いや~、数ヶ月ぶりのブログ、ようやく書き上がったあ。
このマンガは作家名とタイトルにつられてつい買ってしまった。
全1巻完結。


描いたのは数多くの代表作をもち、「マンガの神様」といわれた故・手塚治虫。
昭和30年から40年代前半生まれであれば手塚治虫のマンガを読んで育ったという人も多いと思うが、自分はアニメでは手塚治虫原作の作品をそれなりに観ていたがマンガとなるとそれほど読んでおらず、読んだのは「プラック・ジャック」、「どろろ」「火の鳥」、「W3」、「奇子」、あとは「小学一年生」に載っていた「ふしぎなメルモ」くらいだったと思う。

なのでこのマンガは知らなかったが、昔だから通用したであろう今ならすぐにうるさい良識派気取りの連中が騒ぎそうなインパクトあるタイトルと、手塚治虫の短編を読んだ覚えがなかった事から読んでみる事にした。

このマンガは定時制高校に通う主人公・北村市郎(イッチ)


が学校帰りに幽霊の行列を見てしまい、そしてひとりの美しい少女と


雑誌記者の本田


に出会った事から現世と来世、死後の世界にまで巻き込まれてしまう。

手塚治虫がこのマンガを描いたのは、1974年(昭和49年)。
この頃自分は小学生だったが、オカルトや怪奇ものが流行っていて、マンガでいえばつのだじろうの「うしろの百太郎」や「恐怖新聞」、楳図かずおの「漂流教室」などが人気があった。
「コックリさん」という今なら恐くて絶対やらない霊を呼び出す遊びも流行り、自分のいた学校では「コックリさん」は禁止されたが、それでも学校から帰ると友達の家とかでコッソリやっていた。
そんな時期だったので、手塚治虫も霊魂や死後の世界を扱ったマンガを描いたのではないだろうか。
またこの頃は第二次ベビーブームの時期にあたり、あの世で行われている戦争で死んだ魂が現世に生まれるというアイデアもそこから出たものだと思う。

手塚治虫は亡くなる迄人気漫画家であった印象だったが、実は低迷していた時期もあったらしく、「ブラック・ジャック」でふたたび人気漫画家として復活したらしい。


そういえば自分が最初に読んだ手塚治虫のマンガも、週刊少年チャンピオンに連載されてた「ブラック・ジャック」だったなあ。

一度ヒットした漫画家が落ち目になるとだんだん雑誌に載らなくなりそのまま消えていくのがほとんどで、ふたたび人気作家に返り咲いたというのは珍しい例であり、それができたからこそ「漫画の神様」なのだろう。

このマンガはふたたび勢いを取り戻した時期に描かれたもので、イッチが死んだ本田からの情報で死後の世界でも戦争が行われていて、戦争で兵士が足りなくなると現世で大事故を起こして死者の魂を大量に連れていく事などを知ってしまい、その為、死神に生きながらにして魂を死後の世界に連れていかれ、現世では死んだと思われ解剖されてしまう。
身体を失ったイッチは苦悩しながらも幽霊として死後の世界と現世を見るが、出会った少女と一緒に生まれ変わって、もう一度新しい人生をやり直そうとする迄が描かれている。
マンガの中で少女はさほど重要な役ではなく、イッチと本田だけでもストーリー的には充分動いたと思うのだが、連載されていたのが学研の「高一コース」という学年別に分かれた学習誌であり、対象読者が思春期を迎えた男女である事を考慮した上で、あえてイッチとあまり歳が変わらない少女を出し、同じ頃に流行っていた山口百恵の歌になぞらえながら差し障りのない範囲で性的描写も取り入れたのであろう事も窺える。(現在なら、これでも出版社にクレームを入れるPTA や教育団体がいそうだが)

手塚治虫の凄さは、さいとうたかおの「ゴルゴ13」や白土三平の「カムイ伝」、影丸譲也の「ワル」といったリアルな描写による新しいタイプのマンガ、「劇画」の台頭によってそれまでの子供を対象としたマンガっぽいマンガがウケなくなり、それまでマンガっぽい画を描いていた漫画家達も劇画風のタッチを取り入れていった中で、手塚治虫は生涯を通してマンガの画風を変えず、しかしストーリーは対象読者の年齢に合わせる事で読者に受け入れさせた事で、このマンガを読み、あらためてそれを感じた。

