メチャ増えてるね~急性白血病

厚生労働省の医療データー




メチャ増えてるね。急性白血病 厚生労働省の医療データー、
 

急性白血病から見た原発事故後の日本を見てみる。

http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/166.html







3月15日15:00から18時間使ったマスクには放射性物質がびっしり付いていた

http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/362.html



(要約)
* 2011年3月15日15時から翌日9時まで

東大本郷キャンパスで18時間着用したマスクを測定

* 福島第一原発から飛散した放射性物質が、花粉症用マスクから検出された
* 検出された11の核種の放射能に基づき、マスクなしでは6.1uSv、

甲状腺換算で33uSvの被ばくに相当
* 気化した核種のいくつかはマスク上に堆積した微粒子とともに

塊になっている可能性あり。
* この花粉用のマスクは、約1/3のヨウ素と、セシウムほぼ全部の吸入を妨げた。
ただし気化したヨウ素はブロック不可能。

------(以下コメント)-----

放射能雲が首都圏を襲った2011/3/15にどこにいたかが

非常に重要だと言われていますが、
このように画像でマスクの汚染を見せつけられるとさすがにショックです。
残念ながら、居た場所により、かなり内部被ばくをしてしまった人がいるでしょう。

花粉症用のマスクでも効果があるのが意外でした。








管理人


上の画像のマスクは、2011年3月15日当時のものですが、

今でも、福一からは毎時1000万ベクレル、毎日2億4000万ベクレル

放射性物資が出ています。

それは雨になり風に乗り水に混ざりアナタの体内に…忘れないで。

この事を多くの人が、忘れているように感じられます。

放射線被爆でガンや白血病になるのは最後の最後。

その前に大動脈瘤、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、糖尿病、

知能低下、無気力症状など、 いっぱい病気になる可能性がある。

つまり、ガンや白血病は氷山の一角に過ぎないという事実。

白血病が、311以前よりも倍以上増えたという事は、

その他の被爆関連による症例は、もっとはるかに裾野が拡がって

大きく増えているという事を意味します。

違うでしょうか?・・・

白血病と癌、そして敗血症は非常に関連性があります。
急性白血病と慢性白血病の比率は、概ね、4対1で
急性白血病が圧倒的に多いようです。
しかし、この急性白血病ですが、どこか敗血症と同じような
匂いを感じさせます。
このあたりに、何か大きな秘密がありそうです。

『がんの盲点―白血病はがんではない』
(大沼四廊著 創英社)~より抜粋

白血病治療でよく聞く骨髄移植。
それは「骨髄が造血機能を持っているので、
他人の骨髄を移植して造血を促す」という。

しかし医学研究では骨髄造血は否定されている。
血液は腸管で作られる腸管造血が病理観察でも認められている。


大沼氏は「西洋医学の盲点は実に多い」という。
とくに「白血病に関する盲点は、発病原理から違っている」と指摘。
それは「ストレスで細胞が局所壊死し、
壊死細胞を適宜排除できなくなることに起因する」


●死んだり疲弊した白血球細胞

白血病はガンでない―という根拠を大沼氏は3点あげている。

(1)過労白血球:「白血病細胞は、薬の使い過ぎや過労状態で
『だれにでも見られる細胞』である。
過酷条件下でできた寿命のつきた白血球の死骸や成長の止まった白血球である。
狂って増殖したものではない」

つまり、白血病細胞は「疲弊した白血球」にすぎない。

(2)顆粒球細胞:
「たとえば顆粒球は交感神経作用で増殖し、副交感神経作用で減少する」。
増減は自律神経(ストレス等)によって左右される。

また白血病細胞は
「血液を浄化し、体液中のPH改善で健全細胞に生まれ変わる」。
つまり白血病細胞は健全な白血球に変化するのだ。
これは、血液を正常化すれば白血病細胞も消えることを意味する。

(3)可逆性変化:
「白血病は骨髄での造血機能障害と言われているが、
骨髄造血の正式論文は存在しない」
「血液ガンと言われるが、血液は浄化することで瞬時に戻る。

白血病は実は可逆性があった」。

白血球が白血病細胞になる。

同時に白血病細胞は白血球にもなる。







●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。
食菌した白血球は、薬の成分で白血病細胞に変わっていきます」

