今回読んだのは「本気!(マジ)外伝クジラ」。
全2巻完結。


このマンガ、外伝とはいえ「本気!」の久しぶりの新作で、昨年6月に感想を書いた「極道の食卓」の主人公であるクジラとの共演作。
年齢も極道としての生き方も違うスタイルで描かれた二つのマンガの主人公が、ともに「風組」という組織の組員だったからこそのコラボであろう。
ふたりがどういう出会いをし、既にヤクザを隠退してるクジラと現役の本気がどのように描かれるのか結構期待してたのたが、正直期待ハズレだった。

クジラこと久慈雷蔵は、刑務所に服役中に抱いていたあらゆる欲望がいざ出所すると時間の経過とともに消えてゆき、それを生きる希望を失う事に似ていると感じてしまい、なぜか赤い橋によく立っている男・白銀本気に会いたくなり、赤橋に向かう。
本気には会えなかったが、道すがら本気の極道として歩いて来た道をなぞる。

本気がまだ渚組のチンピラで、風組本家に行儀見習いに来た頃クジラは風組若頭・望月のナワバリの北を既に預かっており、本気は南を治める風組草書(幹部)赤目新山が預かったので直接会う事はなく、傍観者として見守っていた。
クジラと本気が直接会ったのは、本気の大阪時代。
クジラが仕事で大阪に出掛けた時、夜のクラブで本気を見かけるが、自分を知らないと思っていた本気からいきなり声をかけられる。

クジラが本気を見ていたように、いつからか本気もどこからかクジラを見ていたのであった。
この後、これまで本気に登場したキャラクター達の過去と現在を追いつつ、「極道の食卓」でクジラの跡目を継いだ吉田や濁組の組員にも触れながら、一話完結式で「極道の食卓」と同じように毎話エピソードにちなんだ食を一品ずつ取り上げていく。

本気とクジラの再会は買い物帰りのクジラが本気が乗る車に轢かれそうになるという、なんらドラマチックさのない偶然の再会として描かれる。

偶然の出会いから本気とクジラは食事をするのだが、自分にはこのエピソードが一番印象深い。

ふだん寡黙な本気が、かなり歳上だからか既に隠退しているからなのか、クジラに生涯愛し続けるだろう女房・久美子との短すぎた結婚生活を雄弁に語る。
本気というキャラクターは本編・番外編を通して自分の感情をあまり表に出さない、ヤクザものにありがちな激しい感情気性や野心をもたない主人公として描かれた。
それゆえ本気の感情を表現する手段として独白や風景だったり、時には周りのキャラクターに言わせる手法が使われいた。
私欲がなく義理人情に篤く、街に暮らす人々を大事にする本気を主人公としたこのマンガは、なんでもかんでも倫理観や読者にたいする影響やらであれこれ規制がうるさい現代では考えられない事だが少年誌に長期連載され、本気に憧れて本当にヤクザになってしまった読者がいたという笑えない話まであったらしい。
その本気が久美子にたいする想いの深さを時に声を出して笑いながらクジラに語るのだ。
深い付き合いがあるわけでもないクジラに、ふだん感情を見せない本気がつい饒舌になる。
それだけで本気がクジラにたいしてどれだけ気を許しているかが伝わってくる一編だった。


終盤になるとクジラは一夜をともにした美女に嵌められ、殺人の濡れ衣を被せられ逮捕されてしまう。

クジラの年齢で殺人罪で服役すれば、残りの人生を刑務所で過ごす事になる。
状況的に不利なクジラを信じて積極的に動いたのは、「極道の食卓」本編でクジラをさんざん目の敵にしていた所轄署のカニ刑事であった。
定年を間近に控えたカニ刑事は別の暑の事件である為捜査費も出ない中、自腹で捜査してクジラのアリバイを証明して濡れ衣を晴らす。


これも立原あゆみのよく使う手法で、因縁があった相手が心強い味方になる事で人情味ある邂逅を描く。

風の最強軍団と呼ばれる処刑団を率いる紅花備前によると


クジラを嵌めた美女は「オニオコゼの洋子」という女ヒットマンらしいが


この女性、「極道の食卓 獄中編」でなにかとクジラに嫌がらせをしていた殿下に、風組が送り込んだ女ヒットマンと同一人物のような気がするのだが気のせいだろうか?

