今回、紹介するのは、(株)ジーマで現在、予約受付中の、タイガーマスクグレートコレクションシリーズのタイガーマスク。

このシリーズのコンセプトは、タイガーマスクに登場するレスラーが実在したらこうなる、という事で、ここのフイギュアは、アニメ版のキャラクターをリリースし続けているんだけど、各キャラのデザインを活かしつつ、人間的な筋肉質に仕上げた感じで立体感を持たせている。

このテのフイギュア、たいてい、1番初めは、主人公から出してくるのに、このシリーズ、最初に出したのは、虎の穴の幹部の正体、ビックスリーのひとり、ビッグタイガーだったのが印象的だったなあ。

このシリーズについて、以前、発売されたものについては、オレが以前入っていた、梶原一騎ぐるでコメしてるので、そちらを見てね。

で、今回のタイガーマスクについては、いまさら説明不要だとは思うけど、幼少の時、孤児だった伊達直人は強さに憧れ、入ってる施設、ちびっ子ハウスのみんなで動物園に出かけた際、虎の穴のスカウトに誘われるままついていき行方不明になる。

それから数年後、アメリカで「黄色い悪魔」とフアンからも対戦相手からも恐れられる、虎の穴出身レスラーとして来日する。

日本のリングでも暴れ放題、反則の限りをつくす。

タイガーマスクとしての姿を隠し、金持ちのボンボンとして、封鎖の危機に瀕していたちびっ子ハウスの借金を返す。

だが、それは、虎の穴出身レスラーに課せられたファイトマネーの50%を納めるという掟を破る事だった。
かくして、虎の穴の裏切り者として、虎の穴に狙われる事になった。

また、同じ頃、ある出来事から、正しいプロレスに目覚め、長い間、生きる為に染みついた、悪役レスラーとしての自分に悩みながら、正統派レスラーへの転向を図る。

タイガーマスクグレートコレクションNO8
タイガーマスク
チャンピオンベルト、ゴング、ドライバー、メリケンサックが付属。
69938297_mb.jpg
タイガーマスクグレートコレクションNO9
タイガーマスクDXVerマントが付属
69944846_mb.jpg
タイガーマスクグレートコレクションNO10
タイガーマスク素顔Verマントが付属
各7700円(税込み8085円)
69959726_mb.jpg
このシリーズ、稼動部分がないので遊べないのが残念だけど、デキはかなりいいから、飾るのにはいいと思う。

販売数に達し次第、予約受付終了。
AD
これは、同名小説をコミカライズしたもので、講談社版の小説の挿絵を描いてるマンガ屋さんが描いてるんだよね。
140128_141451_ed.jpg
これ、SFやファンタジー物を得意として、「銀河英雄伝説」や「アルスラーン戦記」、「創竜伝」などを代表作にもつ田中芳樹が、ここのところ、ライフワークとして書き続けている一冊一編の伝奇小説シリーズ。

この人の小説は、よく漫画化されてるみたいだけど、それだけ題材として、おもしろいのかな?

作画をしている垣之内成美は、もともと、アニメーター出身で、オレは、知らないけど、当時は、「マクロス7」とかいうアニメを手掛けていたらしい。

マンガ屋としては、アニメ化もされた「吸血姫」シリーズなどが代表作らしい。
実はオレ、これも知らなかったりしてガーン(笑)

この薬師寺涼子シリーズ、今は、小説を読んだ後にマンガを読むようにしてるんだけど、最初に知ったのは、マンガからなんだよね、オレあせる

このマンガを描いてる垣野内成美が、今は休刊になってしまった「月刊マガジンZ」
143.jpg
という雑誌で、「LIN3」というマンガを描いてて、このマンガ屋の絵柄とかストーリーが好きで、結構、楽しく読んでたんだ。
それが終わって、次に描き始めたのが、この、薬師寺涼子シリーズだった。

で、LIN3の時は、単行本まで買う気にはならなかったけど、薬師寺涼子は、1巻が出た時、買ってみた。

2巻以降は、前後編構成になっているんだけど、1巻は、一冊完結だった。

この単行本がおもしろくてねー。

最近じゃ、あまり見かけなくなったパターンで、連載で読んでるのに、単行本でまとめて読むと、より、話がわかるんだよね。

このパターン、故・石ノ森章太郎がよく使ってたなあ。

雑誌連載時は、わかりづらかったものが、単行本化する時に加筆修正されて、それを読む事で話がひとつに繋がるんだよね。

話がとんだけど、とにかく、これが気に入って、原作小説を読んだら、文章も読みやすいし、おもしろいしで、月イチのマンガ連載より早いペースで小説のこのシリーズ、読破したよ。

