人口削減委員会に潰されたSTAP細胞とは!?




削除されまくっていると噂の元記事の転載

(転載開始)

実は、STAP細胞は簡単に御家庭で作れるのです。

もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、
素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)
その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。

そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!
あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願した
との事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、
要するに酵素体の菌で、これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を
活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。


(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g

(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても
後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを
合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう
…いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!

昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。

時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」㊗️

も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

(転載ここまで)
---------------------------------------


管理人

推察するに・・・何が一番まずいかというと、
STAP細胞の初期化に玄米乳酸菌が大きく関わっているという事実。
これこそが、最も知られたくなかったものだと思われます。

STAP細胞は、弱酸性の液につけて刺激を与えると、
その細胞は初期化して、どの細胞にも成り得るといった
まさに、世紀の大発見であった訳ですが、しかし、
一番の核心部分は、細胞と乳酸菌の組み合わせにあった
可能性があります。
つまり、世界に最も知られてはならない秘密だった可能性。

初期化という言葉で、パソコンのトラブルが頭に浮かびました。
パソコンが、ウィルスに感染して暴走し始めると、大変困るので
初期化する為のディスクが用意されています。
それで、元の正常な状態に復帰出来る訳です。

これと同じ理屈で、ガン化した細胞を初期化して、
元の健康な細胞に戻せるのなら、これは大変なことです。
世界のガン治療は、抗がん剤を含めて何百兆円産業。
潰されるのは、火をみるより明らかではないでしょうか。
小保方さんの相方は、無理やり自殺させられちゃいました。


メルマガ第1号追加補足
【真菌(ガン)の天敵とは!?】

より、一部を引用します。

<引用開始>

ピロリ菌は胃癌の最大原因として知られています。
真菌・カビ菌も他のガンの原因として疑われています。
どちらも、強力な毒素を出します。
その毒素によって、細胞は潰瘍化⇒ガン化してしまいます。


ところが、問題はもっと複雑です。

慢性炎症の発癌のメカニズム(専門家向き)

Science(2004;306:1568-1571)に
慢性炎症による発癌について
画期的な研究が報告されました。

マウスにピロリ菌を感染させて人工的に慢性胃炎、胃癌を造る事ができます。
この発癌モデルで、胃癌は胃の粘膜細胞から発生するのではなくて、
骨髄細胞(胃粘膜の損傷を修復するために動因された幹細胞)から発生
することがわかりました。
人間の胃癌でも同じメカニズムがあるのかはこれからの問題ですが、
この研究と臨床知見を組み合わせると次のような仮説ができます。

「ピロリにより胃に傷ができる。傷がひどいと修復するために
「幹細胞の動因」が起こる。
ピロリ菌を取り除いても胃に動員された幹細胞は、やがて胃癌のもとになる。
癌を予防するなら「幹細胞の動因」の前に除菌をしなければならない。」

---------------------------------------------


分かりやすく説明します。

真菌(カビ)やピロリ菌がガンと大いに関係している
ことだけは確かなようです。
これ等の菌が排泄する糞のようなものに
毒性があると考えられます。

真菌のアスペルギルスは、アフラトキシンB1という
天然物でもっとも強力な発ガン物質だそうです。
少量を長期間摂取した場合の慢性毒性としては、
原発性肝癌の可能性が高くなります。

こういった毒性物質が、細胞を傷つける訳ですが、
この傷を修復するために「幹細胞の動因」が起こると・・・。
にも関わらず、皮肉にも、その幹細胞そのものがガン細胞を作り続ける。

恐らく、毒性物質によってガン化してしまった細胞をコピーし、
ガンのコピー細胞を作り続けているとしか考えられません。


そうなりますと、人に備わっている免疫機能を司る兵隊や司令塔も
悪玉として識別するのが大変困難であることを意味します。

それに加え、大きく腫瘍化してしまってからでは、
真菌(カビ)やピロリ菌を除去しても効果は薄いと書いてあります。
自動的に幹細胞がガン細胞を作り続けることになるからです。
但し、こういった菌類を除去出来れば、それ以上のガンの拡大を
抑制、或いは、防げるとも考えられます。


(引用ここまで)
---------------------------------------------


管理人

まず、ガンの張本人である犯人の正体を知る必要があります。
更に、ガン増殖の原理を知る必要もあります。
これを知らなければ、ガンに対処出来ません。

ガン増殖の原理は、人体に備わっている機能そのものにあった。
ガン化した細胞をコピーし、増殖し続ける訳です。
つまり、ガン化した細胞を初期化出来れば、
ガン細胞の暴走を止められる理屈になります。

その初期化に、玄米乳酸菌が大いに関わっていると・・・
これは、大変な情報です。
乳酸菌が、如何に偉大な存在であるかを再認識する必要があります。

それだけではなく、乳酸菌は放射能が大好物。
放射能核種に飛びついて、核種を劣化させるようです。
これは、私が以前、記事にもしました。


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html


今更ながら・・・
私の過去記事の正当性が明らかになった気がします。
しかも、放射能を駆逐してくれるだけではなく、
細胞を活性化して、免疫力まで高めてくれることが
判明し、一挙両得とは、まさにこの事です。

STAP細胞による初期化 = 本来の細胞と免疫力の復活 ・・・

この二つは、言葉が違うだけで、根源的には
同じ意味だと理解しました。


但し、白血病はガンではないようです。

【リーキーガット症候群と白血病】

腸内粘膜の強固なバリアを壊す原因菌の一つがカンジダ。
壊れた所から菌・ウィルス・たんぱく質が血液に侵入し、
白血病と診断されますが、しかし、白血病は癌ではありません。
ガンと認定された時点から、患者の最大不幸が始まります。
事態を更に悪化させてしまうのは明らかです。




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

メルマガ第二期の最初の記事は、

メルマガ第6号 『白血病について』

現在、下調べにかなりの時間を要しています。
配信まで、もうしばらくかかりますので宜しくお願い致します。





AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(16)