使えない?

テーマ:
いつも自分の趣味丸出しの、興味がない人にはまったくわからないマニアックなブログを読んでいただきありがとうございます。

自分の考え方とかカッコイイものはなかなか浮かばないのであまり書かないのですが、ふと頭に突然降ってきたテーマがあったので、たまには自分流の能書きを、なんて思い書いてみました。

「使えない人・遣えないヤツ」

社会人やアルバイト経験者のほとんどがこの言葉を誰かにたいして言ったり言われた事、または誰かが言ってるのを聞いた事があると思う。
実際、自分もいくつもの職場でこの言葉を聞いたし、言われた事もあるし、逆に言った事もある。

言われる側にはかなりキツイこの言葉だが、ある時、当たり前のようにこの言葉を吐いてる自分の傲慢さに気がつきハッとした。

この言葉を面と向かって吐けるのは自分の部下や後輩である場合がほとんどで、陰口ならまだしも、面と向かって上司や先輩に言おうものなら、当たり前だが生意気だと疎まれて、たちまち評価を下げられる。

陰口が嫌で、つい言ってしまうとオレのように嫌われるのがわかっているから、頭のいい世渡り上手な人はまず言わない(笑)

部下を預かったり、先輩と呼ばれる立場になれば、新人や部下を使えるようにする事、使えて当たり前なのだから、自分の部下や後輩を「使えない」と言えば、それはきちんと仕事を教えられないオレ自身が「使えないヤツ」「仕事ができないヤツ」なんだと気づき、それ以後自分が預かった人間を絶対に「使えない」と言わない、考えないようにした。
よく頭角を表わしてきた部下や後輩を連れて、自慢げに「コイツを育てたのはオレだ」と言ってる上司や先輩ヅラしてるのがいるが、特殊な技術を要する職業を除けば、実はもともと才能があったり、器用だったりする場合がほとんどで、そういうタイプは基礎さえ教えれば自分で考え、勝手に成長していく事が多い。

おまけに上手く立ち回れるので、自慢してる上司や先輩の前ではその人間を立てるが、心の中ではそうは思っていない。
なぜなら彼らはその人間に「育てられた」のではなく、自分で「覚えた」と思ってるのだから育てられたなどと思うわけがない。

もし「育てた」と言えるとしたら、その部下や新人の隠れた力に早くから気づき、少しでも多くの経験を積ませる事で力をつけさせ、上司・先輩として責任のもてる範囲内でその人間の能力を発揮できるチャンスを与える事ができた懐の深い人だけだと思う。

残念ながら、自分が見てきた部下や後輩の育て自慢をしたがるタイプは、自分のミスは部下や後輩のせいにし、後輩の成功は自分の手柄にしてしまう人ばかりだったが。(笑)

自分はこの「勝手に育つ」タイプより、飲み込みが悪く不器用なタイプのほうが、実力をつける迄時間はかかっても、将来大化けする可能性があり、おもしろい素材がいると思っている。

「勝手に育つ」タイプは飲み込みが早く、要領がいい。そして器用だ。
その分ずる賢さを併せ持ち、仕事に慣れてくるとめんどくさい事、手間のかかる事を上手くかわすようになる人間が多い。

手間がかかる事を嫌うから、上っ面だけで厚みがない為、なにもなければ勢いだけでとんとん拍子に進めるが、なにかしら問題が発生すると、とりあえずごまかして取り繕うが、それが通用しないと下地がないので対応できず、その結果、躓く事を知る。

このあと、自分の未熟さに気づき、失敗をバネにして再び上がって来れる者は少ない。

これにたいして、みんなとは言わないが、不器用な人間には要領が悪い分、まじめで一生懸命な人が多い。
このタイプを教えるには普通の教え方ではなかなか理解してくれない。
頭で理解はしていても、それを実践できなかったり実戦の場に立つとアタフタしてしまう人もいる。

しかし、要領が悪い分、愚直で、面倒な事にも真正面から取り組み、嫌でもいろんな経験を積むから自然に下地ができ、厚みができてくる。
これにより、問題が発生した時、迅速ではないが、確実な対応をするのがこのタイプである。

そう、人にタイプがあるように教える側もタイプ別に教え方を変える必要があるのだ。

これは非常に面倒な作業で、その為、自分が覚えたやり方をなんの工夫もせず、新人に教える上司や先輩がほとんどである。

そして、その教え方でなかなか覚えられない人にたいして自分の教え方の悪さを棚にあげ、いとも簡単に「使えないヤツ」という判断を下す。

自分が人にものを教える場合、直接仕事に関係しない事、たとえば仕事に取り組む姿勢や仕事を覚える心構えなどはみんな同じように教えてきた。
それに加えて、「責任の重さ」と「自分の仕事が終わるのを待っている相手がいる」事を最初に教え込んだ。

この二つを最初に叩き込まないと、どんなに仕事が早くてなってもいい加減だったり、自己中心のわがままが出たり、無責任だったり、薄っぺらい仕事しかできない人間に育つからだ。

おもしろいもので、何度か新人を教えると、この段階でその人間がうわべをどう取り繕おうと性根が見えてくるようになるから不思議だ。

仕事について教える段階になると、前の基礎を教えてる時に、自分なりにある程度タイプ別に分け、教え方を変える。

なかにはどうしようもないくらい物覚えが悪く、噛み砕いても噛み砕いてもなかなか理解してくれない人もいたが、これは逆に自分自身の現時点の仕事にたいする理解度をチェックできるいい機会だと考えた。
自分の理解度が充分であれば相手にもいくらでもわかりやすく教えられ、それができない時、その部分にたいする自分の理解度がまだ未熟であった事に気づけ、自分自身も再度勉強するきっかけを得られたからだ。
こういう事を繰り返し、不器用なタイプ、物覚えが悪いタイプが「自分で育つ」タイプ以上の仕事をこなせるようになった時、はじめて手ごたえを感じられた。

そして、ふだん周りに敬遠されがちな自分だが、そうした新人達の何人かはなにかあると聞きにきてくれたので、それが自分のした事にたいする結果だと思えた。

これは、あくまで仕事をしたい、覚えたいと思ってる人が対象であり、ただなんとなく会社に来てる人間や、最初からやる気がない人間にたいしては、がんばろうという人間に悪影響を及ぼさぬよう容赦なく排除した。

んー、なんかとりとめのない事書いちゃったなあ。

ン?似合わない?やっぱそう?
オレも自分でそう思う(笑)
AD

コメント(8)