で、ストーリーを知ったうえで、マンガ版を読むようになると、話がわかってるから、楽しめなくなるかも、と思ったけど、このシリーズは、おもしろかった。
マガジンZが休刊する迄は、別エピソードになっても通巻になってたんだけど、休刊後、連載雑誌が月刊アフタヌーンに移って、それからは、通巻じゃなくて、小説同様エピソードタイトルをメインにして、前後編形式にするようになった。
基本的には、小説を原作にしてるんだけど、それ以外に、脚本家が、この登場人物を軸に、小説には出て来ないオリジナルキャラを使って、コミカルに仕上げたマンガ版オリジナルのストーリーもスペシャル版として存在して、これも、いいんだよね。

ここからが本題。

主人公は、薬師寺涼子。(右)
警視庁刑事部参事管。階級は警視。 27歳。
東大法学部卒のキャリアで、傍若無人・傲岸不遜な性格を除けば、知力・体力・容姿・財力、どれをとっても完全無欠。
父親は、元警察幹部で、世界有数の警備保障会社、JACESを核とした企業グループのオーナー会長。
オカルトが大好きで、これまで数々の怪奇事件を、なかば強引に解決してきた。そんな彼女のあだ名は、「ドラよけお涼=ドラキュラも、よけて通る涼子」。
140128_142254.jpg
泉田準一郎(左)
警視庁刑事部参事官付きの警部補。 33歳。
警察官としては、SP候補になるほど優秀だが、涼子のお守り役として、気の休まらない日々を送る。

室町由紀子
警視庁警備部参事官で、階級は警視。 27歳。
父親が元警視総監で、強い正義感と常識の持ち主。
涼子とは、東大法学部の同級生で、その頃から犬猿の仲。
140128_142143.jpg
岸本明
由紀子の部下で、キャリアの警部補。 23歳。
オタクなお坊ちゃまで、現在、「レオタード戦士ルン」にハマッている。
その希少品を譲ってくれる涼子を、神のごとく崇めている。
140128_142208.jpg
マリアンヌ&リュシエンヌ
フランス・パリにある薬師寺別邸のメイド2人。
料理からボディガードまでこなす上、マリアンヌは武器、リュシエンヌはITとそれぞれ、秀でた技術を持っている。
140216_144145.jpg
このほかに、参事官室の涼子の部下、貝塚さとみと阿部真理夫がレギュラーメンバーとして登場する。
140128_141807.jpg
今回のゲストキャラとしては、涼子のインターポール時代の同僚として、タマラが登場。
ロシア人で、ロシア警察の腐敗に見切りをつけ、地元で水ビジネスを営んでいる。
140128_141807.jpg
敵キャラとして登場するのは、日下公仁。
日本で、10人以上を惨殺し、国外逃亡。国際手配された富豪。共犯の3人とシベリアの秘密都市に潜伏中。
140128_142409.jpg
登場人物については、単行本のキャラクター紹介に書かれてたものに、一部アレンジをしました。

今回の話は、日本で多数の人間を殺して国外に逃亡、国際指名手配されていた日下がシベリアに潜伏してるという情報により、犯人逮捕の為にシベリアへと海外出張を命じられた薬師寺涼子と部下3名。

涼子と泉田は、日下が潜伏してるとされる場所に向かう途中に、さとみ&阿部、タマラらと落ち合うために立ち寄った町で、絶滅動物のサーベルタイガーと遭遇。

涼子が持つ、JACES特製の強烈な光を放つ懐中電灯と特製スカーフで牙を一本切断した事によって退ける。

先行き不安な状況の中、リゾート開発の名目でシベリア視察にきた、参議院議員で原子力村のボス・島倉の随伴で一緒にきた、涼子のライバル、室町と岸本まで登場。

混乱の中、タマラが手配した装甲車を借りて、日下の潜伏先に向かうが、現地で通訳として雇ったペトさん140128_141925.jpg
の裏切りに合い、背に銃を突き付けられながら日下のアジトへと連行される。

