもののようだが、マンガ雑誌は買わずに気に入ってるマンガだけを立ち読みで済ませているので知らなかったので、思いがけない収穫だった。

新作以外にも前に出した同人誌がいくつか並べてあり、その中には「ガンダムW」のエロ系パロディもあったが、自分はこの人のオリジナルが好きなのと懐事情からオリジナルのものだけ全て購入。
ただこの人のエッチ系マンガも好きだし、パロディはどんなものを描くのか気になったので、懐具合と機会があれば読んでみたいと思う。
で、買ったのがこれ。





下の写真、ピンぼけ気味だけど、この2冊は非公式ながらさっきの新作で書いたウチムスの続刊になるのかな?
ウチムスは母娘二代にわたるスーパーヒロインの話で、母親のアテナは引退しているが、初代エイスワンダーとして活躍していた過去をもつ。
娘のクララが2代目エイスワンダーとなった事で、新人スーパーヒロイン・クララがピンチに陥る度に、アテナも今やきつくなったコスチュームを纏って救出にむかうという、熟女と若い女の子が活躍する一粒で二度楽しめるアダルトタッチのマンガだったが、これが同人誌となると商業誌より規制も緩くなるし、不特定多数の読者に向けたものでないぶん描きたいものを描けるわけで、R-18指定にして連載してたものよりエロさがアップしている。

上のものはアテナが主人公。下はクララが主人公になっており、クララが主人公のものはNo.2とある通り同人誌ながら続きものとなっている。
自分も買った時は気づかなかったがNo.1を読まないとよくわからない話になっているので、近いうちにNo.1を買わなければと思っている
マンガ好きにとって、こういう想定外で欲しいものが増えるのもコミケの魅力であり魔物でもあるところ。



これは代表作、「ダンスインザヴァンパイアバンド」の公式同人誌。
吸血鬼の一族を統べるミナ姫と、それを守護する狼男の末裔アキラの物語で、この人の描いたものでは今のところ2番めに好きな作品。
このマンガはストーリーが進む中でいくつも伏線が張られていたのに、雑誌休刊とかでもないのに伏線の謎解きもせずになぜか突然終わってしまい、もやもやした印象だった。
そのもやもやしたものをいくらかでも払ってくれるのがこの本。
作中に残されたままの謎を一応明かした内容になっていた。
ただ、なにぶん薄い本なので今まで読んできたフアンが完全に納得できるものではなく、なによりあとがきを読むと環先生自身が消化不良を起こしているのが伝わってくるので、いつかどんなカタチであっても続きを描いてきちんと完結させてほしいと願う。

今回買ったもので最後に紹介するのは、これこそ予想外のもの。
コミケは、同人誌にせよグッズにせよ非公認ではあってもその作品を愛する人や好きな人によって作られたものだからこそ良心的な価格で売られ、同じようにその作品を好きなフアンが買っていくイベントだというのが自分の持論なので、そこに集う人間にたいしてコミケ限定だのコミケ先行だのを謳い明らかに営利目的の販売目的で出品している企業ブースは見に行く気になれず、何回もコミケに行っていながらこれまで足を運んだ事がなかった。

しかし今回は現在自分が好きなアニメ、「タイガーマスクW」が放映中だし、カタログには載ってなかったが東映か講談社あたりのブースでなにか出てるかもしれないから行ってみようと思い、30日に長いスロープを登り、初めて足を踏み入れた。
ここでも日頃のウォーキングが役に立った(笑)

初めて入ったそこは一般の出展サークルのスペースとはまったく違い、色っぽいコスプレをしたコンパニオンがチラシを配ったり声優だか俳優だかが呼び込みをしてたりでとても華やかな雰囲気だった。
室温も気のせいかもしれないが一般の出展サークルのスペースより暖かい気がした。
目当てのタイガーマスクWのグッズはやはり出ておらず、せっかくだかなにかおもしろいものがあるかもと、好きなマンガが載ってる秋田書店と少年画報社のブースを回ったら、少年画報社のブースでまさかのグッズを発見!

