これ、どうです?

テーマ:
このところいろいろ忙しく、しばらく間があいてしまいましたが、ついニヤッとさせられた事があったので書きます。
160609_132151.jpg
昇り竜の刺青(イレズミ)も鮮やかな切れ者風のオッサンのカバーに巻かれてる帯のコピーに注目!
アップにするとこうなります。
160609_132131.jpg
「さあ暴力ハート
ヤクザマンガといえ、単純ながら強烈なインパクトを与える言葉と、その後ろにわざわざハートマークをつけるところに、おそらく単行本の編集担当かこのマンガの担当者であろうが、これを考えた人のセンスを感じ、ついニヤッとさせられてしまった。

このマンガ、「ドンケツ」は単行本が出る度、お決まりで黒い帯にこのようなシンプルなコピーが書かれているのだが、短いコピーでその単行本の内容を実に的確に表現しているのだ。
今回のコピーはその中でも秀逸のデキだと思った。

自分は毎巻楽しんで読んでいるが、なにせヤクザマンガなので受け付けない方も多いとは思うが、書店に行く機会があったら是非手に取って表紙と帯だけでも見てもらえたらと思う。

マンガにせよ小説にせよ、書店で見かける本に巻かれた帯の多くは、「〇〇賞授賞」や「〇万部突破」、「〇〇の話題作」や最近の流行りなのかほかの作家による社交辞令がミエミエのホメ言葉が書かれたありきたりなもので、たしかに無難に目は引くが、そういったものはそこら中にありふれており、自分はそういった帯を見て本を手に取る事はまずない。

そんな自分がこのマンガを読み始めたきっかけも、はじめはもちろん帯に書かれたコピーからではなく、タイトルとカバーに描かれた主人公のどちらかといえばブサイクながらヤクザらしい顔からだったのではじめは気にしていなかったのだが、ふと巻かれている帯に書かれたコピーを見ていて、短い言葉にその巻の内容がきちんと表現されてる事に気づき、それにセンスと工夫を感じ、以後帯に書かれたコピーも楽しみのひとつになった。

こういう上手いコピーを見ると、本に巻かれた帯をありふれたものに甘んじる事なく、本を売る為に工夫する事の大切さと効果をあらためて感じる。

ここから先は余談になるが、このマンガを知らずに最初の画を見て、「あれ?このオッサンどっかで…」と感じた方がいたら、それはかなり記憶力が高い方か、または自分の駄文を丁寧に読んでくださってる有り難い方のどちらかだと思います。(笑)

そうこのオッサン、一年近く前に感想を書いた「アーサーGARAGE」という中古車屋を舞台にしたマンガで主人公が頭が上がらない昔なじみのヤクザとして出て来たキャラクター・ムラさんと同一人物だと思われる。
アーサーの時は三日月組の組長だったが、「ドンケツ」では北九州の武闘派ヤクザ組織・月輪会(がちりんかい)の幹部で華月組の組長として登場。
160609_142358_ed.jpg
おそらく三日月組の上部団体が華月組で、アーサーの時より出世していてその跡目を継いで組長となり、さらにその組が所属している月輪会で活躍し、幹部になったのであろう。

後に従えているのがアーサーの時と同じ横田とヨシオである事から、
160609_142652.jpg
もしかしたらなにかの事情で三日月組を華月組に改名したのかも知れませんが。
ヤクザマンガだけあって「ドンケツ」ではアーサーの時と違い、ヤクザの顔が前面に出ちゃっています。

現在組織の分裂劇のエピソードが進行中なんですが、この巻では敵側についた組を威圧して回ります。
160609_142819.jpg
↑敵とはいえかつての仲間、しかもひとつの組の親分たる者にたいしてこの仕打ち。完全にイジメになってます(笑)

