トランプ新大統領就任は
(日本時間1月21日午前1時30分)
~暗殺が刻一刻と迫っています。








トランプ大統領の就任日は日本時間でいつ?
就任式で大規模デモの計画!?日本の反応


<一部引用>

アメリカ大統領の就任式、
いわゆる大統領の交代については、
アメリカの憲法によって定められており、
権限が委譲されるのが1月20日の正午からと記されているようです。

よって、就任式典は現地時間1月20日午前11時30分(日本時間1月21日午前1時30分)
から始まり、副大統領の就任の宣誓を経て、
1月20日正午(日本時間1月21日午前2時)にトランプ大統領就任の宣誓が行われます。

その後、新大統領の就任演説、オバマ大統領退場、昼食会、パレード、
祝賀会という流れになっているようです。


----------------------------------------



ガガは?マドンナは?デ・ニーロは?
トランプ大統領誕生にセレブが反応

http://columii.jp/movie/column/article-1433.html






管理人

■レディー・ガガ
■マドンナ
■オスカー女優ジェニファー・ローレンス
■御大ロバート・デ・ニーロ


レディー・ガガが掲げているのは、下に「憎しみ」、上に「愛」、
その真ん中にトランプとあります。
つまり、愛は憎しみ(トランプ)に勝つと訴えている訳です。

日本の散見するブログ記事を見ていると、勘違いされている人が多いようです。
表の標榜している言葉に惑わされて、情緒的な内容に終始しています。
これは、大いなる勘違いですから、敢て、指摘しておきます。

我が国、日本においてもそうですが・・・
歌手、俳優、芸能人の多くは、イルミナティの道具です。
つまり、利用されているに過ぎない存在です。

マドンナさんなどは、性的な武器を駆使して群集に訴えています。
http://jamsoku.com/kaigaineta/post-27959/

アメリカの人気歌手・マドンナがツイッターで下腹部がアップになった写真を公開
スポーツブランド「ナイキ」のロゴの形に整えた陰毛があらわになっているが
女性器は下着で隠している
マドンナは21日、女性の権利擁護を訴える大規模なデモ行進に参加予定で、
今回の写真は参加者を募ることが目的だった

画像はマドンナさんのツイッターより
https://twitter.com/Madonna/status/819667733927391233/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw


中には、嫌悪される女性の方もおられると思いますが、敢て、採用しました。
この性的な武器を駆使して群集の潜在意識に訴える手法は、実に効果絶大なのです。
ナチスのロゴマークもコーラのビンの形状も、これに倣ったものです。
これは、イルミナティの群集扇動に用いられる常套手段です。
つまり、イルミナティに指導されて行われたプロパガンダに相違ありません。

トランプ新大統領就任式を攻撃している訳です。
しかし、ここでも疑問が湧いてきます。
アメリカ大統領選挙においては、ずっと不正選挙が行なわれて来た歴史があります。
それは、今日においても変わらないと思います。

①今回だけは、不正選挙が行使出来なかった・・・???

②或いは、トランプ当選もシナリオ通りだった・・・???

この二者択一のどちらかしか有り得ない訳です。
さて、真相はどちらが正解なのでしょうか?

今回のトランプ当選は、本当にサプライズだったのでしょうか?

この核心部分の分析が最大の鍵になります。
何故なら、これなくして、近未来の予測など出来ないからです。



私は、今回の記事を書くにあたって、12時間ほど調べました。
ありとあらゆる大抵の記事は、ほとんど見たと思います。
しかし残念ながら、核心をついた記事にはお目にかかれませんでした。
いわゆる・・センセーショナルな記事には注目が集まっているようですが、
少なくとも、これは真相を知る為の手掛かりにはなるでしょう。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001049.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html


以上の記事を見ると・・・
トランプ新大統領が、特殊部隊の機密情報へのアクセス権を得たのは
極めて大きいと思いますが、しかし、巷で噂されている『暗殺』に対して
どこまで役に立つかは不明です。
そもそも、CIA長官からして知らないことがたくさんある訳ですから。
まして、CIA内部のごく一部で立案された暗殺計画など情報として
出て来る訳がありません。


米大統領選挙で勝利したトランプ氏は、特殊部隊の機密情報へのアクセス権を得た。
https://jp.sputniknews.com/us/201611133005700/

同様の情報はオバマ現大統領にも与えられている。
トランプ氏はホワイトハウスでの「円滑な政権交代」を目的とした、
諜報組織の毎日のブリーフィングへのアクセス権を得た。
フォックスニュースが報じた。

