核兵器禁止条約が発効したら
~日本は被爆国ではなく
核兵器国と呼ばれるから批准しないのだ!









「総理 あなたはどこの国の総理ですか
私たちをあなたは見捨てるのですか」


長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長は、
要望書を手渡す前に、安倍に訴えたが、安倍は無反応。
川野議長は「失礼かと思ったが、ここまで言っても無反応。残念です」と、
憤怒と落胆の表情だった。
https://twitter.com/antifa_osk/status/895273796973633536




被曝者代表の言葉を聞いてる 内閣総理大臣
表情が物語ってる

https://twitter.com/hiromi19610226/status/895107616669548545





長崎市長による長崎平和宣言

「日本政府に訴えます。核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、
核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡しを努めると明言しているにも関わらず、
核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を被爆地は到底理解できません」
https://twitter.com/yagainstfascism/status/895106088189665281



2017.08.09.
長崎の真摯なメッセージも安倍首相には届かず!
原爆の日に核兵器禁止条約の署名拒否を宣言した
総理大臣の信じがたい感覚

http://lite-ra.com/2017/08/post-3376.html

 日本政府に訴えます。
核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、
核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、
核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。
唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、
核の傘に依存する政策の見直しを進めてください

(中略)

しかし、このような声は安倍首相のもとには届いていなかった。
事実、広島での記念式典に続き、長崎でも安倍首相はスピーチのなかで
核兵器禁止条約に触れることはなかった。
そして、長崎の式典後の会見で核兵器禁止条約について
「条約は我が国のアプローチと異なるもの」
「署名、批准を行う考えはない」と突き放した。

唯一の戦争被爆国である日本が国際社会から求められている態度は
火を見るより明らかなはずなのに、
なぜ安倍政権はこのような態度をとり続けるのか。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------




なぜ安倍政権はこのような態度をとり続けるのか???


答え

核兵器禁止条約が発効したら~
日本は被爆国ではなく核兵器国と呼ばれるからだ!




核兵器禁止条約が発効したら、
日本は被爆国ではなく核兵器国と呼ばれるから、
日本はこの条約を嫌うのです。

核兵器禁止条約は、1967年より前に核兵器を爆発させた国を「核兵器国」と呼ぶ。
すでに中・露が日本の核兵器爆発を曝露。
https://twitter.com/honest_kuroki/status/862616040945008640


スプートニクより 2013.06.13 , 12:15

ソ連が米国を日本の核攻撃から救った
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091/

1945年8月、ソ連軍の参戦によって、
日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。

1945年8月9日、米国・英国との協定に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。
11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。
両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。
日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。

ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、
巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、
小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。
巨大な爆発であった。

直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。
米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。
「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。
しかし、投下され、炸裂することはなかった。
いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------



日本が「核兵器国」と呼ばれることは・・・
世界に大変なセンセーショナルを巻き起こすだろう。

しかし、・・・話はそれで終わらない。

日本の中のごく一部に、
広島原爆と長崎原爆が、大日本帝国の一部の人間による
地上起爆であるとの恐ろしい説がある。

このトンデモ説が、再燃してくるのが最も恐ろしいのである。

8月6日 nanacy さんから寄せられたコメントより

8月6日ということで、以前あったの日本製原爆の話です
そこで地上起爆でなぜ巨大クレーターが出来なかったかという議論で
今更ですが書いておきます
広島原爆はTNT火薬で15キロトン相当の威力でしたか
それだけの火薬を爆発させればクレーターができるはずと考えますが
原爆の場合は火薬と違うのです

地球に向かってくる小惑星に核ミサイルを打ち込んでも何ともないはずです
核爆弾の中で核反応が起こると、まず爆弾はそのままの状態で
無数の目に見えない中性子線が、爆弾の筐体の鉄をすり抜けて飛び出します
それが空気に当ってガンマ線を出し、熱線となって上空から降り注ぐ形です
なので原爆の凄い爆発というのは空気の爆発であって
その後の爆弾の破裂は、ウラン自体は50kg程度のものですから
それがはじけても通常の小型爆弾程度のものでしょう



管理人

例えば、広島原爆はTNT火薬で15キロトン相当の威力といっても、
原爆の凄い爆発というのは空気の爆発であって・・・
その大部分は、熱エネルギーと放射線の照射に変換される。

TNT火薬とは、その中身はまるで違うのである。
中性子爆弾などは、建物を壊さないで中にいる人間にだけ被害を与える。

少し高いコンクリートの建物の屋上で、原爆を起爆させれば、
さほど大きなクレーターは出来ない可能性が高い。

地下の浅いところで核爆発させて地下核実験をした時に、
大きなクレーターが出来た写真を見せて、地上起爆説を否定する人がいるが、
物理学をほとんど理解していないと言えよう。