自分的にはこのマンガの楽しみ方としては「極道の食卓」や「本気!」のキャラ以外に過去の立原作品の主人公がふたり登場し、現在の姿が描かれている事くらいかな?と思っている。

ひとりは「当選」の主人公・一(ピン)。

クジラが、「本気!」本編のラストで本気を刺したチンピラ・五郎の親分で、脳梗塞を患いリハビリ中の五社谷を見舞いに訪れた際、五社谷のシマの漁師として釣った魚を差し入れに登場する。
「当選」は地方都市の港町を舞台に漁師の一が、漁業組合の漁師達から信用されている事から選挙の時に票を組織票として取り纏め、不正を働く悪徳政治家を落選させたり、なぜか選挙屋と呼ばれる金で当選を請け負う選挙のプロから好かれるなど、一が望まずとも選挙運動に巻き込まれながら、いずれ政治家として立つであろうマンガだったが、物語の前半で終わってしまった。
一は結局政治の道に進まず、漁師を続けているようだ。

もうひとりは「涙星(アース)-チンピラ子守唄-」の主人公・写楽。
「涙星」は、目のまわりに歌舞伎の隈取りのような刺青を入れている、テキヤ系組織の組員・写楽が一夜を過ごした女が置いていった幼女・うたと暮らす事になり、それまでただの乱暴者だった写楽が少しずつうたの父親になっていく物語だった。

街の若者からカツアゲされていたところを(笑)助けられた事でクジラは写楽と知り合い、その後、神社で嫌がる女の子達にしつこく声をかける若者達を注意した写楽が、逆恨みによって無許可で露店を出している事を通報され、駆け付けた警官達に取り囲まれているところを見かける。
写楽の話に耳を貸さず、拳銃まで向ける横暴さに警官に抵抗しようとする写楽だったが、たまたま通りかかった見知らぬ男の一声で素直に逮捕される。


警察から釈放された写楽は、これまでどんな相手にも我を通してきた自分が初めて退いた男の事が気になってしかたない。
クジラがあれが本気だと教えると、写楽はどうしても本気に会いたくなり、本気がよく立っているといわれる赤い橋に通うようになる。
立原あゆみの描く現代ものの主人公は皆同じ時代に生きてるようで、だからこそこういう登場のさせかたが可能なのであろう。

自分は立原あゆみのマンガ、おもしろいと思うものが多いのだが、このマンガについては冒頭に書いたように魅力を感じられなかった。
1巻に付いていた「風組相関図」も人物が多すぎ、前に「本気!」を読んだ事があればおさらいする意味ではいいのかもしれないが、このマンガで初めて「本気!」を知る人にはわかりにくくなるような気がした。
掲載誌が月刊誌だった事もあってこのような描き方をしたのだろうが、「本気!」の番外編ならこれまでの番外編同様、ひとりの人間・クジラを扱った続きものとして描いた方がいい作品になったように思う。
せっかくのコラボなのに残念な作品だった。



























AD

お出かけ

テーマ:
皆様ご無沙汰いたしております。
またしてもしばらくぶりの更新になってしまいました。
なにせ遅筆のうえ気が向かないと放置してしまうタチなもんで。

先月21日の日曜日にひさしぶりに電車に乗って出かけてきました。
ふだんの足は車だけど、ひとりで都内となるとガソリン代や駐車代を考えると電車の方が安上がりですからね。

オレ、方向音痴な上ひとゴミが大っ嫌いなのでふつうなら人がうようよいる場所には近づかないし、むしろ避けます。
しかしどうしても欲しいものがそこにあるとなれば話はべつ。
ひとゴミだろうがなんだろうが行っちゃいます。

