最近、おっさんマンガがアツい!

自分が感じるおっさんマンガとは、ヤングジャンプやヤングマガジンなどの青年誌とは一線を画す、少年誌を卒業したマンガ読者達がかつては進んでいたリアルさを軸にした劇画中心とする、昔ながらの成人向けマンガ雑誌に連載されてるマンガ達である。

雑誌名を挙げると、漫画ゴラク、週刊漫画、漫画アクションなどで、「ゴルゴ13」や「浮浪雲」が連載されている作品傾向から、ビッグコミックスペリオール以外のビッグコミック関連もおっさんマンガ誌に含まれるのではないか、と考えている。

さて、そんなおっさんマンガには自分好みではないものが多く、そんなに読まないのだが、ジャンル的にも絵柄的にも自分好みだったので読んでみたのが、このコンビニコミックの「DIRTY」(全1巻)である。
150427_133747.jpg
原作は、闇金融の世界を描いた「ミナミの帝王」や現代ヤクザの世界をリアルに描いた「白竜」シリーズなどを代表作とする原作者・天王寺大。

自分は、「ミナミの帝王」は読んだ事ないが、この作画をしてる郷力也の実兄らしい。

作画をしてる富沢順は、「聖闘士星矢」などで知られる車田正美のアシスタント出身で、車田テイストを感じる画でありながら、そこに独自の作風を加味し、オリジナルの画にした、「いのち屋エンマ」などを代表作とする漫画家である。

その女は天才であり、殺人者である―。

この作品は、一年前から大手IT企業「サルベージ」の上級役員として勤め、18歳の時に犯罪行動科学の教授として東都大学に招聘された事もある27歳の天才八神エリカ
150427_133825.jpg
と、仕事に没頭するあまり、二年前に娘を連れて奥さんに逃げられて以来、投げやりな日々を過ごしていた六本木署刑事課捜査一係の32歳の刑事・工藤俊輔
150427_133843.jpg
のふたりを主人公にしたクライム・サスペンス。

《終わりの始まり》は、エリカと俊輔が知り合うきっかけとなった、三ケ月前に出所した連続婦女暴行犯殺人事件。

この事件は、上に挙げた、この作品のキャッチコピーを著した事件で、エリカはかつて自分を暴行した犯人にたいする復讐のアリバイ作りの為に現職の刑事である俊輔に近づき、一夜をともに過ごす。

暴行犯にたいする殺害方法から、怨恨によるものと判断した六本木署の刑事達は、9年前の暴行事件の被害者女性のなかで犯行時間、行きずりの男と自宅で一夜を過ごしていたという唯一、アリバイのないエリカを参考人として呼ぶ。

エリカと取調室で再会した俊輔は、
150520_114312_ed.jpg
自分が犯行時刻、彼女とともに過ごしていた行きずりの男である事を上司に報告する。

「刑事とともに過ごしていた」、この完全なアリバイによって、エリカはシロとされたが、この時、俊輔の刑事としての勘には危険信号が点っていた…。
150520_114138.jpg
俊輔はエリカが仕掛けた心理トリックに気づき、エリカのアリバイを崩す為、単独で捜査を続け、一夜を過ごした部屋で証拠を掴み、自首を促すが、逆に俊輔の仕掛けた罠を見破られてしまう。
俊輔は、自分の仕掛けた罠から事実を裏付けられる事を知りながらも、エリカに誘われるまま、肉欲に溺れていくのだった…。

《不確かな確実》は、強姦殺人の犯人として、被害者の体内に残された体液のDNA鑑定から、俊輔が容疑者として逮捕したのは被害者の恋人だった。
犯行の痕跡をいっさい残さず犯行を行った犯人が残した、たったひとつの痕跡。
そこに不自然さを感じたエリカは、本来DNAは個人によって異なるが、唯一同じDNAを持つ可能性がある人間を見つけだす。

この事件から、エリカは俊輔にたいして陰のアドバイザーとなる。

この事件のラストシーンに描かれた、エリカの心理描写。
150520_114714.jpg
こんなエリカだからこそ、真犯人を暴けたのだろう。
《夜明けの晩》は、俊輔が二年前に別れた妻・美和子との娘、菜穂子の150427_133900.jpg
誘拐事件。

美和子は、俊輔と離婚した後、一年前に会社社長の赤城と再婚していた。
その美和子から、菜穂子が通学中に身代金目的に誘拐されたというTELが入り、俊輔は赤城の家に駆け付けるが、本庁から誘拐専門の刑事達が到着すると、引き取るように言われる。

