パチンコ業界で日本一仕事を紹介している男のブログ

パチンコ業界でお仕事の紹介をし続け、数千人の方々とお会いしてきました。


テーマ:
突然ですが

ご自身の「癖」はありますか??



突然なぜこのようなことを聞くかというと、この「癖」が面接に出てしまうケースが非常に多いです。具体的にどんな「癖」があるかというと、喋る前に「えー」や「あのー」などの言葉が必ず出る方がいます。



緊張しているのでいつもの「癖」が出やすいのも理解できますが、どんなに魅力的な内容やプレゼンテーションをしても「えー」や「あのー」などの言葉が頻繁にでてくると相手はあなたの話の内容に集中できなくなる可能性があります。



ではどのようにそれを解消すればいいのか。



それはスポーツでもなんでもそうですが、シュミレーションとロールプレイングです。何度も頭でシュミレーションし、携帯電話のボイスレコーダーで話てみることをお勧めします。相手からの唐突な質問でもなく、自身のことを話すだけだも、「えー」「えーっと」など出てくるようでは、その数倍も面接では言っていると認識して取り組みましょう。



パチンコ転職ナビ










http://www.pachinkotenshoku.com




















未来年収査定システム










http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

弊社の別事業で行っている

お客様が集まる

売り場プロモーション研修。

 

その一部である

お店作りにおける

有益な情報を提供する

動画を作成しました!

 

業界限らず、

参考になると思いますので、

是非ご覧ください(*^^*)

 

「売り場プロモーションのAIDMAの法則」

 

https://youtube/lm6b4M033-A

 

 

パチンコ転職ナビ
http://www.pachinkotenshoku.com 
未来年収査定システム
http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


面接で「どういうことができますか?」と聞かれた場合どう答えますか?



具体的な事例は出さずに「何でもできます!」と答えてしまうと言葉とは裏腹に「何もできない」と捉えられてしまうことが往々にしてあります。



採用する側は「その人が入社することによってどんなメリットが企業側にあるのか?」という点で面接されます。面接する側からすると“ウリ”(得意分野)を説得力を持って伝えることができるかが重要です。



“ウリ”を伝えることはできても“説得力”という部分が欠けている方が意外に多いのが事実です。では“説得力”とは何なのか?

それは「数字で物事を語れるか」ということになります。



業績をあげたのならば○○という数字を△△という数字まで、人材育成をしたのなら、○人を□□という役職から△△という役職まで、というように、より具体的に「数字」であなたの“ウリ”を伝えることであなたの評価はUPするはずです。



一般職などで数字で伝えるのが難しいという方は、

例えば接客に自信を持っているならば、「お客様の顔と名前を覚えて、接客の際は名前を呼ぶことで繋がりを深くし、○人のお客様に会員になって頂きました。」

というような具体的エピソードを伝えられるようにすると良いと思います。





パチンコ転職ナビ








http://www.pachinkotenshoku.com
















未来年収査定システム








http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

株や投信信託は副業?

 

ひと昔前では、副業(Wワーク)をして、おこずかいを稼いでいるサラリーマンがいましたが、基本的にはアルバイトなど社会的に責任(シフトの都合など)が発生する仕事は、【副業】というくくりになります。

 

したがって、副業が会社にばれたとき、【職務専念義務】に違反しているため、解雇となるケースもありました。

 

職務専念義務とは・・勤務時間中は特別な事情がある場合を除き精神的・肉体的活動のすべてを職務遂行のみに集中しなければならないという内容です。

 

しかし最近、株や投資信託など個人で投資をする手法が増えております。

 

では、株や投資信託などは副業にあたるのでしょうか?

 

答えはNOです!

 

勤務時間中に、仕事をせずに株取引に費やす時間が長ければ、違反になるかもしれませんが、基本的には株や投資信託というのは副業には当たりません。

例えば、不動産と同じで、財産としての相続となるためです。

 

最後にどんな形であれ、年間で20万円以上所得があった際は、確定申告をしましょう。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

転職活動のタイミングは極めて重要です。





しかし、転職のご支援をしていると、

意外に転職のタイミングを見定めていない方が多い!





まだ、転職のタイミングではなく、

組織の一部の問題点や、上司のたった一言で、

転職を決意している方が全体の4分の1を占めます。





一方、転職するタイミングなのに、

転職を決意できずに、悩んでいる方が全体の半分を占めます。





つまり、極論で申し上げると、全体の4分の3(75%)が

転職のタイミングを見誤っていると言っても過言ではありません。





では、どのようにすれば、

転職のタイミングを見定めることが

できるのでしょうか?





それは、単純に転職したい理由と

転職したくない理由の数が2倍の差が付いたときです。





例えば、

●転職したくない理由:2個

(1)福利厚生がしっかりしている

(2)休みが月8回とれる





●転職したい理由:5個

(1)新たなステージで活躍したい

(2)キャリアアップができない

(3)企業の将来のビジョンが見えない

(4)年収が年々ダウンしている

(5)家族ができたため、広域なエリアに転勤したくない





この場合、単純比較をすると、

転職したい理由が転職したくない理由の

2.5倍差がひらいているため、

転職活動を始める契機となります。





ただし、注意して欲しいのが、

あくまで目安であるということです。





実際に転職活動をしてみて、

自社がやっぱり良かった!ということは

よくあることです。





転職するタイミングを是非しっかり見定めてください^^





パチンコ転職ナビ

http://www.pachinkotenshoku.com


未来年収査定システム

http://www.pachinkotenshoku.com/assessment/start

いいね!した人  |  リブログ(0)