どれだけ人気があろうとごく一部を除き、長くてもせいぜい4~5年で完結していた頃のマンガにはムダがなく、よく昔の「マンガ家入門」のような本に書かれていた起承転結でうまくまとめられていたと思う。
ある程度の長さなら途中から読み始めた場合でも最初から読む気にもなるが、あまりに長いとそういう気になれず、それだけでなく、おもしろかったはずの作品を駄作にしてしまっている気がする。

現在の人気マンガがダラダラ続く傾向は、ある一定のフアンからの支持はあるだろうが入り口が狭く、新しい読者に抵抗感を持たれ、雑誌自体の新陳代謝も行われにくいので新しい読者が獲得できないのもマンガ雑誌が低迷してる一因になっているのではと自分は思っている。

このマンガは学年別雑誌での連載だったので、毎月限られたページ数で、しかも長くても一年間という制約の中でひとつの物語を完結させなければならなかった。
現在活躍する漫画家で、こうした制約の中でおもしろいと思えるマンガを描ける人がはたして何人いるのだろう?








今回読んだのは「本気!(マジ)外伝クジラ」。
全2巻完結。


このマンガ、外伝とはいえ「本気!」の久しぶりの新作で、昨年6月に感想を書いた「極道の食卓」の主人公であるクジラとの共演作。
年齢も極道としての生き方も違うスタイルで描かれた二つのマンガの主人公が、ともに「風組」という組織の組員だったからこそのコラボであろう。
ふたりがどういう出会いをし、既にヤクザを隠退してるクジラと現役の本気がどのように描かれるのか結構期待してたのたが、正直期待ハズレだった。

クジラこと久慈雷蔵は、刑務所に服役中に抱いていたあらゆる欲望がいざ出所すると時間の経過とともに消えてゆき、それを生きる希望を失う事に似ていると感じてしまい、なぜか赤い橋によく立っている男・白銀本気に会いたくなり、赤橋に向かう。
本気には会えなかったが、道すがら本気の極道として歩いて来た道をなぞる。

本気がまだ渚組のチンピラで、風組本家に行儀見習いに来た頃クジラは風組若頭・望月のナワバリの北を既に預かっており、本気は南を治める風組草書(幹部)赤目新山が預かったので直接会う事はなく、傍観者として見守っていた。
クジラと本気が直接会ったのは、本気の大阪時代。
クジラが仕事で大阪に出掛けた時、夜のクラブで本気を見かけるが、自分を知らないと思っていた本気からいきなり声をかけられる。

クジラが本気を見ていたように、いつからか本気もどこからかクジラを見ていたのであった。
この後、これまで本気に登場したキャラクター達の過去と現在を追いつつ、「極道の食卓」でクジラの跡目を継いだ吉田や濁組の組員にも触れながら、一話完結式で「極道の食卓」と同じように毎話エピソードにちなんだ食を一品ずつ取り上げていく。

本気とクジラの再会は買い物帰りのクジラが本気が乗る車に轢かれそうになるという、なんらドラマチックさのない偶然の再会として描かれる。

偶然の出会いから本気とクジラは食事をするのだが、自分にはこのエピソードが一番印象深い。

ふだん寡黙な本気が、かなり歳上だからか既に隠退しているからなのか、クジラに生涯愛し続けるだろう女房・久美子との短すぎた結婚生活を雄弁に語る。
本気というキャラクターは本編・番外編を通して自分の感情をあまり表に出さない、ヤクザものにありがちな激しい感情気性や野心をもたない主人公として描かれた。
それゆえ本気の感情を表現する手段として独白や風景だったり、時には周りのキャラクターに言わせる手法が使われいた。
私欲がなく義理人情に篤く、街に暮らす人々を大事にする本気を主人公としたこのマンガは、なんでもかんでも倫理観や読者にたいする影響やらであれこれ規制がうるさい現代では考えられない事だが少年誌に長期連載され、本気に憧れて本当にヤクザになってしまった読者がいたという笑えない話まであったらしい。
その本気が久美子にたいする想いの深さを時に声を出して笑いながらクジラに語るのだ。
深い付き合いがあるわけでもないクジラに、ふだん感情を見せない本気がつい饒舌になる。
それだけで本気がクジラにたいしてどれだけ気を許しているかが伝わってくる一編だった。


