金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ





動物愛護向日葵の会のブログさんより

金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ(保健所の現場より)
http://ameblo.jp/wakasugisayako/entry-12129073405.html

<転載開始>

私は金曜日の朝が辛いです。


数日間なれど、飼い主からの連絡を待ちながら、
飼い主の代わりに世話をしています。

飼い主を捜したり、餌を与え、便の後片付けをし、
日光浴をさせ、頭をなでてやり、
限られた時間できるだけの情を注いでいます。

情を注げば可愛く思えてきます。

金曜日は殺処分するために処分場へ犬を運びます。

情を掛けた子(犬)をおくりだすときの、
我々職員の心境を考えてみてください。

金曜日の朝、私の心はこうです。

シッポを振りながら私を見ないでくれ!
「餌の時間かな?」と疑いのない目で見ないでくれ!
遊ぼうって擦り寄らないでくれ!
子(犬)は、殺処分したくない。
憎しみで牙をむいて吠えてくれ
・・・・・・その方が、私の心は痛まずにすむから。

今から殺処分されるのに
・・・・・・親しそうな目で見ないでくれ!
最後の最後まで人間を信じている
・・・・・・「俺達は、お前達を殺処分するんだぞ!」
・・・・・・シッポを振らないでくれ
私たち職員は、胸が締め付けられます。
その時が金曜日です。


「憎しみで吠えられた方が気分が楽になる」

この心境わかりますか?


保健所に殺処分をゆだねる前に、
愛犬との楽しかった時期を思い出して下さい。

愛犬は最後の最後まであなたを信じているはずです。
愛犬が粗相したとしても、多くの場合、
飼い主が躾を怠ったケースが多く、
責任を愛犬になすりつけないで下さい。

犬についての正しい勉強を怠った自分(飼い主)を
見つめ直して下さい。


<転載終わり>
-----------------------------------------



京都動物愛護センター(仮称)の犬猫殺処分方法、決定
http://happyneko.jugem.jp/?eid=1558




管理人

可愛そうな犬猫さんたちは・・・
二酸化炭素などで一気に命を奪われます。
これを犬猫殺処分と呼ぶそうです。
毎年、10万匹以上の犬猫さんたちが殺されています。

多くの人々が、見て見ぬ振りをして来ました。
こんな社会の住人が、幸せになれるはずは無いと
私は思うのですが・・・。

見て見ぬ振りをして来たのは、
犬猫さんたちの殺処分だけではありません。

原発ジプシーと呼ばれる原発作業員の悲惨な末路。
ガン、白血病、難病に侵されて死ぬのを待つだけの人達。
我々は、ずっと知らない振りをして来ました。
多分、今もそうでしょう。

そして今、我々の社会はどうなったでしょうか?
東日本はおろか、日本社会全体が危機に瀕している有様です。


犬猫さんたちは、二酸化炭素で一気に殺される。
人間は、放射能でゆっくり殺される。
殺されることに変わりはありません。

いつの日からか・・・
こんな社会に成り果ててしまっていたんですね。

全てがつながっているのではないでしょうか。
でなければ、犬猫殺処分の本当の意味での本質も
到底理解出来ないと思うのです。

我々は、その全てを許して来ました。
だから、今の過酷な現実を迎えていると思う訳です。

毎年、3万超の自殺者の記事が片隅に小さく載ります。
本当の自殺者数は、10万人にも上ると警察は認識しています。
しかし、何事もなかったかのように社会は到って静かです。

無関心の集合体のような社会。
それが、今の日本社会の真の姿だと感じています。

311からなる原発事故によって、
突然、不幸が降って湧いたのではありません。
因果応報とも云うべきでしょうか。
無関心という愛の無い社会の末路とは、
そのような運命を辿るもののようです

海外に、30兆円もばら撒くお金があるのに、
国民の社会保障はどんどん削られて行きます。
犬猫さんたちと人が共生するには、
たったの数十億円もあれば出来る話です。

何も難しい話ではありません。
本当は簡単に出来てしまうのです。
しかし、国や人間はやろうともしません。
だって、無関心なのだから当然でしょう。

もしかしたら、他人の命はおろか・・・
自分の命にさえも無関心なのではないかと思う時があります。
何故、そのように思うかと申しますと・・・
命に関わることに、あまり関心が集まらないのです。
実にくだらない事ばかりに人気が集中します。
これは、何年もブログをやって来た上での実感です。
本当です。

だから・・・人はおろか、
可愛そうな犬猫さんたちにも関心が無いのでしょう。

そのような社会に明るい未来を感じ取ることは出来ません。
そう、これからも・・・

人や犬猫さんたちを慈しみ、心から大切にしたいと思えた
その瞬間からしか本当の希望は生まれないと思うのです。
皆さんは、どのように思われるでしょうか。




引退盲導犬、パピーウォーカーの元へ帰る





メルマガよりのお知らせ

近日中に、★メルマガ第7号を配信します。
『白血病について』の追加補足

また、4月より、メルマガのサイトが全く新しく新設されます。
今度は、同時一斉送信出来るようになります。
メルマガの配信回数も大幅に増やすことが出来るようになり
私も大変嬉しい気持ちでいます。

★メルマガ第8号は、今、大きな話題になっている
甲状腺ガンを取り上げる予定にしています。
甲状腺ガンに苦しんでおられる方は必見です。




もみじ
『光軍の戦士メ-ルマガジン』
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

今現在の受付フォーム。
http://wantoninfo.com/

メ-ルアドレス
mail@wantoninfo.com






AD

コメント(45)