鳥取人工地震の気象庁発表そのものが

暗号化されたものだった。









気象庁発表より


21日14時7分頃、
鳥取県で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地は鳥取県中部、M6.6。
この地震による津波の心配はありません。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html


発生時刻
2016年10月21日 14時7分頃

震源地 鳥取県中部

最大震度 震度6弱

緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度

マグニチュード M6.6

深さ 約10km ⇒ 約11km


------------------------------------------------


管理人


先ず、この気象庁の発表を、もし仮に、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの関係者が見たとしたら、
直ぐに、暗号だと気づくでしょうね。

最大震度 震度6弱
マグニチュード M6.6

これって、もろに666でしょ。
通常、有り得ませんよ、こんな偶然が重なることは。


実際には、最大震度もマグニチュードも発表されたものより
低かったのは、少し考えれば分かるはずです。
そもそも、あの程度の被害で済むはずがありません。
つまり、実際の数値を改ざんして発表したと考えられます。
別に不思議でも何でもありません。
今までも、かなりやってきた前科があります。
知らないのは、情報弱者の人だけです。

666っていうのは、私なりに訳しますと、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの皆様へっていう意味か、
或いは、
イルミナティ・フリ-メ-ソンが人工地震を起こしましたという暗号でしょうね。


それから、当初、深さ 約10km と発表していたのに、
その後、直ぐに⇒ 約11km と訂正しましたと出ましたね。
これなんかも完全におかしいです。

説明します。

過去の多くの実例からすると、深さ 約10km の本当の意味は、
深さが、1キロでも3キロでも5キロでも全て統一して、
深さ 約10km と発表するのが恒例となっています。
ところがですよ、にも関わらず、たった1キロ違うだけで、
実は、⇒ 約11km でしたと訂正すること自体、おかしいと思いませんか?

如何でしょう、皆さん。
私の言うことがおかしいですか?
或いは、気象庁のやっている事のほうがおかしいですか?
皆さんは、どのように感じられたでしょうか?
この意味は、11という数字を一層際立たせています。


更に続きます。

発生時刻
2016年10月21日14時7分頃

21日14時7分頃・・・この部分が大変怪しいですね。
何故か、分かりますか?
ぎんこさんのコメントにもありましたが、
これって、全て、7の倍数です。
7で割ると、3⇒2⇒1・・・⇒0、次は0 爆弾って意味にもとれます。
0って、ドカンって、多くの人は想像しますよね。
カウントダウンな訳ですから。

日にちと時間と分が、全て7の倍数になる確率は、かなり低いです。
1か月の中で、7の倍数になる確率は、30分の4です。
1日の24時間の中で7の倍数は、24分の3です。
1時間の60分の中の7の倍数は、60分の8です。
これを全てかけ算すると、確率が算出出来ます。

この3つが、7の倍数で重なる偶然は、およそ、400分の1の確率です。
この1点だけでですよ。

震度とマグニチュード が、全て偶然に、666となる確率も恐ろしく低いです。
恐らく、これも数百分の一の確率です。

400分の1と数百分の一をかけ算すると、本当の確率が出ます。
400×300と仮にしますと、120000分の一です。
つまり、この二つだけを取っても、12万分の1の確率の偶然です。

更に、11と続きます。
11の意味は、二つ考えられます。
一つは、11月という意味。
二つ目は、革命的テロの決起を呼びかける数字です。

これらを総合すると、100万分の一の偶然の確率と相成ります。

確率論の世界の話になると・・・
学者は、これを偶然とは定義しません。
偶然でないのならば、人が意図的に操作した暗号とみなします。

6 と 7 は、悪魔教の基本となる二本の柱です。
11は、革命的テロの決起を呼びかける数字。
この3つの数字は、悪魔教の生命線ともいうべき最重要な数字です。
この3つが、偶然に重なるなんてことは、

通常の世界では絶対に有り得ません。

その有り得ないことを気象庁は、臆面もなくやらかしたのです。
気象庁は、悪魔教=イルミナティ・フリ-メ-ソンによって完全に

支配されています。
無論、末端の職員の人は何も知らないと思います。

一部に、11月7日を要警戒日と指摘する声もあるようですが、
私としては何とも云えません。
11月7日は、7.11とも解釈が出来ます。
9.11~3.11~7.11・・・と並べますと、
確かに、嫌な感じではありますが、今のところ、何とも言えません。

一つには、
緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度
この部分が、まだ解明されていないからです。
これまでやってしまうと、本当に命まで狙われますから、止めましょう。
そこのところの解明は、密かに、読者の皆さんの各自でお願いします。

11月8日は、アメリカ大統領選挙の日なのか。

そして、問題の7日は月曜日・・・

悪夢のブラックマンデ― と称される日じゃないか。\(゜□゜)/

まあ、何も起こらないと思いますがね・・・



2016年カレンダー11月 





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。


『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
















AD

リブログ(6)

コメント(18)