花粉症患者は、ガンによる死亡率が
52パーセントも低い~東京大学医学部研究チーム





ネットゲリラより
http://my.shadowcity.jp/2016/02/post-8775.html

花粉症の人はガンで死ぬ確率が半分、というんだが、
そういや前に、「結核患者はガンにならない」というのもあったな。
色々と仮説は立てられるんだが、免疫機能がシッカリしていると、
ガンになりにくいのか?
ストレスが多いと、免疫機能が低下して、
ガンになりやすいとか、ありそうです。


そろそろ花粉症持ちの人にとっては、イヤな時期がやってくる。
6日に放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)では、
花粉症に関する新たな研究結果が発表されたことを放送し た。

花粉症のスペシャリストである、東京新宿メディカルセンターの
石井正則医師によると、昨年10月に、東京大学医学部研究チームの
発表で、花粉症のある患者の8,800人を追跡調査を行ったところ、
そうでない人と比べると、
ガンによる死亡率が52パーセントも低いことがわかったという。

花粉症は、体内の免疫機能が過剰に反応して起こるアレルギー症状のひとつ。

免疫機能が活発なので、
ガン細胞の増殖を防ぐ力が強いのではないかと言われているそうだ。

厄介者と思われていた花粉症なんだが、
それなりに意味があったという事か?
日々、医学は進歩してます。
ガン撲滅も近いか?


------------------------------------


花粉症は嘘?
政府が原因を誤魔化しているのでしょうか

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1124500346

花粉症は嘘?政府が原因を誤魔化しているのでしょうか

こんばんは、初めまして。
Yhoo!ニュースの花粉関連記事のコメントを見てみました。
すると下記の様なコメントが2つ書き込まれています。


1人目

私は林業しているので、この時期になると服が黄色になるほど
スギ花粉を浴びていますけど、なんともありません。
それよりも、車通りが多いところにいくと目や鼻が痒くなります。
郊外に行ったほうが花粉症は軽くなりません?
郊外のほうが杉が多いはずなのに。
原因をごまかしているように思います。

2人目

「花粉症」と言われているが、はたして本当に花粉が原因なのだろうか?
私は、別のもの(物体)が原因じゃないかと思うのですが。
既に政府や製薬会社の一部は、知っているのではないかと。
しかし、その責任を認めてしまうと莫大な保障費用がかかるため
あえて「花粉症」としているのかな~?
例えば、花粉よりもっと身近なモノ。


このコメントに目が留まりました。
現在私は花粉症暦10年です。
この話がもし本当ならば国民の皆さんの反応は怒りと変わるのでしょうか。
皆さんならこのコメントを信じますか?

私は花粉症には他にも原因があると思います。
政府が隠す隠さないの問題ではなく何か他にも原因があると思います。
実際にアレルギー・ハウスダスト等にも関連しているとは
医者に聞いていますが…
それ以外に何かあると思うんです。
何となくなのですが…

そこでみなさんの意見を聞きたいです。
皆さんはどう思いますか?


------------------------------------


管理人

この世界は、ウソで覆われています。
真相を語る者は、全て潰されて来た歴史が物語っています。
ガンの真相もウソで覆われています。

そもそも、日本の医学界は、人口削減委員会によって支配されています。
真相を見聞きすることは、皆無に近いと云っていいでしょう。
無論、花粉症もその例外では無い事は明らかです。

人口削減委員会>医学界>東京大学

いわゆる、世間の権威というものは、
全て人口削減委員会に辿り着きます。
つまり、そういう事なんです。

そして、大ウソは天文学的な利益を生み出します。
製薬会社と配下の霞ヶ関に・・・
東京大学に最も影響力のあるのは霞ヶ関です。
当然でしょう。
多くの東大生は、官僚や学者、大手関連企業に就職する訳ですから。

東京大学に、原発推進の御用学者が多いのは当たり前の話です。
但し、一部には良心的なグループもおられます。

花粉症の真相については、当ブログとしましても
大きな研究課題の一つです。
それについては、ひとまず置いておきます。

今回、問題にするのは・・・

花粉症患者は、花粉症では無い人と比較して
ガンによる死亡率が52パーセントも低い


この研究結果を取り上げます。
花粉症を肯定的に取り上げていますが、
ここに、まず引っ掛かりを感じます。
しかし、それも置いといて・・・

研究結果そのものはウソ偽りの無い統計だと仮定しますと、
そこから、ある重要な発見が生まれます。

免疫力云々の説には、少々、ミスリードを感じます。
そうではなくて・・・

花粉症患者がマスクをしている事に着目します。

マスクをしている事によって、
ガン死亡率が半分になっているとも云えるのです。
無論、それが全てだと云っている訳ではありません。
可能性として、大きな要因ではないかと考えています。

自動車や工場からの排気ガス。
ダイオキシンなどの環境ホルモンや有毒ガス。
311以前から、原発は必ず、ベントをしており、
放射能は薄く大気に拡散され続けて来ました。

そして、原発事故が起こった2011年の311以降は、
フクイチから大変な量の放射能が、東日本一帯に、
風と共に流れて来ています。

これを毎日、モロに吸っていたら、そりゃ~ ・・・
ガンにもなるでしょうし、或いは、がん患者予備軍に
なってしまうのは、世界中の誰もが、そう考えるでしょう。
そう考えないのは、もしかしたら、日本人だけかもしれません。


その意味から言っても、
以下の記事が大変大きな意味を持って来ます。


呼吸による被爆83%、食事7%、飲料8%
~村上周三・東京大学名誉教授

http://ameblo.jp/64152966/entry-11641019795.html


逆説的に申せば・・・
東京大学医学部研究チームは、我々に重要なヒントを
与えてくれたのです。
つまり、マスクをすると、ガンになる確率が半分に抑えられると。

如何でしょう、皆さん。
後は、皆さんのご判断におまかせします。


戦後、身体に良い大麻の木を全て伐採させ、
その代わりに、スギの木を植えさせたのは
当時の米国占領軍がやらせました。
その時、既に、今を見越していたとは考えられまいか?
それに、大量にスギ花粉が舞う時期に、それに併せて
ケムトレイルを大量に散布されると・・・
かなりやばいのではあるまいか。
皆さん、空に注意して下さい。

結果、製薬会社が大儲けすることだけは確かです。
その事は、覚えておいて損はないでしょう。






https://twitter.com/hiromi19610226/status/696232170143133697



AD

コメント(33)