その様子を見ていた赤城に、「なんの役にも立たない」と蔑まれる俊輔だったが、美和子が俊輔を残してもらえるよう本庁の刑事に申し出る。
被害家族の申し出により、渋々ながら連絡係として残れた俊輔を、部外者からの傍受はないと、本庁刑事が言い切る警察の誘拐専用回線にハッキングしたエリカが陰から支援するも、犯人からの要求である身代金を車で運ぶ美和子が走る高速道路上、追跡していた警察車両にたいし、娘かわいさにとんでもない失態を侵してしまう。

また、犯人からのTELを逆探知した強行班が現場に突入するも、海外からの転送電話が置いてあるだけで空振りに終わった。

まんまと身代金を奪われ、犯人を逃がし、菜穂子の安否もわからず捜査から外され、不安に押し潰されそうになっていた俊輔をエリカは自宅に呼ぶ。

エリカの自宅は以前行った部屋ではなく、高層マンションの豪華な一室だった。そう、前に俊輔が行った部屋は、エリカがあの時、復讐を果たす為に借りていた部屋だったのだ。

犯人を追う手がかりがないと落胆してる俊輔に、エリカはまだ手がかりはあり、ふたりで捜査はできると言う。

残された手がかり、それは「誘拐現場」だった。
エリカは、過去の時間は追えないという俊輔を落ち着かせると菜穂子の通学経路を聞き、東京メトロの防犯カメラ、コンビニの防犯カメラ、さらに大きな交差点に設置されてる交通事故記録装置の「タームス」までもハッキングし、
150520_114753_ed.jpg
IT企業上級役員としての並外れた技術を見せる。

タームスに残されていた誘拐現場の画像に写っていた犯人のかけていたサングラスから犯人を割り出した俊輔は捜査本部に戻ると、犯人の写真を見せる。

警察内部の人間以外入手できない画像を見た本部長は情報入手先を聞こうとするが、俊輔は外部からのタレコミという事にし、事件を解決する。

しかし、エリカはこの事件に疑問を感じていた。
150520_114951_ed.jpg
そう、この事件には裏があり、真犯人は別におり、まだ「夜明けの晩」だったのだ―。

俊輔はこの事件解決後、娘の菜穂子には時々会えるようになったが、美和子との関係は今まで通りという、しいラストだ。
150520_115235.jpg
ミステリアスな美女と本来、優秀なのにそれを錆びつかせかけた中年刑事。
こういう設定、まさにおっさんマンガならではだなと思いながらも、事件にたいする原作者の知識が深いので、このテのマンガにありがちな安っぽさがなく、スリリングな作品になっている。

エリカが暴行の被害に遭う前、犯罪行動心理学の道に進んだのも、幼少時、両親を殺害され、まだ犯人が捕まっていないからではないか?という設定や女性を対象にした犯罪にたいし執念を燃やす理由など、ストーリーの中で彼女の過去がチラチラと出て来るのだが、まだ明らかにされていない。

ぜひとも続きを読みたいが、これもおっさんマンガの特徴なのだが、きちんと完結させる事なく、キリのいいところで中断し、そのまま埋もれさせてしまう事が多いのだ。

これは、それをするには惜しい作品なので、ぜひとも続きを描いてほしいものだ。

人間心理をえぐるタイプのミステリーが好きな人にはオススメ。
AD
この小説は、自分が平成仮面ライダーシリーズの中で「仮面ライダークウガ」の次に好きなライダーをノベライズにしたもの。
150329_225638.jpg

平成仮面ライダーシリーズは、昭和仮面ライダーシリーズと違い、基本的に繋がりはなく、唯一、繋がってたのは「クウガ」の数年後の世界が「アギト」というくらいで、それでもライダー同士の共闘とかはなかったなあ。

「クウガ」は、平成仮面ライダー第1作目で、製作スタッフも昭和の仮面ライダーシリーズで育った世代が多かった事もあり、本気で石ノ森章太郎に捧げる作品にしようという意欲が感じられ、好きだった。

「響鬼」は、平成ライダーシリーズの中でも異色な鬼をモチーフにしたライダーで、最初にその奇抜な姿を見た時、ライダーっぽくないその姿にカッコよさを感じた。
戦う敵も魔化魍と呼ばれる、昔の妖怪達というのも自分好みの作品だった。