少年画報社といえばヤングキングアワーズの「ドリフターズ」がアニメ化されたので、



ドリフターズのグッズがあるのは当たり前だが、まさかこんなものを出すとは思ってもいなかった。



↑「ドンケツ」のクッションカバー。
コミケといえばたしかに多種多様のマンガフアンが集まるイベントである。
とはいえどちらかというとマニアックなものや萌え系のマンガのフアンがほとんどで、ドンケツのようなマンガのフアンでコミケに来る人はほとんどいないだろう。
そんな中でまさかのドンケツグッズを見た時は驚きと嬉しさでブースに吸い寄せられた。
値段をみると、やはり本とは違いそれなりに高いし、明日の環望の本のお金はとっておきたい。
てっきり通販グッズかと思ってブースのスタッフに聞いてみると、なんとコミケの為だけに作ったというではないか。
いやいや画報社さん、コミケの客層考えたらどう考えても不向きなマンガだってわかるよね?「超人ロック」やそれこそ「ソウルリキッドチェインバーズ」ならまだしも、これは無謀ってもんだよね?っていうのが自分の正直な感想だった。

しかし逆にドンケツのグッズが欲しかった自分からすれば、「これってもしかしてオレの為に出してくれた?」である。
なぜなら不良は他人が持ってないものをなにけなく持っている事で満足する傾向が強い人種であり、自分もその傾向が強いのは否めない。
コミケ受けしないジャンルのグッズで、しかもコミケ限定品となれば持ってるフアンは少なく、当然目を引く。
これを買わないわけにはいかない。
基本、主人公にはあまり魅かれず、サブキャラに魅かれる自分だが、ドンケツは例外で主人公が超アウトローなので魅かれている。
という事で主人公のロケマサのカバーを購入。



一つ買ってしまったら、全部欲しくなるのが自分の悪い癖。
しかし、こんなクッションを家で出されて喜ぶタイプの人間はそうはいないだろう。
そうなると自分の車で使う事になるが、運転席には普通のクッションは適さないので後部座席に置くようになるが、ミニクッションならともかく普通サイズのクッションはかさばるので二つ置く気にはなれない。

自分は雑貨系のキャラクターグッズは、同じ商品であってもキャラクターを使用している分割高になっているものが結構多いので、どうせ買うなら自分が使えるものをという考えなので、たとえ好きなマンガやアニメのグッズであっても使わないものは買わないようにしているので、値段的にも安くはないものだし明日の環望に使うお金と駐車場代を確保しとかなければならなかったのでこの日はこれだけで帰った。

が、一度欲しいと思ってしまうと諦めの悪い自分は翌31日、環望のスペースでの買い物を済ませると、この日は毎年恒例となっている「ドンケツ特集号」の発売日でもあり、それを片手に再び少年画報社のブースへ。



多少無理をすれば手が届く値段だし、好きなキャラのものはやっぱり欲しいし、で、自分にたいする言い訳はカバー汚れるし、洗い替え一枚は欲しいよねだった。(苦笑)
そんなこじつけをしてまで買ってしまったのがコレ。


昨年6月に別のテーマで書いた時に紹介したマンガのカバーが使われたクッションカバーなのだ。
これについては、実は前日もロケマサにするかムラさんにするかですごい悩んだのだ。
それくらい欲しかったので、買って満足している。
本当はもうひとつの朔組組長も買ってはぐれ月組をフルコンプしたかったが、今の自分にとってそれは贅沢というもの。
とりあえずよしとしよう。(笑)

とにもかくにも久しぶりのコミケ、楽しく過ごせた二日間だった。
ただね、会場の周りの駐車場、これだけ大きなイベントなので関係者に安めのところを抑えられてしまうのはわかるけど、とにかく高い。
自分が31日に借りたところは1日貸しがあったけど会場迄かなり歩いたし、それでも1800円だし、会場近くは30分250円の時間貸しのみなので、もし1日いたらいくら掛かるのだろう?
下手をするとコミケに遣うお金より高くなりかねないと思うのだ。
せめてもう少し安ければ、その分コミケで遣えたのにな、と思うのだ。

そうそう、クッションカバーだけでは意味がないので、翌日、元旦早々、多くの人々が福袋に走るなか、クッションを買いに行って来ました。
完成したものはそのうち紹介できれば、と思っています。

AD

ブログしばらく休みます

テーマ:
今まで慣れ親しんできたガラケーから最近出たガラホというものに買い換えたのですが、スマホとガラケーの中間といいながらアプリが全然おとせない。
アメーバもアプリはスマホ対応になっているようでおとせなかったのでパソコン用に表示を変えて下書きの続きを書こうとも試みたのですがストレスが溜まる一方なので断念しました。
グーグルマップのアプリすらおとせない。
いやあ、まったく困ったもんです。
というわけで、誠に勝手ながらしばらくお休みさせていただきます。
AD