抗ガン剤は細胞分裂阻害剤
~何故、副作用の無い天然エキスの
癌細胞増殖阻害剤を使わない?






ローズマリー、タイム、バジル、
およびセージを含むハーブは、
癌細胞増殖を刺激するBCL2遺伝子活性を阻害する




管理人

抗ガン剤は、非常に早く増殖していくガン細胞を
「細胞分裂の阻害を引き起こす」ことによって、
その細胞の増殖を食い止めるという作用です。

しかし同時に、ガン細胞だけではなく、通常細胞も
徹底的に叩いてしまう為、本来持っている人間としての
活力を失い、最も重要な免疫力さえも喪失してしまいます。

ローズマリーの原液エキスなんてのもありますし、
飲んでも塗っても使えますから。
皆さんにお勧めしておきます。
多くの人には、この本当の意味が分からないかも
しれませんが、それが残念でなりません。


多くの人は、抗ガン剤の主原料が戦時中、大量殺傷兵器として
開発されたマスタードガスであるという事実を知りません。
マスタードガスの本質は、唯一、人を殺す為のものなんです。
その本質は、抗ガン剤として形を変えたとしても
全く何も変わりません。

しかも、最悪なことに何度も使っているうちに
抗ガン剤耐性ガン細胞が出現するのです。
ガンの記事を書く人は、この問題を取り上げません。

通常のガン細胞に、抗ガン剤を使っていると
何故、抗ガン剤耐性ガン細胞が生まれてしまうのか?
まさに、ここにガン細胞の最大の秘密が隠されているというのに
何故、誰も触れようとしないのでしょうか?
最大の核心部分に一切触れないようなものには
あまり価値が感じられません。

本来、人間や本体の細胞が何かに対しての耐性を持つ
可能性があるとすれば、それは、人の何世代にも渡って
その環境に順応するように変わっていくものでしょう。

ところが・・・
ガン細胞は、数週間から数ヶ月という大変短い期間に
抗ガン剤に対して耐性を持ってしまう種が生まれて来ます。
本来の人細胞が持っている範疇をはるかに超越しています。

私は、まさにここの所に注目すべきだと考える訳です。
通常、耐性という用語は微生物に用いられます。
分りやすい一例としては、院内感染があります。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 ~ MRSA 。
バンコマイシン耐性腸球菌 。

耐性・・・っていう部分に最大の謎と秘密が
隠されていると私は考えています。
そもそも、耐性っていうのは微生物の専売特許だと
言ってもいいくらいの話になってきます。

これをヒントに頭に浮かんで来るのは・・・
もしかして、ガン細胞も微生物と何らかの因果関係が
あるのではと考えるのが自然です。

院内感染においては、化学薬品が使われました。
ガン細胞に対して使われたのも、同じ毒性化学薬品でした。
共通項があります。

マスタードガス耐性の微生物の存在???
その微生物が、人細胞を支配しているとしたら
当然、有り得る話です。
なので、抗ガン剤を使って、もし再発したとしたら、
その次に、どんな種類の抗ガン剤を使おうがダメですよ。
だって、マスタードガス耐性ガン細胞なんですから。
この簡単な原理が分からないようではお話になりません。
人はどんどん弱っていき結末は見えています。

そもそも、人の細胞のガン化というのは、
単一細胞だけに見られるものです。
それが、横に楯に無秩序に拡がっていくということは
生理学的にも有り得ない話なのです。
当たり前でしょ。
介在している微生物が存在しているという証拠です。
カビ菌やウィルス、その他の微生物の存在の可能性です。


えっ・・・
トンデモ論ですって。
トンデモ論でもなんでもありません。
実際に、その実例が100%~確かに存在します。

世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という
子宮頚癌の原因ウイルスに感染して、
そのウイルス遺伝子がHeLa細胞の中に組み込まれて
しまっていたのだという事が後の研究でわかってきました。

~ 引用終わり ~


管理人

つまり、HeLa さんという女性の子宮頸ガンの細胞が
世界中で、5千万倍以上~培養につぐ培養されている訳です。
考えられないことが現実に起こっています。
もはや、人の細胞などではなくウィルスのコロニーと
化している訳です。

この事実を元に考えてみますと、
人の細胞が、カビ菌やウィルスのコロニーと化して
しまうとするならば、十分に・・・
抗ガン剤耐性ガン細胞 にも成り得ると考えるのが
最も自然な考え方といえるのではないでしょうか。

というよりも、今のところ、そうとしか考えられません。
あくまでも、今のところ・・・ではありますが。

そうであるならば・・・
我々は、今までと違うアプローチが必要になります。
いや、その事に気づくべきなのです。

これが、世界医学界最大の秘密であると同時に
最大のタブーとなっているのであります。
なので、この真相を明かそうとした医学者や細菌学者は
半世紀から1世紀の間~数百人の規模で殺されています。
その暗部を知らないのは我々だけでしょう。

また、もしそうであると仮定したら、
何やったってダメなのか???
・・・といった疑問が直ぐに浮かんできます。
だって、何に対しても耐性を持つものが生まれる訳ですから。

決してそんな事はありません。
希望は大いにあります。
ただ、ブログでは書けません。
殺された数多くの医学者や細菌学者の二の舞になりますから。

今、世間で注目されている医師や医療ジャーナリストの
人はかなり良心的な内容を皆さんに説いています。
しかし、今回~私が書いているような事には一切触れません。
だから、見逃してもらっているのでしょう。
だから生きていられるのです。

世間では、そういった本質から外れたり
寸止めであったりと・・・
そのようなサイトの記事ばかりに人気が集まっています。
かくして、秘密はずっと護られていくことになります。

私の記事は、公開後、何年かして大きな注目をされることが
ここまで何度もありましたが、10年後~30年後に
大きな役に立つことを願っています。
ブログサイトが閉鎖されずに・・・
ずっと残ってくれれば良いのですが。
サイトがボロボロの漂流船のようになったとしても・・・




青い影 ~ プロコルハルム





5月に入り、第11期メルマガに移行しましたが
5月11日に、最初のメルマガを配信しました。

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!


まだ届いていない人は、ご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!