“ポケモンGO”は単なる監視装置ではない
~壮大な洗脳実験プロジェクトの可能性!








プロローグ

ロシアでは「米国の特殊機関がスパイ活動のために開発した」と見なし、
国家の安全保障を揺るがす恐れがある“陰謀”だとして、
禁止を求める動きが出ているそうだ。
これは、陰謀論でもなんでもありません。
私に言わせれば、常識以前のごく当たり前の話に過ぎないと思います。

「ポケモンGO」、CIAの陰謀説はなぜ登場した?
http://hbol.jp/102027

色んな記事が出ていますが、的を得ていると感じられる記事はほとんど目にしません。

2013年に死去した任天堂創業者、山内溥氏の保有株式は4人の遺族に相続されて
彼ら親族は、莫大な相続税を支払うため保有株式を売却せざるを得なくなり、
任天堂がいったん受け皿となり、引き取った。
その結果、山内家は筆頭株主でなくなった。
そして、2015年7月11日、任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍で亡くなった。
55歳だった。
今や、任天堂を実質支配するのは、CIA系列の金融機関 である。
山内溥氏と岩田聡社長の一連の死には、ある疑念が渦巻いている。

そして、今年のポケモンGOの世界的普及へとつながって来る訳である。
ポケモンGOの世界的普及が、何故、問題なのかというと、
CIA⇒ポケモンGO⇒スマホ・・・
これにより、ポケモンGOで遊ぶ人の個人情報、位置情報、周辺映像、会話記録、
これらが、全て丸裸になってしまうからである。
スマホをスイッチオフにしていても、盗聴されほうだい。
位置情報もまる分かりと・・・
スマホ所有者が知らない間にスパイと化してしまうのだ。

これが、最低限、知っておかなければならない重要事項です。
しかし、話はそれで終わらない。
ポケモンGOで遊び始めると、結構長時間に渡って、そのチャンネルに
アクセスすることになる。
これが、極めて意味のある最重要ポイントである。


皆さんが誰でも知っている日本のある公的組織は、
平成16年から対象者の考えや視覚映像の脳内信号を傍受する装置
(思考盗聴装置)の運用が始まったと記録されています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13135643453

しかし、これよりもはるかに簡単に出来るのが、対象者の脳に影響を
与えることの出来る洗脳周波数を送る特殊な装置の存在があります。
長時間に渡って、そのチャンネルにアクセスさせる事が可能になると、
その対象者に様々な影響を与える事が出来るようになる訳であります。

余談になりますが、来月8月12日は、JAL123便墜落の命日ですが、
トロンOS関係者が17人も同じ機に乗り合わせる事は有り得ない。
何かあった時には、全てを失う事になるからです。
これは、会社・企業の鉄則です。
しかし、実際には現実に起こってしまった。
これが無ければ、今のマイクロソフト社は無かったとも云われています。

ところで、このJAL123便には、もう一人、ある特種な人物が搭乗していました。
大阪大学で大脳生理学を研究していた、塚原仲晃教授です。
彼は、マインドコントロール、つまり洗脳についての専門家であり、
厚生省管轄の国家プロジェクトに関与していたと云われています。

この両者は、実際に搭乗していたのか、亡き者にされて、貨物室に安置されて
いたのかは、今となっては知る由もありませんが、
闇の連中にとって不都合な人物という意味では、様々な憶測を呼んでいます。
搭乗員名簿なんて、簡単に改竄出来るような連中が相手な訳ですから。

国民洗脳~国家プロジェクト・・・
今、それを使って一体何をやっているのでしょうか?
東京スカイツリーも大変気になるところではありますが・・・

世界の人類や日本国民に何等かの洗脳をすることが出来たら、
大抵の事は可能になると思うのは私だけでしょうか?
そこで、大変面白い記事を見つけました。


植えつけられた忠誠 第三帝国の心理兵器
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_01_18/101531084/

<引用開始>





世界各国メディアにはよく、何らかの国が大衆の意識を操作し、
その意志を押さえつけるというような手段を試みているとの報道がなされる。
しかし1940年代、すでにナチスドイツにおいてそのような方法が用いられていた
ということはあまり知られていない。
しかもそれが大きな成功を収めたとみる考えさえあるのだ。

1945年1月、アルトシタット近くでソ連軍はドイツの生徒や年金生活者らの
義勇軍による激しい抵抗を受けた。
抵抗しても無駄であることは火を見るよりも明らかではあったが、
彼らは熱狂的に抵抗したのである。
その最中、突然林の中では大きな爆発が起こった。
その瞬間、いままで抵抗していた人々はぴたりと抵抗をやめ、武器を投げ捨て、
表情には驚愕と呆然が表れた。
このエピソードは戦争末期、ソ連軍将校の日記に残されたものである。

林の中にはそれほど大きくない装置の残骸が発見された。
そのような機械はその後、ドイツのほかの地域でも発見された。
すべては徹底的に壊されており、当時、ソ連の専門家も米国の専門家も
その用途を知ることは出来なかった。
しかし米国側もソ連側と同じく気がついていたことがあった。
それは装置が発見されたところではドイツ軍および義勇軍が極めて頑強に
抵抗したということだ。

