このマンガの原作を書いた武論尊は、「北斗の拳」や「ドーベルマン刑事」を代表作にもつ原作者で、昔から最初の引き付け方がとにかく上手く、作画の池上遼一もオリジナルはたいしたことないが、原作がつく事で画の上手さが引き立つ、「男組」や「サンクチュアリ」などを代表作にもつ、漫画家というより絵師という感じの漫画家。

このコンビによる作品は多数あるが、これまでの現代ものから方向性を180度変え、三国志を題材とした前作「覇-LORD-」に続き、真田幸村を主人公とした歴史もので、元服(成人)前、織田信長の人質となった信繁の時代から関ヶ原の合戦までを描き、全4巻完結となっている。
160311_105831.jpg
真田幸村というと、猿飛佐助や霧隠才蔵などの真田十勇士を中心に据えたものが多いが、このマンガは真田幸村を中心として物語は進んでいく。

前半は「本能寺の変」による織田信長の死と明智光秀の斬首までを描き、後半では海外に出た幸村が信長と異国の女性との間に産まれながら、海外に放逐され、信長を憎み心をなくした息子、ミノウとの戦いを中心に描かれていく。

歴史ものというと史実に基づいた合戦を中心にしたものが多く、その為登場人物が多くなり、そのわりに、人物の描かれ方が浅く、関係性がわかりづらい為、歴史に興味がない人には受け入れられにくい。

殊に大人のマンガ読者の多くがマンガに求めるのはあくまで娯楽であり、難しいものを嫌う傾向にあるが、このマンガは、エンターテイメント色を強める為、登場人物を絞り、歴史に興味がない人にもわかりやすくなっていると思う。

歴史を題材にしつつ、このコンビの作品に共通している「義に生きる男」、「漢(おとこ)」というテーマは健在で、真田幸村から見た織田信長をはじめとする漢達は時に間抜けで、時にぶざまでありながらもどこか男臭い。

織田信長といえば、武田軍との長篠の戦いにおいて、戦にいち早く鉄砲を持ち込み、以後もこれを用いて僧兵などの大量虐殺をした非情な武将としても有名だが、このマンガでは敵とはいえ人を刀で斬る嫌な感触を味わわずに済むように鉄砲を使用するという人間らしさをもった漢として描かれている。

また、明智光秀と豊臣秀吉との関係もよくある功名心から競い合うどろどろした関係ではなく、互いに認め合い、信長を将と仰ぐ良好な間柄として描かれている。

それにたいして徳川家康は、武将としてではなく野心をもつ腹黒い政治家として描かれている。
史実にもあるように、ふだんから影武者を立て、天皇家に取り入り、官位を欲する。そのうえ忍者の頭領・服部半蔵と謀略を巡らせる。

「本能寺の変」については、明智光秀の謀反ではなく、家康の謀略説を採用。
光秀に化けた服部半蔵が明智軍を動かし、一切の問答を禁じた上で本能寺に攻め込む。
信長のお供についていた信繁は一緒に死のうとするが、森蘭丸に脱出させる。
160330_131133.jpg
信長は切腹する前に光秀に一矢報いようと光秀に矢を放ち、それを受け止めた姿からすべてを悟る。

光秀が気づいた時、すでに遅く、謀反の汚名を着せられていたが、家康に天下を握らせぬ事と盟友秀吉の今後の邪魔者を排除する為に、敢えて反乱軍を募って秀吉に挑み、頃合いを見て自分の首を差し出す。
信繁は「謀反人」として晒された首に貼られた紙を「漢」と書き直す。
この人の描く信長はしなやかな獣っぽい雰囲気で好きだなあ。

ここまでは、このマンガ、おもしろかったが、この後海外に出てから殺伐とした展開が続き、つまらなくなっていく。前半がおもしろかった分、残念な作品である。
AD
またまた自分の趣味だけで続けてる、マニアックシリーズの出番となりました。
今回紹介するのは、メディコムトイのタイガーマスクソフビシリーズのシャーク二世と
imgrc0067760517.jpg
スノーシン。
imgrc0067760520.jpg
ギリギリになってしまったが、3月31日迄受付中の受注生産品で、シャーク二世にはタスキとマント、スノーシンにはタスキがそれぞれ付属する。