終盤になるとクジラは一夜をともにした美女に嵌められ、殺人の濡れ衣を被せられ逮捕されてしまう。

クジラの年齢で殺人罪で服役すれば、残りの人生を刑務所で過ごす事になる。
状況的に不利なクジラを信じて積極的に動いたのは、「極道の食卓」本編でクジラをさんざん目の敵にしていた所轄署のカニ刑事であった。
定年を間近に控えたカニ刑事は別の暑の事件である為捜査費も出ない中、自腹で捜査してクジラのアリバイを証明して濡れ衣を晴らす。


これも立原あゆみのよく使う手法で、因縁があった相手が心強い味方になる事で人情味ある邂逅を描く。

風の最強軍団と呼ばれる処刑団を率いる紅花備前によると


クジラを嵌めた美女は「オニオコゼの洋子」という女ヒットマンらしいが


この女性、「極道の食卓 獄中編」でなにかとクジラに嫌がらせをしていた殿下に、風組が送り込んだ女ヒットマンと同一人物のような気がするのだが気のせいだろうか?

自分的にはこのマンガの楽しみ方としては「極道の食卓」や「本気!」のキャラ以外に過去の立原作品の主人公がふたり登場し、現在の姿が描かれている事くらいかな?と思っている。

ひとりは「当選」の主人公・一(ピン)。

クジラが、「本気!」本編のラストで本気を刺したチンピラ・五郎の親分で、脳梗塞を患いリハビリ中の五社谷を見舞いに訪れた際、五社谷のシマの漁師として釣った魚を差し入れに登場する。
「当選」は地方都市の港町を舞台に漁師の一が、漁業組合の漁師達から信用されている事から選挙の時に票を組織票として取り纏め、不正を働く悪徳政治家を落選させたり、なぜか選挙屋と呼ばれる金で当選を請け負う選挙のプロから好かれるなど、一が望まずとも選挙運動に巻き込まれながら、いずれ政治家として立つであろうマンガだったが、物語の前半で終わってしまった。
一は結局政治の道に進まず、漁師を続けているようだ。

もうひとりは「涙星(アース)-チンピラ子守唄-」の主人公・写楽。
「涙星」は、目のまわりに歌舞伎の隈取りのような刺青を入れている、テキヤ系組織の組員・写楽が一夜を過ごした女が置いていった幼女・うたと暮らす事になり、それまでただの乱暴者だった写楽が少しずつうたの父親になっていく物語だった。

街の若者からカツアゲされていたところを(笑)助けられた事でクジラは写楽と知り合い、その後、神社で嫌がる女の子達にしつこく声をかける若者達を注意した写楽が、逆恨みによって無許可で露店を出している事を通報され、駆け付けた警官達に取り囲まれているところを見かける。
写楽の話に耳を貸さず、拳銃まで向ける横暴さに警官に抵抗しようとする写楽だったが、たまたま通りかかった見知らぬ男の一声で素直に逮捕される。


警察から釈放された写楽は、これまでどんな相手にも我を通してきた自分が初めて退いた男の事が気になってしかたない。
クジラがあれが本気だと教えると、写楽はどうしても本気に会いたくなり、本気がよく立っているといわれる赤い橋に通うようになる。
立原あゆみの描く現代ものの主人公は皆同じ時代に生きてるようで、だからこそこういう登場のさせかたが可能なのであろう。

自分は立原あゆみのマンガ、おもしろいと思うものが多いのだが、このマンガについては冒頭に書いたように魅力を感じられなかった。
1巻に付いていた「風組相関図」も人物が多すぎ、前に「本気!」を読んだ事があればおさらいする意味ではいいのかもしれないが、このマンガで初めて「本気!」を知る人にはわかりにくくなるような気がした。
掲載誌が月刊誌だった事もあってこのような描き方をしたのだろうが、「本気!」の番外編ならこれまでの番外編同様、ひとりの人間・クジラを扱った続きものとして描いた方がいい作品になったように思う。
せっかくのコラボなのに残念な作品だった。