8月、特殊部隊は大統領政権から、円滑な政権交代を保証するために
情報へのアクセス権を選挙勝利者に与える旨の命令を受けた。
先に次期大統領選出後初めてのインタビューを受けたトランプ氏は、
近い将来にプーチン大統領と電話会談する方向で進めているとの声明を出した。

<引用終わり>
------------------------


ワシントンが「要塞化」、トランプ就任式への抗議デモに備え
http://jp.reuters.com/article/trump-inauguration-security-idJPKBN1540D0


管理人

トランプ氏が、アメリカ合衆国大統領になるのは既成の事実。
それに対して、どんなに猛烈に抗議しようが大して意味はありません。
そんなことくらい、イルミナティの連中は嫌というほどよく分かっています。

にもかかわらず・・・という意味では、考えられる事は一つしかありません。
ある環境作りが最大の狙いなのではないかと疑いがかかります。

日本は、中国で南京大虐殺という非道極まることをした。
だから、その行為に対して鉄槌を下す為に原爆を投下したのである。


南京大虐殺に関しては諸説ある訳ですが、肝心なことは、
原爆投下を正当化する為に使われたプロパガンダであった事だけは間違いありません。

この理論を今回のケースに当てはめてみると分かり易いと思います。

トランプ新大統領は、現在、歴代の大統領としては支持率も最低で、
多くの著名人も猛反対して、あらゆる諸団体が抗議しています。
このような出来の悪い大統領は、居なくなって欲しい。


暗殺されても仕方無い!

一見すると無意味な大規模抗議行動に意味を見出すとすれば、
以上のことしか頭に浮かびません。
つまり、暗殺の為の環境作り。

単に、感情論からなる情緒的な抗議行動をあのイルミナティがする訳がありません。
また、多くの人間が、暗殺を話題にしている時に、実行するバカはいません。
まして、イスラム過激派が暗殺予告を出すなどは笑い話です。
本当に、彼等が暗殺を計画していたら、予告などする訳がありません。

もし、いつか・・・現実に暗殺が起こったら、
イスラム過激派のせいにするつもりかもしれません。


尤も、以下のような主張をしているのですから、
寧ろ、狙われないほうがおかしいと見る向きもあります。

やのっちさんのツイッターサイトより
https://twitter.com/_yanocchi0519


・ウィキリークス創始者アサンジ氏、ロシア・プーチン大統領が支持
・米軍による戦争介入の全面停止
・シリア反政府組織への支援停止
・オバマ悪政の一括廃案
・FRBの解体検討

・オバマ、ヒラリーによるISIS創設の暴露
・FBIによるクリントン財団捜査継続の容認
・9.11に関するブッシュ陣営とサウジアラビアの蜜月関係の暴露
・9.11再捜査の要請
・TPPの凍結
・ジャパンハンドラーの粛清
・敵対国の比・ドゥテルテ、シリア・アサド両大統領が支持

・CIAの縮小、国家情報長官の権限縮小
・世界展開している米軍の規模縮小
・サンダース議員と共通点の多い政策
・ロビイストの根絶
・主要メディアを介さない情報提供
・国民意見の吸上げ(例:政権メンバー候補の意見聴取)
・平和主義者かつ愛国者
・嫌いな者は売国奴(例:アベシ)


<引用終わり>
------------------------



ケネディー大統領暗殺の真相か
http://ameblo.jp/chikyuuboueigun/entry-10694738738.html

<一部引用>

私の過去ブログでも 何度か 書いていると思いますが
中央銀行(日本だと日本銀行)FRB(連邦準備制度理事会)について
私たちの一般的な感覚では 日本銀行は国の直轄というイメージがあると思います

アメリカについても 他の国についても 中央銀行は 国の直轄だと思ってますよね
ところが 全然違うのです!
ここを理解すれば 現在の「お金」の問題点が良くわかるはずです
我々が いかに「権力者達」によって「搾取」されているかが・・・


<あなたは常識に洗脳されている>=苫米地英人著 大和書房より 引用します

~引用開始~

アメリカ人が何のために働いているかというと
ドルを刷るための金利を払うために働いています

その理由を説明しましょう

1913年のクリスマス休暇のとき
アメリカで連邦準備銀行法という法案が国会を通過しました
国会議員が全員クリスマス休暇を取ってる間に
ロックフェラー系とモルガン系 ロスチャイルド系といった大財閥の息がかかった
上院議員だけが集まって法案を通したのです