そんなオレが向かった先はアキバ。
実は、前回のブログで出たらいいなと書いていた「タイガーマスクW」のアニメのキャラがプリントされたTシャツが、あれからすぐに「タイガーマスクW」の公式サイトに載りまして、しかしほかのグッズはメーカー名がすぐにわかるようになっていたのに載っておらず、しばらくしてからようやく載ったので発売元である企業計画(株)のサイトを開いたがなにも載ってない。
やむを得ずサイトにあった電話番号に問合せたところ、数は少いが、ドンキホーテで販売されている事を教えていただけたので、まずは自分の行動範囲内の川越や大宮など埼玉のわりと栄えたところにあるドンキを回ってみましたが置いておらず、ドンキの通販サイトでも扱ってない。
もしやと思いアキバのドンキに問合せてみるとさすがアキバ!
置いてあるというじゃありませんか。
これはもう行くっきゃないと思ったわけです。

昔は電気街として栄えていたこの街も、今やオタクの聖地とやらでJRの駅前からそれっぽい店が並び、前に来た時より減ってるようにも感じましたがちらほらとメイドさんの姿も見かけます。
それらの店に囲まれた、かつて家電を前面に出してた電気屋もオタクが好きそうなゲームやソフトを前に出していました。
今やマンガやアニメの街に様変わりした中で生き延びる為に変わった姿に逞しさすら覚えます。(笑)
オレは極度の方向音痴なのでドンキのような誰もが知ってそうな店に行くのに一番手っ取り早い方法、駅前を歩いている若そうな人に聞くという昔ながらの手を使おうとしたが、これがまったく使えなかった。
近寄って聞こうとすると片っ端から避けられる。
昔もそういうのを面倒臭がる人がひとりふたりはいてもたいていすぐに親切な人に当たったが、今回はそうならなかった。
こういうのも時代の流れなのかなと思いつつ、このままでは埒があかないと思っていたが、近くを通りかかった警備員さんに尋ねたらわりと丁寧に教えてくれたのでなんとかたどり着けました。(汗)
それにしても道に迷って尋ねようとしてるのに、それに足を止めようともしない感覚、オレにはない感覚なのであれはどうかと思う。

TELで問合せた時の売場担当さんが親切で、どこの何段目の棚に置いてあるという事まで教えてくれてたのでドンキに着ければこっちのもの。
売場まで脇目もふらずに一直線に向かいます。
いよいよ売場に着くと、ありましたありました探し求めていたものが。
目の前で実物を見た時の感動ときたら、うまく伝わるかわかりませんが、まさに「クー~ッ」て感じです。

それがコレ。↓

前に紹介したジグゾーパズルと同じく番宣用のイラストがプリントされたもので、まさしくタイガーマスクWともいえるT シャツ。
なのに値段は1980円(税抜き)というタイガーマスクWのグッズの中では一番安く、これなら迷う事なく買えてしまう。
白と黒があってどちらにしようかと思ったが、黒のT シャツはかなり持っているので白にした。

ほかに置いてあったのが、タイガーマスクとタイガー・ザ・ダークの上半身がプリントされた「なりきりシャツ」が二種類。
タイガーはマント下の上半身だったので、コスプレするならともかくふだん着るには相当な覚悟がいるが、ダークの方は「なにげにカッコイイかも?」と感じ、買いやすい値段というのもあり、ダークのなりきりシャツも買ってしまった。


ひとつ買うとついついその日の予定にないものまで買いたくなってしまうのがオレの悪いクセ。
せっかくアキバまで来たし、この前欲しいと書いたTシャツとアイマスクの実物を見たくなり、コスパのショップに行く事にしました。
しかし、遥か昔に一度行っただけなのでどこにあったかすら覚えていないので、取り敢えずググってTELしてみると、TELで対応してくれた人がめちゃくちゃ親切で「神か⁉」ってくらい。
なにせ欲しいもののタイトルを伝えたら、TELに出た店よりアキバにあるもうひとつの店の方が品揃えがいい事を教えてくれ、それだけに終わらず、現在地と行き方がわからない事を伝えるとその店の前までTELを繋いだまま道案内してくれたのですから。
平日ならまだしも日曜の昼間といえば忙しく、めんどくさい客だったろうにそれをこちらに感じさせない対応に、駅前の事があったのでよけいに驚いた。

