ちょっと、嬉しい事があったので、久しぶりに、書いてみました。
つい、最近、知ったのですが、サイボーグ009の未完のエピソードの続編が動き出してたんですねえ。
オレは、オモチャ好きで、フイギュア雑誌は、本屋で立ち読みしてるから(セコいけど…)
サイボーグ009の新作アニメが製作される話は知っていたが、キャラも、大人びて、リニューアルされ、アメコミ風になっているから愛着もわかないし、内容も、どうせ、昔のキャラの性格設定と能力だけを流用した、オリジナル作品とかいうヤツで、期待ハズレに終わると思って、興味がなかったのですが、その記事の中の一文に、目が奪われた。
作者の石ノ森章太郎が鬼籍に入った為、未完のままになっていた作品が、作者の息子の手による、これまた1巻だけ発表されて、中途半端になっていた小説の続編と、この小説を原作に、生前、石ノ森の一番弟子だったマンガ家の手により、マンガ化するという。
で、たまたま、書店に行ったら、ありました。
マンガ版
ロクなもんじゃねえ!だって、書いてるのオレだもん-61oVerzZsML._SL75_.jpg
で、試しに買って読んでみたら、ちゃんと石ノ森テイストな絵柄になってて、続きを読みたくなりました。ロクなもんじゃねえ!だって、書いてるのオレだもん-51+UfplpgJL._SL75_.jpg
小説版の方は、全3巻で、巻をおう毎に、ページ数が少なくなっていくのが残念でしたが、今回の映画化に便乗しないと、また、発表の機会がなくなるという、作者、プロダクション、出版社の裏事情なんでしょうが、中途半端なままより、よほどいいと思う。
サイボーグ009、オレが、子供の頃からあり、中坊の頃には、アニメブームというのがあったんだけど、その時代にも、アニメ化の関係で、新作エピソードを連載しながら、作者自身が描かなかった、(描けなかった?)放置されたままだったものが、別の人間の手ながらも、完成されるのは、一フアンとして嬉しい。昔、サイボーグ009が好きだった方、あの頃の気持ちに戻って、読んでみるのもいいのでは?
映画は、イマイチ、興味、湧かんが(笑)
ロクなもんじゃねえ!だって、書いてるのオレだもん-51+UfplpgJL._SL75_.jpg
AD