拡散⇒関東・東北の人が、8日の朝起きて直ぐにすべき事
~異常濃霧の時には???





濃霧注意報 最終発表時刻 07日22:50




海上濃霧警報 07日 23時35分





六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー ‏@tokyo_cityview · 7日21時

都内は霧(?)に包まれて見たことない夜景が広がっています。
ちょっと不穏…

カメラ:OM-D E-M1






トリチウム放射性水蒸気対策

自宅を密閉してエアコンをかけ除湿してください。

集まった室内の水分は、外のホースから排出されます。

家庭用の普通のエアコンは、運転しても外気は入ってきません。

外気とのつながりは、外に出ているホースだけです。

温度を下げなくても除湿はできます。

トリチウムは、気体である限りにおいて対処しやすいでしょう。

水蒸気のカタチだと99パーセント人体に吸収されます。

そしてトリチウムは細胞やDNAを構成する。

そして、ヘリウムに崩壊することによって、結合を破壊するのです。

人体に与えるダメージは別格です。




以上は、cmk2wlさんのメルマガからの抜粋です。
cmk2wlさんから、特別に許可を得ています。


cmk2wlさんのメルマガを購読するには?

放射性物質対策【cmk2wl メールマガジン】
http://togetter.com/li/797800



cmk2wlさんのツイッターもフォローしましょう。
https://twitter.com/cmk2wl


管理人

エアコンを暖房にしなければ、まだまだ寒い地域は、
エアコンを除湿にし、暖房は、石油・電気スト―ブにする
ことをお勧めします。




ヤフーの知恵袋より

汚染水のトリチウムって人体に危険なのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105855326

ベストアンサーに選ばれた回答 ↓

【カナダ・ピッカリング重水原子炉周辺都市では80%増ものダウン症候群出産】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n153962
に詳しく触れていますので、ご参考になさってください。

京大の小出氏はセシウムよりも危険性(特に生物学的毒性)が
比較的小さい事を指摘しておられるようですが、
トリチウム(三重水素)は一種のβ線核種で、
一般のγ線測定器では測れない点
更には、生物学的毒性としても、

トリチウムが水や水蒸気の形で
人体に入ると99%吸収されます。
皮膚からも吸収され、
しかも摂取量の2%はDNAに取り込まれます。
そして「動物実験で特に造血組織を中心に障害(白血病等)
が生じることが明らかにされ、
人が長期間摂取した重大事故も発生している」という
人体の影響は極めて大きいとの報告されるくらいですから、

(γ線核種に比して)死角的側面を加味すると、セシウムよりもはるかに
怖い核種だと個人的には感じています。

特に、F1事故後、東日本を中心に
日本全国で相次いだ「魚の大量死」に関しては、

飲料水などとして大量に(体重に対して数十%以上)
摂取すると生体内反応に失調をきたし、30%を越えると死に至る。
重水中では魚類はすべて死に、植物は発芽しない。


個人的にはトリチウム汚染が原因だと睨んでいます。
特に水との区別が難しいだけに、水質調査の結果「原因不明」
の場合、大抵はトリチウム汚染が原因ですので。

また、身体の皮膚からも容易に浸透する事は前述した通り。

人体の約60兆もの細胞内の60%~70%は水であって
トリチウム水(広義の重水)が30%を占めれば即死すると言う事。

だから、特に海水浴に関し、再三、必死で警告したわけですよ。
また、東日本の広域の水道水にも、一定割合、混入している可能性が
極めて濃厚。


<引用終わり>
----------------------------------------------



管理人

濃霧の中の水蒸気は、トリチウムが一番問題になります。
しかし、大気には、当然、他の幾つもの核種も含んでいる訳です。
呼吸により、肺に入った空気の中の放射能は、
そのごく一部は、肺の細胞に留まります。
しかし、大部分は、肺から血流にのって身体中を巡ります。
食物は、腸から血流に。

基本、赤血球は、マイナスイオンで覆われています。
ですから、赤血球同士で反発し合ってくっつかないような
仕組みになっています。
磁石のN極同士やS極同士は反発し合います。
それと同じ原理です。

ところが、放射能は、多くの赤血球をプラスイオン化させます。
プラスイオンの赤血球とマイナスイオンの赤血球が
くっつき合うようになるのです。
磁石のN極とS極がくっつき合うのと同じ原理です。

くっつきあった赤血球は、更に、プラスイオン化が進みます。
放射能を出し続けているので当然でしょう。
その赤血球同士の粒は、どんどん酸化し劣化していきます。
免疫力は著しく低下してしまいます。

そして、劣化した赤血球同士の粒は、カビ菌や細菌、ウィルス
などの雑菌の生息域へと変貌してしまいます。
当然、血液はどんどん汚れていくことになります。
白血病になったって何の不思議もありません。

それが更に進みますと、血栓になってしまいます。
血栓が更に拡大しますと、脳梗塞、動脈破裂、心不全、
といった一気に死に到るケ―スも出て来ます。

これが、強力なプラスイオンを出し続ける放射能核種の
最も恐ろしい秘密です。

ですから、マスクしないといけないのです。
まして、食べて応援なんて決してしてはいけません。


ところで・・・
白血病とリーキーガット症候群とは大いに関係がありそうです。


メルマガ第6号
『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!

<一部のみ引用>

リーキーガット症候群とは?

小腸(Gut)の粘膜に穴が空き、
異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が
血液中にあふれ出る(リークする)ことが意味です。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。



リーキーガットを引き起こす原因

小腸の絨毛を損傷させる大きな原因としては、

× 放射能やカビ菌(カンジダなど)

× 解熱剤や抗がん剤、抗生物質、農薬

× アルコール⇒特にアセドアルデヒドがリーキーガットを引き起こし
やすくさせますから、アセドアルデヒドを分解しにくい体質の人。


<引用終わり>



もみじ
『光軍の戦士メ-ルマガジン』
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

の新しい受付フォームができました。
http://wantoninfo.com/

新しいメ-ルアドレス
mail@wantoninfo.com








AD

コメント(22)