【緊急アンケート】
 ~あなたがガンになったら
    抗がん剤を打ちますか?






管理人

緊急アンケートです。
あなたがガンになったら抗がん剤を打ちますか?

回答者の方は、コメントする・・という箇所をクリックし、
タイトルの欄に回答して下さい。

3択です。

① 打つ

② 打たない

③ 分からない

以上の三つの中から選択して、タイトルの欄に
打つ・・打たない・・分からない・・の言葉のみを書き込んで下さい。
①、②、③、という数字は、書き込む必要はありません。

また、別に、コメント欄への書き込みは、幾らしていただいても構いません。



以上、宜しくお願いいたします。

------------------------------------------



★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

4月7日に配信したメルマガですが、この記事を見ると
ガンの真の正体の一端を垣間見ることが出来ます。
ガンの真の正体が分からないのに、治療法が分かる訳がありません。
この記事を見ると、自ずと、治療法も分かってくると信じています。

以前、医療に関する極めて重要な記事を掲載したのですが、
即・・削除されてしまいました。
もう何度も削除されています。
ブログ記事では、もう限界に来ていると感じています。



ここ最近の傾向として、家族の中の誰かがガンになった時、
その治療法を巡って多くのトラブルが起こっているようです。
ある程度の情報を知っている人は、抗がん剤の危険性をご存知です。
従がって、打たないほうがいいと理解しています。

しかし、大部分の日本国民は病院やお医者さんを信じきっており、
病院から抗がん剤を打つように勧められたら、打つことを選択するようです。
家族の中でも、大きな意識格差が生まれておりバラバラなのが実情です。

そこで、抗がん剤を打つ~打たないを巡ってかなりのトラブルが起こっています。
私のところのメルマガサイトにも、そのような相談が大変多いです。
時として、口論やケンカにさえなっています。

経験則として、身内の話ほど聞こうとしません。
身内を説得することのなんと難しいことでしょうか。
親子の間で、夫婦の間で、友人の間で・・対立が勃発しています。
必死になればなるほど、その対立は激化の一途を辿ります。

これは、本当に悲劇としか言いようがありません。
そんな訳で、緊急アンケートを実施した次第です。
人の命がかかっています。
決して避けて通ることの出来ない大きな問題に間違いありません。


無知は死を招く!

身体に異物が進入すると、ナチュラルキラー細胞がやっつけてくれます。
ところが、ガン細胞は元々は自分の細胞です。
ですから、外敵とはなかなか判別しづらいのです。
つまり、高度な識別が必要となってきます。

ナチュラルキラー細胞の司令塔ともいうべきものが、
この高度な識別をやっています。
胸腺から出ているといわれる T細胞 です。

ところが、このT細胞を撹乱したり駄目にしてしまう薬が
今の医薬品にはふんだんに使われています。
モルヒネ等の成分が、T細胞のTリンパ球と合体するのです。
この事実を化学者が、分子レベルの実験で明らかにしています。

そうなると・・何が起こるでしょうか?
撹乱物質と合体したT細胞は、本来のT細胞ではなくなります。
T細胞にカビ菌やウィルスが感染することになります。
その上に、血液や細胞にカビ菌やウィルスが大繁殖することになります。
これが、ガンが多発している大きな要因となっています。

その問題の化学成分は、皆さんが日頃、服用している薬に入っています。
鎮痛剤(生理痛)や解熱剤、睡眠薬や一部の風邪薬、そして、抗うつ剤など・・・

一例

●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。

食菌した白血球は、
薬の成分で 白血病細胞 に変わっていきます
 」

なんのことはない。
投与する治療薬が、白血病を悪化させている。


<引用終わり>



皆さん、以上のことは偶然だと思いますか?
私は、偶然だとは考えていません。
以下の記事も、決して偶然では有り得ません。

ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html



色んなことを知らないと・・死にます。
さて、本題に戻ります。

多くの人が、抗がん剤の危険性を訴えています。
世界保健機構(WHO)のホームページの中にも
多くの抗がん剤が、極めて有害な発がん性物質として明記されています。

WHOが公式発表した「ガンの原因となる116の要因」を全掲載

http://indeep.jp/post-340/

「ガンの原因になるものに抗ガン剤が異常に多い」



現役の著名な医師も告発していますが・・・
ガンの判別に関して、誤診が大変多いと話しています。
そして、ガンではない「ガンもどき」も実に多いそうです。
そのようなガンではない人に、発がん性物質の抗がん剤を打つ行為は、
これは明らかに犯罪にあたるのではありませんか。

ガンで死ぬ人のほとんどがガンで死ぬのではなく、
8割が抗がん剤などの副作用で死んでいるという。
実際は ガンではないガンもどき なのに、抗がん剤で治ったという宣伝も
ほとんどサギではないかと思ってしまいます。
本当に酷い話です。






*岡山大学の医師へのアンケート
「自分が癌になったとき、抗癌剤療法を受けますか?」
271人のうちイエスは1人だけ!