ガシャポン会館のあるビルの上の数フロアにコスパのショップがあるのだが、TELで聞いてた通りに3階に上がり、店内を歩くとけして目立つ場所とはいえない一角だが、タイガーマスクWのグッズのコーナーがあった。番組協力してるからか新日本プロレスのオフィシャルTシャツ達も一緒に並んでいた。
まずは値段が手頃なので本日買うもの候補に急遽追加されたアイマスクを手に取る。

↑ホ・レ・た。(* ´ ▽ ` *)
タイガーの眼ヂカラにやられてもうた。
裏を見るとダークの眼。↓

これはなに?「買って~💕」なんてかわいいもんじゃなく、「買えっ!」っていってるよね?
もはや脅してるようにしか見えませんが…😅
けどね、オレはそんなダークが好き❤
っつう事ですぐに候補から「買うっ!」に格上げ(笑)

次なる候補はTシャツ。
「虎の穴T シャツ」も欲しいが、タイガーマスクのイラストが入った「タイガーマスクWTシャツ」もやっぱり押さえておきたい。
タイガーマスクWTシャツはイラスト入りで目を引くからコーナーの隅にあってもすぐに見つけたが、コーナーを見回しても「ジパングプロレスTシャツ」とかはあるんだけど、「虎の穴Tシャツ」は見当たらない。
通販サイトでも再入荷待ちになっていたので、たぶん品切れだったのだろう。
これによって迷う必要がなくなり、タイガーマスクWTシャツを購入。


目的を果たし、まっすぐ帰るつもりだったが腹が減り、どこかでメシを食おうと思ったら、どこの店も結構人が並んでいてそこに並んでまで食べる気にもならずあきらめて駅に向かったが、駅前に「からあげ酒場あげばか」なる店を発見。



唐揚げをメインにしたサラリーマン向けの一杯飲み屋っぽいが店の前に書かれたメニューに「唐揚げ丼」というのがあり、とにかく少しでも腹を満たせたらいいかなと思い「唐揚げ丼」と、唐揚げだけだと喉が渇きそうなのでウーロン茶を注文。


一杯飲み屋の食い物なのでまったく期待してなかったが、唐揚げにかかってる甘酢醤油とタルタルソースがマッチしてとても美味かった。


そのうえボリュームもたっぷりでお腹も十分満たされ、幸せな気持ちで帰れました。

余談だが、今回問合せをした際に、その対応力の違いを凄く感じた。
かたや販売数が少なく、ドンキホーテに卸したのはわかっていながら卸してしまった後は関知してないというのがTEL越しにも伝わってくるような対応で、わざわざ問合せてくるというのはその商品を探しているのだから、卸した店舗を把握しといて教えられれば確実に買ってくれる客だというのがわかってないのか、または卸してしまえば自分のところの仕事はおしまいっていう無責任な考えなんだろうね。
自分のところで作った商品を気に入り、買ってもらってはじめて売れたっていう考え方ができない会社の商品はやはり雑な作り方をしてるものが多いが、首回りなどわりとしっかりした作りだったので、よけい残念な気がした。

もう一方は、先に書いたようにショップへの道案内を丁寧にできるメーカーなので、商品にたいしてもつい信頼できると思ってしまう。

という事でこの日の戦利品をまとめてみました。


物欲の塊であるオレはふだんある程度我慢してる分、たまにこうしてまとめて買うとなんかすごい満足感に満たされます。
みなさんは、そういうのないですか?

次のお出かけは聖悠紀の描くSFマンガ、「超人ロック」が今年生誕50周年を迎え、これを記念して開催されている「超人ロック原画展」を予定してます。


このマンガ、あまり広く知られてはいないけど、それまで同人誌に描かれていたものがオレが中学生の時に初めて週刊少年キングという雑誌で連載されてから、掲載誌は変わりながらも今まだ連載されてる超長編マンガでありながら、マンネリ化することがないすごい作品。
その記念展ともなれば、フアンとしてはやはり一度は見ておかないとと思っています。





AD
マンガの感想、書かなきゃならないのが2本あるのに拘わらず、性懲りもなく趣味だけで書いてるタイガーマスク関連の商品の紹介。
またしてもいきま~す(笑)

