パチンコ業界で日本一仕事を紹介している男のブログ

パチンコ業界でお仕事の紹介をし続け、数千人の方々とお会いしてきました。


テーマ:
今回は2回に分けて記載します。

テーマの通り、実際にあった事例を下記に記載します。



こちらの事例は自身の将来選択肢を狭めてしまう

可能性がある行動ですので、こちらの事例を教訓に

して頂ければと思い、記載します。



ケース1

【大手企業に入社し、まさかの入社2週間突然失踪】

Aさんプロフィール

大学卒業後大手1社で店長まで経験

30歳に初の転職をし大手企業へ副店長として入社

給与も700万と高待遇で入社。



2週間後突然会社に来なくなり失踪。

その後、その方が転職活動をされており、

内定が出ていた会社の役員と前職で失踪した会社の

役員が仲が良く、その時の仕事放棄が露出し、

その企業は内定取り消し、さらには、

その役員の横のつながりの企業にまで情報が及んで

しまったケースもあります。



※ここでPOINTは2週間で辞めた事実ではなく、

社員として入社したにも関わらず、バックレで辞めるという

人としての道徳心に欠ける行動が問題であり、

このような場合は同じ業界での転職が非常に難しくなります。





ケース2

【入社したが、周囲の情報に踊らされ辞め癖がついた】

Bさんプロフィール

大学を卒業し1社でマネージャーまで勤務し、

5店舗の企業へ転職。スタート職位は主任として入社。



店舗スタッフに、このお店ではキャリアアップができない。

転職した方がいい。などと情報操作され、5か月で退職。

その後は同じような形で2回繰り返し、あっという間に

3社の職歴になり、それ以降面接に行っても、

「キミ、1社では長いけど、それ以降1年も続いていない

のはなぜ」とどんどん深堀され、内定がでない、

負のスパイラルへ入りました。



※ここでのPOINTは、1社で長くてもその後の転職先で

勤務期間が短いと、企業側には「ウチに入社しても、

またすぐやめるんじゃないだろうか」というマイナスの

経歴になってしまうという点です。

また、周囲の話しで辞めていますが、その話しをしている

人ほどなぜか辞めていないケースが多いです。

情報には踊らされず、やるべきことをしっかりと行い、

アピールすることに意識を向けたほうが、

成長し、良いスパイラルに入る最善策でもあります。





パチンコ転職ナビ


http://www.pachinkotenshoku.com




未来年収査定システム


http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「転職貧乏」という言葉。



日常生活ではなかなか聞かない、

またなかなか使わない言葉のひとつです。



しかし、転職活動をしている方々は、転職活動をする中で「転職貧乏」にならないために、意識的または無意識的に行動しています。



しかし、転職活動をなさっている方々の「転職貧乏」という基準は、物質的なものに限定されるケースが圧倒的多数をしめます。





つまり



・引っ越しをしたくない=敷金・礼金などのお金がかかる

・通勤距離はできるだけ短く=通勤交通費がかかる・通勤時間がかかる



等々、転職をすることによって、

現状よりも物質的な要因で損をすることを嫌います!



それを繰り返すことで、

自分のお金(貯金)・時間が削られていく。

それが転職貧乏だと。



したがって、転職する際に、転職エリアや転職条件(年収・福利厚生)などを一番重要な転職必須条件として打ち出してしまうのです。



しかし、われわれ転職支援コンサルタントとしては、上記の観点で転職を行っていること自体が「転職貧乏」の始まりになります。



「転職貧乏」とは、物質的なことではなく、自分自身の経験(体験)値の欠落によって、実は起こり得ることです。



つまり、いくら転職エリアや転職条件がご自身のイメージするものと一致するからと言って、必ずしも良い結果になる訳ではありません。



つまり、働くために大切なことは、社長のビジョン・魅力、社風、職場関係など、ひとを起点としているということです。



それが合致すれば、

転職を繰り返さなくてもよくなります。



つまり、新たなステージに立って、その中で転職を繰り返さなくて済むため、あとは愚直に勤務することで、周りとの信頼関係が生まれ、新たな企業で新たな仕事を任される契機が生まれます。



つまり、ご自身の新たな経験値が増えていきます。



しかし、物質的なものに捉われすぎると、本質を見失い、転職を繰り返すことになり、新たなステージで信頼関係を築く前に、新たな経験をする前に辞めてしまうため、いつまで経っても自分自身の経験値は全く上がりません。



そうすると当然、給与水準を含めて、

全く変化ないまま進むため、

自然と「転職貧乏」になるということです。



是非、物質的な転職ではなく、マインド的な転職を行ってください!

あたなの未来は光り輝くものとなるはずです!!!