連邦準備銀行と言っても モルガン銀行やシティ銀行といった
民間銀行の集まりのことです
主要株主がヨーロッパ人である連邦準備銀行に ドルを刷る権利を与えたのです

1ドルを発行する過程を考えてみましょう

アメリカ財務省が「1ドルを発行しよう」となったら
財務省証券(日本で言えば国債)を発行します
財務省証券を連邦準備銀行が引き受けてドルを貸し付けます

この段階では まだドルは刷られていません
連邦準備銀行は 財務省証券を担保に貸付証券を発行します
簡単に言うと小切手です その小切手が連邦準備銀行傘下の銀行に入金されると
預金=1ドルと記載されます

そして
実際にそのお金が使われるときに 始めてドルを刷るのです

少し話がややこしくなりましたが
要はドルの発行は アメリカ政府が発行した国債を連邦準備銀行が引き受けたときに
生まれるということです

そうすると どういう事が起こるでしょうか

アメリカ政府が発行した国債には金利が発生するのです
この金利は アメリカ政府から連邦準備銀行に支払われます
もっというと アメリカ人の税金から支払われるのです


連邦準備銀行の主要株主はヨーロッパじんですから
アメリカ人はヨーロッパ人のために働いていると言ってもいいのです

アメリカは独立戦争で政治的には独立したが
経済的にはヨーロッパから独立することができなかった

すべての原因は
連邦準備制度を作ったこと
ヨーロッパ人が株主の民間銀行にドルを刷る権利を与えてしまったことです

これに反抗して アメリカ政府が財務省ドルを刷ったことが一度だけあります

その時の大統領が ジョン・F・ケネディです

ご存知のとおり 彼は一撃で暗殺されました

そして
財務省ドルは残らず回収されてしまったのです

それ以降
歴代大統領は 連邦準備銀行に逆らったことはありません

おもしろいことに
連邦準備制度理事会にのトップは 大統領が任命することになっています

ところが
各連邦準備銀行の総裁からしか任命することができません
任命できる人は決まっているということです

またアメリカ政府は連邦準備銀行の監査権を持っていません
もはや
連邦準備銀行は 一つの独立国家と言えるかもしれません


アメリカ人は連邦準備銀行の奴隷でしかない
連邦準備銀行の主要株主はヨーロッパ人なので
アメリカ人は一部のヨーロッパ人の奴隷と言えるのです


~以上引用終わり~


いっけん難しそうな文章ですが いたって簡単です
日本も同じ構造ですから日本で言うと

日本銀行は民間銀行なのです その民間銀行が 日本で流通する「お金」を作って
日本政府に 利息を取って貸し出しているということです
もちろん 利息は 税金から支払われます

つまり 私たちは 一生懸命働いて税金を納めてますが
その税金は こんな所に使われているのです


もちろん!!

日本銀行も たとえ 日本政府が相手であっても 「情報を開示」する義務はないのです

どこにどう使われようと 「監査」が入ることはないのです

税金を使っておきながら 「監査」がはいらないなんて
こんな馬鹿な話しがあるわけがないのです

さらに そこで 出た利益は 「闇の世界政府」が持っていきます

引用の文中に出てきた ロックフェラー・モルガン・シティ・ロスチャイルド
などは
すべて 「闇の世界政府」すなわち <300人委員会>の機関だからです

では まとめます

JFKは 連邦準備制度という 国民にとってこの上なく「理不尽」は制度を壊そうと

行動を起こした結果(他にも理由があるが)

<暗殺>されてしまったということになります


日本は 「闇の世界政府」にとって 最高の 「お金のなる木」であるということを
知っておいてください

「真実」に気づいて行動を起こさない限り
私たちは 「生きている限り彼らの搾取」から抜け出すことはできないのです

「お金」が この世と「あなた」を支配している限り


<引用終わり>
------------------------


ケネディ大統領暗殺は、1963年11月22日金曜日。

11月22日という日付に注目して下さい。

11とは、イルミナティが革命的テロ決起への総動員を呼びかける数字。
そして、その倍数の22は、その意味を更に重くした数字です。
ケネディ大統領を暗殺したのは、間違いなく、イルミナティの意志によるものです。

もし万一、トランプ新大統領が暗殺されたら・・・
アメリカだけではなく、日本も大変な事態に陥いる可能性があります。
恐らく、恐ろしい時局の到来を覚悟しなければならなくなるかもしれません。







お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』












AD

リブログ(7)

リブログ一覧を見る

コメント(9)