シャーク二世は、アニメ版第52話に登場。

アニメの画像がないのが残念だが、伊達直人が虎の穴の練習生だった頃から、コーチである鉄腕ジョーに劣らぬくらいの実力を誇っていたらしい。

もともと残虐な覆面レスラーだが、日本にはなぜか素顔で潜入。
タイガーと第13回ワールドリーグで決勝戦を闘うはずだったビル・ヘラクレスにそっくりの特殊マスクを被り、
imgrc0067760519.jpg
ヘラクレスになりすましてタイガーと対戦。

得意とする凶器攻撃を繰り出すもタイガーには及ばず、2-0のストレート負けに終わる。

うーん。今観ると、昔強かったレスラーが、しらないうちに実力をつけた若手レスラーに負けてしまう現実の厳しさを感じさせられるエピソードだなあ。

スノーシンは、マンガ版の5巻(漫画文庫2巻)とアニメ版の45話に登場する。

マンガ版だと
160330_130620.jpg
160330_130807.jpg
↑こんな感じなのだが、今回のソフビは、アニメ版をモチーフとしているので、そちらで書かせてもらいます。
スノー・シンは、全アジア王座決定戦・インド代表。310パウンド(約140キロ)の巨体から繰り出される怪力により、タイガーとの試合で延長につぐ延長を重ねるが、試合が長引くにつれ、はじめツルツルだった全身から白い体毛が伸び始め、まさしく伝説の、「ヒマラヤの雪男」の風貌へと変化する。

タイガーと善戦するも、最後はタイガーの必殺技「ウルトラ・タイガー・ドロップ」に敗れた。

スノー・シンは前に「タイガーマスクのオモチャ14」で紹介したミスター・クエスチョンの
i320.jpg
弟子で、ヒマラヤの雪山で拾われ、育てられたのだが、本当に雪男かどうかは師であるクエスチョンでもわからぬままに終わった。
20121223tm1.jpg
スノー・シンの画像もアニメ版は試合後のものしかないのが残念だが、スノー・シンの周りにいる研究者達と比べると、その巨大さがわかっていただけるのではないだろうか?

スノーシンのソフビを見て、ふと感じた事がある。
imgrc0067760523.jpg
なんとなくだが、「キン肉マン」に出て来たザ・魔雲天
page-30859.jpg
に似てるような気がするのは自分だけだろうか?

なにはともあれ、これまでタイガーマスクのフイギュアなどのシリーズを出してきたメーカーはいくつもあるが、いずれも中途半端で投げ出し、フアンを裏切っているなか、コンスタントに出し続けてくれているこのシリーズにはこれからも期待したい。
AD
「リングにかけろ」や「風魔の小次郎」、「聖闘士星矢」などのヒット作を描いた車田正美の半自伝的マンガ。160309_111338.jpg
このマンガ、車田正美が中三の時から「リングにかけろ」が人気作品となるまでを描いているのだが、友達をはじめ、何年原稿を持ち込んでもデビューできない漫画家志望、一度は人気作家となりながらあとが続かず廃れていった漫画家など、とにかく毎回人が死んでいく。
そして本来なら重いはずの人の死に、なんの重さも感じられないのがこのマンガの特徴である。

身近な人の死が実体験なら、その死を描くと自然に重さが加わると思うが、このマンガからはまったくそれを感じられなかったので、このマンガに出て来る友人達の死はおそらく演出に過ぎないと思っている。

またこのマンガが掲載されたのが週刊少年チャンピオンだったからか、車田正美が実際デビューしたのは週刊少年ジャンプで、当時編集長だった西村さんを週刊少年チャンピオンの壁村さんに変えているのも自伝的要素を薄っぺらいものにしてしまった感じがする。

自伝マンガを描く以上、そこからなにかしらのメッセージを感じるものだが、このマンガからはただ、売れるまでの日々をなぞっただけの印象しか受けず、読む価値がまったくなかった。
車田正美は、その時々におもしろいマンガは描けるが、その中身に濃さをもたせる事はできない漫画家だとあらためて感じさせられた一冊となった。
AD