環境評論家 船瀬俊介著

★マスタードガスがどういう抗癌剤に使われてるかって言う一つの一覧表ですけどね。
学術名 “シクロホスファミド” っていうのがもっとも使われてます。
これはどういうものに使われているかと言うと、驚くなかれ、
あらゆる癌に使われているんです。
要するに、抗癌剤の多剤混合療法というのが行われていますから。

それで調べてお分かりのように、混合療法のこれはマスタードガスが9割使われている。
これも9割使われている。
これも9割使われている。これは8割。これは6割。
 
だから、癌患者で抗癌剤を投与されたら、
もうそこには「マスタードガスが必ず入っている」と思ってください。
例えば、前立腺癌で使われているホルモン剤療法と言うと、ホルモンだと思うと大間違い。
それもマスタードガスが使われている。
 
だから、特に悲惨なのは乳癌の患者ですね。
乳癌の患者さんは、治療ガイドラインというのがありますけれども、
その治療ガイドラインを見ると大体8割以上9割近く、その人達はもう
100%間違いなくマスタードガスを乳癌の患者さんは投与されるわけです。
 
その投与されるマスタードガスの正体を見れば、40倍という衝撃の発癌物質です。
史上最強と言っていい発癌物質です。
史上最強の発癌物質を癌患者に射つんだから、もう正気の沙汰ではないです。
狂気の沙汰です

しかし、彼らは分かって確信犯的にやっている。という事は何か。
癌を悪性化させる。癌を治さない。罠の中に引きずり込む。
そして、またさらに症状を悪化させて、さらに手術をする、放射線を当てる。
もう負のスパイラル、死のスパイラルで、こんな中に引っ張りこんでいって、
最後はどうしようもない状態にまでもっていったら、どうしますか。
今度はモルヒネ、ホスピス。
 
最後の最後まで命をしゃぶり尽くす。
それが現代医療です。それが癌治療です。
癌治療という名前の大量虐殺が行われている。
だから、私は癌で亡くなった方がね。

これは、岡山大学医学部付属病院のデーターが来てるんです。
80%の癌患者が癌で亡くなっていない。
抗癌剤、放射線、手術の副作用、重大なる医療マフィアに虐殺されていたわけです。
身近な例を挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸癌を患っていた。
亡くなったのはつい去年になりますけど、肺炎です。

大腸癌で何で肺炎になるんですか。
それはもう、岡山大学医学部付属病院ではっきりした。
ほとんど亡くなった方は感染症で亡くなったからです。
肺炎、インフルエンザ、院内感染。様々なウィルス感染。
 
何んで、そういう感染症で亡くなるのか。
要するに、抗癌剤は猛烈な発癌物質であり、
さらに造血機能を徹底的に DNA から破壊します。
すると、赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。
さらに、血小板が破壊されたら血液が凝固しなくなって、
臓器内出血を起こして多臓器不全で亡くなる。
 
最も怖いのはリンパ球、白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから。
だから、リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、あるいはゼロになる。
すると、体中に何が起こるかと言うと、
ウィルス、バクテリア、寄生虫、カンジダ菌、カビ。
ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。
 
だから、体の目とか鼻とかもう全部カビまみれになって死んでいきます。
何でカビまみれになるんでしょうか。
免疫がゼロになるから。
何で免疫がゼロになるのか。
抗癌剤で免疫細胞を完全に叩き殺すから。
戦慄の副作用ですね。
 
ロック歌手の忌野清志郎さんは、最後、無菌室で息を引き取った。
なぜ無菌室なのか。
要するに、免疫が抗癌剤で体中ズタズタに免疫細胞がゼロになっているから、
無菌室に入れないと体中にカビが生えちゃう。
カビまみれで死ぬわけだ。
 
だから、忌野清志郎さんはカビまみれで殺された。
キャシー中島さんのお嬢さん。肺炎と診断されて2~33ヶ月で死んだでしょ。
2~3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけない。
猛毒抗癌剤で毒殺されたんです。
100%間違いない。
 
あと、梨元勝さんですか、芸能リポーター。
「抗がん剤をこれから打ってきます」って言って、
それで数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生、言ってますよ。
「肺癌で、こんなに早く死ぬ事は絶対ありえない。抗癌剤で毒殺された」。
こんな悲劇の。
その抗癌剤の中にマスタードガスが入っているわけです。
戦慄の化学兵器、毒ガス兵器が抗癌剤になって注射されている。
私はもう、この事実を知った時には、もう悪魔だと思ったね。
 医療は、完全に悪魔と死神に牛耳られている。








もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/









AD

リブログ(17)

リブログ一覧を見る

コメント(318)