ちょっとした刺激があり、改めてまとめる機会となりました。

ブログにも記しておこうと思います。

 

LDH2000からALLと診断されるまでの2か月、
発作的な激痛(腰痛~四肢関節痛~頭蓋骨痛)と発熱の中、
漠然とした緩い不安と共に、

調べまくっている間で、
徐々に

「今回はどうやら逃れられない良くないものがある様だ」

と感じ始めました。


最初にお世話になった

某大学病院系列の施設の血液内科医が、

まずは除外したいと言った

血管内リンパ腫の経過の難しさなど、

1時間半もかけて説明してくれたあたりから、

覚悟が出来て来たように思います。


受け持ちさせて頂いた

患者さん方の涙の意味を痛烈に感じ直し、

無念さをお話頂いた方の気持ちを思い返しました。
自然に繰り返し浮かんできました。


LDH高値判明から2か月経って

初めて芽球が出て、
化学療法を受けた病院に移り、

たまたま初診時にマルクが出来て、

白血病ですと言われた時は安堵しました。
2か月という時間の影響もあったと思います。


新人看護師~若い時に、

再発進行~終末期がん患者と接してきて、

「天国にいらっしゃる皆様に恥ずかしくない生き方がしたい」

という当時からベースにある思いが、

私を立たせてくれたと思います。

 

看護師であるということが、患者の私を支えました。

 

AD

コメント(2)