JAL123便撃墜(8月12日)から32年目
~旅客機が遠隔操縦出来るのは常識です!












【重要追加説明】 
JAL123便墜落事故の出回っている話はウソばかり

http://ameblo.jp/64152966/entry-12188961780.html

この記事を最初に公開したのは、2012年8月15日でした。
この手の記事としては珍しく、コメントも私のも含め79ありました。
面白いことに、何人もの工作員と思われる人物が、全く同じ内容の
コメントをして来ています。
明らかに、同じ文章をコピーしたものだと分かるものです。


4 無題

はじめまして。
申し訳ないですがこんなトンデモ話を書く目的はなんなのでしょうか?

520人の方が亡くなったこの事故をあまり面白おかしく想作するのは止めて欲しいです。

ボイスレコーダーは公開されましたよ。
ネットでも聞けるはずです。


アキヒロ

2012-08-15 20:45:11


これと全く同じ文面が、他のJAL123便墜落事故の記事に幾つも来ています。
うんざりして、次からは公開せずに削除しました。
今、考えると削除せずに公開すれば良かったと思いました。

問題のボイスレコーダーですが、専門家が調査して、改竄やら編集された
ものであることが明らかになっています。
⇒ http://www.geocities.co.jp/HeartLand/1068/b/cvr_hodo.html

本物のオリジナルの録音記録は、一体どうなったのでしょうか?
恐らく、焼き捨てられた可能性が高いと思われます。

520名という航空機単独の事故としては史上最大の被害者を出したのです。
ボイスレコーダーを改竄~編集するなんて事は絶対に許されるはずがありません。
事故調査委員会がこんなことをやっているのですから、
出て来た情報を全て信じろというほうが無理な相談です。


皆さん、ボイスレコーダーを改竄~編集する目的は一体何でしょうか?
そうですね、・・・真犯人を覆い隠す為です。
日本国政府と事故調査委員会がそれを実行しました。
日本国政府にそれをやらせられる相手はたった一つしかありません。
アメリカと米軍です。
少し考えれば、簡単に分かるのではありませんか。
つまり、米軍が実行犯という答えしか出て来ないのです。

ボ―イング社は、CIAという巨大組織の傘下にあります。
今現在、ボ―イング機には遠隔操縦システムが組み込まれているのは
公然たる事実ですが、CIAの指示のもとに、そういった特別装置を
作らされていると私は考えています。
当時のJAL123便にも、その特別装置が使われたと私は考えます。

幾ら、機長が頑張ってもどうにもならないのですよ。
皆さん、ちまたに出ている写真なども全て疑ってください。
ボイスレコーダーでさえも改竄されているのですから、
あれやこれや、他のものも全て疑うべきです。
彼らは、辻褄が合うように何でも簡単に加工出来ます。
彼らCIAは、戦前~戦中~戦後・・・
世界のいたるところで、こんなことばかりやって来たのです。

JAL123便撃墜事件から、もう32年目だろう・・・
もういい加減止めにしようぜと思われる人もいるでしょう。
とんでもない!
また起こりますよ。
いや、既に、起こされています。

マレーシアの旅客機が、立て続けに行方不明になりました。
撃墜する必要さえもない。
遠隔操縦で、海に墜落させられたのでしょう。
アジアで、TPPに一番反対していたのは、他ならぬマレーシアでした。

今、北朝鮮とアメリカがガタガタやっています。
朝鮮半島付近を通過する旅客機には、当分、乗らないほうがいいでしょう。
南シナ海で中国と緊張関係が激化したら、その付近を通過する旅客機には、
やはり、乗らないほうがいいです。
これは、当たり前の常識であり自己防衛のセオリーです。

旅客機が遠隔操縦出来るなら、当然、戦争をおっぱじめる為の道具に
使うのは、火をみるようも明らかです。
あとは、北朝鮮がやった、中国がやったと・・・
支配しているメディアを使って、連日のように流せば、
疑う人なんてほとんどいないでしょう。

