オレは、オモチャ、その中でも、ソフビと呼ばれる、オレ達がガキの頃、公園に必ず持って出かけた、ヒーローや怪獣の形を模したソフトビニール人形が好きなのね。
けど、今やゲームの発達に伴い、外でそういう人形を使ってのごっこ遊びをする子供がいなくなった事で、こういう業界が縮小されてるんだよね。
で、こういうのを欲しがるのってさ、オレ達くらいの年代が多いんだけど、それも、思い入れがあるものというと、メジャーとマイナーに分かれる。
にも拘わらず、著作権を持っている会社によっては、最低生産数がメジャーもマイナーも同数要求してくるところもあるワケよ。
大手漫画出版社のK社なんかもそうで、版権料である程度、稼ぎたいのもわかるけど、昔のマンガやアニメになると、固定フアンしかいない場合が多いし、メーカーやディーラーも在庫を抱えたくないから、生産数を抑えたい。そうすると、版権元から、OKが出ない。メーカーやディーラーが販売しないから、フアンも買えない。市場が活性化しない。いわば、悪循環なんだよね。

ああ、玩具の企画やコンサルタントしたいけど、狭き門だからなあ。
誰か、声かけてくれないかなあ
玩具店、模型店の売場改善も機会があれば、やってみたいなあ
AD

商品と作品

テーマ:
わりと最近、知り合った人の中に職人さんがいる。

職人は、その仕事に対する技術を持つ人、いわば、プロなのだが、それもまた、ふたつに分かれると思う。仕事としての職人と技術を追い求める職人。
前者は、ひとつの物が完成した時、商品となり、後者が完成した時には作品となる。
職人の意識により、呼び名が異なるのは、作った物に対する愛情と追求心の有無だと思う。

オレの知り合いの職人さんは、自分が作った物を必ず作品という。そして、販売するのではなく、お分けするのだと。
これが、コロコロと言い方が変わるようなら、オレもさん付けはしない。
一貫しているからこそ、敬う。

オレがガキの頃、家作りをはじめ、そんな職人さんが大勢いた。
今では、職業・職人は大勢いるが、職人さんはひと握りだ。
だからこそ、その知り合いには、いつまでも職人さんでいてほしいと願う
AD

自スレ終了

テーマ:
あるぐるっぽ内で、スレ立てをしていた。
元々は、違うスレの一メンバーだったのだが、そこでの絡みが心地よく、この楽しさを他でもできないか、とつぶやきスレに対し、つ勝手にツッコミを入れてみたところ、結構、反応が返ってきた。
それが、そのうち会話になり、あっという間にコメ数が満タンになってしまった。
で、当時の会話仲間が行き先を見失わないように、一応、スレ主に断りを入れ、代理として、スレ立てしたものの、スレ主の意図と違う方向にいってしまったようで、本来のスレ主が元のタイプのスレを立ててきた事で、タイトルを変更し、リニューアルした。
そうこうする内、雑談系のスレが立ち並ぶようになり、雑談に慣れたみんなもそういう新スレのあちこちに進出するようになった。
ある時、全ての雑談スレを覗きにいった時、ほとんどのスレで、同じ会話が交わされてる光景が目に入り、つまらなさを感じた。
その時から、自スレを考えるようになった。
もう、オレのスレは必要ないのではないかと…
今や、オレのスレのメンバーは、雑談慣れして、他スレに出入りし、そこのメンバーに対し、楽しさを教えられるくらいになり、オレのスレじゃないと、というメンバーもいなくなった事だし、つまらないスレが立ち並ぶ前にそのうちの一つを潰す事により、少しでも乱立する雑談スレのメンバーとコメントのマンネリ化を防ぐ役に立てるのではないかと。
そして、スレを終了した。
スレ立ては、おもしろい
また、いつか、やりたいとは思う。
AD