銃を持つ、ロシアンギャングに囲まれる中、そこで、またまた涼子と由起子が鉢合わせ。
日下は、シベリアを独立国として、島倉は、ここで核廃棄物処理をしようと考えていた。
日下は、日本人の絆の美しさを見たいと、キャリア(岸本)とノンキャリア(泉田)にコンビを組ませ、自分が飼育してるホワイトタイガー
140128_142531.jpg
からどのように逃げまどうか楽しむつもりでいる。

放たれたサーベルタイガーから逃げる二人は、一旦、木の上に登るが、迫って来るサーベルタイガーの上に岸本が落ちてしまう。

岸本を背中に乗せたまま、敷地内を走り廻るサーベルタイガーに身の危険を感じた衛兵達は、泉田の制止も聞かず、銃を乱射する。

この混乱の隙に涼子は、衛兵の銃を奪い、サーベルタイガーの額を射抜いて仕留める。

岸本を救出し、敵兵から銃を奪った涼子達は敷地内にあるビルに隠れる。

業を煮やした日下は、敷地内に全てのサーベルタイガーを解き放ち、ビルに手榴弾を投げ込もうとするが、その時、上空から空爆する二機のハンググライダーが現れる。

涼子を救出にきたマリアンヌ&リュシエンヌである。
140216_144110.jpg
さらにタマラも参戦。

涼子達による反撃が始まった…。

このシリーズを読んでいて楽しいのは、キャラクターがサザエさん状態で歳をとらない。(笑)

で、実は、泉田の事を涼子は好きなんだけど、その表現がふだんの彼女の態度に似合わない、テレ屋っぷりが可愛いらしい。

さらに、室町由起子も、なんとなく泉田が気にかかる様子。

けど、泉田本人は、まったく、それに気づかないニブさを発揮。

涼子と泉田の関係っていうのは、ふだんはワガママな涼子に泉田が併せてるんだけど、どこか信頼しあえてるのが読んでて伝わってくるんだよね。

この、ビミョーな距離感の取り方の伝え方がいいんだよね。

オレはね、こういう表現はの上手さってマンガ屋の上手さだったり、物書きの上手さだと思うんだけど、この作品については、マンガも小説も、どちらも上手いなあと思ってる。

それと、メイドでありながら、兵士としても一流のふたりについても、今迄は、活躍の場面しかなかったのに、この話では、ふたりの過去について、タマラが少しだけ語るんだけど、聞き手の泉田の対応がまたいい。

オレ的には、凄く納得しちゃった(笑)

リアルさを求める人はともかく、このテの伝奇物が好きな人は、マンガでも小説でも構わないから、一度、お試しあれ
AD
こんにちは。
寒い日々が続いてますが、風邪などひいてませんか?
オレは、毎年、この時期になると、風邪をひき、熱を出します。

仕事以外で、とくに出歩くワケでもないのになあ…。
まあ、仕事終わりに、車のエンジンをかけ、ヒーターが暖まってくると、そのままオチてたなんて事はしょっちゅうだけどね。←だから、風邪ひくんだよ!というツッコミはしないで、あたたかい眼で見てやってね
ここからが本題。

今回、読んだのは、井口達也という元・不良が書いたコラム。
51avJNbZ+LL._SL500_AA300_.jpg
ふだん、オレのブログを見てくれてる人の中で、この井口達也という名前を知ってる人、いるかな?

知ってた人は、間違いなく、毎月、月刊少年チャンピオンを読んでる人か、お笑い芸人、品川ヒロシの処女作である、半私小説「ドロップ」
51avJNbZ+LL._SL500_AA300_.jpg
を読んだ人でしょう(笑)
この作者、6年前迄は、普通の人として暮らしてたと思うけど、品川ヒロシの「ドロップ」の中で、ヒロシの中学時代、転校した先の中学で出会い、影響を与えたひとりとして登場。

やる事なす事、とにかくひどい。おまけに理不尽な性格の喧嘩好きな同級生として書かれてる。(笑)