アーサーの時は、これまで怖い者知らずで鳴らし、若くして自分の組をもてるまでに出世してきたが、子供が生まれようとする時期に狙われる立場となり、初めて怖さを知り、また自分を助けようと動いてくれていた仲間の大切さをあらためて感じた事で成長した「玄海の暴れ猪(あばれジシ)」ヨシオもここではヤクザとしての凶暴さを披露しています。
160609_142733_ed.jpg
そんなヨシオですら霞ませてしまうのが村松組長のこの顔
160609_142900.jpg
アーサーを読んだ方ならおわかりいただけると思いますが、後輩や子分思いの優しい親分、自分の縄張り(シマ)を荒らした者にさえ、その上に立つ者がきちんと落とし前をつければ敬意を表しひと破片の温情をかけた人情味あるヤクザのムラさんではなく、切れ者の武闘派ヤクザ村松組長の凄みを感じさせます。

ちなみにこれは自分の偏見に満ちた独断ですが、村松組長は実在したヤクザをモデルにしているのではないかと勝手に思っています。
モデルにしてるのではと思ってるのはこの人。
160610_121602.jpg
なんか似てると思いませんか?

ヤクザがヤクザらしかった時代、三代目山口組で若頭補佐という幹部の座まで登りながら、その奔放さゆえ組から追放された「ボンノ」のあだ名で呼ばれた菅谷政雄。
ヤクザとして悪名を響かせながら、洗練されたファッションセンスで当時の映画スター達に影響を与えたと言われている。
160610_122013.jpg
ボンノは彼が幼少時、煩悩の固まりのような悪ガキぶりから寺の和尚にそう呼ばれ、本人もこのあだ名を気に入ってたらしい。

遥か昔になるが、この凶暴さと繊細さを併せ持ち、組織にいながら自由に生きようとしたボンノの話を聞き、憧れる生き方のひとつだったのを思い出した。
AD
このマンガの原作を書いた武論尊は、「北斗の拳」や「ドーベルマン刑事」を代表作にもつ原作者で、昔から最初の引き付け方がとにかく上手く、作画の池上遼一もオリジナルはたいしたことないが、原作がつく事で画の上手さが引き立つ、「男組」や「サンクチュアリ」などを代表作にもつ、漫画家というより絵師という感じの漫画家。

このコンビによる作品は多数あるが、これまでの現代ものから方向性を180度変え、三国志を題材とした前作「覇-LORD-」に続き、真田幸村を主人公とした歴史もので、元服(成人)前、織田信長の人質となった信繁の時代から関ヶ原の合戦までを描き、全4巻完結となっている。
160311_105831.jpg
真田幸村というと、猿飛佐助や霧隠才蔵などの真田十勇士を中心に据えたものが多いが、このマンガは真田幸村を中心として物語は進んでいく。

前半は「本能寺の変」による織田信長の死と明智光秀の斬首までを描き、後半では海外に出た幸村が信長と異国の女性との間に産まれながら、海外に放逐され、信長を憎み心をなくした息子、ミノウとの戦いを中心に描かれていく。

歴史ものというと史実に基づいた合戦を中心にしたものが多く、その為登場人物が多くなり、そのわりに、人物の描かれ方が浅く、関係性がわかりづらい為、歴史に興味がない人には受け入れられにくい。

殊に大人のマンガ読者の多くがマンガに求めるのはあくまで娯楽であり、難しいものを嫌う傾向にあるが、このマンガは、エンターテイメント色を強める為、登場人物を絞り、歴史に興味がない人にもわかりやすくなっていると思う。

歴史を題材にしつつ、このコンビの作品に共通している「義に生きる男」、「漢(おとこ)」というテーマは健在で、真田幸村から見た織田信長をはじめとする漢達は時に間抜けで、時にぶざまでありながらもどこか男臭い。

織田信長といえば、武田軍との長篠の戦いにおいて、戦にいち早く鉄砲を持ち込み、以後もこれを用いて僧兵などの大量虐殺をした非情な武将としても有名だが、このマンガでは敵とはいえ人を刀で斬る嫌な感触を味わわずに済むように鉄砲を使用するという人間らしさをもった漢として描かれている。

また、明智光秀と豊臣秀吉との関係もよくある功名心から競い合うどろどろした関係ではなく、互いに認め合い、信長を将と仰ぐ良好な間柄として描かれている。

それにたいして徳川家康は、武将としてではなく野心をもつ腹黒い政治家として描かれている。
史実にもあるように、ふだんから影武者を立て、天皇家に取り入り、官位を欲する。そのうえ忍者の頭領・服部半蔵と謀略を巡らせる。