今回紹介するのは、コスプレに使うもよし、自分だけでタイガーマスクWの世界に浸るもよし、人とちょっと違った個性的なファッションをした人にも使えそうなアパレル商品。
アパレル商品については、すべて(株)コスパから発売されており、一回でもコスパの商品を買った事がある方ならわかると思うが、ここから出てるものはよくあるキャラクターに頼っただけのいい加減なモノではなく、生地とかもわりとしっかりしているので長く着れるものが多い。
サイズはそれぞれS/M/L/XLがあるので自分に合ったサイズを選べる。
以下にざっと並べてみるのですべて揃えるか自分好みのものを選ぶも自分次第。

タイガーマスクWのアニメでキャラクターデザインをしている香川久が描いたイラストをプリントした「タイガーマスクWTシャツ BLACK 」。(税抜き2900円)

      ↑黒地にタイガーの迫力あるイラストが映える。
    
ナオトとタクマが所属してたタクマの父・藤井大助が主催していたプロレス団体をイメージして作られたパーカー、「ジパングプロレスパーカー  BLACK 」。(税抜き5800円)
黒地に赤の文字とマークが映える。

        ↑前には「ジパングプロレス」のロゴ。



  ↑フードにはジパングプロレスのロゴマーク。

「ジパングプロレスラグランT シャツ WHITE ×RED」。(税抜き3500円)

↑白地に赤の袖のツートン。胸に入った赤のジパングプロレスの文字が映える。
 
ジパングプロレスTシャツ WHITE 。(税抜き2900円)

      ↑前にはジパングプロレスのロゴマーク。

      ↑後にはジパングプロレスの文字。
練習生時代のナオト(タイガー)とタクマ(ダーク)が着ていたものをイメージして作られたらしい。

「GWM Tシャツ。HEATHERGRAY」。 (税抜き2900円)
現代に蘇った虎の穴によるプロレス団体をイメージしたTシャツ。

      ↑前にはGWM の文字。

      ↑後には虎の穴のロゴマークが入っている。

表の顔であるGWM と違う、虎の穴の闇をイメージしたかのような「虎の穴Tシャツ BLACK 」。(税抜き2900円)

      ↑前には虎の穴のロゴマーク。

    ↑後にはロゴマークと「虎穴」、「TIGERS DENの文字。      

  
   ↑左袖にはGWM の文字がプリントされている。

「高岡モータースワッペンペースワークシャツ GRAY 」。(税抜き6400円)
よくわからないけどナオトが居候してる、初代イエローデビル・高岡拳太郎が経営してるバイク屋、高岡モータースの作業着をイメージしたものらしい。

       ↑一見地味だが胸の部分を見ると…
   
    ↑しっかり高岡モータースのロゴマーク。

       ↑後にも高岡モータースの文字が入っている。

  ↑上に重ねて着る事もできるらしいが、自分はしないのでよくわからない。

最後は、「高岡モータースTシャツ NAVY 」。(税抜き2900円)
これも作業着をイメージして作られたらしい。
  

         ↑前にはロゴマーク。
         ↑後には文字が入っている。
今回紹介した商品の中にはすでに売り切れとなっているものも含まれているので、詳しくは(株)コスパの通販サイトで確認してくださいね。

自分としては、タイガーのイラストがしっかり入っている「タイガーマスクWTシャツ」と、やっぱり悪者びいきなので「虎の穴Tシャツ」は買おうかな、なんて思っている。
ただね、香川さんのイラストも悪くないけど、自分としては、どうせならアニメの画がそのままプリントされてるものが欲しいと思うんだよね。
それもね、ガキっぽいかもしれないけど一枚に1キャラクターじゃなくて、メインキャラクターから敵キャラまで入ったにぎやかなやつがね。

版権をもってる東映アニメーションは、最近は自社でグッズを出さずに他社が出したものをサイトで販売するやりかたのようなので、グッズを出してくれるところにはせっかくなので、自分のようなガキっぽい感じのものが好きなフアンが欲しくなるようなグッズをたくさん出してほしいと思う。




AD