アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。










上の写真 ↑ がアスパルテームの入った水を飲んで死んだアリとゴキブリ。


アリが多く家に入ってくるフロリダ州では、

たくさんの人々がアスパルテームでアリを退治している。

ゴキブリなども一緒に殺せる。

虫が多いフロリダでは殺虫剤としてアスパルテームが欠かせない。




アスパルテームは殺虫剤で化学兵器です
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11847539445.html

<一部引用>

アスパルテームの毒性については、各機関から多くの論文が出ており、
その障害は「神経毒」という部分に多くの焦点が当っている。

特に「薬剤性パーキンソニズム(薬剤性パーキンソン病)」の発症については、
多くの議論がなされている。


各種論文を総論的にまとめて見ると以下のようになる。

・アスパルテームの化学的成分は、いずれも分子レベルで
パーキンソン病特有の中枢神経の損傷を生み出す危険性があると推測されており、
いわばこの病気の生化学的な土台を準備している可能性がある。

・アルコール中毒による神経変成疾患を研究している専門家たちは、
アル中患者にパーキンソン病が発症する原因が、アルコール飲料に含まれている
メチルアルコールのせいであると認識している。

アルコール飲料は穀類から精製するグレインアルコールで、
これは大部分エチルアルコールであるが、アルコール飲料には、
ごく微量ながらメチルアルコールも含 まれており、このメチルアルコールが、
神経組織の退行的変性(neurodegeneration)を引き起こす要因になっている
としている。

・アスパルテームから発生するメチルアルコールは、
アスパルテーム特有の分子構造に助けられて、
メチルアルコールが単体で存在している場合よりも
500~5000倍も毒性作用が高まると考えられている。

・パーキンソン病特有の損傷部位は脳の基底部であるが、まさにこの部位は、
ジカルボン・アミノ酸という神経興奮性毒素によって損傷を受ける場所で
あることが知られている。

・パーキンソン病による神経組織の退行的変性が生じている場所では、
脳の基底核に損傷ができており、その原因がアスパラギン酸である。

・メチルアルコールによるパーキンソン病発症のメカニズムと同様、
アスパルテームの分子は、アスパラギン酸が単独で存在している場合よりも
その神経毒性を5000倍以上に高めてしまう可能性がある。

・ドーパミンを産生する脳内の神経組織が失われると、脳の情報伝達回路を
正常に働かせるのに必要 な“神経伝達物質”が充分な量のドーパミンを
作り出せなくなるが、アスパルテームはフェニルアラニンの代謝作用に
破壊的な影響を及ぼして、ドーパミンの産 生を著しく低下させ、
結果的にパーキンソン病を悪化させる。


・代謝によって分解できずに体内に蓄積したフェニルアラニンは、
脳の神経細胞の酵素が働く部位で 他のアミノ酸と競合し、
そうしたアミノ酸の正常な代謝を阻害してしまう。
こうした酵素作用部位のなかには、デカルボキシラーゼ酵素の作用部位も含まれ、
その結果、アミノ酸の一種であるチロシンが本来行なわれるべき
脱カルノキシル化作用を受けられなくなり、そのせいで脳内のドーパミンの
産生が出だしから阻害 される。
こういう事情で、脳内のドーパミン・レベルは著しく急降下する。

これらの意見には賛否両論あるが、今回この論文を含め、
アスパルテームとパーキンソン病に関する論文をまとめたのは、
これと思われる症例を目にする機会があったからです。
同じように、少量ではなく『大量のアスパルテーム摂取』が存在し、
超早期にパーキンソニズムを発症している。

どちらにしても、これらの論文が多数存在する以上、
治療にあたり『アルコールとアスパルテームの禁止』は指示することにしています。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)


<引用終わり>
-----------------------------------


ゴキブリも近寄らない【トランス脂肪酸】の恐怖!>マーガリン等に含む。
デンマークでは毒物扱いで販売禁止

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/d8782bc2e786ddd99675f50a140bab2e