なにしろライダーと妖怪が合わさった作品だよ?
自分からしたら昔の東映まんが祭りみたいな豪華な取り合わせの作品だったからね(笑)

「響鬼」は、鬼という呼び名のライダー達による魔化魍退治のほかに、ライダーではなく、人間ヒビキに自分にとってなりたい大人の理想像を感じた思春期の少年の成長というテーマがあった。

この小説でも、ライダーの活劇より、その少年の成長という部分を重点的に書いていた。

で、この小説一冊に響鬼のストーリーすべてが積め込めるワケはなく、テレビで鬼になるべくヒビキに弟子入りする少年・安達明日夢が高校受験直前でありながら、まだ受験する都立高校を決めかねている一月から屋久島でヒビキと出会い、この世にあらざる物、魔化魍に襲われる恐怖、それを退治する鬼の存在などを通して、ほんの少し成長して受験当日を迎えるところ迄に焦点を絞って書かれている。

これを書いた稲元おさむの作品を読んだのは、実はこれで二冊目だった。

マンガは描いてる漫画家で買う事も結構あるが、小説の場合は作者で読む事はほとんどなく、テーマや書かれている内容で選ぶ事が多い。

この本はタイトルで買ったので、読もうとした時に初めて気づいたのだが、以前自分のブログで取り上げた、「交渉人」を書いた作者だった。

いくらノベライズものとはいえ、同じシリーズならともかく、まったく違うドラマで、同じ作者にこんなに早く当たるとは思ってなかったので自分でも驚いた。
この作者の書き方は自分好みで、アクションより心象風景に重点を置き、その気になると、自分がそのキャラクターになれる、ふんわりとした書き方をする。

仮面ライダーでしょう?という偏見をもたず、ひとりの少年の成長を書いた物語として読むと、楽しめると思います。

で、小説の続きをDVDで通して観たら、更に楽しめます。

そこらの夜9ドラマより、よっぽどキッチリ作ってますよ(笑)

最後に、この作品のお気に入りのセリフ、

「鍛え足りなきゃ鍛えるだけだ」

では
AD
今回紹介するのは、メディコムトイの、5月31日までの受注生産品で、残すところ僅かとなった中嶋製作所の復刻ソフビシリーズ、ブラックパイソン
imgrc0065325098.jpg
とピラニアン。
imgrc0065325090.jpg
(各税込み6800円)

ブラックパイソンは、黒マントが封入りされるが、ピラニアンにはマントは付かない。
自分としては、ピラニアンには赤マントが似合いそうなので、封入りしてほしかったと思うのだが、ちょっと残念。

ブラックパイソンは、マンガ版では単行本1巻(文庫版1巻)に虎の穴からの第1の刺客として登場する。150429_121356.jpg
これまで69人のレスラーを病院送りにし、日本に来る途中で、ハワイのチャンピオンを半死半生にして来たという。

来日時、空港で記者に囲まれる中、檻から逃げ出したインドで1番デカイ虎をひと睨みでおとなしくさせ、記者会見場まで連れて行き150429_121503.jpg
会見場で出されたビール瓶の底が当たって怒りだした虎をチョップ一発で殺してしまうという凄さを見せる。
150429_121526.jpg

この当時、日本でも悪役レスラーとして暴れ回っていたタイガーとの試合は、「悪役決定戦」として、連載当時、日本ではまだ行われた事のなかった、アフリカン=デスマッチというリングを高い檻に囲まれ、一度、リングに立ったら、勝者だけが梯子を使ってリングから出られるという試合方式で行われた。
(ちなみに現在では、「金網デスマッチとして、檻の両コーナーの入口に扉があり、選手が入場すると扉に鍵がかけられる試合方式として行われている)

虎の穴の刺客として、リングでタイガーを殺す為にやって来たパイソンは、開始早々から反則技を繰り出し、タイガーも虎の穴出身の優等生らしく?負けじと反則技を繰り出す。

この反則技の応酬には、テレビ画面を見ていた正統派レスラーの馬場や猪木らは嫌悪感を抱くほど。

やがて、パイソンの体格と怪力による必殺技「パイソン絞め」にかかり、
150429_121801_ed.jpg
全身の骨を砕かれそうになるが、辛くも脱出する。

このあと、タイガーの反撃が始まり、反則技を繰り出し続け、ローブに絡まったパイソンの覆面を裏返し、トドメを刺そうというところでちびっこハウスを抜け出し、タイガーの試合を見に来ていた健太が「世の中を反則で、強く生きていこう」
150514_134102.jpg
としてる事を聞き、健太を探しに来たルリ子から「正しく生きる事を教えてあげてほしい」と請われ、
150514_162130_ed.jpg
タイガーは裏返したパイソンのマスクを元に戻し、あくまで反則技を繰り出すパイソンにたいし、反則技を使わず、最後はバックドロップでKOする。
150429_121613.jpg
タイガーが正統派レスラーへの転身を決意した試合となった。