パチンコ転職ナビ









http://www.pachinkotenshoku.com


















未来年収査定システム









http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


面接という場所は、自分という商品をプレゼンする立場です。

そこで、自分という商品を買いたい・面白そうと興味を与えることが出来るスティーブン・ジョブスのようなプレゼン能力は、どのように身につけるのか?また、オリンピック開催地の最終スピーチで日本が大幅な票数を集めれたような話し方とはどうすればいいのか?



まず当たり前ですが、話す内容以上に外見・態度・話し方が大切になってきます。だらしない態度で面接に挑むと相手に対して、それ以上の価値は生まれないので、どんなに話す内容が上手くても結果がほぼNGです。



・聞き取りやすい声

・安心感の持てる笑顔など(表情)

・伝えたい部分の声のメリハリや目力

・興味をひかれる人の話し方を真似てみる

・これだけやったという自分への自信



まだまだ、プレゼン能力の上達法はありますが、まず自分が出来る範囲で考え行動していくことで、内定のを勝ち取ることが出来ます。



パチンコ転職ナビ

http://www.pachinkotenshoku.com


未来年収査定システム

http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
■髪型
寝癖を直し、前髪は目が見える長さにする。
・男性:黒髪で、サイドは耳が出るくらいの長さ。坊主NG
・女性:髪色は黒もしくはこげ茶色。肩より長い髪はひとつにまとめる
    
■顔
・男性:髭をしっかり剃る
・女性:ナチュラルメイク
    (チークやリップなど色味が派手でないものを使用)
 
■服装
・男性:黒もしくは紺色のスーツに、白のワイシャツ着用
・女性:ネイルをする場合は薄ピンクもしくはベージュ。

清潔感を意識して、面接に臨みましょう!

パチンコ転職ナビ
http://www.pachinkotenshoku.com
未来年収査定システム
http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

病気やケガで3日以上仕事ができない状況に・・・

思わぬ病気で、数十万の医療費請求が・・・

家族全員で毎年の医療費が10万円以上超えている・・・

病気で障害が残ってしまった・・・

 

例えば上記のような場合、

実は、きちんと申請をすれば国から手当がでます。

 

今回はその中で、病気やケガでもらえる手当4つをご紹介します。

 

その1 医療費が81000円で済む高額療養費制度

思わぬ病気や怪我で1ヶ月の医療費負担額が一定金額を超えた場合、その金額が高額療養費として戻ってくる制度です。自己負担の上限額は年齢や所得によって異なります。

対象

健康保険や国民健康保険などの被保険者

支給額

81,000円+(医療費-267,000円)×1%※70歳未満で、所得区分が一般の場合

つまり、「1ヶ月の医療費は81000円で済みます。ただし、1ヶ月の医療費が267000円を超えた場合は81,000円の他に超えた分の1%を負担する必要がある」ということになります。

参考URL:高額療養費制度についてこちらのページで詳しく書かれています。(全国健康保険協会)

 

その2 10万円を超えると可能な医療費控除

1年間でかかった家族全員の医療費が10万円(または所得の5%)を超えると、超えた分の医療費をその年の所得から差し引け、税金が安くなるという 制度です。※ただし、健康保険からもらった出産育児一時金や加入している保険や共済からの入院給付金などは1年間に支払った医療費の総額から差し引く必要 があります。

対象

所得税を支払っている(年収が103万円を超える)人

控除額

10万円
※その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

参考URL:医療費控除についてこちらのページで詳しく書かれています。(国税庁)

 

その3 1年6か月支給される傷病手当金

病気の治療や入院で仕事を休職しなければならない場合、日給の2/3程度の金額について1年6か月を限度として支給されます。

対象

健康保険の加入者(健康保険組合や全国健康保険協会)

支給額

休業の4日目から1年6か月を限度として日給の2/3相当額

参考URL:傷病手当金についてこちらのページで詳しく書かれています。(全国健康保険協会)

 

その4 月額49500円の障害年金

国民年金や厚生年金に加入している方が、病気や怪我で障害が残った場合に受けることができる年金です。がんや糖尿病など、病気で生活や仕事が制限されるようになった場合にも支給対象となります。

対象

初診の時点で年金に加入している方で、保険料を決められた期間払っている方、障害の等級に当てはまっている方

支給額

障害基礎年金1級相当(月額) 49,500円(2級の1.25倍)、障害基礎年金2級相当(月額) 39,600円

参考URL:障害年金についてこちらのページで詳しく書かれています。(障害年金支援ネットワーク)※適用される疾病一覧も記載されています

 

如何でしたでしょうか?

実は、社会保険という国の保険は、別名最強保険といわれているほど、私達の生活を守ってくれます。

正しくしって、正しく運用しましょう!

いいね!した人  |  リブログ(0)