なんのことはない。投与する治療薬が、白血病を悪化させている。

「疲労細胞」だから、その原因を取り除けば、
健全な「白血球」に変化してくれる。

よってベストの白血病治療は、
ストレスや過労を避ける徹底した休息にある。

有毒な解熱鎮痛剤や猛毒抗ガン剤を投与すれば
ストレスを増大させ白血病細胞が健全細胞に変化するのを妨げる。



船瀬 俊介
https://www.facebook.com/funaseshun/posts/171913326347007?fref=nf

フェイスブックメッセージでの質疑応答を公開します。
質問者にはフェイスブック公開の了承を得ています。

■質問:
実は先程母が、白血病の疑いがあると医師に精密検査を勧められています。
現代医療を何処まで受け入れるのか思案しております。
白血病のベストな対処法をお聞きかせねがえれば幸いです。
よろしくお願いします。

■回答:
白血病と聞いただけで、ご家族が動揺されていることと思います。
“血液のガン”と言われるので、なおさら不安になるでしょう。
しかし、白血病はガンでありません。皆、近代医学の嘘に騙されてきたのです。

※詳しくは『病院で殺される』(拙著、三五館)をぜひ、読んでください。
(『白血病はガンでない』の章参照)

まず、知っていただきたいのは医者の“診断”は、
実にいい加減である、ということです。
現代医療では、その症状の85%が原因不明のまま、
投薬、手術などの治療が行われているのです。

(『医学不要論』内海聡医師著 三五館)

はやくいえば80~90%の診断はまちがい。
外れているともいえるのです。

白血病の診断は、

1. 熱が長引く
2. 白血病細胞が観察される――。

この二点で医者は白血病と診断しています。

しかし、熱が長引く最大の原因は、体の免疫システムが外敵と戦っているからです。
体温を上げることでウィルス、病原体などを殺し、弱らせているのです。
また、体温を上げることで免疫力を上げています。それは自然治癒力の現れです。
だから、発熱はまったく問題ではありません。
体の免疫力が働いているありがたい知らせなのです。

また、

白血病細胞が観察される――(白血球細胞の増加)

これも白血球の一種、顆粒球が疲弊したり、死骸が増えたりしただけです。
つまり、くたびれた白血球細胞を見て、白血病と診断しているだけ。
なぜ、白血球細胞が疲弊したのでしょう?
それは、一にも二にも、過労とストレスです。

だから、白血病の治療は、完全なる休養です。
徹底的に体と心を休ませる。
仕事のことなど、いっさい考えてはならない。
すると、免疫力は自然に回復していきます。

それを医者は、解熱剤で無理に下げようとする。
解熱剤事態が大変な毒物です。
顆粒球はその毒性ストレスで、疲弊してしまう。
それを顕微鏡で見た医師が
「白血球細胞がある」「白血病の疑いがあります」と患者に告げる。
熱が下がらない最大の原因は、解熱剤なのです!

白血球が疲弊したのも投薬した解熱剤のせいです。
お母様は、いっさい医者と手を切ること。
いっさい、連絡もしてはならない。
白血病と“診断”されると、“かれら”は
致死率90.5%の超猛毒薬「マイロターグ」を投与する恐れがあります。
この時点で、お母様は確実に“毒殺”されるでしょう。(前著参照)

静かな安心できる環境で、できるだけ、ゆっくり、ゆっくり休むことです。
薬を飲まなければ、熱は次第に下がっていきます。

食欲がなければ、二、三日、食べないで、ただ休息をとる。
そのとき、水分と塩分の補給を忘れないように……。
食べるものも消化器の負担にならない玄米のお粥、梅干し、
すり胡麻、三年番茶などがよいでしょう。

とにかく、〇〇に行ったら殺される可能性が極めて高いのです。
ご家族も、具合が悪いときは、野生動物を見習って治しましょう。
それは「食うな」「動くな」「寝てろ」です。
「断食」「休養」こそ、病気治しの妙法です。

<引用終わり>
-----------------------------------------



最新の★メルマガ第6号 『白血病について』 が

まだ配信されていない読者の方は、以下に、ご連絡下さい。


新しい受付フォーム
http://wantoninfo.com/




もみじ
『光軍の戦士メ-ルマガジン』
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html








AD

コメント(13)