「ホームレス中学生」が売れた影響で、お笑い芸人の書く小説が一時期流行り、「ドロップ」は売れ、漫画化や映画化された事で、それを読んだり観た人達の関心が高まったせいかはわからないが、この、井口達也が実在し、また、品川ヒロシと現在も親交があった事からか、井口達也自身が、ブログを立ち上げ、その中で、少年時代から、中学時代、品川ヒロシの「ドロップ」でヒロシと出会う迄を書いた。

これは後に「チキン」というタイトルで一冊の小説としてまとめられ、「ドロップ」と同じ出版社から発売された。
51EAF1542TL._SL500_AA300_.jpg
この本は、ドロップほど売れたワケではないが、同じように漫画化され、現在も連載されている。
9784898152744l.jpg
この後、続編として、「チキン-第二部 狛江愚連隊編-」では、ヒロシが狛江を出て行った後の話を小説として書き下ろして発売した。
boox_bk-4253207162.jpg
オレが、今回読んだ、この「アウト」は、時期的には、小説「チキン第二部」の中で、新宿の地下駐車場で、警察相手に暴れた揚げ句、逮捕され、少年院に送致されるくだりがあり、退院後は、再び、チームに復帰するのだが、この退院から、チーム復帰迄の間の時期にあたる。

この「アウト」は「チキン」とは趣を変えて、コラムという書き方をしてるので、時系列はバラバラになっており、実話ナックルズという、オレら世代や一般人には、あまり好まれない、不良系雑誌?に連載中のコラムをまとめたもの。

オレは、その雑誌を読んでないから違いがわからないけど、雑誌掲載時には不都合の為、修正したり、削除した部分を執筆した通りにしたらしいし、ふだん、このコラムにカット画を入れてる人が、この本の1エピソードを漫画化して書き下ろしたりもしてる

エピソードは、全部で30。

その中に、当時の井口少年が、一時期、好き放題できる、地元から離れていたからこそ経験できた事を思い出しながら、現在の井口達也の視点で書いている。

不良時代の話を書いてる本は、珍しくもないが、たいていは、当時、暴れていた時代を美化した話になっていたりするものが多いが、井口達也の書く本のおもしろさは、前二作の小説もそうだが、自身の話を語り口調で書きながらも、目線が第三者的になっており、人間臭さが出ているところにある。

不良の世界にある程度入ると、普通に生きていたら知る事のない、闇の部分を垣間見る事がある。

その中では、当然、現在でも書けない事を体験してるだろうし、行為もしてきたと思う。

その分別をつけて書かれており、また、行為そのものより、気持ちの部分を前面に出しているから、楽しく読めた。

30のエピソードの中には、ケンカの話はもちろん、、友達、ナンパ、仕事、夢、遊びなど、現在の井口達也を形成するのに影響を与えたであろう思い出話が詰まっている。

その中には、カッコ悪い話も結構あり、だからこそ、人間臭いし、楽しい。

不良にはならずとも、誰もが一度は通る反抗期。
その時期、好きなモノに出会え、夢中になれた経験がある人なら、善悪は別にして、夢中になれた時代の気持ちが蘇るかもね。

この本や連載されているコラムのカットを描いてるマンガ屋さんにより、このコラムも漫画化されており、07289313.jpg
一応、原作となっているが、マンガ版を読む時は、時系列がバラバラな上、コラムの一部が漫画化されたに過ぎないので、原作とは別物として読んだ方がいいと思う。

そうそう、実はこの本、オレにしては珍しく、古本屋ではなく、著者のサイン入りに魅かれて新刊を買って読んだよー。(笑)
140207_164349.jpg
あとね、デッカイお世話なんだけど、はじめてこの人の現在の写真を見た時は、「ドロップ」で描いてたイメージとのギャップに、すげー苦しんだ(笑)

だって、コレだよコレ

↓↓↓↓↓↓↓


ただの怖いオジサンにしか見えないでしょう?(笑)
これで、アイドル顔の不良って言われてもねえ…あせる

後から、現役当時の写真を出したから、それを見たら、モテたというのも納得できたけどね。

それが、コレ
t02200165_0220016510154350114.jpg

う~ん、20年の歳月の長さを感じる(笑)

「アウト」にも、当時に近い写真が2枚あったが、どうせなら、もっと枚数を増やして、モノクロじゃなく、カラーで載せてほしかったなあ。

この本の続編、何年後になるかわからないけど、出たら、また、読んでみたいな
AD