アニメ版では、第6、7話に登場。
キャラ設定やストーリーの流れはマンガ版とだいたい同じであるが、画的にはかなり違ったものになっている。
paison068.jpg
20150201073131dd5s.jpg
マンガ版では名前のとおり、黒いマスクに黒のランニングで、素顔は明かされなかったが、肌の色から白人っぽいが、アニメ版では白いマスクに緑色のランニングを着て、肌の色も黒人っぽく変わっている。

体型もマンガ版では少し腹が出ており、デブっぽい感じなのにたいし、アニメ版ではガタイのいい筋肉質のレスラーになっている。

では、ソフビはどちらのイメージで作られたのだろう?
当時のタイガーマスクのソフビシリーズは、マンガ版にしか登場しないレスラーが出ていた事からも、全体的にマンガ版のイメージで出されていた感じがする。
が、だとしたらブラックパイソンの、この体型はなんなのだろう?

当時の技術では太った感じのものは作れなかったのか?

それは、ゴリラマンが出ていた事から考えにくい。
DVC00049.jpg
これについては、あくまで推察だが、ブラックパイソンが作られる時にはアニメ版のキャラ設定ができており、資料もあったので、アニメ版のイメージで作られていたのではないだろうか、と思っている。
実際、どうだったかは当時、製作に関わってた人じゃないとわからないが、そういう想像も楽しめるのも、レトロソフビや復刻ソフビの魅力のひとつではないだろうか?

続くザ・ピラニアンは、マンガ版では8巻(文庫版4巻)にNWAから正式に認められたタイガーの覆面世界チャンピオンの座を奪おうとする挑戦者のひとりとして登場。
150514_111255.jpg
代々木プールの真ん中にリングを設置したプール=デスマッチでは、
150515_095320.jpg
水中からの奇襲攻撃と
150515_095028_ed.jpg
鋭い歯による噛みつきで苦しめた。
150514_111348.jpg
タイガーの足に噛みついた際には、タイガーのシューズを噛み切り、そこから力まかせに脱出しようと勢いあまったタイガーをプールに落とすと、そこにあらかじめ、ピラニアを放流しておいた上、自身はピラニアの嫌う草の液を全身に塗り込んでおき、タイガーを襲わせる。
150514_111429.jpg
が、タイガーはなんとかピラニアの群れから脱出、リングに戻るとピラニアンが身体に塗り込んだ液を落とす為に、寝技を主にした攻撃でピラニアンに逆襲する。
150514_111709_ed.jpg
最後は、フジヤマ=タイガー=ブリーカーでキメるかと思いきや、
150514_111616.jpg
失神寸前のピラニアンをプールに放り込み、ピラニアに襲わせ勝利を収める。
150514_111807_ed.jpg
マスクを剥がされた素顔は、アメリカのプロレス界でブラッシーを上回るかみつき魔、アイアン=タスク。
150514_111949.jpg
牙のように尖らせた鉄の入れ歯で残酷な試合をした為、出場禁止となって以来、行方不明となっていたレスラーだった。

アニメ版では、第95話で虎の穴のボスによるタイガー研究の為に呼ばれた、虎の穴のレスラーに設定変更されて登場している。
pirania[1].gif
マンガ版より、不気味な出で立ちになり、試合自体はマンガと同じようになっているが、ピラニアを仕掛けるのがミスターエックスだったり、試合がプールというより底無し沼で戦ってるような感じになっていたり、
o0240022211053013265.jpg
素顔がアイアン・シャークというタイガーの虎の穴の後輩・高岡拳太郎(タイガーマスクのオモチャ11参照)の虎の穴時代の先輩だったり、細かいところが変わっている。

余談だが、このピラニアンのソフビ、当時のオリジナルを自分は七五三の祝いに出かけた際、母親に買ってもらった記憶がある。

ガキの頃から悪役好きで、しかもただ強いよりも奇抜なものを好む傾向だったらしい(笑)
AD