「子宮頸がん」のほとんどは
ガンではなく、「上皮細胞の慢性変化」






本物の「子宮頸がん」とウイルスによる「できもの」(上皮細胞の慢性変化)の
診断の違いで、患者の生命、人生が決まる。


「子宮頸がん」のほとんどが、ヒトパピローマウイルス等のウイルスによる
「できもの」(上皮細胞の慢性変化)の可能性が高い。

注目すべきは「上皮内がん」のほとんどから、
性行為で感染するヒトパピローマウイルスの痕跡が見つかるという事実です。
一般には、この事実をもってウイルスが「上皮内がん」の原因になっていると
考えられていますが、むしろウィルス感染を原因とした
「上皮細胞の慢性変化」と考えるべきではないか。


「子宮頸がん」は

① 本物の「子宮頸がん」と

② ウイルスによる「上皮細胞の慢性変化」がある。

病理診断で、癌と慢性変化を区別しがたいことがある。
病理医でもどちらか判断が難しい。
上皮細胞がウイルス感染ににもとづく慢性変化によって
癌のような顔つきになっていても、全然不思議ではない。


病理診断そのものの問題点。

近藤誠 最新刊「あなたの癌はがんもどき」32ページ~40ページ
あいまいながんの定義。
あいまいな病理医の診断基準。
病理診断が義務化されていない現実


子宮頸がんが増えているというニュースは伝えるが、

誰も(近藤誠氏を除く)、ヒトパピローマウイルス等のウイルスによる「できもの」
(上皮細胞の慢性変化)が増えているにしか過ぎないということを指摘しない。


近藤誠 最新刊「あなたの癌はがんもどき」梧桐書院より

子宮頸がん(119P)
米国で子宮頸部のゼロ期のがん67人の経過観察(無治療で放置観察)
をした報告があります。

結果、がん細胞が上皮外に浸潤したのが4人、ゼロ期が一期になったわけです。
別の5人は浸潤した可能性があるものの、判定が難しく、浸潤したとは断定されていない。
残りの58人中、「上皮内がん」に留まったのが41人。

17人はがんが自然消滅しました。
私が経過を見た子宮頸がんの患者はゼロ期から一B期まで十数人を数えます。

分かったことがいくつかあり、ゼロ期と思われる数人は、不変であるか、消滅しました。

ゼロ期か一A期か、判然としない人も、不変であるか、消滅した。

問題は一B期で、がんが増大するケース、そのまま不変であるケース、
消失するケースに別れました。


「上皮内がん」の本質を簡単にまとめました。

「上皮内がん」の発生頻度を見ると、
欧米でも日本でも、性的活動が活発な30代、40代が高く、
60代、70代になると頻度ががくんと落ちます。

ところが浸潤がんや頸がんによる死亡率は、高齢になるほど高くなる。
「上皮内がん」が浸潤がんの前身であるなら、高齢になるほど「上皮内がん」の
頻度が高くなるはずですから頻度が下がるというのは矛盾します。


注目すべきは「上皮内がん」のほとんどから、性行為で感染する
ヒトパピローマウイルスの痕跡が見つかるという事実です。

一般には、この事実をもってウイルスが
「上皮内がん」の原因になっていると考えられています

が、むしろウィルス感染を原因とした
「上皮細胞の慢性変化」と考えるべきではないか。

じつは病理診断で、癌と慢性変化を区別しがたいことがあるのです。
その一例として、ある種の胃の悪性リンパ腫があります。
以前は胃摘出が治療法でしたが、最近ではピロリ菌の除去療法を行います。
そして除菌が成功すると、多くの悪性リンパ腫が完全に消えてしまうので、
消えたものは癌というより、慢性変化ないし慢性炎症です。


( 従って、癌を意味する「悪性リンパ腫」を廃し、
良性を意味する病名に変更すべきである。
しかし病理医は今でも「悪性リンパ腫」と診断している。)

上皮細胞がウイルス感染ににもとづく慢性変化によって
癌のような顔つきになっていても、全然不思議ではない。

むしろ放置した場合、大部分が浸潤しないで消えてしまうことや、
性的に不活発な年代になると「上皮内がん」の頻度が下がることを
きれいに説明できます。

ただし、「上皮内がん」のすべてがウイルスによる慢性変化ではなく、
ごく一部に本物の癌が混じっているのでしょう。


「上皮内がん」とは

上皮内がんとは、がん細胞であるものの、まわりの組織に広がる能力がなく、
上皮内で細胞分裂を繰り返している状態のものを指します。
そのため、切除手術を行えば理論的には転移の可能性が無く、
数日から1週間ほどの入院で治療が可能です。

がんが悪性新生物と呼ばれるのに対して、上皮内がんは上皮内新生物と呼ばれ、
英語名でもがんを表す「cancer」ではなく、
「carcinoma in situ(=CIS)」という名前がついています。



子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた

http://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html

先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

ここで質疑を見てもらうと、

日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、
18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

さらに副反応については、

インフルエンザワクチンに比べて、

サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

こんなにも多いんです。

また子宮頸がんについても、

HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

このウィルスのなかのしかも99.5%の人が
感染していないタイプのウィルスに対して、
インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つ
という事はどういう事なんでしょう?

しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

10代の若い女の子に打つわけです。

厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?


資料 (HPV)ワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省


以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もみじ
様々な危険性が指摘されているのにも関わらず政府はこのワクチンを推進し
今月から定期接種化となってしまいました。


2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。




お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』












AD

リブログ(14)

コメント(3)