前回は殺伐としたマンガについての感想だったので、今回はほんのり温かい感じのマンガについての感想を書こうと思います。

「珈琲店タレーランの事件簿」は、岡崎琢磨の書く人気シリーズ小説で、現在4巻まで出ている人気小説。
今回自分が読んだのは、この小説の一作目をコミカライズしたもので全2巻完結。
151119_100055.jpg
ジャンルとしてはミステリーものに入るのだろうが、凶悪な殺人鬼が出て来るわけでもなければ、巧妙に仕掛けられたトリックを見破るわけでもない、日常の中で生まれるふとした謎を珈琲店タレーランの女性バリスタ、切間美星がハンドミルを回しながら、「その謎、たいへんよく挽けました」を決めゼリフに解き明かしていく
151119_113252.jpg
安心して読めるご近所ミステリーだった。

古都・京都は丸太町富小路にある喫茶店タレーラン。たまたま見かけた看板の名前に誘われてタレーランを訪れた青年・アオヤマは
151119_100122.jpg
美星のいれるコーヒーの味と香りに魅せされ、しばしばこの店に足を運ぶようになる。

アオヤマは現代の若者に多い、穏やかで消極的な、美星の謎解きの聞き手役の似合うキャラクターで、聞き手となるきっかけとなった最初の事件?は、二回目に店を訪れた時、雨が上がった後、タレーランを出ようとしたが、自分の傘が失くなっており、代わりに女性用の傘が置き忘れられていた事から、その謎を美星が解き明かしていく。

ハンドミルの音を聞いていると頭の中が澄んでくると言う美星の、ハンドミルを回しながら順序立てて並べられる、細かい観察力から犯人を見抜いただけでなく、その後にとる犯人の行動まで読む鋭い推理にアオヤマは舌を巻く。

タレーランの常連となったアオヤマは、この謎解き以降、自分や自分の周囲で起きる出来事の謎解きを美星に頼むようになり、美星はそれを静かに解き明かしていく。

いくつかの謎解きの中には、アオヤマがタレーランを発見するきっかけとなった、元カノで女子大生の虎谷真実が登場したり、
151119_113401.jpg
美星の過去に暗い話があったりと、ときおり、ラストエピソードに繋がる伏線が散りばめられている。

また、このマンガは謎解きだけでなく、美星とアオヤマの少しずつ縮まっていく気持ちの距離がセリフだけでなく、画でさりげなく表現されている気がした。

ラストエピソードは、ミステリーものらしく美星の軽い男性恐怖症になった原因となった、4年前、美星が短大生でタレーランのアルバイトだった時、優しさと気遣いがアダとなり、襲われかかったストーカー、胡内波和と
151119_113545.jpg
アオヤマの対決が描かれているが、本格ミステリーと違って、あっさりとしている。

ラストエピソードについては、胡内との対決より、その後の美星によるアオヤマの正体に関する謎解きの方に意外性があった。
先に小説を読んでる人にはわかっていただろうが、自分は小説を読んでなかったので、この展開には素直に驚いた。

しかしながら、自分もそうだが、このマンガを読む前に「ビブリア古書堂の事件手帖」を読んだ人からすると、中途半端な二番煎じという感じを受けるのではないだろうか?

喫茶店を舞台にしながら、珈琲に関係あるのはキャラクターの名前くらいで、珈琲にまつわる謎解きで構成されてるわけでもないので、喫茶店は様々な人々が集まる場所という理由だけで舞台に選んだような、ご近所ミステリーとはいえ、なんの捻りもない安直さに自分としては安っぽさを感じてしまった。

ただ、ふだんマンガや小説を読まない方や、初めてミステリーものを読まれる方には読みやすいとは思う。
AD

コメント(2)