「本能寺の変」については、明智光秀の謀反ではなく、家康の謀略説を採用。
光秀に化けた服部半蔵が明智軍を動かし、一切の問答を禁じた上で本能寺に攻め込む。
信長のお供についていた信繁は一緒に死のうとするが、森蘭丸に脱出させる。
160330_131133.jpg
信長は切腹する前に光秀に一矢報いようと光秀に矢を放ち、それを受け止めた姿からすべてを悟る。

光秀が気づいた時、すでに遅く、謀反の汚名を着せられていたが、家康に天下を握らせぬ事と盟友秀吉の今後の邪魔者を排除する為に、敢えて反乱軍を募って秀吉に挑み、頃合いを見て自分の首を差し出す。
信繁は「謀反人」として晒された首に貼られた紙を「漢」と書き直す。
この人の描く信長はしなやかな獣っぽい雰囲気で好きだなあ。

ここまでは、このマンガ、おもしろかったが、この後海外に出てから殺伐とした展開が続き、つまらなくなっていく。前半がおもしろかった分、残念な作品である。
AD
またまた自分の趣味だけで続けてる、マニアックシリーズの出番となりました。
今回紹介するのは、メディコムトイのタイガーマスクソフビシリーズのシャーク二世と
imgrc0067760517.jpg
スノーシン。
imgrc0067760520.jpg
ギリギリになってしまったが、3月31日迄受付中の受注生産品で、シャーク二世にはタスキとマント、スノーシンにはタスキがそれぞれ付属する。

シャーク二世は、アニメ版第52話に登場。

アニメの画像がないのが残念だが、伊達直人が虎の穴の練習生だった頃から、コーチである鉄腕ジョーに劣らぬくらいの実力を誇っていたらしい。

もともと残虐な覆面レスラーだが、日本にはなぜか素顔で潜入。
タイガーと第13回ワールドリーグで決勝戦を闘うはずだったビル・ヘラクレスにそっくりの特殊マスクを被り、
imgrc0067760519.jpg
ヘラクレスになりすましてタイガーと対戦。

得意とする凶器攻撃を繰り出すもタイガーには及ばず、2-0のストレート負けに終わる。

うーん。今観ると、昔強かったレスラーが、しらないうちに実力をつけた若手レスラーに負けてしまう現実の厳しさを感じさせられるエピソードだなあ。

スノーシンは、マンガ版の5巻(漫画文庫2巻)とアニメ版の45話に登場する。

マンガ版だと
160330_130620.jpg
160330_130807.jpg
↑こんな感じなのだが、今回のソフビは、アニメ版をモチーフとしているので、そちらで書かせてもらいます。
スノー・シンは、全アジア王座決定戦・インド代表。310パウンド(約140キロ)の巨体から繰り出される怪力により、タイガーとの試合で延長につぐ延長を重ねるが、試合が長引くにつれ、はじめツルツルだった全身から白い体毛が伸び始め、まさしく伝説の、「ヒマラヤの雪男」の風貌へと変化する。

タイガーと善戦するも、最後はタイガーの必殺技「ウルトラ・タイガー・ドロップ」に敗れた。

スノー・シンは前に「タイガーマスクのオモチャ14」で紹介したミスター・クエスチョンの
i320.jpg
弟子で、ヒマラヤの雪山で拾われ、育てられたのだが、本当に雪男かどうかは師であるクエスチョンでもわからぬままに終わった。
20121223tm1.jpg
スノー・シンの画像もアニメ版は試合後のものしかないのが残念だが、スノー・シンの周りにいる研究者達と比べると、その巨大さがわかっていただけるのではないだろうか?

スノーシンのソフビを見て、ふと感じた事がある。
imgrc0067760523.jpg
なんとなくだが、「キン肉マン」に出て来たザ・魔雲天
page-30859.jpg
に似てるような気がするのは自分だけだろうか?

なにはともあれ、これまでタイガーマスクのフイギュアなどのシリーズを出してきたメーカーはいくつもあるが、いずれも中途半端で投げ出し、フアンを裏切っているなか、コンスタントに出し続けてくれているこのシリーズにはこれからも期待したい。
AD