セクハラ・パワハラ・差別
⇒ 日本では日常茶飯事
~ 告発者に待つイバラの道!








麻生太郎が「セクハラは犯罪じゃない。殺人じゃない」
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12198-024399/


管理人

上の画像の記事がもう削除されてますよ。
都合の悪いものは直ぐに削除するんだよな、この国は。

セクハラ・パワハラ・差別 ・・・
以上のこういった問題に、世界でも最も寛容な国が
わが国~日本です。

元財務次官のセクハラ問題。
トキオの山口達也の女子高生に対するわいせつ行為。

伊藤詩織さんに対する山口敬之氏によるレイプ事件
なんてのはウヤムヤにされる始末。

共通しているのは、総じて上の立場にいる人間が
弱い立場の人間に対して行っているのが見て取れます。
しかし、これはあくまでも現象面での話です。
本質は、差別階級社会が根源にあると思います。

この差別階級社会が続く限り、こういった一連の
いわゆる弱者の立場にいる人間に対する蛮行は
決して無くなることはありません。
それこそ、日本国中で当たり前に起こり続けます。

実を申せば、若者を戦争に行かせて儲けようと
考えている連中の本質も、まさにここにあります。
未来ある若者を戦地にいかせるな!
てめえで勝手に戦争に行けよって話です。
一部の利益の為に日本を戦争に巻き込むことは
絶対に許されない!

こうして見ると、全てがつながっていることに
気づかれる事と思います。

話を元に戻しますが、例えば・・・
会社の中でセクハラ・パワハラなどで
内部告発しようとしても、そのほとんどが
ウヤムヤにされてもみ消されます。

それだけではありません。
その内部告発者の人は、会社にいられなくされます。
更には、ブラックリストに載せられ
他の会社に就職しようとしてもなかなかうまくいきません。
他の会社でも同様に内部告発されては困ると考えるからです。

かくして、内部告発者の人は窮地に追い込まれる事になります。
内部告発者の人には、自殺者が大変多い。
こんなの当たり前です。
常識なんですよ、今の腐った日本社会では。
それが分かっているから、みんな泣き寝入りするのです。

正義感の強い人は、今の日本社会では生きて行くのが大変です。
心優しき人は、片隅に追いやられていきます。
これが、偽らざる日本の病んだ社会の実像です。


本当にあった話をします。
私がアルバイトをしていた頃の実際にあった話です。

以下 ↓

私がアルバイト勤務していた職場において、
50歳台の正社員の人が上司からイジメを受けていました。
その正社員の人は、うつ病にかかり会社を1年ほど休職しました。
しかし、復帰してからは追い出しにかけられました。

問題の上司は、子飼いの協力社員をエリア社員にしてやる
とでもそそのかしたたのかもしれませんが、その協力社員は
例の正社員を追い出すべく露骨に行動を始めました。

その正社員を連日のようにキチガイ扱いしただけではなく、
周囲に、「キチガイは嫌いだ」・・・と漏らしながら
その正社員の部下でありながら、嫌がらせを続けました。

私はモロにその現場にいたのです。
ある日、その正社員~問うたのです。
「大丈夫ですか?」・・・と。

Y.さんの目には、うっすらと涙がにじんでいました。
私は決意しました。
即座に、行動に移しました。

実は、この会社名は皆さんがほとんどご存知の大手です。
会社に、正式な抗議文というか申し入れをしました。
それだけではウヤムヤにされる恐れを感じましたので、
市の人権委員会にも同じ内容の申し入れをしました。
今現在もその記録は残っているはずです。

その結果、会社内では大騒ぎになりました。
多くの関係者に聞き取り調査も行われました。
そして、私には会社幹部から何度も事情を訊かれました。

私は、申し入れの中で、事実をそのまま書きましたが、
最後のところで・・・
「もし万一、ウツ病から立ち直ろうとされている
Y.さんの身に何かあった場合、奥さんや小学生の娘さんに、
会社としてどう説明するつもりなのか?」・・・と
問い質しました。

結果、そのY.さんの身分は定年まで確約されました。
問題の上司の役員には厳重注意処分が与えられました。
ただ、子飼いの協力社員をクビにはしないように
その上司の役員は取り計らいました。
しかし、エリア社員の道は閉ざされた模様です。

会社からは、私に対して謝意が述べられました。
しかし、それはあくまでも体面を装った儀礼的なもの
でしかありませんでした。

しばらくして、問題の上司の役員による私に対しての
陰湿な報復が始まりました。
私に対しては、3つの仕事が与えられていましたが、
一つ・・・また一つと、徐々に削られていきました。
あくまでも仕事の範疇としての合法的な合理化です。
対外的には、誰も文句がいえないような形として
行われているのでどうしようもないでしょう。

2013年の8月に、その会社を辞めることにしました。
生計を立てていくことが困難になったからです。
その後、2013年の9月から有田農園に勤め、
首都圏に野菜を宅配していた事は、
皆さんもご記憶されておられる通りです。

190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html

以上の記事の会社も、結局・・・辞めて行くような
ことになってしまいました。
皆さん、これが本当の現実なんです。

二転三転・・・流浪のアルバイト生活が続きました。
今の日本に正義なんてあるのでしょうか?

セクハラは犯罪じゃない。
女性に人権などいらない。
こんな人間が政治のトップに立てるような国に
一体どんな未来があるというのでしょうか!?







お知らせ

4月27日、
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第79号  
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!



Good bye Yesterday