私もこの地上起爆説を100%信じている訳ではないが、
しかし、調べれば調べるほどに怖ろしくなって来るのである。
投下したとされるエノラ・ゲイは、ただの天候観測機であることが判明している。

そもそも、大日本帝国軍部の一部の人間が知っていたことは確かである。

広島市への原子爆弾投下~8月6日
長崎市への原子爆弾投下~8月9日

投下される場所も日時も知っていたのだ。
しかも、あろうことか、投下される場所に・・より多くの人間を
集めたことは、資料によって100%明らかになっています。

もう、これだけの状況証拠だけでアウトだろう。
真相究明する人間が現れるのは当然ではないだろうか。

そこで、私は資料として残すことにしました。

信じる信じないはともかく、
少なくとも、日本人であるなら・・・
一度は、目を通すべきであると確信する次第です。


其の一.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11143487739.html

其の二.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11326846042.html

其の三.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11162656133.html


~ 一部引用 ~


「原爆は本当に、8時15分に落ちたのか」:中条一雄著:三五館発行

2000年8月発行の同人誌中で、
やはり「広島に原爆が落とされることがわかっていた」と、次のように書いている。

証言1:当時、小生は京大工学部冶金教室の学生でした。
原爆が投下される三ヵ月前の一九四五年五月のある日、冶金教室の主任教授の
主任教授の西村英雄先生に突然呼び出されました。
先生によると、アメリカの学会から秘密裡にニュースが先生に送られてきて、
当時の原爆製作を競争していた日本より先にアメリカで成功したというのです。
そして、その第一回現地テストを広島で行う予定が決まった。
できるだけ早く両親を疎開させなさいということでした。

水田さんは西村教授の忠告にしたがって、
両親をすぐに広島近郊の廿日市に疎開させた。
おかげで両親は原爆の被害にあわなくてすんだ。

この西村教授の忠告は、今や想像もできないくらい奇想天外ともいえる秘密情報だが、
水田さんはこう言う。

証言2:西村先生に呼び出された時、先生の横に原子物語の湯川秀樹教授が
座っておられた。
それで、てっきり湯川教授からの秘密情報かと思っていたが、
どうやらそうではないらしい。
西村先生がアメリカとの独自のルートを持っておられたようだ。

独自のルートで考えられるのでは『もはや高地なし』の一節だ。
原爆投下の約半年前の一九四五年初めごろから、一部の米国学者の間から、
「原爆使用反対」の声が出て、その中心になったのがシカゴ大学の冶金研究所だった。

・・・ここで、証言2で、「湯川秀樹」がその場所に居たと云うのは、
話の内容に信憑性を持たせるのに、十分な効果がでている。
「湯川秀樹」は日本製原爆製造の象徴だから、この「秘密情報」を大本営(天皇)に
進言すれば、大本営参謀本部は「国民に避難勧告」を出来た筈である。
それをしないで、一部の優秀な学生を、静岡や京都に避難させていた事は、
湯川秀樹始め、日本の科学者は、一人の例外も無く「極刑」に値する。

更に、大本営参謀本部は、逆に「国民を広島と長崎に集合させて、
広島原爆使用の前日にラジオ放送(NHK)田中館愛橘が、
原爆の講演演説をしているのは何故?」5月に分っていたのなら、
「避難」させるべきだ。
そこが、若木敏夫が爆心地で感じた「広島は実験場」だった、という実感である。

それから、『もはや高地なし』の話だが、アメリカの原爆使用の事なのかな?
マンハッタン計画では、原爆の製造に失敗しているのに、一体どうやったら
「アメリカ製原爆」が使用できるのかね?

B-29はテニアン島から「空気」しか輸送投下できない。
例え原爆が成功しても、当時世界最高の長超距離爆撃機B29でも、
搭載できない代物を、如何やって搭載するのか?
日本全土の展開された、大空襲に参加したB29も「爆弾と乗員と燃料と補助タンク」
を搭載すると離陸出来ないのに、ニトログリセリン以上に危険な「原爆」を搭載して、
離陸して、乱気流に巻き込まれたら、そこで「爆発」して終わりだ。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------


管理人

原爆実験に関するものは、
米軍でもトップの人間しか知らないトップシークレット。
まして、原爆が投下される場所や日時に到っては、
合衆国政府や米軍トップの中でも、ほんの一部しか知らない超トップシークレットの事案。

それを外部に漏らすことは、国家反逆罪に問われて間違いなく極刑にさせられる。
その秘密を日本の地方の一主任教授が知っていたと・・一体誰が信じるであろうか!?
だが、事実・・知っていたのである。
絶対に有り得ないだろう!・・・違いますか?

少なくとも、こんな道理も理解出来ない、信じられない人は・・・
漫画喫茶で、漫画でも読んでいたほうがいいと思う。




昭和天皇
「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」







お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?




日本の真相3 天皇のための戦争・天皇は内通していた








AD

リブログ(15)

リブログ一覧を見る

コメント(19)