この爆破された施設とドイツ人の攻撃精神との間の関連について示唆を与えたのは、
ウィルヘルム・アルペンタルが書いた「雷神ハンマー」という本だった。
アルペンタルは40年代、秘密施設であった意識物理研究所で、
カール・マウル所長のアシスタントして働いていた。

この本は1959年、スイスで小部数発行された。
それによれば、ハインリッヒ・ヒムラーは研究所に対して、
国民大衆が総統の意志に従うよう意識をコントロールできる手段を
開発するようにとの課題を与えたという。
これはドイツ神話の神の一人である「雷神」の名前がつけられたプロジェクトの
枠内で研究された。

ドイツの専門家らは古代ルーン文字で書かれた資料を解読した。
伝説によればこの資料には、人々の理性に対する巨大な権力を得るための
儀式が書かれていた。
アルペンタルによれば、この資料が解読された後、
専門家らの驚きは際限ないものだったという。
「異教的儀式」の資料には、人々の脳下垂体に影響を与え、
意志をコントロールするため、
一種の発光体を作り出す複雑な装置が描かれていたからだ。

これらの知識を使って1942年末からマウルの研究所では、
人々の意識を影響を与える装置の開発に着手した。
実験は強制収用所などの人々を対象に行われた。
マウルは人々の意思を完全に抑えることに成功した。
また人々に単純な行動を強制することにも成功し始めていた。

1944年初頭には、多くの人の意識に影響を与えることができる放射装置が
出来たとアルペンタルは語っている。
まだそれは完全なる心理物理兵器ではなかったが、多くの人の意識に影響を与え、
攻撃精神、熱狂、勝利への意志を高めることが可能だった。
ドイツ全国には15ほどの秘密施設が作られ、多くのトランスミッターが設けられた。
しかし反ナチス軍がドイツ国内に侵攻してくると、それらの装置すべてが破壊された。

「雷神ハンマー」が出版された後、ウィルヘルム・アリペンタルは
ジュネーブ湖で謎の溺死をとげ、本は流通ルートから取り除かれた。
ほとんどすべては非常に短期間で何者かによって買い占められてしまったのである。


<引用終わり>
----------------------------------------------


重要関連記事

ヒトラーの「究極兵器」と
「マインド・コントロール計画」

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html



電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている




電磁波によって特定のターゲット(被害者)の思考を盗み見る
「思考盗聴」も存在しております。
裏社会でのみ使用されており、未だ表には出て来ません。
そして、「思考盗聴」と「音声送信」をコンボで使うことにより、
「加害者」と「被害者の脳内」で会話が成立するのです。
これによって、複数人の加害者が24時間365日、ターゲットを監視し、
脅迫・罵声を浴びせるなどして被害者を苦しめています。
結果、被害者は仕事などができなくなり、精神科に相談に行っても、
統合失調症と診断されます。

つまり、「思考盗聴」と「音声送信(電磁波被害)」の悪用によって、
犯罪を犯さずに、ターゲットを自殺・破滅に追い込むことができるのです。


米軍が、電磁波パルスを人体に照射して、音声を送信する技術を開発しており、
この技術を使って国民を洗脳している驚くべき実態を紹介している。
荒唐無稽と思われる精神工学に関する主張が、米軍の情報公開で裏付けられている。
米軍の研究機関の研究レベルの先進性が浮き彫りになっている。

健康科学の観点から人体に作用する微弱エネルギーの周波数コードの多くが
特定されているといいます。
ここで人体に影響を与える周波数コードは人体が神経伝達に使っている
低レベルのエネルギーであることがポイントといえます。
この微弱エネルギーが作用する周波数と反応を把握しておけば
目的の反応にコードをあわせ、狙った生体内反応や要素のみに
劇的な効果を与えることができるのです。
これらの生体物理学が医学で実用化されれば、薬学に基づいた健康管理の
化学モデルに破壊的イノベーションを起こすといえるでしょう。

しかし、この技術を人間を思ったように制御するために使用する研究も
進んでいることが、本書では述べられています。
軍(アメリカ?旧ソ連?)は1950年代から研究を始め、
当初は化学薬品や幻覚誘発剤を使用していたのですが、1970年代前半には、
「人間の行動は、微弱エネルギーを調整して使用すれば変化させることができる」
ことが明らかになりました。
そして現在、技術レベルは「感情、思考、記憶を外部装置から操作できる」
ところまできているそうです。

科学技術には必ず負の側面を有しており、それが人間にとって致命的になる
可能性を否定することはできません。
太古の時代火の使用に始まり、人間が知識や技術をどのように使うかは、
それが進歩する限り課題としてあり続けるのだともいます。
本書で述べられる知識や技術が、医学における革命となるか、
新たな兵器として私たちを脅かすことになるのかを
注意深く見ていかなければならないのだと思いました。






お知らせ

★メルマガ第16号 ~東日本で生き抜く為に!

↑ は、7月31日に配信致します。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号~決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?


最新の記事

★メルマガ第16号 ~東日本で生き抜く為に!












AD

コメント(37)