毎度おなじみ、自分が好きなタイガーマスク関連のものですが、今回はオモチャではなく、現在週一で出ている新聞です。
みなさんは知っていましたか?
150429_121127.jpg
自分は、買えもしないのに、たまたま見ていたヤフオクにこれのバックナンバーが出品されていた事で知りました。

現在刊行中という事は、もしやバックナンバーを取り寄せられるかも知れないと思い、販売店に聞いてみたら取り寄せられるという事で、さっそく取り寄せてもらいました。

このMANGA ARCHIVOS(マンガ アルチーボ)は、名作マンガを新聞で読むという事をコンセプトに作られてるシリーズでこれが初めてではなく、前は「あしたのジョー」だったらしい。

このところ、映画とかなにかがあると、アニメや特撮ものの一つに特化した新聞が出されているが、新聞という形態ならではの廉価ながら、丁寧に作られていて、保存しておきたくなるものとたいしたことない作り方にガッカリし、買って失敗したと感じるものとで差が非常に激しい。

タイガーマスクは、マンガやアニメは子供が見るものとされていた時代の作品である。
そのせいか放映当時に出された本が少なく、また、特撮ものにくらべてマイナーである事からアニメブームやレトロブームの時ですら、放映当時を網羅したような本は出なかった。

あのディアゴスティーニすら出さなかったのに、敢えてスポーツ新聞が出した、久しぶりのタイガーマスク関連紙である、この「週刊タイガーマスク」に過分な期待をしていたワケさ。

紙面は24面で構成されており、1面は、連載当時の扉絵をカラーで再現。
フアンにとって、これは嬉しい。

24面(最終面)は、アントニオ猪木らによるリレー形式のコラムと昭和の名レスラー。
おおっ、これもなかなか。
で、いよいよ中身だ!と期待しながら開いてみると…
ガッカリした…。
2面から23面まで、単行本で出た、タイガーマスクのマンガを1面4ページずつ載せただけのものだったのだ。

マンガ関連のものを出してる出版社でなく、新聞社が出すものは、どういう切り口で、どういうライターを使って、当時のどういう資料を出してくれるのかと思っていただけに、とてもガッカリした。

大手新聞社に属するスポーツ新聞社が作ったものがこのレベルかよ、というのが正直な感想。
携帯端末の普及により、紙としての新聞が売れなくなってる現在。
新聞紙を使って、ほかの販路をという試みなのだろうが、この新聞からは、編集側の熱がまったく感じられないのだ。

昔のマンガを利用して、新聞イコール紙という自分達の世代を取り込もうとしてるとしか思えないダメ新聞だった。

ただ、自分としては、タイガーマスクのオモチャに関する事を書く時、これまでは本が広がらないように注意しながら写真を撮っていたが、その必要がなくなるという意味では使えると思っている。
AD
日曜日、たまたまついてたテレビで、久しぶりにドラマを見た。

「天皇の料理番」
o0636041113181069905.jpg
今回で何話目だかわからないが、まだ始まったばかりのドラマのようだ。
もともと連続ドラマを必ず観るタチでもないので、次を観るかどうかはともかく、今日の話はよかった。

ドラマの流れとかはよくわからないが、初めて観た自分から見て、主人公はカタワ、といっても身体的なものではなく性格破綻者である印象を受けた。

なにかに魅力を感じて引き付けられると、すべてを投げ出しのめり込み、そして、その熱が冷めると一気に興味を失ってしまう。
そんな事を繰り返す主人公は、家族の中でも異端者扱いされていた。

そんな主人公が、薪だか藁だかの店の娘と結婚して婿養子として迎え入れられる。
しばらくは、店の後継ぎとして仕入れた物を産地ごとに仕分けたり、得意先に配達するなど、マジメに働いてはいたが、その仕事に興味が湧かず、のめり込めない為、心の中ではつまらなさを感じていた。

そんなある日、配達先のひとつである自衛隊の食堂の料理担当に食べさせてもらったカツレツの美味さに主人公は感動し、翌日から、そこで出されるメニューを早く食べたいが為に、手伝うようになり、家業そっちのけで料理を覚えていく。
それが高じて、西洋料理のシェフになろうと、ついにはカミさんを残して家を出て、上京してしまう。

東京に出ていた兄のところに居候をしながら、やがて兄の師事する先生の紹介で皇族御用達のレストランで見習い修業を始めた…

というのが今回のストーリーなのだが、この性格破綻者ぶりに、なぜか自分がダブッてしまった。

自分も昔から、なにかおもしろそうなものがあると、それにのめり込むタチで、ほかに目が向かなくなる人間だった。
現在もそういう傾向は多分にあるのだが、年齢を重ねたせいか思い通りにならない現実というのもわかっているから飛び出せなくなってしまっている。

その分、主人公が自分が好きでもない仕事をしているつまらなさを感じてる場面では胸をキリキリと締めつけられた。
ドラマの主人公は、のめり込みやすいが冷めやすくもあり、料理に出会うまでは熱が冷めると家に戻って来る生活を繰り返していたらしいが、自分はこれは冷めたのではなく、冷まされたのではないかと捉えている。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、大半の人間は、飽きっぽいと自分は思っている。

ドラマの主人公の場合は嗅覚だったが、なにかひとつの事にのめり込むタイプの人間は、どこか人と違った感覚を持っている事が多く、その分、極端な性格も隠し持ってたりするから、アツさがある内にさらなる高みとか深みを見せないと、到達点がわからないまま興味を失い、自己完結して冷めてしまうのではないだろうか。

ドラマは、成功した人間をモデルにしたものなので、いつか特異な嗅覚が認められる場面が出て来るだろうが、現実ではそんなに上手く見出される事はほとんどなく、そういう感覚を持った人のほとんどが、いつしか感覚を錆びつかせて埋もれていくんだろうなあ、と感じながら見ていた。

自分は、どうなんだろう…?
AD
「ガクエン退屈男」のカラー完全版1巻を、書店に注文して買ったのだが、
150414_144333.jpg
その後に復刊ドットコムのサイトでほかの刊行物を見てみたら、サイトで購入すると、特典が付くという事がわかった。

サイトで買うと、取り次ぎに卸さない分、40パーセント上乗せの利益が採れるからだろうが、ただでさえこの出版社の本は発行部数が少ない為、コスト高になっている事もあり、高価なのに、
150414_144403.jpg
それを知らずに書店で買った読者には同じ値段を払っているのに特典の対応をしないというのは、復刊ドットコムの出す高価な本を買った人間に不快感と損した感を与えるのではないだろうか?

自分の会社の利益ばかりを優先する考え方が、ものを見て買う場である、書店離れを起こし、書店経営を厳しくさせてる一因になっているのではないだろうか?
こういう一般読者をないがしろにするような出版社は、早く消えてほしいものだ。
AD