それは陰謀論じゃないかって・・・
陰謀論でもなんでもありません。
戦後、CIAはこのような秘密軍事作戦をそれこそ、何百回となく
ずっと一貫してやって来たのですから、陰謀論などではなく常識の範疇の話です。
あなたが本気で調べたら、腐るほど出て来ます。

アメリカは、戦争をしないと軍需産業が成り立っていきません。
軍需産業は、米国の産業の4割を占めています。
戦争は、日本の道路工事と同じで、アメリカの公共事業なんです。

アメリカ元大統領のブッシュは、他国の首脳会談との会話の中で、
はっきりと明言しています。

「景気回復の決め手は・・戦争だ!」

こういったアメリカのしもべが、日本の政治家なんです。
また、いう事を聞く政治家でないと、決して、閣僚にはなれません。
稲田防衛大臣も、アメリカがクビにしろと言ったからクビになったのです。

日本の中で、上にいけばいくほどバカが出てくるというのは本当の話です。
バカで腐ったカルトのガラクタしか出て来んのですよ。
だから、いつも問題ばかり起こしているでしょ。
逆に、聡明で愛国心のある政治家は消されていくのです。

私が、あまり政治の記事を書きたくないのは、
あまりにもバカバカしいからです。
まともに論じる気にもならない。


一番真相に迫っている記事は、多分、以下の記事。

JAL123便墜落事故の真犯人と
その恐るべき全貌がほぼ明らかになった!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12188961780.html


上の記事で一番重要なポイントは、ボイスレコーダーの解析にありました。
その動画が、もう消されているよ。
大変重要だったんです、あの動画は・・・

日航機墜落事故・・で検索すると、
私の人気記事が一切出て来ません。
皆さんも、試しにやってみて下さい。
20ページまで開いてみたけど、私の記事は皆無でした。
いずれの記事も、累積5万以上のアクセスがあった人気記事なのに・・・
あまり見たこともないような人気のないブログ記事だけは、たくさん出ていました。



日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き
http://ameblo.jp/64152966/entry-10787906634.html





私は、日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書きを見るたびに、
無念なお心が伝わってきて、頭から離れません。
今でも尚、心が大きく揺らぎます。
決して、風化させてはいけないと思います。

JAL123便は、離陸してしばらくして、墜落することが確定しました。
前方と後方の車輪が、時限装置で爆破されたからです。
戦闘機にミサイルを打ち込まれる前に、墜落の運命は既に決まっていたのです。

遠隔操縦で、御巣鷹の尾根まで誘導されて撃墜された。
撃墜したのは、米軍機です。

墜落して最初に到着したのは、撃墜の証拠を隠滅する目的でやって来た
日本人の顔をした外人特殊部隊。
その証拠隠滅作戦を見られた為に、墜落して尚、生き残った数十人の
乗客たちは、無残にも殺された。
生き残った人は、その時、気絶していて死んでいると思われたのだろう。
苦しいうなり声を上げていた人は、みんな消された。

未明になって・・その次にやって来たのが、本当の自衛隊の捜索~救助部隊。
生還した川上慶子さんの話は、まぎれもなく真実を語っていたのだ。
川上慶子さんの話は、永遠に記録し記憶に止めるべきであると思います。

この事故(事件?)の1年後から多くの航空自衛官が自殺に
見せかけられて殺されているようです。
恐らく、真実を知り得て告発しようとしたのかもしれません。

この頃より、自衛官や警察官の自殺が多発しています。
その中の半分以上が・・・
日本人の顔をしたカルトの連中によって粛清されたものと考えられます。
https://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802250000/

自衛官は首吊り・・警察官は短銃自殺。
そして、政治家、官僚、ジャーナリストも次々と消されていった。
日本国民は、相変わらずお花畑の頭で何も知らないし無関心のまま。







お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?












AD

リブログ(21)

リブログ一覧を見る

コメント(16)