<一部引用>

「トランス脂肪酸」(別名・狂った脂肪酸)は、構造中にトランス型の
二重結合を持つ不飽和脂肪酸である。
トランス脂肪酸含有の植物油を原料にして、水素添加して造るマーガリンや
ショートニング(味付けのないマーガリン)は危険食品である。

トランス脂肪酸の摂取は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、
ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどを誘発する。

マーガリンなどは鼠も食べずゴキブリも近寄らない。

植物油、植物油脂、植物性油脂、加工油脂などは、
ほとんどがトランス脂肪酸を含んでいる。
ちなみに、食品中のトランス脂肪酸含有量(100g当たり)を以下に表示する。

「明治コーンソフト」9・04g、「ラーマバターの風味」8・10g、
「日清とっても便利なショートニング」14・7g、
「マクドナルドのフライドポテト」3.37g、
「スジャータP褐色の恋人」6・47g。

トランス脂肪酸は米カリフォルニア州では禁止されている。
ニューヨーク市も全レストランで使用禁止だ。
アメリカのケンタッキーフライドチキンは、
「トランス脂肪酸を含む調理油の使用は来年4月までに全店舗で止め、
以後は同脂肪酸を含まない大豆油を使用する」と発表している。

一方、日本は、ダスキンが12月末から、「ミスタードーナツ」全店で
低トランス脂肪酸油を導入しただけでお茶を濁している。
花王の「エコナ」は、厚生労働省の特定保健用食品認可を受け、
トランス脂肪酸を多く含んでいるにもかかわらず、「健康」を前面に掲げて、
ヘルシークッキングオイルとして売っている。
明治乳業は、「重要なこととして認識しているが、今はまだ対応できない。
食品安全委員会の動向には注目している」としている。

とくに、マクドナルドのフライドポテトは危険で注意を要する。
厚生労働省は速やかにトランス脂肪酸の健康に対する害を公表し、
国民に告知すべきだ。
同時に全面禁止にすべきだ。
国民の健康と安全を守るためにも。

【文責・企業犯罪研究会】


<引用終わり>
-----------------------------------


アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。



管理人

記事の題名の通りです。
残念ながら、日本国民は・・・
飲みまくっています。
食べまくっています。

例えば、コンビニでパンを買おうと表示を見てみると、

マーガリン、ショートニングだらけです。
一度、確かめて見て下さい。
山崎製パンなどは、無地のパンに甘味料として
アスパルテームを添加している始末。

正直、食べられるパンなんて、どこにも見当らない。


缶コーヒーのカロリーゼロや微糖って表示しているものには、
必ず、このアスパルテームが入っています。
缶酎ハイにもほとんど入っているよ。
韓国のマッコリにも、しっかり入っています。

無論、ジュースなどにもふんだんに使われています。

早い話、コンビニで買えるものなんてほとんど見当りません。
ウソだと思うなら、自分の目で確かめて下さい。

これは、日本国民を病気にしようとしているとしか考えられない。

人口削減計画の一環なんでしょうか!?

にも関わらず、何の問題意識も持たず・・・
ガブガブ飲んで、たらふく食っている日本国民って一体何なの!?


病気やガンになるんだっちゅーの!




もう、ここまで来ると、昔のギャグでお茶をにごすしかないといった
悲惨極まる日本国民の有様であります。

これは、放射能云々・・以前の問題です。

こんなんで、自分が病気やガンになったりして・・・

『よりによって、何故、自分がガンに?』・・なんて言わないでね!

なるべくしてなったのだから。


会社や企業の責任を問う前に、それをずっと許している国民にも
大きな責任があると思う訳です。
責任ある親が・・・無知でしたなんて、
子供に夢ある未来を!・・なんて、口がさけても言えませんね。


冒頭にある写真なんですが、私が前に記事にしたものを見ると、
何と、消されているのです。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11898873491.html

余程、日本人に死んでほしいものとみえます。
また・・・消されるかも。







お知らせ

2月11日に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』










AD

コメント(8)